CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Arjuna Schiks - Hua Hun (Wolfskuil Records:WOLF 024)
Arjuna Schiks - Hua Hun
Amazonで詳しく見る(MP3)

オランダ出身で1985年生まれであると言うArjuna Schiksはまだ若手であり実力は未知数だったものの、本作では北欧からデトロイトに接近するAril Brikhaとシューゲイザー的な音を持ち味とするApplescalがリミキサーとして参加していたので購入した次第である。Arjunaによるオリジナルはメロウなコード展開や霞がかった声をツール的にミニマルに繰り返しながら、全体を朧気の淡いノイズに包み込むシューゲイザーを意識したテックハウスとなっていて、これはまるでThe Fieldの新曲と言われても気付かないかもしれない。キラキラとした音や角を落とした丸みのある音を使用していて、ほっこり温かい幻想的な世界観に陶酔しそうだ。そしてAril Brikhaによるリミックスはと言うと、リズムを重く太く跳ね上がるように強調しながら原曲のメロディーや声にはそれ程手を加えずにシューゲイザー色だけを弱め、かっちりとしたテクノのスタイルへとDJに使い易く仕上げている。一方Applescalはリズムをイーブンキックに強く4つ打ちを刻みながら不思議なSEを加えてアクセントを付けつつも、Arjunaのシューゲイザー色を更に重ね塗りするように音像をぼかした作風でドリーミーな世界観を踏襲している。元々オリジナルの曲が良いのだが両者のリミックスも各アーティストの個性を打ち出しており、DJの即戦力になりそうな一枚である。

試聴

Check "Arjuna Schiks"
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |