CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
R_R_ - Train Of Thought (Growing Bin Records:GBR028)
R_R_ - Train Of Thought
Amazonで詳しく見る(MP3)

ここ数年のニューエイジ/アンビエント/バレアリックのシーンで孤高の存在感を放つBasso率いるGrowing Bin Recordsは、2020年だけでも4枚のアルバムと2枚のEPをリリースするなどその勢いは一向にとどまるところを知らず、その上前述のジャンルのみならずクラウト・ロックやディスコにハウスやファンクと多角的な音楽性のそれぞれで上質な作品をリリースしている。とは言えども恐らくファンがレーベルに最も期待するのがアンビエント周辺だろうと推測されるが、そこに待っていたと言わんばかりに届いた作品が本作。手掛けているのはラトビアでラジオのホストやDJを行い、サウンドトラック制作やプロデューサー業も行うReinis RamansことR_R_で、これがデビューアルバムなのだが淡い水彩画のような色彩感覚とその揺蕩うような揺らぎが続くアンビエントが素晴らしく、よくぞこんなアーティストを発見したものだとレーベルの審美眼に驚かずにはいられない。「水のリズミカルな動きとその波紋の反射が私たちの知覚をどのように曲げているか」という点にインスピレーションを受け制作されたとの事で、フィールド・レコーディングとエレクトロニクスを組み合わせたサウンドコラージュな音楽は、アルバムジャケットのように澄んで綺麗な水に満たされたような極楽浄土行きの心地好いアンビエントを奏でている。波らしき音の中からどんよりしたドローンが湧き出して、雑踏の環境音も交えながら生活感のある正に環境音楽的な"Entering"こそ暗めの響きだが、続く"Opposite"から澄んだ電子音が重層的に鳴りながら非常にゆっくりとした音の変化が生み出す景色は牧歌的なチルアウトで、体の隅々まで清涼な湧水が行き渡るようだ。ぼやけたようなシンセとリズムが生み出すのは波紋の揺らぎだろうか、"Luminosity"はミニマルな構成もあって深いアンビエンスに潜っていくのに最適で、内なる精神世界へと没入させられる。"Opening Up"では慎ましくも優美なピアノの旋律がリードし穏やかな昼寝のようなアンビエントだが、そこに続く"Deleting Doubts"は鳥の囀りやピアノを用いながらもビートを刻むような電子音によって特に躍動感を得た曲で、もしキック等が入っていれば高揚感のあるテクノになっていただろう。しかしアルバム全体を通して聞けば、基本的にはゆったりと水面が揺れながら波紋が静かに広がっていくような電子音と、そして生命の営みや自然から発せられる有機的なフィールド・レコーディングによって、鎮静作用の高い良い意味でのヒーリング・ミュージックとも呼べるだろう。なお、配信音源では全編が軽くシームレスにミックスされている事もあり、穏やかな快適性が40分に渡り持続しているのも良い。



Check Reinis Ramans
| ETC5 | 12:00 | comments(0) | - | |
Liquid Canoe - Liquid Canoe (Growing Bin Records:GBR025)
Liquid Canoe - Liquid Canoe
Amazonで詳しく見る(MP3)

Basso率いるGrowing Bin Recordsは近年のアンビエントやニューエイジに於いて先進的な存在であるが、前述の音楽性のみならずハウスやディスコ、クラウトロックやジャズ等垣根を越えて実に様々な要素が含まれている。それはジャンルではなくBassoの内に存在する深遠なる審美眼によって、選び抜かれた音楽がカタログに並んでいるのが実情だろう。流行や売れ行きといったものに全く左右されない音楽だからこそ信頼に足るのだが、この全く名前の聞いた事のない未知なるアーティストのデビューアルバムも、文句無しにこれぞGrowing Binらしい内容で素晴らしい。このプロジェクトはカナダ人のマルチ奏者であるWolfgang Matthesが中心となっているようだが、過去の経歴を調べても殆ど情報が出てこず、ほんの僅かに他アーティストの制作に参加しているのが見つかる位だ。本作はガリアーノ島の人里離れた改造された馬小屋にて、友人達とのセッションから生まれたとの事で、自身はシンセサイザーを弾きつつギターやベース、ドラムやパーカッションの奏者も加わってバンド的に録音されており、純然たるダンスミュージックではなくディスコやアンビエントも吸収した今風のクラウト・ロックやスペース・ロックと説明すればよいだろうか。"Mizionics"は弦をタップしながらぼんやりと艶めかしいベースに合わせ、カリンバのトロピカルな旋律やシロフォンのような素朴な響きが現れては消え、そこに恍惚感のある電子音のリフレインも加わり、サイケデリックなアシッド・フォークと呼べばいいのか、辺境の地の陽気なアンサンブルは自然志向のトリップ・ミュージックだ。"Down To The Feelgate Of Surrender"ではドラムによるリズムも入るが、奇妙に唸る電子音に共にギターやベースは何処か土着的な雰囲気を作り、アフロやトロピカルな感覚も覚えるが現在地の分からない謎めいた世界が続く。"Sum Sum"はダブやディスコの要素が打ち出ており、潰れたような4つ打ちのキックに拠るスローモーなビート、広がりのあるギターサウンド、残響が心地好いダブエフェクトが紫煙が揺らぐようなサイケデリックを生み出している。基本はサイケなロックなのだが"Aquariam Dragrace"もねっとりと絡み付くディスコビートが前面に出て、大空へと飛翔するエコーギターや快楽的なアシッド・サウンドも織り交ぜて、電子音楽の没入する前のManuel Gottsching的なジャーマン・プログレ×ディスコな曲だ。荘厳な寺院の中で繰り広げられるようなどんよりとした電子音響アンビエントの"Morning Trip To Colony One"を通過し、トロピカルなディスコビートながらも淡い色彩のサイケデリックなギターや覚醒的な電子音によって内なる精神世界へ没入させるプログレ・ディスコな"Go Leonard"や、最もテクノ風な電子音のシーケンスが活躍しながらも柔らかい打楽器等によって牧歌的な安らぎを得るバレアリックなスローモー・ディスコの"Ant Parade"と、全編に渡りなかなか形容のし難い奇抜なバンド・サウンドを展開している。一般的に想像するダンス・ミュージックの分かり易さからは離れているが、このねっとりしたサイケデリアが通底するディスコ/クラウト・ロックは間違いなく一部のDJにとっては即戦力なるような魔力を秘めており、勿論現在のニューエイジ/バレアリックなムーブメントの視点からも評価すべき内容だ。



Check Liquid Canoe
| ETC5 | 12:00 | comments(0) | - | |
Various - Oto No Wa Selected Sounds Of Japan 1988-2018 (Music For Dreams:ZZZCD0150)
Various - Oto No Wa Selected Sounds Of Japan 1988-2018
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
『音の和』、日本語タイトルが冠されたこのコンピレーションは、デンマークが誇るバレアリック・レーベルであるMusic For Dreamsによるシリーズ「The Serious Collector Series」の5作目となる。今までにMoonbootsによる『Moments In Time』(過去レビュー)やBassoによる『Proper Sunburn』(過去レビュー)がジャンルはばらばらなれど各々が考えるバレアリックな世界観を聞かせていたが、本作も方向性として大きく外れていない。一つだけ決定的に違うのは1988〜2018年までの日本の音楽に焦点を当てている事で、特にクラブミュージックの界隈で様々なジャンルの音楽において日本の古い音楽の掘り起こしが海外から進められている中で、本作は日本で活動をする者に依る再発掘である事に意義を感じられる。選曲を行ったのはBonoboでかれこれ10年近くLone Starを開催しているDr. RobとKen HidakaとMax Essaの3人で、それぞれ音楽ブログ主催者やプロデューサー/レーベルのエージェントにDJ/アーティストと音楽業界で知られている者達だが、そんな彼等に依る選曲もジャンルはアンビエントからニューエイジにハウスやフュージョンにダブと一見纏まりが無さそうな所を、日本から生まれた牧歌的な雰囲気として統一を図っている。再評価著しいアンビエント/ニューエイジの方面からは尾島由郎や小久保隆に越智義朗、クラブミュージック視点からのアンビエントでは井上薫に故人である横田進、ヒップ・ホップ方面からスチャダラパー、レゲエ界を代表するリトル・テンポ、ハウス・ミュージックではLittle Big Beeに瀧澤賢太郎、またTokyo Black Starのメンバーである熊野功雄と高木権一の新ユニット・Chillaxなど、収録されたアーティストは多岐に渡る。アルバムは尾島による環境に自然と溶け込む静けさが空間性を強調するアンビエントの"Sealed"で幕を開けると、続くOlololopの"Mon (Orte Remix)"では清らかなピアノと透明感のある電子音の旋律が心を洗うダウンテンポでバレアリックな空気を纏い、小谷和也のボンゴがダブワイズに乾いて響く中を切ないピアノとストリングスがドラマティックに誘導していく"Fatima"で、序盤から実に和んでいる流れだ。スチャダラパーはMajor Forceにリミックスされた"N.I.C.E. Guy (Nice Guitar Dub)"が収録されており、水が滴り落ちるようなピアノにメロウなアコギも重ねて随分と朗らかな雰囲気のハウスは、東京から生まれながらも喧騒とは無縁の和製バレアリックと呼びたくなる。リトルテンポの"Frostie"は和製エキゾチカなダブで、抜けの良いアフタービートと共に和んだスティールパンと清流のようなピアノが太陽光降り注ぐビーチサイドをイメージさせるが、それも人混みで埋まった浜辺ではなく人気のない穏やかで情緒がある浜辺という雰囲気だ。パーカッショニストである越智は現代音楽のミニマル的にパーカッションのリズムを用いてエキゾチックな精神の旅へと誘う"Balasong"を披露し、そして井上による正に引いては寄せる波の音も用いた自然志向でスピリチュアル性も同居したニューエイジの"Wave Introduction"によって更に心は安堵へと向かうが、同じ水繋がりのLittle Big Beeによる"Scuba"はフローティングなベースラインと泡の音を用いて穏やかではあるが夏真っ盛りなバレアリック感のあるハウスで心は再度浮き立っていく。終盤はアンビエント性が強く、横田による現実と虚構の狭間で夢想する土着アンビエントの"Uchu Tanjyo"、Chillaxのモジュラーシンセを用いた素朴な音色の反復で眠気を誘うような"Time & Space"、そして小久保の"Quiet Inlet"というタイトル通りに静寂な入江をイメージして、波の音に果てしなく透明感のあるシンセと優しく仄かに煌めくようなピアノを重ねて徐々に夜の帳が下りて一日の終りを迎えるように締め括られる。今、和モノやアンビエントにニューエイジといった言葉で括られる音楽が世界を席巻する中で、しかしダンスフロア側の視点を持った者による選曲は確かにクラブミュージックとの親和性も残しており、他の類似するコンピレーションとはまた一線を画すコンセプトで優れた審美眼を感じさせる。日本、いや東京という都会の中にオアシスがあったとしたら、きっとこんな音楽が流れているのではと思わずにはいられない、和みと癒やしのチルアウトとして最高の73分になるだろう。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC5 | 17:00 | comments(0) | - | |
Basso - Proper Sunburn - Forgotten Sunscreen Applied By Basso (Music For Dreams:ZZZCD0124)
Basso - Proper Sunburn - Forgotten Sunscreen Applied By Basso
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
デンマークきってのバレアリック・レーベルであるMusic For Dreamsが2017年から新たに立ち上げたシリーズであるThe Serious Collector Seriesは、ミックスではなく敢えて繋がないコンピレーションとしてDJがジャンルに執着せずに良質な音楽を提供するという趣旨が感じられる内容で、今までにWolf MullerことJan SchulteとMoonbootsが広義の意味でレフトフィールド/バレアリックな音楽性を披露している。その最新作を担当するのは今をときめくレーベルであるGrowing Bin Recordsの主宰者であるBassoで、このレーベル自体がジャズやフュージョンにクラウトロック、ニューエイジやバレアリックにアンビエントと軽々とジャンルを越えていくレーベルだからこそ、このシリーズにBassoが抜擢されたのは極自然な事だろう。これまでのシリーズ以上に自由奔放で一見纏まりがないようにも思われる選曲なアルバムは、Hans Hassによる1974年作の"Welche Farbe Hat Der Wind"で始まる。フォーキーな響きながらもメロウでポップなこの曲はシュラーガーと呼ばれるジャンルに属すようで、日本風に言えば演歌?みたいなものなのだろうか、実に人情味があり古臭くはあるが妙に懐かしさが込み上げる。そこに続くはDJ Foodの"The Dawn"といきなりトリップ・ホップに変わるが、柔らかいタブラと朗らかなシンセが清涼に響き穏やかなアンビエントの情景が浮かび上がる。3曲目はRVDSの"Minuet de Vampire"と2016年作で新しい音源も選ばれており、ロウなリズムマシンやアシッドの響きがありながらも内なる精神世界を覗くような瞑想系テクノは、アルバムの流れを崩さない。そこに繋がるのは現在のニューエイジにもリンクするHorizontの1986年作の"Light Of Darkness"で、弦楽器らしき音がオリエンタル感を奏でつつも神秘的なシンセが厳かな世界観に包む美しい一曲。中盤には情熱的なギターと乾いたパーカッションが心地好いラテン・ジャズの"Nosso Destino"、朗らかな笛の音色が爽快なパーカッションが地中海のリゾート地を思わせる甘美なジャズ・フレーバーの強い"Tempo 100"と、メロウなムードを打ち出してぐっと色気を増す。後半は再度エレクトロニック度を強めてヒップ・ホップやシンセ・ポップも織り交ぜつつ、終盤にはGhiaの快楽的なシンセベースやセクシーな歌や電子音が甘美さに溶けてしまうようなシンセ・ポップの"You Won't Sleep On My Pillow"が待ち受けており、最後のJean-Philippe Rykiel‎による"Fair Light"でスペイシーなシンセが歌いまくり楽園ムードが広がる牧歌的なインストで、心は晴ればとしながら穏やかな終着を迎える。それぞれの曲はコレクションとしての価値も高いのだろうが、それ以上に普段は全く聞かないようなジャンルの音楽なのに探究心を駆り立てる魅力があり、こういったコンピレーションがリスナーを新たな方面へ手を差し伸べる意味において価値のある内容だ。勿論ニューエイジやバレアリックの流れでも適合し、今という時代にぴったりとハマるジャストなコンピレーションだ。



Check Basso

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC4 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |