CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Andy Vaz - House Warming (Yore Records:YRE-033CD)
Andy Vaz - House Warming
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
ドイツはデュッセルドルフにて実験的なクリック・ハウスやミニマルを手掛けていたBackground、そしてよりエモーショナルなディープ・ハウスを手掛けていたA Touch Of Class、それを主宰していたのがAndy Vazだ。しかしそれも今や昔、ミニマルの流行から決別したVazは2007年以降はがらっと方向性を転換し、より感情性豊かに伝統性を重んじるデトロイト・ハウスを中心としたYore Recordsを運営している。当の本人の作風も当然過去とは全く変わっており、新機軸を打ち出すよりもベーシックなハウスの作風を尊重してどれだけエモーショナルな音を鳴らせるかに拘っているように思われ、この4年ぶりとなるアルバムでも決して衝撃や新鮮味を主張する事はない。オープニングはヒップ・ホップのリズムに「ハウス・ミュージック」という呟きが繰り返される"House Warming (intro)"で始まると、Eva Soulをフィーチャーして甘く色っぽい歌とシンセの滑らかなコード展開に小気味良いボンゴ等のパーカッションが弾ける"Nobody"が待っており、早くから温かみのあるハウスの性質が伝わってくる。タイトル曲の"House Warming"はファンキーなベースも伴ってどっしりと重心が安定したグルーヴだが、凛としたピアノのコードが耽美なディープ・ハウスとなっており、勢いだけでなくメロディーやコードを大切にしているのは明白だ。"Want U Back"ではヴィンテージなアナログ機材であるTR-808やTB-303も使用しているのだろう、ウニョウニョとうねるアシッド・ベースのラインが底を支えながらも、その上では薄く伸びていく情緒的なパッドや官能的なボイスサンプルが優しく包み込むディープ・ハウスへと振り戻す。"Smiling Guitars"もアシッド・ベースが使用されているもののその雰囲気は明るく、アルバムの中で緊張感を解放させる役目のエレクトロだ。デトロイトのNiko Marksを起用した"Things & Strings"は悪っぽいアシッド・ベースが前面に出てシカゴ・ハウスの系譜に連なっており、そこにガラージの色艶やかな官能も加わった刺激的な曲だ。ハウスを軸にヒップ・ホップやエレクトロにダウンテンポ、デトロイトやシカゴにガラージなどの要素を散りばめ、その結果として最新の時代性よりも如何に普遍的で音そのもので訴えられるかを証明出来るのか。その意味では本作は幾ら流行が移り変わろうと、価値が変わる事なく聞く事が出来るハウス・ミュージックと呼ぶ事が出来る。



Check "Andy Vaz"
| HOUSE11 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Andy Vaz - Straight Vacationing (Yore Records:YRE-028cd)
Andy Vaz - Straight Vacationing
Amazonで詳しく見る

かつてドイツにおいてミニマルテクノに特化したBackgroundを運営していたAndy Vazは、Backgroundを閉鎖後の2007年に今度はオールドスクールとニュースクールを結び付けるハウスレーベル・Yore Recordsを設立。Yoreからはデトロイトやシカゴのベテランのみならず芽を出しつつある若き才能、そして日本からの注目株まで怒涛の勢いで作品を送り出し、そして遂に主宰者本人の5年ぶりのアルバムが届いた。Yore以前は実験的なミニマルを制作していた彼も、ここではYoreと言うレーベルマナーに沿ってよりベーシックに、より初期衝動を突き詰めたハウスを披露している。何と言っても出だしのタイトルからして分り易い"Detroit In Me"、アシッドなベースラインの上を情感あるシンセがほんのり微熱を発するこの曲が、アルバム全体のトーンを既に表している。続く"Stubnitz"はシカゴ・ハウスの味気ないキックやパーカッションにそれとは対照的なソウルフルなサックスが絡む色気のあるハウスで、やはり内なるソウルを素直に表現している。またイタロハウスやディスコの名作をネタにしたと言う"Just Another Round"や"A Dope Jam (Bullyshit Mix)"では、黒い汗が飛び散る程にファンキーなディスコハウスを鳴らしており踊れる事も忘れてはいない。ディープでソウルフルである事、かつグルーヴィーである事を忠実に守ったハウスアルバムで、決して派手な作風ではないが時代に左右されない作品はこう言った音なのだ。また本作品にはAlton MillerやKez YM、Tony Ollivierraらのリミックスもダウンロード出来るアクセスコードが封入されており、Yore Recordsに関連するアーティストの素晴らしいリミックスも聴く事が出来る。

試聴

Check "Andy Vaz"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kez YM - Stride EP (Faces Records:FACES 1210)
Kez YM - Stride EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

日本だけではなく国外に於いて高い評価を得ているKazuki YamaguchiことKez YM。デトロイトソウルに沿ったハウスをリリースするAndy Vaz主宰のYore Recordsに所属し、また2010年にはPanorama Barにも出演するなど、ゆっくりとしかし着実に自分の立ち位置を築いている日本のハウスアーティスト。そして新作はMCDEを主宰しているPablo Valentinoが平行して運営しているFaces Recordsからのリリースと、Kez YMのブラックネス溢れる音楽性が良質なブラックミュージックを追求するレーベルに認められた証で、本作にて更に高い評価を得るのは間違いないだろう。Motor City Drum Ensembleにも通じるマイナーコード調のスムースなハウス"Alley Of Mind"、鍵盤が華麗なコードを奏でるファンキーな"Rusty Parade"、雑踏のざわめきを感じさせる湿っぽいジャジーなハウス"Diffusion"等、そのどれもが控えめながらも秘めたるソウルを隠し持つデトロイトを意識したハウスだ。瞬発力や爆発力に任せた派手なだけの音楽とは全く異なり、滑らかなハウスのグルーヴにファンキーなメロディーや豊かななコード感を掛け合わせ、じんわりと心に響く音楽性を持っている。本場デトロイトの異形な黒さは無いが、その分だけKez YMの音楽は上品な艶を生んでいるように思われる。

試聴

Check "Kez YM"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kez YM - Live at Grassroots (Family Tree:FT005)
Kez YM - Live at Grassroots

鳥の巣の様な派手派手しいドレッドヘアを振り乱し、全身全霊で熱く曲をミックスする姿が特徴的なKez YM。また彼の創り出すエモーショナルでファンキーなディープハウスは、 Andy Vazにも認められYore Recordsから世界デビューを果たすなど、アンダーグラウンドな活動が徐々に浮上しつつあります。そして2010年10月23日に高円寺のGrassrootsで開催されたUniversal Indiann主宰のパーティー・Family Treeでのプレイを収録した、Kez YMにとって初のMIXCDがリリースされました。実は自分もこのパーティーに遊びに行っていて、黒くファンキーでありながら妖艶さもあるKez YMのホットなプレイにやられてしまったのだけど、まさかその時のプレイがまた聴けるなんて嬉しい限りです。今になり冷静になって聴き返すと、確かに黒いハウス中心ながらもその中に華やかなディスコや激熱のファンク、渋いジャズなどジャンルを跨ぎながら統一感のある黒さに染め上げて、その上で大胆で過激なイコライジング捌きで血肉沸き立つグルーヴを産み出しております。そしてラフな音質さえも生かして逆に臨場感・現場感を感じさせ、まるで目の前にあの夜が熱気が蘇るかのようです。日本人離れしたと言うか、まるでデトロイトの黒人がプレイしているようなダイナミックなプレイは、情熱的で熱いソウルを感じさせるのでした。

試聴

Check "Kez YM"
| HOUSE6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Tokyo Connection EP (Yore Records:yore-025)
Tokyo Connection EP
Amazonで詳しく見る

Andy Vaz主宰、ドイツよりオールドスクールを受け継ぐディープハウスレーベル・Yore Recordsの新作は、日本人アーティストが集結したスプリット盤。Yore Records所属のKez YM、Music Conceptionでも活動しているNo Milk、そして今や日本よりも海外で知名度の高いRondenionと強力なメンバーが揃いました。日本人が集まったからには日本らしく、タイトル等は全て日本語。レーベル面には"昔レコーズ"、"東京コネクション"、曲名は"詩情のリズムレッド "、"ダイナマイト☆ポップス ガラスの三十代"など洒落っ気もきいております。が内容は実にファンキーな黒いディスコハウスや美しいディープハウスで、普段の彼らの芸風をしっかりと感じられます。特にRondenionの女性の声のサンプルを借用したトラックが秀逸で、粘り気・湿度の高い汗臭いファンキーなハウスはもう彼の十八番。黒い粘土に絡みつかれる様にずぶずぶとハマってしまいます。Kez YMの"耽想"は夜の妖艶でアダルティーな空気を伴う情緒溢れるディープハウスで、都会の真夜中のクラブをイメージさせる様で良いですね。

試聴
| HOUSE6 | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
A Work In Progress - Untitled EP (Yore Records:yore-018)
A Work In Progress - Untitled EP
Amazonで詳しく見る

本作はシカゴハウスの巨匠・Chez DamierとデトロイトのPriceless Oneなるアーティストの共同ユニット。なんでもPriceless Oneは"Music Institute"の創設者の一人らしく、だとすると相当なベテランになるはず。Andy Vaz主宰のこのYore Recordsは今までにもデトロイト系のアーティストの作品をリリースしてきているので、音楽的な相性は抜群でしょう。A面の"Moment Of Truth"はドライヴィングするファンキーなリズムトラックに、透明感のあるエレガンスなフェンダー・ローズと上品なシンセストリングスが絡み合う極上のディープハウス。疾走感がありフロアで盛り上がるのは当然として、リスニングとしてもうっとりする程の陶酔感があり文句無しです。B面の"Let Me Do Yore"は図太いキックが特徴的なピッチの遅いディープハウスで、A面に比べると荒々しさの目立つシカゴハウスの攻撃性が前面に出た一曲。安っぽいオルガンがファンキーで、かつてのシカゴハウスを思い出させます。両面非常に素晴らしい一枚でした。

試聴

Check "Chez Damier" & "Priceless One"
| HOUSE5 | 06:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
The Essential Blank - Dirty Grind (Blank:blcd-1001)
Essential Blank-Dirty Grind
Amazonで詳しく見る

HMVの特売で100円で販売されていたので見かけた時に即購入。内容はと言うとWOMBでのテクノパーティー"CYCLONE"を主宰するDJ Mikuが、新たに立ち上げた"Blank"の初のコンピレーションアルバム。でもBlank RecordsってそんなにEP出してたっけ?と少々不可解な点もありますが、きっとDJ Mikuが交流のあるアーティストに楽曲提供を依頼したのでは。日本からはテックハウスでは最上級のHiroshi WatanabeやMexico、そしてDJ Miku自身も、海外からはディープでミニマルなJay HazeやAndy Vaz、Jake Fairley、クリッキーなテクノが得意のPan/Toneなどちょっと渋めのアーティストが集められていて、特筆すべきは全て未発表曲=新曲だと言う事。まだ出来て間もないレーベルの為に全員が新曲を提供するなんて、なかなか考えられない事ですよね。幾つか気になった曲を挙げますと、やはりHiroshi Watanabeの幽玄で透明感のあるシンセサウンドが特徴なテックハウスは、涙を誘う哀愁感で満ちていて極上です。初期のほのぼのハウスを脱却し、格段に切れ味を増したパキパキなシンセが格好良いMexicoのテックハウスも良いね。バブルが弾ける様な不思議なクリックハウスはAndy Vaz、淡々としながらも重心が低くフロアで地味に効きそうです。テッキーで綺麗目な音とクリッキーなリズムを合わせたJin Hiyamaは、初耳ながらも充分に興味をひく物でした。DJ Shirakuraって誰かは知らないけれど、アシッドブリブリで一番強烈な音を出しています。ディスコティックを現代風にリメイクした様でもあり、陽気なテンションで盛り上がりそう。とまあそんな感じでバラエティーに富んだコンピレーションで、統一性は無いけれどなかなか聴き応えはありました。しかしコンピレーション出したは良いけれど、今はBlank Recordsって全然新作出して無くない?

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO4 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |