CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Session Victim - The Haunted House Of House (Delusions Of Grandeur:DOGCD02)
Session Victim - The Haunted House Of House
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Freerange Recordsを主宰しているJimpsterが、モダンなハウスに中心軸を置いた別ラインとして運営しているDelusions Of Grandeur。2009年設立の新興レーベルながらも6th Borough Project、Tornado Wallace、Deep Space Orchestraら注目をアーティストを擁し話題騒然となっているレーベルの一つだ。そのレーベルからまた一つ、目が離せないユニットによるアルバムが到着。それこそドイツの二人組ユニットであるSession Victimの初のアルバムであり、ドイツはテクノだけでなくハウスでも最先端を歩んでいる事を主張する程に完成度の高い作品を送り出した。作風としてはサンプリングを使用したファンキーなハウスから湿っぽく生の臨場感が迫るジャジーハウス、粘り気のある黒く訝しいビートダウンから小気味よいラップが軽さを演出するヒップハウス、果てはロック風の男泣きギターがセンチメンタルに響くサイケなハウスまでアルバムと言うフォーマットを充分に生かした懐の深さ感じさせる。一見多様なハウスに取組み統一性が無いような印象もあるが、決してアルバムの方向性が拡散する事もなく、むしろ多種の作風が一枚岩となりSession Victimのハウスと言う音を主張している。生風の音を感じさせながらもそれらを丁寧に電子音とフィットさせる音への洗練した感覚や、典型的なソウル剥き出しに盛り上げるハウスとは一線を画す一歩引いたような奥ゆかしさ、温度感もそれ程上がらないにもかかわらず低温で燻るソウルネス、そのどれもが上手く抑制されながらメロウなディープハウスを形成しているのだ。感覚的なセンスだけでなく制作に対する理知的なヴィジョンも伝わってくる、それこそモダンと呼ぶべきディープハウスなのだろう。非常に完成度の高いアルバムであり、Session Victimと共にDelusions Of Grandeurと言うレーベルをも評価を高める一枚となるだろう。

試聴

Check "Session Victim"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
6th Borough Project - The LTD Chronicles (Kolour LTD:KLRLTD CD001)
6th Borough Project - The LTD Chronicles
Amazonで詳しく見る

デトロイトにてアンダーグラウンドに拘ったハウスをリリースするKolour Recordingsが限定ラインとしてリリースしているKolour LTDの作品を、ニューディスコシーンで活躍するThe RevengeとCraig Smithによる6th Borough Projectがコンパイル&ミックスを施したのが本作。本作にてKolourと言うレーベル自体を初めて耳にしたのだが、聴き終えた後の感想としては6th Borough Projectが目指す方向とレーベルのそれとは確かに同じ向きを向いている様で、デトロイトの特にマイナーに位置する粘り気のあるロービートに生っぽい質感を強調した荒い作りのハウスと言う点で共通性がある。そう言うとTheo ParrishやMoodymannを思い起こす人もいるだろうが、それよりはどちらかと言うとDelano SmithやNorm Talleyと言ったハウスを正当に継承した様な人達により近く、規則的な4つ打ちを守りつつねっとりと黒く染め上げている。オープニングは不穏な呟きが反復する混沌としたダウンビートから始まるが、暫くして視界も開けてずっしりとヘヴィーなキックが打ち付ける中を高らかに愛を歌い上げる優雅なハウスへと突入する。そのまま中盤までは生温かい質感と感情豊かな旋律が活きたファンキーでディープなハウスが続き、それ以降は浮遊感のあるテック系で宙を彷徨いながら、終盤ではリエディット風な優雅でファンキーなハネ感のあるトラックで攻めて盛り上げたまま終わりを迎える。一つのレーベルの音源のみなのでミックスとして幅が広くないのは当然だが、結果として適度にリラックスしながらスモーキーな音像の中にメランコリーを見つける世界観の統一はなされており、心地良いディープハウスを終始聴けるだろう。勿論レーベルの看板としての役目を十分に果たしており、Kolourに興味を惹き付ける作品でもある。

試聴

Check "6th Borough Project"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE7 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Tornado Wallace - Underground Sugar Caves (Delusions Of Grandeur:DOG 21)
Tornado Wallace - Underground Sugar Caves

デトロイトハウスへの影響を受けつつディープハウス〜ブギーな音楽で俄然注目を集めているレーベル・Delusions Of Grandeur、実は流麗なUKテックハウスをリリースするFreerange Recordsを主宰しているJimpsterが2009年に新たに立ち上げたレーベルらしい。6th Borough Project(The Revenge)やZepp001、Deep Space Orchestraらを送り出し既に目が離せない状態となっているが、そのレーベルの中でも一際注目を集めているのがオーストラリアからの新星であるLewie DayことTornado Wallace。同レーベルからは本作で3枚目となるが、タイトル曲は今までのディープな作風にアシッドハウスの感覚も持ち合わせたワイルドピッチスタイルのハウスサウンド。ビキビキと反復する際どいリフが基本となりつつも、妖艶なパッドのおかげでディープさを保ちながら長い時間をかけて陶酔感に嵌めていく際どいトラックで、フロアでロングミックスされたらぶっ飛べそう。"Insect Overlords"はレーベルマナーに踏襲したリエディット感のあるブギーな歌物で、モコモコなアルペジオがまったり続きトロトロと控えめな甘さを放出し、終始陶酔間があり心地良い。極め付きはタイトル曲のIdjut Boysによるリミックスで、視界が歪む程のクラクラしたダブ処理を施し不健全そうな雰囲気たっぷりに染め上げたダブハウス。一聴して地味な構成なのに何時の間にかずぶずぶ嵌る中毒性があり、流石ディスコダブの大御所と言ったところか。

試聴

Check "Tornado Wallace"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |