Michael Mayer - DJ-KiCKS (Studio !K7:K7348CD)
Michael Mayer - DJ-KiCKS
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
クラブに行かなくても、そしてCDすら買わなくても、最早オンラインでパーティーでのプレイを録音したDJMIXが無料で聞けてしまう時代に、敢えてお金を取ってMIXCDを販売する意味を見つけるのは難しい(勿論音が良いとか、良く練られているとかはあるだろうが)。だからこそ逆説的にクラブの雰囲気ではなくパーソナルな感情を綴ったようなDJMIXとして成功したのが、このStudio !K7が送る『DJ-KiCKS』シリーズだ。1995年に開始して20年以上60作を超えるこのシリーズは、浮き沈みの激しいダンス・ミュージックの業界に於いては最早ど定番と呼んでも差し支えないが、その一方でクラブのハイエナジーな雰囲気を再現しただけのMIXCDとも異なる点で独自性を確立させていた。本作はKompaktの主宰者の一人であるMichael Mayerによるもので、普段はテック・ハウスを軸にミニマルなグルーヴ感でポップやニューウェーブの雰囲気を含むプレイをする記憶があるが、ここでは本人も「できるだけパーソナルな内容にしたかった」と述べている通り一般的な真夜中のダンス・パーティーで聞けるプレイよりもリラックスした緩やかさと程良い甘さがあり、そして丁寧に各曲の魅力を伝える事に専念するかのように1曲を長くプレイしている。幕開けはアバンギャルドなトロンボーン楽曲の"The Tape Is Chill"で夢現の朧気な雰囲気で、そこに自身の新曲であるパーカッシブなハウスの"The Horn Conspiracy"を繋げてビートが動き出す。ギラついて毒っ気もあるニューディスコ調の"The Darkness (I:Cube Remix)"からジャーマン・プログレのダンス版みたいな"Feuerland"の流れは、Kompaktらしいユーモアとポップさもあるのはやはり頭領だけの事はあるか。中盤でのロックでニューウェーブ調の"Gary"で俗世的に攻めつつ、"Apart (Michael Mayer Remix)"や"Please Stay (Royksopp Remix)"等のメランコリーな歌物やポップなニューディスコによってしっとり感情が温まる後半の流れは盛り上がりどころで、そして"Hot On The Heels Of Love (Ratcliffe Remix)"によるエクスペリメンタルながらも叙情性ふんだんなダンス・トラックで多幸感はピークに達する。そしてビートが消失して落ち着きを取り戻す牧歌的な"Landscapes"から、再度力強くリズムを刻み出して感情を昂ぶらせる"Abandon Window (Moderat Remix)"でドラマティックなフィナーレを迎える。やや陰鬱さや内向的な要素もありながら、しかしポップでメランコリーに振れる展開もあり、普段のミニマル寄りのプレイと違っても確かにここにはうっとりと酔いしれてしまうような魅力があり、『DJ-KiCKS』として存在意義も感じられる好内容。夜の
ベッドルームでじっくり耳を傾けて聞くのにぴったりだ。



Check "Michael Mayer"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO13 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
The Pink Collection (Eskimo Recordings:541416 506032)
The Pink Collection
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ベルギーのEskimo Recordingsと言えばLindstrom & Prins Thomasを輩出していたりとニュー・ディスコ系に強いレーベルではあるが、それと共にOptimoやIvan Smagghe、Rub' N' Tugらフリーキーなアーティストが個性的なMIXCD/コンピーレションを手掛けている事でも知られている。そのレーベルからの新たなシリーズが"The Pink Collection"なるニュー・ディスコのコンピレーションで、何と全曲新録と気合の入ったアルバムになっている。ジャケットからは大人びてお洒落なイメージが伝わってくるが、実際にそれは間違っておらずディスコ的な汗臭さや熱狂は皆無で、モダンかつ洗練された甘いなディスコが満載だ。特にかつてのディスコ的な生音よりも綺麗に伸びる電子音が強調され、シンセの快楽的で甘い旋律と覚醒的なシンセベースのブリブリとしたラインが基軸になったトラックは、ディスコの一聴して耳に残る性質を伴いながらも再生ではなく進化と言った意味でのニュー・ディスコと呼ぶ表現が相応しい。キラキラと煌めくようなゴージャスな音使いでは熱いと言うよりは温かく、ソウルフルと言うよりはスイートで、また全曲がミッドテンポでゆったりと聞かせるタイプである事がより大人びたゆとりとなり、バレアリック感を増長させているのだ。ニュー・ディスコに対し造詣があるわけでもないので収録されているアーティストを知らなかったが、ベテランから新鋭まで起用しているそうなので、これからこの周辺の音楽を知るための道標にもなりそうである。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE9 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Masterpiece Created By Andrew Weatherall (Ministry Of Sound:MOSCD287)
Masterpiece Created By Andrew Weatherall
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Ministry Of Soundが提供する「Masterpiece」、そのタイトルからしてDJ中のDJが担当すべき3枚組MIXCDシリーズの最新作は、遂に久しぶりのクラブでの来日プレイを控えているUKテクノ番長のAndrew Weatherallが担当。テクノ、ロック、ダブ、パンク、ハウス…そこに境界線を引く事なくあらゆる音楽を一夜の内に自分のモノとして表現出来る素晴らしいDJが、CD3枚と言うボリュームに渡って繰り広げる音楽は、彼が2010年からロンドンで開催しているパーティーである「A Love From Outer Space」がコンセプトになっているそうだ。夜の11時、12時、1時と1時間毎に区切りをつけてはいますが、アッパーなテクノや沈み込むディープハウスは封印して、BMP105〜120までに抑えたロッキンでパンキッシュ、そしてディスコディックでダブな雑食性の高いプレイは、これこそWeatherallの真価と呼べるでしょう。1枚目は特にWeatherallのリミックスや制作した曲が含まれているせいか、ねちねちとした足取りながらも鉄槌で叩かれるようなグシャッとしたキックが破滅的で、途中のダークなアシッドも入ってきたりすると90年前後のインディーダンスにかかわっていた頃のサイケな空気も漂ってきます。対して2枚目は重苦しい空気も晴れたようにコズミックなディスコダブや、煌きのある奇妙なシンセ音が印象的なニューウェブやエレクトロなどで、無心になり楽天的なダンスミュージックを軽快なノリで楽しむ様な音楽が聴ける事でしょう。そして3枚目はパーティーのラスト1時間を飾るが如く昂揚感と開放感が混ざり合うドラマティックな展開が待っていて、ダンスビートを強めながら獰猛なしばきによって鼓舞されつつ、終盤では盟友であるPrimal ScreamのWeatherall Remixでふっと放心し、ラストのWeatherallがインスパイアを受けたA.R. Kaneの”A Love From Outer Space"でハッピーにパーティーは終焉を迎えます。と3時間に渡る異形のダンスでロッキンなDJ、あっと驚く様なトリッキーな技は無くとも本当にWeatherall以外に成し得ない弾けるパワーと痛快なユーモアが感じられる選曲で、3時間にもかかわらず全く飽きないどころか中毒性の高いプレイは流石です。今までにも多くのMIXCDをリリースしてきた彼ですが、これはお世辞抜きに現時点での最高傑作と言えるでしょう。

試聴

Check "Andrew Weatherall"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Deymare - Talking About Your Love (Boe Recordings:BOE009)
Deymare - Talking About Your Love
Amazonで詳しく見る(MP3)

今までは主に配信でのリリース中心で活動していたフィンランドのTomas BjorkmanことDeymareが、珍しくヴァイナルで新譜をリリースしました。基本的に僕は配信の方は一切チェックしないので配信でしかリリースしないアーティストは完全にスルーしており、今回のヴァイナルリリースでようやく出会う事が出来ました。それはそうとしてこの新作は粘着性の高いデトロイト系のビートダウンハウスで、デトロイト好きなら要チェックです。特に重たくて図太いリズムにどす黒いサンプリングのボーカルやジャジーなエレピの旋律が絡む"Your Love"は、まるでMoodymannかTheo Parrishと言う位にずぶずぶに黒く染まる曲です。他にもゆったりとした流れの中で色気を匂わす"Talking About That"や、ジャジーで軽快なグルーヴが小気味良い"Tomorrow Was Yesterday"など、収録曲全てが温かみの強いブラックネス溢れるハウスで品質は非常に高いです。デトロイトではなくフィンランド発と言うのも驚きで、デトロイトの魂が世界に伝達している証拠ですね。

試聴

Check "Deymare"
| HOUSE6 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Cinematic Orchestra - Late Night Tales (Late Night Tales:ALNCD22)
The Cinematic Orchestra - Late Night Tales
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
"真夜中の物語"とタイトルからして素晴らしいシリーズ物の最新作を手掛けるのはThe Cinematic Orchestra。The Cinematic Orchestraは電子ジャズを展開する人気ユニットだそうですが、自分は彼らについてはよく知らないものの選曲が興味深い内容だったので迷わず購入。オープンニングは注目を集めるFlying Lotusのアラビナンで荘厳なトラックから始まり、序盤はアコースティックな響きが優しく広がるフォークやジャズなどで深い夜への誘いが待ち受けます。中盤ではThom YorkeのポストロックやReichの現代音楽などで意外性を打ち出しながらも、しっとりと情緒を漂わせながらBjorkのメランコリーな歌物へと繋がり妖艶なムードが広がりました。そこからはSt GermainとSongstress、Sebastian Tellierとクラシック3連発で、一転して真夜中の狂騒に導かれ興奮はピークに。そして盛り上がった余韻を残したままBurialや自身らのサウンドトラックで、静かにしかしドラマティックに狂騒の終わりを向かえ就寝につく展開は、まるで真夜中の一大絵巻みたいですね。色々なジャンルが詰まっているせいかミックスと言うよりはコンピレーションの様な印象を受けるミックスですが、対称的な夜の喧騒と静寂を含んだ選曲で見事にコンセプトを100%表現していると思いました。良い意味でBGMらしく部屋で流しておくと自然と空気に馴染み、生活の邪魔にならない優しい夜の音楽です。

試聴

Check "The Cinematic Orchestra"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC3 | 02:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
DJ Yogurt - Good Songs In The House, Again (Upset Recordings:UPSETMIXCD008)
DJ Yogurt-Good Songs In The House, Again

ケフィア。いいえ、ヨーグルトです。

DJ Yogurtが熱いです。彼の作る曲も好きなんですが、リリースするMIXCDのどれもが非常に素晴らしいです。R & Bやソウルなどのメロウな物から、トロトロのチルアウト〜ダウンテンポ、またはロックなんかも回したり色々なジャンルのMIXCDをリリースしているのですが、本作は歌物ハウス中心のグルーヴィーな4つ打ち集。自分は4つ打ちと言うだけでパブロフの犬の如く身体が反応してしまうのですが、ズンズンと来る4つ打ちにこれでもかとキャッチーな曲が紡がれていてこりゃまじで盛り上がりまくりっす。そう、これは真夜中のピークタイムハウスで、踊らにゃ損々と言わんばかりの展開で身も心もロックするのだ。アッパーで攻めまくりだけど下世話な方向に向かうよりは、ファンキーに痺れさせたりラブリーにしっとりとムード出したり大人の上品さも感じさせるね。う〜ん、きっとこれは愛なんだ、愛!愛に溢れたこの音楽が、人と人との潤滑油になるに違いない。クラブでこんなのかかったら、男女の距離だってそりゃ縮まるさ。カップルで聴いてもメイクラブの潤滑油になるよ、超絶お勧め。

2009年1月17日にはHeavy Sick ZeroでヨーグルトのMakin' Love Mix Set!!!!が再度降臨予定。Lover's Nightよ、もう一度。

DJ YogurtのMIXCDは彼のHPでも購入出来るので、気になる方は是非。
http://www.djyogurt.com/

Check "DJ Yogurt"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE4 | 07:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Bjork - Debut (Mother Records:521 323-2)
Bjork-Debut
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(UK盤)
中古5枚1000円で買った内の一枚、ビョークのソロデビュー作品。個人的にはこの頃のビョークが一番好きです。ジャケットもこの頃が一番可愛かった(萌え〜)のに、リリースを重ねる内にCGで加工してサイバー化していった元ロリータ。そして音の方も同様にエレクトロニック度を深め、初期の頃からは想像出来ない方向に行ってしまったよ(泣)。まあボーカルだけは今も変わってないと思う。それはさておきこの人の売り方の上手さは、アルバム毎にその時代の音であるアーティストをプロデューサーに迎えている事でしょうか。今までにLFOのMark Bell、Matmos、808 StateのGraham Massey、Tricky、Howie B.などがアルバムに参加していて、この人選を見る限りビョークってクラブミュージックが好きなんだね。そして本作では何とMassive Attack、Soul II Soulで名を馳せたNellee Hooperがプロデュースを手掛けております。うむ、ビョークは音楽のセンスが良いですね。と言う事でやはり本作は、彼女の作品の中ではかなりクラブミュージック(ハウスビート)色が濃厚です。踊れる、またはスムースに気持ち良いビートが満載ですが、またそれと同時に若さを感じさせるポップなメロディーが多く良い意味で聴きやすいです。でもボーカルだけは既に妖艶さを伴っていて、アルバム全体を崇高な雰囲気に染め上げているのは流石です。どうでもいいけれど、ほんとにこのジャケは萌えだ。萌え〜萌え〜

Check "Bjork"
| ETC2 | 22:40 | comments(6) | trackbacks(2) | |
Bjork - The Best Mixes From The Album - Debut For All the People Who Dont Buy White Labels (One Little Indian:152TP7CD)
Bjork-The Best Mixes From The Album - Debut For All the People Who Dont Buy White Labels
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
アイスランドの歌姫・Bjorkは世界中で大人気ですが、個人的にはそんなに好みじゃありません。曲自体はそんなに嫌いって訳でもないんですが、単純にボーカルが邪魔。トラックは比較的ダンスミュージック寄りなのもあるので、インストで聴く機会があればもしかしたら印象も変わるかもしれないですね。そんな僕に丁度ぴったりなのは、彼女の1stアルバムの曲をテクノアーティストがリミックスした物を集めた本作。リミキサーには全盛期のUnderworld、AI系テクノのThe Black Dog、UKの伝道師・Andrew WeatherallことThe Sabres Of Paradiseとかなりウマーな人達が集まっております。Bjorkの素晴らしい所はこの様に時代を掴む嗅覚に長けている事で、プロデューサーなりリミキサーの選択センスが非常に優れています。本作に参加したアーティストはリリース当時(94年)にかなり注目は浴びていたはずで、Bjorkの嗅覚に引っかかったのでしょう。とにかくUnderworldのリミックスは全盛期だけあって、かなりバレアリックスタイルでバウンドするリズムトラックが最高に踊れます。ふわふわと漂う様な浮遊感と空気感の中強烈なキックが鳴らされて、12分にも及ぶロングトリップを味わえます。この頃はロッキンじゃなくてハウス、そう完璧にプログレッシブハウスだったんだよね、懐かしや〜。Andrew Weatherallのお仕事も非常に素晴らしく、超が付く程のUKディープハウスリミックスです。今にも闇に消えゆきそうな光が静かに輝き続ける様な美しさがあり、静かな間を強調した音ですね。The Black Dogはインテリジェンスな音を聴かせると予想していたら、実はパーカシブだけれど何故かエスニックな妖艶さを醸し出していました。これにはちょっと驚きましたが、Bjorkの不思議な感覚とマッチしているかも。三者三様のお仕事ぶりで曲毎に違いを楽しめるし、テクノ好きには受ける事間違い無しの内容ですね。

Check "Bjork"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO4 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Plaid - Parts in the Post (Peacefrog Records:PFG030CD)
Plaid-Parts in the Post
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤) Amazonで詳しく見る(US盤)
5月26日にageHaでWarp Recordsのショウケースイベントが行われるんですけど、その際にWarp Recordsの中心的ユニットの一つ、Plaid(EX.The Black Dog)も出演するんですよねー。Warp Recordsと言えばかつてはUK屈指のテクノレーベルで革新的なアーティストばかりが集まっていたヤバイレーベルなんですが、最近はロックやヒップホップ方面でも面白いアーティストを発掘したりして、時代を捕まえる嗅覚をいつでも持っているんですね。その中でもThe Black Dog時代の彼らは、UKからデトロイトへの回答とでも言えるAI(Artificial Intelligence)シリーズの一旦を担い、特に「Bytes」(過去レビュー)はAIシリーズの中でも最高傑作とも思える作品です。残念な事にメンバーが仲違いし、その内の二人がこのPlaidを結成した訳でありますな。Plaidとなってからの彼らはAIシリーズのインテリジェンスな面を保ちつつも、ヒップホップやブレイクビーツなどの側面も強く打ち出してきて、Warp Recordsの雑食性をそのまま表現してるかの様でしたね。デトロイトのソウルフルな感情をブレイクビーツに載っけてしまったり、より深化した知性的で精密なテクノを打ち出したり、どんどん多様性が増して来てるのではないでしょうか。そんな彼らのある意味裏ベストと言えるのが、このリミックス作品集です。有名所のリミックスから全然知らないアーティストのリミックスまで、ざっくばらんに彼らの多様性がそのまま詰まっています。個人的には教授の「Riot In Lagos」が聴けただけでも満足ですがね。

試聴

Check "Plaid"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO3 | 22:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
Mum - Finally We Are No One (FatCat Records:FATCD18)
Mum-Finally We Are No One
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
思えば2001年位だったのかな、エレクトロニカブームが起きたのは。とにかくその頃の僕は、エレクトロニカと称されるアーティストには考えるよりも早くとにかく購入して聴いていた記憶があります。でもそんなブームも静まりかえり、今ではエレクトロニカ自体にもさほど興味はなくなってしまいました。しかし、今でも好きなアーティストがいない訳でもなく、特にこのMUMはお気に入りです。U2BjorkSigur Rosらと同じアイスランド出身で、所属はなんと奇才が入り交じるユニークなレーベル、FatCat Records。しかしなんでこうアイスランドの音楽は、崇高で美しいんでしょうね?別に厳格だとかお堅い音楽じゃあないんですよ。ただ神話の中に出てくるような幻想的で、夢の中のような美しい世界観が広がっているんですよね。MUMの音楽はエレクトロニカに分類されども、アコーディオンや鉄琴、トランペットなど生演奏も重視して、ゆったりとした牧歌的な柔らかい音で構成されています。外界と情報を隔絶された場所で、神話の中ののんびりとした生活の中で永遠に繰り返す時間を刻んでゆくMUM。きっと彼らには妖精や小人も見えているんだろうね。

試聴

Check "Mum"
| ETC1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Vladislav Delay/Antye Greie/Craig Armstrong - The Dolls (Huume:HUUME-006)
Vladislav Delay,Antye Greie,Craig Armstrong-The Dolls
Amazonで詳しく見る

LUOMOとしても大活躍しているフィンランドのテクノ貴公子Vladislav Delayが、Antye Greie、Craig Armstrongとコラボレート。Antye Greieに関しては元々AGF名義で、Vladislav Delayとコラボレートしている女性ボーカリスト。Craig ArmstrongはMassive AttackやBjorkのアレンジャーとして、または映画に曲を提供していたりするそうです。とあんまりVladislav Delayとの繋がりは良く分かりませんが、その組み合わせは意外にも良かったです。Delayの作った不鮮明で荒廃したトラックの上に、Armstrongのメランコリックで切ないピアノが乗っかるだけで、あれよあれよと闇の世界に一筋の光が差し込んで来るようです。今にも消え入りそうで儚いGreieのボーカルと相まって、優しい温かい心で徐々に満たされていくのが分かります。Delayも普段程アブストラクさを強調する訳でもなく、どちらかと言うとメロディーを強調させる為に比較的シンプルなリズムトラックを作ったのではないでしょうか。Vladislav Delayソロよりよっぽど聴き易いですが、かといってセルアウトした訳でもなく、高みを目指す為の意味のあるコラボレーションだと思います。Massive Attackとかの奥に秘めたる美しさみたいなのがありますが、それ程黒い音ではありません。テクノって言うよりは、エクスペリメンタルジャズテクノ?でもMassive Attackとかが好きなら、気に入って頂けると思います。

Check "Vladislav Delay"
| ETC1 | 18:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |