CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2015/9/4 TodaysArt.JP 2015 TOKYO - Launching Party @ Liquidroom
昨年日本へとプレオープン的な扱いで初上陸したオランダ発祥のアート・フェスティバル、TodaysArtが今年から日本での開催を本格化させている。音楽だけでなく美術も含んだ芸術のフェスティバルと言う事で天王洲周辺で様々な催しが予定されているが、そのラウンチパーティーとしてリキッドルームではライブを中心としたパーティーが開催された。何といっても目玉はデトロイトの至宝であるCarl CraigとMike Banksによるライブで、元々は2011年にその二人でのライブが予定されていたものの東日本大震災の影響により中止となり、日本では暫く体験する事が出来なかったものだ。今回は念願叶っての日本でのライブとなるが、それ以外にもAkiko Kiyamaやonomono a.k.a O.N.OにKeita Yanoといったライブ陣、そしてDJにMasafumi Ohnishiも参加して、一夜を作り上げる事になった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Shaun Soomro - Journey To Delirium (Lick My Deck:LMD012)
Shaun Soomro - Journey To Delirium

デトロイトのスペシャルユニットである3 Chairsに属するMarcellus Pittmanがリミックスを提供している、その事実に心を動かされ試聴してみた結果として即購入したのは間違いではないだろう。本作はAkiko KiyamaやBruno Pronsatoの作品をリリースしているLick My Deckの主宰者であるShaun Soomroによる初の作品であるが、このレーベル自体に造詣が深いわけではないにしても本作のようにブラックネス溢れる作品をリリースしたのは意外な印象を受ける。事実としてShaunによるタイトル曲はミニマルな構成を保持してはいるが、それ以上に分厚い重みのあるキックを生かした前のめりに突き進むようなアグレッシヴなグルーヴ感に、ソウルフルなボーカルサンプルが聞こえるようにも施したシンセのフレーズなどを導入し、洗練されたテッキーな音とアブストラクトな黒い音が自然と混ざっている。勢い良く跳ねるリズムはファンキーで、単純に反復する構成がよりファンキーさを強調し、DJにとって利便性の良いトラックとなっている。対してMarcellus Pittmanのリミックスは享楽性や豊かな音色をこれでもかと削ぎ落とし、徹底的に味気なく、つまりは世捨て人的に地味な路線を突き詰めたミニマル色強めのハウスへと変容している。上下に揺さぶる肉体的なグルーヴ感や豊かな音色はこそぎ落とされているが、平坦で粗雑なマシングルーヴの上に手弾き風のローファイなシンセのコード展開を配して、内へ内へと沈み込むような思慮深さがあるのだ。どこか無機質な冷たい空気が漂う作風にも、確実にマシンソウルは存在する事をアピールする手腕は流石である。

試聴

Check "Shaun Soomro"
| HOUSE9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Loco Dice - The Lab 01 (NRK Sound Division:LAB001)
Loco Dice-The Lab 01
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
正直昨今のミニマル流行には食傷気味なんだけど、このLoco Diceは最近人気あるらしいんで取り合えず買ってみた。Sven Vath、Luciano、Richie Hawtin、Ricardo Villalobos辺りとつるんでいるみたいで、ミニマル系の中ではかなりの評価を得ているDJらしいです。本作は良質なハウスを中心にリリースするNRKが新たに立ち上げたMIXCDシリーズ"The Lab"の第一弾で、時代はハウスよりもやはりテクノとミニマルと言う事なんですかね。一枚目は幾分かどんよりムードで深みを感じさせるミニマルが中心で、昔の過激なミニマルとは全く以って異なっている。リズム中心のハイテンションな旧ミニマルに対し、なんつーかここら辺のミニマルってどうも薄っぺらくてペナペナに感じられて軟弱なイメージを払拭出来ないんだよね。中毒的な恍惚なり気の抜けたパーカッションの独特な気持ちよさはあるし品質の高さは分かるけれど、テクノの衝動的なパワー不足なのは否めないな。もっともこんな音を作ってる人達もパワーよりも聴かせる事を目的に作っているんだろうけれど、かと言って心にぐっと来るようなソウルがあるかって言うとそんなのも感じないし。取り合えず一枚目からはLoco Diceなりの個性は聴こえてこない。それに対し二枚目の方はミニマルでありながらハウスの心地良いグルーヴを前面に打ち出したミックスで、緊張感は無くむしろ薄っすらと甘い情緒さえ感じられるメロディアスな内容。勿論エレクトロニックで冷たい感触は一枚目と一緒なんだけど、そこにソウルフルな旋律もあって感情が揺さ振られたりもする。衝撃の無いミニマルであったとしても、そこにファンキーなりソウルフルなり感情的な音があった方が、自分には合うのかなと思います。またハウスとテクノの絶妙な混ざり具合も好きですね。しかし一体ミニマル流行は何時まで続くのかね?

試聴

Check "Loco Dice"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE4 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2009/01/23 TAICO CLUB presents SO VERY SHOW! @ Womb
昨日はVADERを家に呼んでマチュ家と一緒に夕飯を一緒したので、封印しておいた兄貴からの頂き物「Bernachon」のチョコを開封。VADERと一つずつ頂きましたが、上品で綺麗に消えゆく甘さの極上のチョコレートでした。僕もベルナシオンのチョコを買おうと思ってたら「やじうまプラス」で放送されちゃったせいか、その直後にネットでも売り切れ(ほんとにただのやじうまだわ)。でもクラブ行く前に再度「サロン・ド・ショコラ」を見たら、購入可に戻っていたので即購入。

家で飯食べてがっつり酒飲んだ後は、一人で子宮に向かう。なんだかエロイ表現ですが、常識的に考えてWOMBです。常識的に考えて昨夜はミニマルナイト、流石にそんなに客入らないかと思ってたら人いっぱいになったので、何だか嬉しかったです。最初はKaitoことHiroshi WatanabeのDJですが、普段よりも幾分か硬めのテックハウスだった気が。重厚で幻想的なシンセヴェールの曲を回しながらも、ドンチク重めのリズムでアッパーに盛り上げておりました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT1 | 09:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/01/16 (FRI)
HORIZON presents HOUSE LEGEND ALFREDO AGAIN!! @ Unit
DJ : Alfredo, Takimi Kenji, YODA

SALOON "Erection"
DJ : DJ Yogurt, CRYSTAL, やけのはら, YAMADAtheGIANT, ALF

2009/01/17 (SAT)
Bed making... @ Heavy Sick Zero
Act : L?K?O, G.RINA a.k.a. Goodings RINA, ユダヤ JAZZ, DJ Yogurt, 1TA-RAW, K.E.I

2009/01/23 (FRI)
Taicoclub Presents SO VERY SHOW! @ Womb
Live : Sleeparchive, Akiko Kiyama
DJ : Kaito a.k.a Hiroshi Watanabe, DJ Nobu

2009/01/24 (SAT)
Beatport 5th Aniversary @ Womb
DJ : Richie Hawtin

2009/02/07 (SAT)
root & branch presents UBIK featuring LUOMO @ Unit
Live : Luomo
DJ : Moodman, Hikaru, DJ Yogurt

2009/02/07 (SAT)
groundrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue
Live : TRAKS BOYS

2009/02/10 (TUE)
World Connection @ Air
DJ : Kerri Chandler

2009/02/14 (SAT)
DBS Presents 2009 "Dubstep Warz" Skream+Benga @ Unit
DJ : Skream, Benga, Goth-Trad, Yama a.k.a. Sahib

世の中が不安や悩みに包まれても、どぉんすとぉっぷざみゅ〜じっく!こんな時こそ必要なのは愛!と言う事でHeavy Sick Zeroのパーティーはブラコン・ナイトらしい。ブラザーコンプレックスじゃなくて、ブラック・コンテンポラリー。DJ YogurtはMakin' Love Set!をやる予定。つまりは愛のあるプレイ!ならば行かんでど〜する〜?ルオモのパーティーにもDJ Yogurt出るのね。ルオモたんは新宿リキッドのライブは愛と狂気が倒錯したライブだったけど、最近はどうなんしょ?きっとまた愛のある一夜を聴かせてくれるかい?ミニマル元坊主に愛は不要だが、ロングセットならたまには聴いてみたい。ケリチャンのDJは最先端のテクノロジーを駆使したプレイで、見た目的にもまじですげーよ。去年行った時はびっくらこいた。そしてハウス愛がある。
| UPCOMING EVENT | 00:05 | comments(4) | trackbacks(0) | |
Akiko Kiyama - Seven Years (District Of Corruption:DOCCD01)
Akiko Kiyama-Seven Years
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
いたる所でRichie Hawtinの"DE9 Transitions"(過去レビュー)にトラックが収録されたと、煽り文句の様に宣伝されてるので気になって購入してみた一枚。2004年頃から作品をリリースしていて結構精力的に活動しているみたいですが、自分は全然チェックしてなかったわー。現在はドイツ在住らしく音の方もドイツテクノを下地にしたモノトーンなミニマル節が貫いていて、女性らしからぬ男気溢れる硬派なミニマル。ぼちゃぼちゃしたベース音が特徴的でアシッディーと言うか、Isoleeなんかとも共通するシカゴハウスの狂気じみた空気が感じられますね。もしくはDBXとも共振するミニマルファンク、地味ながら黒光りしております。しかしながら人間味が無くまるで機械が演奏してるかの様な(いや、まあ機械が演奏してるんだけどさ)無表情なミニマルで、実にテクノらしいテクノだと思います。ミニマルで統一されつつもアルバム全体ではバラエティに富んでいるし、これは家で聴くのにも耐えうる上質なミニマルテクノですね。

試聴

Check "Akiko Kiyama"
| TECHNO6 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |