CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Seb Wildblood - Grab The Wheel (All My Thoughts:AMT009)
Seb Wildblood - Grab The Wheel
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
日本からはAquarium aka 外神田deepspace、または新興勢力のTom VRやFolamourらがカタログに名を連ねるそのレーベルが、Churchとその傘下のAll My Thoughts、そしてCoastal Hazeで、それらを纏めて主宰しているのが南ロンドン出身のSeb Wildbloodだ。異なる複数のレーベル運営を軌道に乗せており特にモダンなハウスへの審美眼は確かなものだが、Wildblood本人もアーティストとして積極的に制作活動を行っており、郷愁を帯びて懐かさを誘うディープ・ハウスの作風は現代のバレアリックのシーンとリンクするような親和性があり、作曲家としても目が離せない存在だ。さて、本作は過去のやや内向的で落ち着きのあった作風に比べると、より躍動感あるリズム感やフレッシュな活力に溢れていて、テクノやエレクトロに接近した作風さえも見受けられる。"Leave It Open"は開始こそ透明感のある幻想的なシンセにバレアリック感があるものの、直ぐに細くも切れ味あるエレクトロ調なビートが快活にリズムを刻みだす。そこにキラキラとしたシンセのフレーズや叙情的なシンセストリングスも加わる事で大らかなバレアリックの雰囲気を保っているが、小刻みにステップを踏むようなリズム感は間違いなくダンスフロア向けだ。"Bad Space Habits"は更に太いキックを用いてシャッフルする大胆なグルーヴが印象的だが、ただアッパーなだけではなくそこにエモーショナルなシンセやトリッピーな効果音や爽快なボイス・サンプルも加える事で多幸感のある雰囲気を保っており、大空を飛翔するように勢い付く。"Grab The Wheel"はオールド・スクールな懐かしい響きのハウス・グルーヴで比較的過去の作品に近い路線だが90年代レイブなブレイク・ビーツ調でもあり、浮遊感のある複数のシンセが豊かな色彩感覚を生んで清涼な感覚に富んだダンス・トラックだ。ラストの"Landing"も繊細で細いエレクトロなリズムを用いているが、それと共に最も過去の作風寄りな内向的なアンビエント感覚もある上モノが切なく、しんみりとノスタルジーを誘発しながらEPを締め括る。本作は明らかに過去の作風よりもダイナミックで強いエネルギーも伴う事でよりフロアに接近する事になったが、勿論バレアリック性やエモーショナル性という点も全く失われておらず、アーティスト性を損なう事なく進化が感じられる。



Check Seb Wildblood
| HOUSE13 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
外神田deepspace - Shinjuku Lights (Clave House:clave002)
外神田deepspace - Shinjuku Lights

2016年にデビューを飾った外神田deepspace、またの名をAquarium。東京を拠点に活動する以外の経歴はよく分かっていないものの、前者はマシーナリー性を、後者はオーガニック性をとコンセプトを分けて活動しているそうで、デトロイトからの影響もありそうなテクノから色彩豊かで透明度の高いアンビエントまで名義を使い分けて展開する。まだデビューから2年も経ってはいないものの音そのものの評価で着実にその名が知られてきているように感じるが、デトロイトの新興レーベルであるClave Houseからの第二弾となる本作も彼の評価を高める事に寄与する一枚になる事は間違いないだろう。タイトルである新宿ライト、想像するのは高層ビルから見下ろされる喧騒に満ちた繁華街に煌めくネオンライト、東京というアーバンシティーの夜の雰囲気をイメージしたのだろうか。正に闇の中に豊かに煌めくネオンライトのようにキラキラとした電子音が鳴っている"Shinjuku Lights 01"は、ビートレスな事でアンビエント性の高い美しさによって作品の序章的な意味合いを感じさせる。続く"Shinjuku Blue"はディレイを強調したダビーな上モノの奥に透明感のあるシンセが微かに鳴るフローティング感溢れるダブ・テクノだが、例えこういったダンス・トラックであっても激しさよりは繊細な音響美への傾倒が強い。"Shinjuku Lights 05"ではより伝統的なダブ・テクノ、つまりはベーチャンへと接近したようなアブストラクトな電子音響を用いつつ、地に根を張ったずっしりしたキックでミニマルな機能面の特化もある。裏面へと移り変わるとロウな雰囲気が強くなり、粗雑で安っぽいリズムを用いてシカゴ・ハウスらしさも思い起こさせる"Shinjuku Lights 07"はオールド・スクールな趣があり、しかし耽美に舞う上モノはデトロイトの雰囲気そのものでレトロ・フューチャーな都会の風景へとリンクする。そして過激でロウな雰囲気がEPの中では特に異色にも思われるシカゴのアシッド・ハウスやテクノの要素がある"Shinjuku Lights 04"は、強烈なアシッド・ベースが執拗に迫りつつ暗くも情緒的なパッドに彩れて、何だか繁華街の喧騒の真っ只中に居るようだ。タイトルから察するにコンセプト前提の作品は、しかし外神田deepspaceのリスニングとダンスの要素がバランス良く存在し、アーティストのインテリジェント性の高いテクノの魅力が詰まっている。新世代の台頭を予感させる存在であり、今後も楽しみなアーティストだ。



Check 外神田deepspace
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |