Deetron - DJ-Kicks (!K7 Records:K7359CD)
Deetron - DJ-Kicks
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
3台のターンテーブルを駆使してヒップ・ホップ上りのミックステクでハード・テクノなDJをしていたのも今や昔、制作するトラックもいつしかメロウでソウルフルな感情性豊かな作品へと移行し、上手く時代の波に乗って進化を遂げてきたDeetron。マイペースで作品をリリースしアーティストとしての確かな評価を獲得しつつ、『Fuse』や『Balance』に『Fabric』等の名物MIXCDシリーズにも抜擢されてきたDJとしての手腕もあり、かつてのハードテクノ勢の中では面白い変化を見せながら独自の音楽性を確立しているが、遂にこの『DJ-Kicks』にも参戦とはやはり海外での評価は日本よりも確かなようだ。本作でも分かる通りテクノ〜ハウスの境目を融かすように混在させる選曲の審美眼、ダンスとリスニングの親和性、デトロイト・テクノやシカゴ・ハウスのクラシックからモダンな時代の曲までと、どれにも偏らずに一つの流れへと組み込んでいくバランス感は比類なきモノで、80分34曲に渡るシームレスなミックスは優雅でさえある。オープニングからしてCarl Craigのガラス細工のような繊細な美しさを発する"Goodbye World"で始まり滑らかにビート入りの曲がミックスされ、古き時代の変異体ディスコの"School Bell / Treehouse"でアクセントも盛り込みつつ、シカゴ・ハウス名作の"Waterfall (Deetron's DJ-Kicks Version)"で垢抜けないながらも原始的なソウルの感情性を高めていく。そこからもジャズ・ファンク色なBurnt Friedmannからインテリジェンス・テクノな趣きのSpacetime Continuum、変異体テクノのMorgan Geistなどジャンルはばらばらなれどエモーショナルな共通項で雰囲気を作っていく。中盤ではDJ Kozeの甘美なサイケデリアの"Let's Love"からRon Trent & Chez Damierの幻想的でディープな朝方をイメージする"Morning Factory"へと繋がる瞬間が得も言われぬ程に素晴らしく、そこからはややテクノ寄りにグルーヴ強めの流れへと入り、リズムの崩れたダブ・ステップや逆にソウルフルなボーカル曲も用いて後半に向けて盛り上がる。そんな中にも古き良き時代のAIテクノのBlack Dog Productionsによる"Flux"を聞くと懐かしさが込み上げたりもするが、DeetronやDJ Boneによる骨太で激しいテクノもミックスしながら突入するFloorplanからTerraceにDerrick Mayのデトロイト系繋ぎの流れは非常にドラマティックで、非常に押し引きが上手い。そして混沌としたベース・ミュージック風な"Old Fashioned"から一気にテンションが落ちて、レフトフィールドなポップソングの"Strange Emotion"で今までの喧騒から解放される静謐な閉じ方は心残り無く綺麗に音が消えていく。いまいち日本に於いてはその実力に対しての正当な評価を獲得しているようには感じられないが、本作はそんな評価を覆すには最適なMIXCDで、Deetronのエモーショナルな音楽性を十分に堪能出来る事だろう。



Check Deetron

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/11/02(TUE) E-NAUT @ Eleven
DJ : KEN ISHII, DJ NOBU, TAKAMORI K.
Live : DJ YOGURT & KOYAS, SHOTARO HIRATA

2010/11/05(FRI) Grassroots 13th Anniversary DayII @ Grassroots
DJ : DJ NOBU, Conomark, Haruka

2010/11/06(SAT) FLOATRIBE @ Unit
DJ : KAORU INOUE, WATARU TAKANO
LIVE : JEBSKI

2010/11/13(SAT) Clash @ ageHa
Live : PLANETARY ASSAULT SYSTEMS, Newdeal
DJ : Takkyu Ishino, Q-Hey, Takuya

2010/11/22(MON) op.disc presents hub @ Unit
Live : RADIQ
DJ : SOULPHICTION aka JACKMATE, Den
Saloon DJ : yoshiki, Stereociti, Naoki Shinohara

2010/11/26(FRI) So Very Show! @ Womb
DJ : AARDVARCK, RONDENION

2010/11/27(SAT) Liquidroom presents BLACK EMPIRE feat. DERRICK L. CARTER long set @ Liquidroom
DJ : DERRICK L. CARTER
| UPCOMING EVENT | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kode9 - DJ-KiCKS (Studio !K7:!K7262CD)
Kode9 - DJ-KiCKS
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
ダブステップのシーンで一躍トップに躍り出たBurialですが、そのBurialをデビューさせたのがKode9が主宰するHyperdubでありまして、つまりはKode9こそBurialの後見人と言えるでしょう。Kode9の作品自体は聴いた事が無いので何とも言えないのですが、Hyperdubのリリース暦を見る限りでは決してダブステップだけに固執している訳でもなくテクノやディープハウスからヒップホップやレゲエまでリリースしており、Kode9の音楽性も単純にダブステップだけと言うのでもなさそうです。それは彼にとって2枚目のMIXCDとなるこの!K7からの名物MIXCDシリーズ"DJ-KiCKS"を聴けば分かる通りで、ブロークンビーツで幕開けしダブステップのみならずグライム、ダンスホール、レゲエ、エレクトロなどを自由自在に渡り歩いて行く音楽性があります。緩急を付けて非常にすっきりと軽快な -しかし軽くはない- 素早く変化して行く多種多様なリズムは野性味に溢れているし、そしてなによりテクノと邂逅が進むダブステップが多い中で、Kode9はむしろルーツミュージックと共に歩みを進めているようです。MartynやScubaがテクノを取り込みシリアスで洗練を伴う路線を進むのに対し、Kode9は悪く言えばチープだけれどもダブステップの初期衝動が感じられ、ジャマイカの臭いさえも漂よわせます。美しいと言うより卑猥でファンキーな、そして非常に生臭い。

試聴

Check "Kode9"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC3 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Ken Ishii - Warrior On The Decks - Play, Pause And Play 2 - (Music Mine:IDCS-1030)
Ken Ishii-Warrior On The Decks - Play, Pause And Play 2
Amazonで詳しく見る

夏目三久アナウンサーのコンドーム持った写真が流出してショックだとかキメエだとか騒いでおりますが、世の中の可愛い子は男とばんばんセックスしまくってるのは常識。彼氏が居なければセフレが居る。魅力的な女には常に男が居ると思って間違いない。俺もばんばんしたいです。

日本が世界に誇るテクノゴッド・ケンイシイの4年ぶりのMIXCDですが、ジャケットのセンスは正直どうなんでしょう。最近のケンイシイは我等常人には理解出来ない方向を向いている気がします。しかしそれはそれ、これはこれ、長きに渡り国内・国外のテクノ野郎共と対峙してきたその実力は間違いなく世界レベル。本作においても確実にケンイシイのプレイだと言う事が聴いて分かる音が存在していて、流行のミニマルは予言通りに一切無しのガチテクノ。無闇に玄人ぶったりマニアックな選曲をする事はなく、コアなリスナーからテクノに馴染みの無い者まで楽しめるアッパーでソリッドかつ、大箱受けする大仰な構成が聴き取れます。クラシックと言われる昔ながらのトラックだって出し惜しみ無く投入し、いやが応でも盛り上げてくれるのです。最後の自身の"Extra"なんて、もう感慨深いよね。これでテクノにはまった人も多いんじゃないかしら?ただ何て言えばいいのかな、アルコール摂取し過ぎてセックスで逝くに逝けないもどかしさみたいな感覚、何となくスピード感が足りない寂しさがあるのが残念。俺はケンイシイの生のDJプレイでもっとハイエナジーなプレイを聴いた事があるだけに、このMIXCDでも更に吹っ切れてくれたら良かったのにと思う。ちょっと小奇麗に纏め過ぎたかな。

試聴

Check "Ken Ishii"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO7 | 00:10 | comments(4) | trackbacks(1) | |
Rush Hour meets DJ WESSUN (Underground Gallery:UGCD-RH001)
Rush Hour meets DJ WESSUN
Amazonで詳しく見る

Underground Galleryは良いレーベル。神戸にあるデトロイトテクノを中心にアンダーグラウンドなクラブミュージックを販売するショップなのですが、近年はレーベルとしても活動していてデトロイト関連の日本盤をリリースしております。特に嬉しいのはJASRACと契約を結んでいない事。CISCOもレーベルとしてUR関連をリリースしているんだけど、あっちはJASRACと契約結んじゃっているんだよね、もうアホかと…。

さてそんなUnderground GalleryがリリースするMIXCDが一枚、なんとオランダの優良レーベル・Rush Hourの音源のみを使用した日本企画盤。ミックスを担当したのは関西中心で活躍するDJ WESSUNなるヒップホップDJ(らしい)で、DJ Krushも推薦している実力派だそうで。このDJに関しては全く知らないのでとにかくCDを聴いたのですが、Rush Hour音源を使用した内容以上に素晴らしいですな。まず認識を改めないといけないのはRush Hourがデトロイトリヴァイヴァルに貢献したレーベルでありながらも、決してデトロイトテクノだけに限らない幅広い音楽性を持っていると言う事。そしてその音源を使用してDJ WESSUNがまるでストーリーを持ったかの様なグルーヴの変遷を創り上げ、テクノ・ハウス・ヒップホップのそれぞれの要素を感じさせる巧みなミックスをしているのです。言葉で説明すると安っぽく思われるでしょうが、単調に陥らないメリハリのあるファンキーなリズム、そしてデトロイトテクノ特有の未来的な空気、違和感を感じさせない心地良い曲の流れ、どこを取ってもこれは聴かれるべくテクノであると断言します。レーベル、そしてDJの両方の発掘をする好企画と言えるのではないでしょうか。

試聴

Check "DJ WESSUN"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Quince - En.vi.sion (Delsin:66dsr/qns-cd1)
Quince-En.vi.sion
Amazonで詳しく見る

デトロイトテクノ好きは注目しているであろうオランダのDelsin。Future Beat AllianceやAardvarck、Vince Watsonなどデトロイトテクノフォロワーと呼ばれる人達がリリースを重ねるレーベルで、音楽の質の高さは欧州の中でも屈指のものだと断言します。そして今年Delsinの中で注目を浴びているのがQuinn改めQuinceと言うニューカマー。デビューアルバムにして既に新人とは思えない粒揃いの内容で、まるで曲はCarl Craigそのもの。間違ってもパクリではないけれどこれはCarl Craigがデビューした頃の楽曲のようにオールドスクールなシンセ使いで、テクノが未来を目指している音楽である事を再度認識させてくれます。最近のCarl Craigはかなりベースラインが強くエッジも効かせてきてますが、ここで聴けるのは過去のCarl Craig系の音で柔らかい音色やアナログ感たっぷりのリズムトラックで昔のテクノが好きな人にぴったりだと思います。斬新性などは全く無いけれどそうゆうものは既にフォロワーには求められてもおらず、単純に良いメロディーやオリジナルにどれ程肉薄出来るかが重要なので、そうゆう意味ではかなり成功しているアルバムでしょう。と言うかデトロイトのアーティストが創ったと言われたら信じ込んでしまいそうな程で、エモーショナルかつソウルフル。

試聴

Check "Quince"
| TECHNO5 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Newworldaquarium - Twenty EP (Delsin:61dsr/nwa4)
Newworldaquarium-Twenty EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

デトロイトテクノをヨーロッパなりに解釈して良質なテクノを量産する国がオランダでありまして、DelsinとかRush Hour Recordings、Eevo Lute Muziqueなんかは皆様ご存じでしょうか。アーティストで言うならばAardvarck、Future Beat Alliance、Optic Nerve、Terraceらがいて、Rush Hour Recordingsは過去のデトロイトクラシックを再発する仕事なんかもしています。そして今注目すべきなら、154、Newworldromantic、Rossなどの複数の名義で活躍するJochem Peteriでしょう。今作はDelsinからNewworldaquarium名義のでリリースとなりますが、以前リリースされたEPはCarl Craigも大のお気に入りでPlanet-Eにライセンスされたりしています。そんな経緯があるのだから説明しなくたって今作も素晴らしく、改めてオランダの層の厚さを実感しました。ダウンテンポやノンビートのアンビエント調の曲を含んだ今作ですが、くぐもった深い闇の中を幻惑的なシンセが蠢いていてミステリアスなサウンドは目を見張ります。デトロイトのビートダウン系のハウスを、少々テクノ風に味付けしたと言えば分かり易いでしょうか。アルバム「Strike」(過去レビュー)と合わせて聴くと良いでしょう。

試聴

Check "Newworldaquarium"
| TECHNO4 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Vince Watson - The eMotion Sequence (Delsin:60dsr/vws-cd1)
Vince Watson-The eMotion Sequence
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
先日のPlanet EからのEP「Renaissance」(過去レビュー)でまたもや我々を驚愕させた、UKからのデトロイトフォロワー・Vince Watson。そんな彼の新しいアルバムが、デトロイトサウンドを追求するオランダ屈指のレーベル・Delsinからリリースです。Delsinと言えばAardvarckやFuture Beat Alliance、Newworldaquariumなどコズミックなテクノアーティストが集まっていて、そんなレーベルからVinceの新作が出るのであれば相性もぴったりなのは明白です。まず注目すべきなのは今までのアルバムの中でも、一番バリエーションに富んでいる事。今までは金太郎飴の様に4つ打ちテックハウスばかりだったのが、このアルバムでは疾走系のテクノ、ディープなハウス、そしてブロークンビーツ調の曲までも収録し、アルバムとしての構成力は一番かもしれないですね。またどの曲も今まで以上に透明感に溢れ、メロディーはエモーショナルな旋律を刻み、ビートの強い曲はフロアを揺らし、ソウルフルな曲は心に温もりを与えます。コズミックな音の粒子が宇宙から降るかの如く、儚い世界がここには広がっています。Vinceはリリースするペースが速いのに、作品の質も落とさずほとほと感心するばかりですね。

そういえば確かTransmatからVinceの作品が出る予定だったんだけど、結局それはいつまで経っても出る事が無かったんだよね。このアルバムがそのTransmatから出る作品だったと、VinceのHPに書いてあった気がするんだけどもうその原文は掲載されてないですね。

試聴

Check "Vince Watson"
| TECHNO4 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Angel Molina - Wax Sessions (Sonar Music:SM007-CD)
Angel Molina-Wax Sessions
Amazonで詳しく見る

僕が普段聴くテクノのMIXCDと言えば一枚のCDの中に2〜30曲は曲を詰め込んだ、矢継ぎ早な物が多いです。曲の中の良い部分だけどどんどん繋いでいくと言うコンセプトに基づいているのですが、昨日紹介したSven Vathなんかは一曲を長めに聞かせるスタイルですね。別に長めに聞かせるのも嫌いではないのですが、そうすると選曲によって良い悪いの重みが増えてきます。今日は一曲を長めに聞かせるタイプで、意外に素晴らしかったMIXCD「Wax Sessions 供廚鮠匆陲靴泙后Angel Molina、90年初期から活動をしているスペインのテクノDJだそうです。スペインと言えばCristian Varelaの方が有名なんだけど、地道にAngel Molinaも活動しているらしいです。そんな活動の長さゆえか、過激なプレイをこれでもかと見せつける事もなく、深みがあり一枚のCDの中にストーリーを感じさせるベテランのプレイを残してくれました。まずはJeff Millsのディープなテクノからデトロイト系のAardvarckに繋ぎ、3曲目でJames Holdenを投入しサイケデリックな世界に引きずり込みます。そのままディープなミニマルで繋いでいく内に、あれ???いつのまにか太く上げ気味の4つ打ちに変調しているよ?中盤から後半にかけてはメロディアスでアッパーなテクノ、粗めのハードテクノを混ぜて上げ下げを用意し、最後までがつんと肉体を刺激してくれます。一曲を長めに聞かせるからこそ自然な繋ぎが出来ていて、これもMIXの醍醐味なんだなと思わせるプレイです。旬のアーティストもふんだんに使われていて大変素晴らしいですが、知名度の低さで損をして感じがありますね。

試聴

Check "Angel Molina"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO4 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Aardvarck - Cult Copy (Rush Hour Recordings:RH103CD)
Aardvarck-Cult Copy
Amazonで詳しく見る

最近非常にやばい…大量にリリースされるCDを聴く時間と買うお金の消費が増大しています。だってこんなにも傑作がリリースされたら買うしかないじゃんよ。で早い人は数年前から注目しているであろうAardvarckの新作が登場。てっとり早く言うと、オランダのRush HourやDelsinから作品をリリースするデトロイトフォロワーです。Delsinと言えば数年前からデトロイトテクノに影響を受けた作品を量産し、結構注目を浴びていたのでご存じの方も多いはず。そして、そのディストリビューターがRush Hourでありまして、最近はデトロイトクラシックのリイシューなんかにも力を入れております。Aardvarckが特に注目を浴びたのは、Cult Copyシリーズからでしょうか。Pt.1はCarl CraigのMIXCDに使用され、Pt.2では何とCarl Craigがリミックスで参加し馬鹿売れしましたよね。そしてそのシリーズを中心に構成したアルバムが、このCult Copyです。デトロイトの音を期待していた人には大正解、いやそれよりも単なるフォロワーの域は既に脱しています。フォロワーと言うと結構薄味だったりソウルが稀薄な場合が多いのですが、Aardvarckは本家よりファンキーで黒いサイケデリアが渦巻いていると感じます。音的にはどぎついシンセ音や図太いベース音を中心に、複雑で入り組んだブレイクビーツの絡みでダークで荒々しいタフなトラックを完成させています。随分とアナログ感の強い音ながらも、まるでテクノが産声を上げた時の様なエナジーに溢れ懐かしさと新鮮さが共存していますね。EPじゃなくアルバムでここまで完成度の高いデトロイトテクノは、久しぶりに聴いた気がします。

試聴

Check "Aardvarck"
| TECHNO3 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Carl Craig - The Workout (React:REACTCD227)
Carl Craig-The Workout
Amazonで詳しく見る

デトロイトテクノの発展の中心となっていたCarl Craigはアーティストとして超一流だと思います。でも昔のDJMIXを聴くとしょぼ〜って感じで、実際生でDJを聴いた時もあんまり興奮しなかった記憶があります。そんな彼も最近はなかなかのプレイをするようになったと、このMIXCDを聴いて思いました。2枚組、どこをとってもデトロイト。と言っても結構ハウスよりなMIXで、丁寧で大人しめ、部屋でまったり聴く感じです。お薦めは2枚目の方で、開始からNewworldaquarium→Terry Brookes→Soul Designer(Fabrice Lig)の繋がりは格好いいですね。Niko Marks、Urban Culture(Carl Craig)、Aardvarckとかその他もろもろデトロイト風味の曲が使われていてジャジー、テクノ、ハウスを上手く使い分けています。テンションを上げずにミドルテンポでムーディーで良い感じだけど、Carlが凄いって言うか選曲が良いだけなんだろう。いや、それでもデトロイト好きな人にはよだれが出る選曲に違いない。Carlが本気になったせいか曲毎の頭出しは無し、最初から最後までノンストップで聴くしかない。入門編の為にも、頭出し位はつけてやれよと思いました。発売元のレーベルは倒産済みなので、見かけたら早めに購入するのが吉でしょう。

試聴

Check "Carl Craig"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |