CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Trux - Orbiter (Avenue 66:AVE66-04)
Trux - Orbiter
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
その名の通りアシッド・サウンドに偏執的なこだわりを持つLAのレーベルであるAcid Test、その傘下で運営されるAvenue 66は同様にアブストラクトな音響を引き継ぎつつも更にエクスペリメンタル性を伴いながらディープへと潜っていく音楽性を軸にしている。そんなレーベルのミステリアス性と共振したのは2016年にBaazのOffice RecordingsからデビューしたTruxで、アーティストについての公開情報が何も無くミステリアスなアーティストとしてダンス・ミュージックの枠にはまる事なく、その匿名性をアピールするようにエレクトロニカやアンビエントにジャングルまで咀嚼しながら変異体な電子音響を聞かせる不思議な存在だ。そんなTruxによる初のアルバムはやはり過去の作品を踏襲し一般的な躍動するビート感のダンス・ミュージックは無く、以前にも増して曲毎に蒸気のように形を変えて不鮮明な音響で満たすディープかつアブストラクトな作品だ。オープニングはノイズにも似た不鮮明な音響が溢れ出す"With It"で始まるが、曲の途中からはっきりと明瞭な鍵盤の音が物悲しい旋律をなぞる変化を見せ、開始からして一筋縄ではいかない。続く"Orbiter"はダビーなシンセが空間の広がりを生みつつ変則的なキックも軽く刻まれて、あてもなく濃霧の中を彷徨うアブストラクト・アンビエントだ。そして再度ビートレスな"Blinko"ではぼんやりとしながらも幽玄な上モノが浮遊し、軽くハイハットやタムも聞こえてはいるがその抽象性の中で幻惑的な響きをし、終始もやもやと意味もなく不鮮明な鳴りのまま続く。比較的ダンス・ミュージックとしての体を成しているのは"My Row"だろうか、微細なハイハットが薄っすらとビートを刻んでいるが、そこに霧のような深く叙情的なドローンとぼんやりとした呟きを被せて、刺激を一切与える事なく揺蕩いながら空間の中に溶けていくディープ・アンビエントで不明瞭な世界観は変わらない。そして最後はフィールド・レコーディングの向こうにオルゴール風な悲哀なメロディーが浮かび上がるIDM風な"Agoma"で、終始深く不鮮明な電子音響が続くアルバムは最後にきてぐっと感傷を強めて、しかし決して荒ぶる事なく静けさを保ちながら霧散する。終始アブストラクトな音響に包まれたリスニング志向の強い音楽は、しかし一方で微睡みを誘うアンビエント性や淡い情緒によって心を落ち着かせ穏やかな気分へと至る鎮静作用があり、エクスペリメンタルではあるが決してとっつきにくいものでもないだろう。



Check Trux
| TECHNO14 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Baaz - Earth 2 (Office Recordings:OFFICE 14)
Baaz - Earth 2
Amazonで詳しく見る(MP3)

アナログをこよなく愛するものの置き場所に困る事や価格高騰の煽りを受け、当方も最近ではすっかり配信で音源を購入する事にも抵抗は無くなっている。例えそうだとしてもしかしアーティストにとってアナログでのリリースは価値あるものだと思うが、しかしベルリンの正に深い音響を放つディープ・ハウスのレーベルであるOffice Recordingsすらも積極的に配信に力を入れるようになるとは、これも時代なのだなと感慨深い。本作はそのレーベルの中心的存在であるBastian VolkerことBaazによる作品で、恐らくアナログでは2枚組でリリースされるのだろうが、今現在では配信でのみリリースされているのものだ。このレーベルのみならず過去にはElevateやSlices Of Lifeからもリリース歴があるのを理解すれば、如何にBaazの音楽性がミニマルな機能性があり深遠なる音響を持っているかを想像するのは難くないだろう。冒頭の"Who Am I"からして太くも軽快な、そして単純な4つ打ちのグルーヴを刻み、うっすら情緒匂わせる上モノのループとシンセストリングスによって仄かなエモーショナル性が発せられ、8分の中で大きなブレイクも特に用いずただただ心地好く踊らせるだけのミニマルなディープ・ハウスは彼の真骨頂だろう。続く"Odeon"ではロウで乾いた音質の詰まったリズムが変則的で、しかし優しく延びるシンセや耽美なコード展開を配して、これまた控えめに耽美な響きを持ったオールド・スクール寄りのハウスだ。次は一点してゴリゴリとした厳ついキックが打ち付ける骨太なグルーヴの"Hiding Space"、しかしここでも酩酊感を誘う幻惑的なシンセが奥深い空間演出を成し、淡々と冷えた感覚が持続しながらディープに潜っていく。"Oza"ではぐっとビート感は弱まりさざ波が広がっていくような穏やかなビートが優しく持続し、ぼんやりと浮遊するムーディーな上モノや遠くで聞こえるようなボイス・サンプルの効果もあって、殆どアンビエント・ハウスの状況ながらもより情緒が強く漂う。どの曲に対しても言える事は淡い音像が生み出す仄かなエモーショナル性、ミニマルに洗練されたグルーヴ、深い音響とBaazの個性は確率されている。ボリューム的にはアルバムと変わらない程で、Baazの魅力を十分に堪能する事が可能だ。



Check Baaz
| HOUSE13 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Trux - Trux (Office Recordings:OFFICE 07)
Trux - Trux
Amazonで詳しく見る(MP3)

ベルリンのOffice Recordingsはアナログ感のあるディープ・ハウスを手掛けるBaazが主宰するレーベルで、基本的にはBaaz自身の作品をリリースするためのレーベルとして機能している。そんな運営もあってレーベルとしては年に一枚か二枚かしか作品は出ないものの、逆に数が少ないからこそ一つ一つの作品の質は保証され、トレンドに組み入る事なくレーベル性を確立している。そしてリリースされた新作は今だその名も聞いた事のないTruxなるアーティストのミニアルバムで、ジャケットのUFOの写真もそんなミステリアスな存在を示唆しているのだが、音楽性も既存のOffice Recordingsから異なる方向へとチャレンジを果たしている。"Aziol"は鮮やかなシンセが上の方で遊びまわるビートレスな曲だが、それにも拘わらず躍動感に溢れているのはその旋律の動きがある故だろう。続く"Ada"は一転してもっさりとしたダウンテンポにマイナーコードを被せ、不鮮明なボイスサンプルも用いる事で物憂げな響きがある。かと思えば輝きを放つ優雅な上モノに荒削りなジャングル・ビートが炸裂する"Skarb"、雫のように滴る清楚なシンセと落ち着きのある4つ打ちが心地良いディープ・ハウスの"Werk"と、A面からしても半ば支離滅裂なまでに様々な作風が混在している。B面へと移ってもそれは変わらず、ぼかし過ぎたボイスサンプルが反復するアブストラクトとアンビエントの中庸にある"Pattern"、溜めのあるリズムと繊細でヒプノティックな上モノに酩酊する"End 1"と、全く作風に纏まりはない。しかし"Your Cradle"は今までのOffice Recordingsを踏襲しており、ほんのりと情緒を匂わせるパッド使いと緩くはあるものの硬いビートが刻まれたハウスで、しかしグリッチ的なノイズも散りばめ刺激的でもある。テクノやハウスのみならずジャングルやアンビエントにエレクトロニカまで、曲毎に試行錯誤的に取り組みつつもローファイな味付けで全体の統一感を出しており、アルバムの枠だからこその多方向性を試しているかのようだ。レーベル性から外れた方向を試している点で、何となくBaazの変名の気がしなくもないがどうなのだろうか。



Check "Trux"
| HOUSE12 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Baaz - Red Souvenirs (Office Recordings:OFFICE 05)
Baaz - Red Souvenirs
Amazonで詳しく見る(MP3)

発売から半年経過しているものの、この待ちに待っていたアルバムを紹介せずにはいられない。ベルリンを拠点に活動するBastian VolkerことBaazがデビューしたのは2007年、そして2008年には何とDaniel Bellが主宰するElevateからレーベルにとっては8年ぶりとなる新作をリリースする偉業を果たし、その後もQuintessentialsやSlices Of Lifeからミニマルでアナログ色の強いディープ・ハウスを送り出して寡黙な活動ながらもDJからは高い評価を獲得していた。そしてデビューから7年、ようやく届いた初のアルバムが本作だ。収録された曲は2010〜2014年に制作されたそうだが、アルバムには特定のコンセプトもメッセージ性もなく、彼が好むハウスからダブテクノやサイケデリックなヒップホップまでを単に纏めているそうだ。確かにアルバムと言う体裁もあって今までリリースしてきたハウスだけでなく、もう少しバラエティーに富んでいてアルバムらしい展開も加えられており、待たされた分だけBaazの魅力をより広く感じられる。冒頭にはプチプチとしたノイズも含み淡い情緒を発するアンビエント風な"Everyone"が配置され、静かにしかしドラマティックにアルバムは始まる。続く"Endori"はいかにもBaazらしい音数は減らして間を活かしたディープ・ハウスで、ひっそりと呟くようなボーカルや無駄のないシンプルなメロディーが、穏やかなアナログの質感ながらも洗練されたモードを感じさせる。そして"Spacehub"は正にヒップホップ風なビートを打ち出した黒いビートダウンなのだが、引いては寄せる様な音響がアンビエントの風味も醸しだす。アルバムは更に展開し、ファットなキックを淡々と刻む中で不気味な呟きが継続するミニマルの"Closed"、反復するメロディーが酩酊感を呼び起こすドープなミニマル・ハウスの"Tweeny Tea"など、淡々とした緊張を守りながらもフロア向けの機能的な曲も収録されている。後半はアルバムの中では比較的アッパーで太いキックを刻みながらも情緒を薄く伸ばしていくディープ・ハウスの"Glass Voice"から、インタールード的に導入されるメロウなヒップホップの"Pressyn"を通過し、シカゴ・ハウス的な乾いたパーカッションが鈍く響く"Your Wardrobe"や勢いのあるグルーヴが押し寄せるディープ・ハウスの"What If"で幕を閉じる。確かにアルバムらしいコンセプトは無く色々な作風には纏まりが無いようにも感じられるが、しかしBaazらしい幽玄な叙情性は徹頭徹尾織り込まれており、正にディープと言うスタイルである事は間違いないBaazファンの期待を裏切らない作品だ。



Check "Baaz"
| HOUSE11 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Rondenion - Soul Desire EP (Roundabout Sounds:RS008)
Rondenion - Soul Desire EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

後藤宏文がデビューしたのはもう既に12年前の2001年、Frogman Recordsより突如世に送り出したアルバムでだった。日本人なのに随分とファンキーな作品を作るものだと注目していたが、レーベルの消滅と共に後藤宏文の活動も立ち消えていたように思われる。そして再度日の目を見る事になったのが2005年、Rondenion名義でStill Musicから出したアナログが海外で高い評価を得た時だった。その後の活動はもう言うまでも無いだろうが、Rush HourやAesthetic AudioにFaces Records、そして自身が立ち上げたRagrange Recordsからの日本人離れした黒さとファンキーさを伴うハウストラックが、世界的に注目を集めている。前置きが長くなったが、そのRondenion名義による初のアルバムが遂に発売される事になり、先ずはそこからの先行EPがリリースされている。本作では今までのサンプリングを多様した荒々しいディスコ/ファンクな音楽性は封印し、"He Said, She Said"なんかはセクシーな呟きも入った官能的なディープ・ハウスを披露しており、黒さはそのままに全体的にぐっと大人っぽさを増した感が強い。妙に手数の多いポコポコしたパーカッションに幻惑的なシンセのフレーズを被せた"Bialowieza"は、デトロイト・ビートダウンをお手本にミニマル化した現在形のトラックだ。ディスコの音を打ち出した煌めくハウスからのダークな作風への転身は、一体何を意味するのだろうか。そして裏面にはデトロイトからRick WilhiteとベルリンからBaazと、ハウス系では玄人からの注目も高いアーティストのリミックスを収録している。生々しい芯の図太いリズムトラックと錆びついて鈍く黒光りするような音でスモーキーさを演出した前者、しっとりダビーな音響と仄かにエモーショナルなシンセで包み込む正しくディープ・ハウスを体現した後者と、どちらもアーティストの個性を如実に表したリミックスを提供している。全4曲、アルバムの出来を占う作品として、また単純にフロアで映える楽曲として太鼓判を押す。

試聴

Check "Rondenion"
| HOUSE9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Fuse Presents Deetron (Music Man Records:MMCD033)
Fuse Presents Deetron
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
ふしゅ〜ぅぅぅぅぅ…(気の抜けた音)。何だろう、この焦燥感は…。ベルギーテクノ名物・Fuseの最新作を担当するのは、かつてIntecやPhont Musicからハードテクノ+デトロイトテクノな作風でヒット作を量産していたDeetron。彼が以前出したMIXCDはデトロイトとハードなトラックを高速で繋いでいくかっちょいー内容だったのだけど、新作はまあ時代に流されたと言うべきかミニマルやらハウス、テックハウス中心の気だるくディープな音が中心。う〜ん、どうなん?この変わり様?僕が時代遅れなのかな?一応フォローしておくと確かに元からミニマル系だと言う概念があるのであれば、素直に格好良いと思えるよ。ただDeetronにかつて期待していた物を求めていた人は、合わないのかな。速さは無くとも粘りのグルーヴはあるしDJとしての底力は感じさせるけど、Deetronの個性はここに感じる事は出来ないんですよね。古いシカゴハウスなりが回されてオールドスクールなムードがある点には救われましたが。

試聴

Check "Deetron"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 20:30 | comments(2) | trackbacks(1) | |