CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Awida - NYC Connexion EP (World Famous:WF-005)
Awida - NYC Connexion EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

数年前にNYに移住したために日本ではその名を聞く機会が減ってしまったが、InnervisionsからのTokyo Black Star名義での華々しい活躍と共に今も尚DJとしてもアーティストとしても活動するAlex From Tokyoを含むニュープロジェクト、それこそがAwida。どうしても知名度的にAlexの名前が表に出てしまうが、Alex Fromの他にMusic For Dreamsで活躍するWillie Graff & Darren Eboliの頭文字から取ったプロジェクト名からも分かる通り3人組のユニットで、何でもニューヨークのクラブ・Cieloで出会った彼等がニューヨークやイビサにベルリンの音楽に影響を受けて、真夜中のジャムセッションから出来上がったのが本作との事。Alexについては陶酔感のあるエレクトロニックなハウスからディスコという音楽性で、そしてGraff & Eboliの方は多幸感の強いバレアリック・ディスコといったもので、そんな彼等が一体となるとどうなるのか。"Pompa Sonic"はメロディーは抑えながら揺れ動くようなベースラインが低い箇所で主張し、シンプルなリフとコズミックな音を挿入しながらあくまでねっとりとしたグルーヴ重視なDJ仕様な曲調。特に彼等の多幸感や快楽性が打ち出されているのが"Tranz Mekanica"で、強烈で快楽的なシンセのベースラインがディスコティックに刻まれ、殆ど大きな展開もなく微かに上モノのシンセや効果音を挿入しながら、終始ぐいぐいと引っ張っていくベースが脳裏に刻まれるこの曲は単純ながらもフロアでは非常に魅力的に聞こえるに違いない。"Cielo Dance"はどちらかと言えばGraff & Eboliの多幸感が現れているだろうか、朗らかで和みのあるバレアリックな上モノのループと軽やかで落ち着いたビートが続く開放感のある曲調で、途中からは陽気で明るいシンセのメロディーも展開しながら長閑な田園風景が広がるようなバレアリックなムードが続いている。真夜中のセッションから生まれた事もあり享楽的な覚醒的なダンスモードから、しかし昼間の落ち着いたイビサ的であろう曲調まで、どれもそれぞれのシチュエーションに沿った雰囲気があり納得の出来だ。是非とも単発で終わらずに、継続的な活動を期待したいニュープロジェクトである。



Check Awida
| HOUSE14 | 20:30 | comments(0) | - | |