CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Franck Roger
Franck Roger-Ekobah Franck Roger & M'Selem Featuring Chris Wonder-No More Believe Franck Roger & M'Salem Feat. Chris Wonder-You Can Be The One
左からFranck Roger-Ekobah
    Franck Roger & M'Selem Feat. Chris Wonder-No More Believe
    Franck Roger & M'Salem Feat. Chris Wonder-You Can Be The One

注目してる人はとっくに注目してるだろうFranck Roger。Sun Orchestra名義で活動していたけど、去年にNeeds MusicからEkobahを発表してから気になっていました。EkobahはNeedsレーベルらしくジャジーハウスで、ハモンドオルガンのしらべが美しいです。で今年になってKenlouから発表したNo More Believeが絶品。これは「Southport Weekender Vol.2」でJoe Claussellも回してたあの曲です。MAWぶりのハウスを展開。一聴して覚えるそのメランコリックな旋律に、きっと虜になる事間違いなし。Louie Vegaの最近の甘い路線なんかにも近いですよね。そして最近出たYou Can Be The Oneもその流れを継ぐ、盛り上がり必至の名曲。ジャジーなピアノとリズムの良いパーカッションが最高です。Chris Wonderの甘いヴォーカルもトラックに華を添えますね。今年になってからもう6枚位?はEPを出してると思うけど、とにかくどれも水準は高いです。Needsと共に最近の一押しです。

Check "Franck Roger"
| HOUSE1 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Upcoming Event
ageHa 2ND ANNIVERSARY feat. LAURENT GARNIER
2004/12/18 (Sat) @ ageHa, Tokyo _ 23:00 〜
Door : Y4,000
Arena DJs : Laurent Garnier. DJ Maar
Music : Techno, House

PARADISE BALL VOL.9 feat. FRANKIE KNUCKLES
2004/12/25 (Sat) @ ageHa, Tokyo _ 23:00 〜
Door : Y4,000
Arena DJs : Frankie Knuckles, Wara
Music : House

DOUBLE TROUBLE 09 feat.TIMMY REGISFORD and JOEY NEGRO
2004/12/29 (Wed) @ ageHa, Tokyo _ 23:00 〜
Door : Y5,000 _ Adv : Y4,500
Arena DJs : Timmy Regisford, Joey Negro
Music : House

ageHa COUNT DOWN 2005
2004/12/31 (Fri) @ ageHa, Tokyo _ 21:00 〜
Door : Y5,000 _ Adv : Y4,500
Arena DJs : Special Guest DJs
Music : House

Freedom Village 2004
2004/12/31 (Fri) @ パシフィコ横浜展示ホールA/B _ 20:00 〜
Door : Y10000 _ Adv : Y8500 _ Pre Sale : Y7500
DJs : Transit Kings DJ Set -alex paterson&jimmy cauty-
Theo Parrish, Sebastian Leger, X-Press 2, Basement Jaxx
Audio Active, 勝井 祐二(ROVO), Kaoru Inoue, etc

ローランガルニエもフランキーナックルズもYellowでもプレイするけど、
ageHaの方が確実に踊れるだろうな。雰囲気を取るか、快適さを取るか。
ageHaの年末のハウスは誰なんだろう?ダニーテナグリアがこの値段では
ないだろうし。ルイベガはもう来たしな。予想がつかん。
フリーダムヴィレッジはアレックス&ジミーとセオが見たいな。
メタモの客をセオは踊らせる事が出来るのだろうか?
そしてアレックス&ジミーは吉と出るか、凶と出るか。
こいつはAll or Nothing、素晴らしいか最悪かのどっちかでしょう。
メタモ側はベースメントジャックスをメインに考えている様だけど、
勘弁してほしーわ。セオとアレックス&ジミーで4時間はやって欲しい。
| UPCOMING EVENT | 21:37 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Susumu Yokota - Symbol (Skintone:STR-10)
Susumu Yokota-Symbol
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
もうヨコタススムの新作が出たので、それを紹介。ノンストップヨコタ、ヨコタは一体何処へ向かうと言うのか?また今までの路線とがらりと変わって、西洋クラシックを取り入れたテクノともハウスとも言えない音楽を奏でている。エレクトロニクスとクラシックのアンサンブル、そこに見えるは夢の世界。ヨコタはあっちの世界にでも行ってしまったのだろうか?いや、しかしこれは本当に素晴らしい。普段クラシックなんか聴かない自分だが、ヨコタの手によって新たな息吹が吹き込まれた。包み込まれる様に優しく優雅、そして倒錯と美の世界。前作が「Baroque」(過去レビュー)だったけど、今作がむしろ「Baroque」じゃないのかね?ヨコタの手にかかれば全てが素材となってしまう。ヨコタはほんとに凄い。これは必ず聴かれるべき作品だ。

試聴

Check "Susumu Yokota"
| TECHNO1 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(5) | |
Susumu Yokota - Sound Of Sky (Sublime Records:IDCS1009)
Susumu Yokota-Sound Of Sky
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
もうすぐヨコタススムの新作が出るので、過去の作品を紹介。これは個人的にヨコタ作品の中でベストだと思っています。この作品の前までディスコっぽいハウス作品(「1998」、「1999」、「ZERO」と言う世紀末のカウントダウンを表現した三部作)を出していたのが、ここではうってかわって落ち着いたムードを持ったLarry Heardばりのハウスを打ち出した。イケイケノリノリ、ファンキーな以前の作品に比べ、深く内向的でピークを過ぎた後のような枯れたような雰囲気さえもある(勿論枯れてはいないです)。パーティーの後の静けさとでも言うのでしょうか。しかしエレガントでストイック、どこまでも透き通るかの様な空を感じさせる。パーティーは終わって日常の生活に戻る、そんな平穏が感じられる大人のハウス。ローズピアノの響きがとても心地よいです。



Check "Susumu Yokota"
| HOUSE1 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Susumu Yokota - Baroque (United Sounds of Blue:USB-003CD)
Susumu Yokota - Baroque
Amazonで詳しく見る

もうすぐヨコタススムの新作が出るので、過去の作品を紹介。といってもコレも2004年に出た物です。ヨコタさんは作品を作るペースが異常に早くて、年に2枚は出しています(毎年ね)。トランス、アシッドハウス、ディスコハウス、ディープハウス、テクノ、アンビエント、ブロークンビーツと作風も多岐に渡りかつどの作品も水準が高く、地味だけど日本が世界に誇る素晴らしいアーティストです。このアルバムではまた独特なディープハウス、ブロークンビーツを展開しています。ディープなんだけど、シカゴやNYのそれとは違う何か。秘境の洞窟の中で鳴り響く様なミステリアスで神秘的な感じ。歪んだ世界の中にも美しさを秘めていて、徐々にヨコタワールドに引き込まれていく。幽玄な美の世界にようこそ、一度ヨコタワールドにはまったらもう抜ける事は出来ません。

Check "Susumu Yokota"
| HOUSE1 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(1) | |