CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Marcos Valle - Sempre (Far Out Recordings:FARO211CD)
Marcos Valle - Sempre
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
9年ぶりのアルバムという事でちょっとした話題になっているみたいなMarcos Valleの新作。普段クラブ・ミュージック中心に聞く筆者にとっては余り縁の無さそうなアーティストだが、2015年には"1985"をTheo Parrishがリミックスをして話題になっていた事もあり、この新作も軽く試聴してみたところアーバンかつブギーなディスコ/ラテンな作風が直ぐに耳に馴染んだので購入した次第。Valleは60年代から活動するブラジルのアーティストで、ボサノヴァから始まりMPBにディスコ、そしてジャズやファンクにAORやソウルと様々な要素を咀嚼する事で結果的に時代に適合しながら生き抜いてきているように思われるが、過去の作品を聞いてみるとどの時代にもポップなソングライティングが発揮されておりその音は実に懐っこい。そして注目すべきは90年代後半以降はダンス系のブラジリアン・ミュージックでは筆頭格のFar Out Recordingsから作品をリリースしている事で、その点からも少なからずクラブ・ミュージック的な方面からも違和感無く聞けるダンスなグルーヴ感も存在しており、クロスオーヴァー性はここでも発揮されている。そこからのこの新作、Pat Metheny Groupに参加していたパーカッショニストのArmando Marcal、Azymuthのベースプレイヤーとして活動していたAlex Malheirosといった様々なアーティストが参加しているが、特筆すべきはIncognitoのリーダーであるJean-paul Maunickの息子であり、ハウス・ミュージックのアーティストであるDokta VenomことDaniel Maunickがプロデュース&プログラミングを担当しており、その影響として大きくブギー&ディスコな性質が打ち出されている事だ。冒頭の"Olha Quem Ta Chegando"からいきなりファンキーなギターカッティングにトランペットの情熱的な響きが聞こえ、ドタドタとした生っぽいドラムが躍動するディスコな曲で、しかし熱くなり過ぎずにサマーブリーズな爽快な涼風が舞い込んでくる。"Odisseia"では実際に生ドラムを用いた臨場感あるリズムに豊潤なフュージョン風のシンセや甘美なエレピを重ねて、派手さのあるラテンファンクかつサンバながらも哀愁も込み上げる切ない一曲。バラード風なスローテンポの"Alma"では光沢感のある優雅なシンセやしみったれたギターメロディーが活きており、AORで大人のアーバンな雰囲気には余裕たっぷりな円熟味が。そして再びディスコ・ファンクな"Vou Amanha Saber"、ズンズンと力強い生ドラムがリズムを刻み、ギターやベースがうねりつつ豪華さを彩るホーンが響き渡る、陽気さに溢れ肉体感を伴う熱いダンス・ミュージックを聞かせる。音楽的な新しさは皆無ではあるものの色々なスタイルが元からそのままであるように馴染みながら、エネルギッシュに脈動するダンスからしっとりと聞かせるリスニングまで丁寧なソングライティングが耳馴染みよく、取り敢えず老獪なベテランに任せておけばOKみたいな安心感のあるアルバム。真夏は過ぎてしまったけど、蒸し暑い時期にも体感温度を下げる爽やかなブラジリアン・フレーバーが吹き込んでくる。



Check Marcos Valle
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Far Out Monster Disco Orchestra - Black Sun (Far Out Recordings:FARO 202CD)
The Far Out Monster Disco Orchestra - Black Sun
7Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
ブラジリアン・ミュージックのオーソドックス - 例えばジャズやサンバにボサノヴァなど - そしてモダンなダンス・ミュージックまで、過去と未来を紡ぐように展開するFar Out Recordingsは、この類に造詣は無い人にとってもレーベル名は聞いた事がある位に著名な存在だ。そんなレーベルの15周年の活動として2008年頃に始まったプロジェクトがThe Far Out Monster Disco Orchestraで、その中心にいるのがレーベル設立者であるJoe Davis、Incognitoの息子であるDaniel Maunick(=DJ Venom=Dokta Venom)、そしてAzymuthのプロデュースも手掛けるDavid Brinkworthらで、その周りをブラジリアン・ミュージックの実力者が固めるというだけあって音楽的な素養の高さは保証されたプロジェクトだ。2014年には初のアルバムである『The Far Out Monster Disco Orchestra』(過去レビュー)でソウルやディスコにファンクも咀嚼したブラジリアン・ミュージックを豊かに聞かせていたが、それから4年を経て遂に2ndアルバムが完成した。ここでも前述のアーティストが中心となりながら、他にはブラジリアン・ミュージックの女性ボーカリストであるHeidi VogelやAzymuthの元キーボード担当であったJose Roberto BertramiにベーシストのAlex Malheirosなど、その他大勢のアーティストを迎える事でゴージャスな響きを生み音楽に豊かさを込めている。アルバム冒頭の"Step Into My Life"からしてゴージャスで華麗な音が鳴っており、ストリングスやホーン帯も加わった生演奏を主体とした流麗なサウンド、ギターやベースのファンキーな響き、そしてうっとりする程に甘くそしてソウルフルな歌が一つとなり、晴々とした涼風が吹くようなブラジリアン・ディスコだ。"Black Sun"は動きの多く力強いベースや切れのあるギターカッティングがファンキーで、そこに情熱的な歌やコズミックなシンセにサックスやトランペットの豪華な音が加わり、次第に熱量を増して盛り上がっていく。一転して"Flying High"は落ち着いたテンポでしっとりと甘い女性の歌を聞かせるバラード的なディスコで、微睡みを誘う優美なピアノのコードや豊潤な響きのシンセのメロディーを軸にして、胸を締め付ける切なさに満たされる。フェンダー・ローズの繊細で美しいソロから始まる"The Two Of Us"もミッドテンポでしっとり系の曲で、晴れやかで和んだ歌と甘いコーラスに優しいピアノやフェンダー・ローズでメロウネスが込めて、じっくりと甘い世界に浸らせる。アルバム12曲の内5曲はインスト・バージョンなので実質7曲になるが、ノリの良いブギーなダンスからメロウに聞かせる曲までどれも耳に残る魅力的なメロディーや生楽器の富んだ響きが活かされており、流石実力者揃いのバンド・プロジェクトによる本格ディスコだ。



Check The Far Out Monster Disco Orchestra
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ3 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Azymuth - Fenix (Ron Trent Remix) (Far Out Recordings:JD39)
Azymuth - Fenix (Ron Trent Remix)
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

フュージョンに詳しくない人でも名前位は聞いた事があるかもしれない、ブラジルのジャズ・ファンク/フュージョントリオの至宝であるAzymuth。1970年代から活動する大御所でありブラジル音楽の伝統を継承しながら麗しいサウンドを奏でる彼等の音楽は、クラブ・ミュージックのアーティストからの人気も集めダンス・ミュージック側からのアプローチもあるなど、活動は長くとも決して懐古的なトリオではなく現在系のアーティストだ。しかし2012年にメンバーの一人が亡くなった事で活動の存続が危ぶまれたものの、2016年には新メンバーを加えての復活のアルバム『Fenix』をリリースし、ファンを安心させた事だろう。本作はそのアルバムからのシングルカットで、何とシカゴ・ハウスの重鎮であるRon Trentがリミックスを提供しているのだから、ならば当方のようなクラブ・ミュージックのファンが注目するのは当然だ。先ずはオリジナルである"Fenix (Album Version)"、実はこれ自体もIncognitoの中心であるJean-Paul’Blueyの息子であるDaniel MaunickことDokta Venomがプロデュースを行っている。Venomと言えばブラジル音楽をディープ・ハウスに落とし込んだ作品を作ったりと、ダンス・ミュージックにおいて活動するアーティスト/エンジニアであり、ここで起用されたのもAzymuthが現在形のダンス・ミュージックを意識している現れだろう。けたたましく野性的なラテンのドラム、激しく弾けるスラップベース、そこにオルガンやエレピ等のキーボードプレイも加わり、1曲の中で爽やかな涼風を吹かせたり黄昏時のしんみりしたメランコリーも聞かせたり、そしてディスコなグルーヴからファンクやフュージョンまで包括する音楽性が違和感無く同居している。そして"Fenix (Ron Trent Remix)"、Trent自身によってキーボードやパーカッションにオーバーダブ等を加えているそうだが、原曲の雰囲気を壊す事はなく丁寧なリミックスを施している。Trentらしい開放感溢れるアフロなパーカッション使いは軽快さを生み、ややハウス・ミュージック寄りになった4つ打ちの流麗なリズムが疾走り、アンビエント的な浮揚感のあるダビーな処理が心地良い。ガラッと変わったリミックスではないがAzymuthらしさとTrentらしさが同居した丁寧な作風で、ハウス〜ディスコ〜ファンク等をクロースオーバーする事でフロアに対する適応力も高い。勿論、部屋でのリスニングとしても和やかなムードに溢れていて最適だ。



Check "Azymuth"
| HOUSE13 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/9/30 Sunset Lounge @ 江ノ島展望台
Sunset Lounge1

夏の季節限定、湘南は江ノ島の展望台で開催されているSunset Loungeも前身のFreedom Sunsetを含めれば14年目。普段クラブを賑わしている人気DJからこれからを担う新鋭、そしてクラブとは異なる場所で活動するバンドらもフィーチャーし、老若男女問わずに多様性あるダンス・ミュージックを体験し楽しめる場所、それがこのフェスの特徴だろう。今回はレギュラーとなっているCalmにDJ Yogurt、モーション・ブルー・ヨコハマを拠点に活動するafrontier DJ's (Jun Morita,TOJO,Takeshita)、ビートボックスを武器に様々なジャンルを表現する櫻井響、日本人の心に根付くダンスである盆踊りをコンセプトにしたイマジン盆踊り部らを招き、夏の終わりを迎える事になった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kirk Degiorgio Presents Sambatek (Far Out Recordings:FARO176CD)
Kirk Degiorgio Presents Sambatek
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
インテリジェンス・テクノからデトロイト・テクノ、果ては本格的なフュージョンやジャズにまで造詣の深いKirk Degiorgioが新たに向かった先は、ブラジリアン音楽の一つであるサンバだ。実は以前にFar Out RecordingsからOffworldプロジェクトとしてAzymuthと共同制作したアルバムをリリースしているが、今回のプロジェクトに関して言えばサンバのリズムを取り込んだ"テクノ"である。本作でもOffworldプロジェクトにも参加していたAzymuthのメンバーであるIvan Contiが楽曲提供を行い、Kirkはあくまでプロデューサーとしての立場であるそうだが、結果として出来上がった音はKirk流のモダンなテクノとなっている。Ivanが作曲したブラジリアン音楽をKirkが現代のテクノへと変換する作業は、サンバの乱れ打つリズムで揺れる躍動感を保ったまま、Kirkらしい洗練されたテックな音を付加する事で完成を見ているが、そこにはブラジリアン音楽とテクノの乖離は全く見られない。強烈かつ執拗に弾けるパーカッションはKirkの作品にしては珍しいが、テクノの音として自然と取り込んでしまうその手腕は、フュージョンやジャズなどの古典音楽にも傾倒し理解が深いからなのだろう。またUKテクノのピュアで洗練された感覚だけでなく、現在のテクノの中枢であるベルリンシーンをも意識したような、暴力的な唸りを上げるミニマルなトラックもあり、アルバムの大半の曲はフロア向けのDJツール的な要素も増長されている。Kirkらしいしなやかで優雅なインテリジェンスな要素は少ないが、そう言えばEP単位ではハイテックな作品を量産していたKirkも、純然たるテクノのアルバムはここ10年近く出していなかった。そう思うとここまでパーカッションの力強いリズムが活きたテクノを聴くと、素直に嬉しく思う。オリジナル曲以外にもRick Wilhite、Jonas Kopp、NX1のリミックスを収録しており、これらはより踊るための機能性に絞った作風で要注目だ。

試聴

Check "Kirk Degiorgio"
| TECHNO10 | 12:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
Indigenous Travelers - Paradise Ritmito Carnival (Tribute To Jose Roberto Bertrami) (Downbeat:DWNBT S.E. 01)
Indigenous Travelers - Paradise Ritmito Carnival (Tribute To Jose Roberto Bertrami)

スペインにて黒くロウなハウスを追求するDownbeatを主宰しているのがJose Ricoだが、そのRicoとシカゴ・ハウスの巨匠であるRon Trentが手を組んだ名義が本作のIndigenous Travelersだ。サブタイトルには"Tribute To Jose Roberto Bertrami"とあるように、最近亡くなったブラジリアンユニット・AzymuthのメンバーであったBertramiへと捧げらる為に制作された作品との事だ。普段のRicoの作風を全く知らないので本作に於ける共同作業の影響の程を知る由も無いが、Trentが参加している影響は間違いなく感じ取れる。ざらついてぼやけたようなリズムトラックの上に軽快で爽やかなパーカッションが羽ばたき、Trentらしいアフロかつフュージョンな持ち味はもう十八番と言っても良いだろう。そしてアンビエント感覚もあるパッドや煌めきのあるシンセが中域に厚みを持たせつつ、表面では振れ幅の大きいハモンドオルガンが束縛から解放されたように躍動しながら壮大な世界観を生み出す、つまりはいつものTrent節が炸裂している。浮遊感さえある軽さは正に爽快な風が吹き、青い空に吸い込まれるような大らかさがある。気合の片面仕様のアナログで割高ではあるものの、裏面にはレーベルのロゴがエッチング加工されており、アナログとしての存在感を漂わせた素晴らしい一枚だ。

試聴

Check "Ron Trent"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Azymuth - Avenida Das Mangueiras (SS Translation) (Far Out Recordings:JD24)
Azymuth - Avenida Das Mangueiras (SS Translation)
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

クラブミュージック方面からも人気を博しているブラジルのフュージョン・バンド、それがAzymuth。リリース元のFar Out Recordingsはロンドンからブラジリアン音楽を積極的に掘り起こしているレーベルで、フュージョンバンドのみならずクラブ関連のアーティストとも友好を結んで上手く運営を行なっている。その一例として本作ではTheo ParrishとLTJ Experienceをリミキサーとして起用し、DJユースにも耐えうる楽曲としてフュージョンを再生させている。Theoによる"Avenida Das Mangueiras (SS Translation)"は普段の作風である視界も歪むような音響効果を強調する事もないが、しかし原曲の跳ねる躍動感を抑えてミニマルな曲調として完全にDJとしての使い勝手を意識した内容だ。特にファンキーなベースラインを生かしてはいるものの、全体としてはリミックスと言うよりは作風を整えているようなエディットに近い。LTJ X-Perienceによる"Partido Alto (LTJ Xperience Remix)"は原曲のスローな印象を壊すことなく、フュージョンからビートダウン/ニューディスコな作風へと自然なリミックスを行なっている。こちらもやはり展開を抑えつつ反復を執拗に繰り返すのだが、控え目なシンセのコードが大人の夜の濡れたしっとり感を強調し色気のある作風となっている。リミックス自体も納得の出来だが、レコード本体も180グラム重量盤で存在感はばっちりなので、是非ともアナログで所有しておきたい一枚だ。

試聴

Check "Azymuth"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ Yogurt - Mellow Music For Bitter Sweet Cafe (Upset Recordings:UPSETMIXCD009)
DJ Yogurt-Mellow Music For Bitter Sweet Cafe
時にはラブリーで体が火照るR & Bやヒップホップを、時には踊れてぶっ飛べるテクノを、時にはぐっと心が熱くなる歌物ハウスを、時にはトロトロにとろけるアンビエントをプレイするDJ Yogurt。その時々で色々な表情を見せる彼の新作MIXCDは、 "自分がカフェで聴きたいのはこんな音楽"がコンセプトの70年代のジャズ中心を中心としたリラクシングミュージック。生憎と自分はジャズ系に関しては全く知識を持ち合わせていないので選曲見ても上手い説明が出来ないのだけども、このMIXCDを聴けばそれだけで心が和む選曲なのは間違いない。ほろ苦くて甘いカフェの為の芳醇な音楽、確かにそんな言葉がぴったしな緩くて心地の良いジャズがぎっしり詰まってます。ぴんと張った緊張の糸が一瞬で緩み、音に合わせて体も微妙に揺れる位の優しい音楽。カフェ経営者はこんな音楽を流しておけば、それだけでそのカフェは良いムードになるのは言うまでもない。もしくは自分は休日の目覚めにこんな音楽が流れていたら、優しい光が差し込むその朝に心地良い時間を体験出来ると思う。センスが良いの一言。

DJ YogurtのMIXCDは彼のHPでも購入出来るので、気になる方は是非。
http://www.djyogurt.com/

Check "DJ Yogurt"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Troubleman - The First Phase (Far Out Recordings:FARO093CD)
Troubleman-The First Phase
Amazonで詳しく見る

一悶着ありそうなユニット名を持つTroublemanとは、実は90年代のアンビエントシーンを代表するGlobal Communication(以下GC)のメンバーの片割れ・Mark Pritchardだ。GCについてはこのブログでも何度か紹介しているの深くは紹介しないが、今でもカルト的な人気を誇るユニットであるのは間違い無い。さて、このTroublemanの2NDアルバムだが、実は新作や未発表曲、EP収録のAzymuthやStereo Peopleのリミックスも収録した変則的アルバムである。AzymuthやStereo Peopleが出た所で察しの良い方は気付いたと思うが、Troublemanは実はブラジリアンボッサハウスみたいな音楽をやっている。正直GCとは別物として接してもらうしかないのだが、爽やかなブロークンビーツを奏でる1stアルバム(過去レビュー)は結構好きだったんだな。2NDもまあ内容的にはほぼ一緒なんだけど、若干曲のメロウ度が下がったように感じる。リズムも相変わらず良く跳ねてはいるけれど、これも1st程の強烈なビートや起伏は減ったかも。一般的に見れば充分な水準には達しているとは思うが、GCのメンバーなのでそれ以上を期待しちゃうんだよね。しかしドラムはプログラミングなのかな?小気味良いノリでざっくりした感じが生っぽいけど、なかなか良いグルーヴは出してるじゃない。もうちょっと上物がテッキーだったら、面白い作風になるかもね。

試聴

Check "Mark Pritchard"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Jazztronik - JAZZTRONICA!! (Tokuma Japan Communications:TKCA-72828)
Jazztronik-JAZZTRONICA!!
Amazonで詳しく見る

今クラブジャズシーンで人気があるのが、このJazztronikで特に「Samurai」は海外のアーティストも回したりしていて評判上場の様だ。そんな彼の初のMIXCDが遂に発売となったわけだが、うーんあんま思ってたよりも良くなかったかも。元々それ程期待してた訳でもないけど、更にそれ以下と言うか。大半の曲はクラブジャズと言われる物で、4つ打ちは少ない。Jeremy EllisやAndres、Louie Vegaなど自分の好みのアーティストの曲が収録されているので購入した訳だが、そう言ったアーティスト以外の曲が地味と言うか…。別に4つ打ちが少ないから悪いと言う訳でもなくて、聴き所がないな。のっぺらとした平坦なプレイで、渋いと言う表現よりは全くもって地味。更に曲のつなぎに不自然さを感じる。多分前後の曲の選択の仕方が良くないんだろう思うんだけどね。そして何よりもJazztronikファンの人がきっと突っ込むべき点は、「Samurai」が1分少々しか使われていないと言う事だろう。何のために「Samurai」をセットの中に組み込んだのか?中途半端な使われ様だ。少々退屈なMIXCDだが、きっとJazztronikはDJよりもアーティスト気質なんだろう。ま、たまにはこんなのも買ったついでに紹介しておきました。

試聴

Check "Jazztronik"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 19:30 | comments(5) | trackbacks(0) | |