Bell Towers - My Body is a Temple (Unknown To The Unknown:UTTU 090)
Bell Towers - My Body is a Temple
Amazonで詳しく見る(MP3)

元々のお目当てはオーストラリアはメルボルンを代表するまでのアーティストとして評価を獲得しているAndras FoxことAndrew Wilsonのリミックスで気になっていたのだが、話題のDJ Hausが主宰しているUnknown To The Unknownの新作であり、そして本作を手掛けているBell Towersの作品自体も面白いダンス・トラックなので是非紹介したい。Towersは現在はベルリンで活動しているもののAndrasと同じくメルボルン出身だそうで、過去の作品を聞く限りでは快楽的なイタロ・ディスコや肉体感溢れるエレクトロニック・ボディ・ミュージックの音楽性が強く、一歩間違えれば今ではダサいと認定されるスレスレを行くような印象を受ける。本作もやはりその路線と言うべきか、しかし"My Body Is A Temple"のブイブイとした魅惑的なベースラインと辿々しい質素なキックが疾走りイケイケなグルーヴを生み出すこの曲はダサくもハイエナジー、そして何か無機質でしゃがれたような歌い方はEBMのそれである。しかし、薄っすらと浮かび上がってくる叙情的なパッドが入ってくる瞬間はぐっとエモーショナルな雰囲気に変化したりと、けばけばしく快楽的なイタロ・ディスコの中にもコズミックな感覚があるというか。似たようなタイトルをした"My Body Is A Tempo"は別バージョンと思われ、よりニューウェーブやEBMを意識したように音の隙間が目立ちながらよりリズムは重厚で攻撃的、ノイズや電子音を用いたダンサンブルなグルーヴなのに汗臭ささえも感じられるような肉体感に迫力が感じられる。そして注目すべきはAndrasによる"My Body Is A Tempo (Andras Remix)"、様々なスタイルや表情を持つAndrasがここではダンスの機能性に磨きを掛けており、原曲を研磨したように滑らかなキックに差し替えつつ上モノの動きも抑え目にミニマルな流れを生み出し、そしてキックが消えた瞬間に現れるアンビエント感溢れるメロディーのブレイクでぐっと情感を高める流れはドラマティック。Andrasによるリミックスはイタロな雰囲気もありながらよりモダンに洗練されており、こちらは硬派なテクノセットの中に組み込んでも違和感は無い出来だ。勿論Towersの野暮ったいディスコな作風も愛着があり、収録曲全てそれぞれ魅力的である。



Check Bell Towers
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
I'm Starting to Feel Okay Vol.7 (Mule Musiq:MULE MUSIQ CD 53)
Im Starting to Feel Okay Vol.7
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
恐らくダンス・ミュージックで括られるレーベルの中でも、Mule Musiq程に幅広く才能あるタレントを抱えたレーベルを他に列挙するのは難しいだろう。例えばこのレーベルに所属するアーティストだけでパーティーを行ったとしても、それはフェスティバルとして成立してもおかしくはなく、間違いないのない審美眼と継続してリリース出来る運営力を兼ね備えた日本が誇るべきレーベルだ。そのように多くのタレントを抱えているからこそ、多様な個性を一つに集約するコンピレーションの体裁はMule Musiqに適しているのだろうか、近年は2年おきにショーケース的なコンピレーションをリリースしている。本作はその第7弾でここ2年間にリリースされた既発の曲や、また本作の為に制作されたであろう新作までが纏められており、例えレーベルに興味が無くとも参加したアーティストの豪華さに惹き付けられてもおかしくはない。レーベルに初参加となるLord Of The IslesやFrankey & SandrinoにKim Brown、または蜜月の関係を築いているEddie CやOskar OffermannにFred P、そして日本からはお馴染みのKuniyuki TakahashiにSauce81、その他に多くのアーティストが収録されているのだが、その幅の広さと各々の素質の高さが際立つ人選に頭を垂れる思いになる。Eddie Cによるサンプリングをベースとした生っぽいニューディスコの"Flying Blue"、Rubiniによるエレクトロニックな質感を活かしたディープ・ハウスの"Still Clock"、Kuniyukiがニューウェーブからの影響を受けて退廃的な雰囲気を打ち出した"Newwave Project #11"など、それぞれの個性は自然と表現されながらそのどれもがフロアに即したダンス・ミュージックである事を外れない。また、Bell Towersによる柔らかな音色とゆったりとしたグルーヴで広がるディープ・ハウスの"Midday Theme"、Fred Pによるエモーショナルなパッド使いが素晴らしいテック・ハウスの"Days In Time"辺りを聴くと、Mule Musiqが決して真夜中の享楽的なクラブで踊る事を目的とした音楽だけではなく、リスニングとしても耐えうる普遍性も目指している事が感じられる。意外なところでは奇抜なエレクトロニカを奏でるGold Pandaが変名のDJ Jenifaで"Dresscode"を提供し、Gold Pandaとは異なりシカゴ・ハウス風の乾いたビートで不良的なハウスを披露してたり、またAril Brikha & Sebastian Mullaertが"Illuminate"で彼等の個性を発揮したトランス感の強いミニマルなトラックを提供していたり、レーベルに控え目程度ではあるが新風を吹き込んでいる。既に大御所レーベルとしての存在感がこれだけのアーティストを集約出来るのだろうが、それでも尚レーベルの質の高さが全く失われないのは、やはりレーベルを主宰するToshiya Kawasakiによるセンスの賜物に違いない。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE11 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |