CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Black Spuma - Orme (International Feel Recordings:IFEEL066)
Black Spuma - Orme
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
バレアリック・シーンを引率するInternational Feelが才能あるアーティストを多数擁しているのは言うまでもないが、その中でも特に底抜けな明るさを見せるイタロ・ディスコ的な音楽性を持つのがBlack Spumaだ。実はTuff City Kids名義でも活動するPhillip Lauerと、バンドや変名でも活動するニュー・ディスコ系のFabrizio Mammarellaによるユニットなのだから、イタロ・ディスコやニュー・ディスコといった要素が長い経験から得た確かなセンスをもってInternational Feelのバレアリック性へと融合し、Black Spumaの音というモノを形成している。現在は年に一枚のペースとのんびりとした活動ながらもどのEPも間違いのない豊かな響きと多幸感を含み、そしてそれは3枚目のEPとなる本作でも全く陰りを見せていない。特に彼等の音を特徴付ける要素の一つがアシッド・サウンドであるが、"Orme"でも透明感と輝きに満ちたシンセのメロディーに合わせてアシッド・ベースを軽くうねらせて、毒っぽい効果ではなく爽快にさえ感じられる清々しい空気を発するように用い、快活なイタロ・ディスコを鳴らしている。"Ceephab"も清々しく優しげなシンセのメロディーが広がるがリズムは力強く跳ねていて、そしてここでもアシッド・ベースは用いられているがやはり多幸感を誘発し色彩を鮮やかにするような使い方で、一切闇の無い太陽の下に響き渡るバレアリック・ハウスは開放感に満ちている。一方で"No Cube"は奇妙な声のようなメロディーと凛としたピアノ、そしてどっしりした4つ打ちで快活に闊歩するニュー・ディスコで、心地良いアシッドも弾け周る事で随分と陽気なムードだ。最後はエレクトロ色のあるベースラインが鈍くうねる"Presidential"、スローなテンポながらも叩き付けられるハイハットや刺激的なスネア等などが強烈で、激しくはなくともじわじわとくる攻撃的なトラック。過去の作品から全くテンションは落ちる事なく、バレアリックかつイタロなサウンドの中にアシッドという毒っ気を陽気に用いて開放的な音を鳴らしており、完全にBlack Spumaの個性は出来上がっている事は明白だ。後はこの勢いに乗ってInternational Feelらしくアルバムを期待したいものだ。



Check Black Spuma
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2018/1/12 Âme 2018 @ Contact
テクノ/ハウスというダンス・ミュージックに於いては今や有数のレーベルやクラブが存在するドイツ。その中でも踊る為の機能性だけでなく繊細な美しさや妖艶さによって聞く者を魅了する音楽性を発揮するInnervisionsは、今も尚トップレーベルの一つと言っても過言ではない。今回そのレーベルから代表するアーティストの一人であるÂmeとしてDJ側のKristian Beyerが来日し、そしてそれを迎え撃つのは世界的知名度を得るまでになったGonnoと、その二人だけでメインフロアを担当するパーティーはきっとディープな音楽体験をさせてくれるに違いない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Black Spuma - Onda (International Feel Recordings:IFEEL057)
Black Spuma - Onda
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
丁度一年前にバレアリック・ミュージック代表格のInternational Feelからデビューを飾った新星・Black Spuma、それから一年を経て同レーベルからの待望の新作をリリースした。新星とは言いながらも実はTuff City Kids名義でも活躍するPhillip Lauerと、Hell Yeah等からもリリース歴のあるFabrizio Mammarellaの二人によるユニットなので、緩くバレアリックな音楽性に関しては彼等お得意である事は極めて自然だ。尚且つこの名義ではレーベル性に合わせてより開放感や弛緩したムードが強調されており、そこにイタロ・ディスコな性質を持ち込んでオプティミスティックな鳴りを響かせている。ぐしゃっとしたドラムマシンのビートと官能的なシンセベースから始まる”Metallo Nero”は、ゆったりとした4つ打ちのイタロ・ディスコ色を打ち出してきているが、透明感のある上モノや光沢のあるシンセのメロディーが叙情的で、清涼な空気を放出する如くの正にバレアリックな一曲。"Hundred Fingers Man"も特徴のあるエグいベースがシーケンスを刻むが、空へと飛翔するように伸びる幻想的なシンセ・ストリングスと和んだシンセのフレーズが牧歌的な雰囲気を作り上げる中、次第に爽やかなアシッド・ベースが蠢きだして快楽的な世界へと突入する朝方にぴったりな曲だ。タイトル曲の"Onda"はややアップテンポでうきうきするようなビートで、そこに豊潤なシンセ・ベースと綺麗目の上モノのメロディーでスムースな展開を作る明るいイタロ・ディスコと、目立った個性はないものの明るく弾ける曲調は野外にもぴったりだろう。最後のブレイク・ビーツと毒気のあるアシッド・ベースを用いた"Gabula"は本作の中では異色なブリーピーな作品だが、それでも浮遊感のある電子音がすっと心地良く昇天するような感覚も含んでいる。どれもダンス・トラックでありつつリスニングにも耐えうる作品で、これならば更に多様性を展開出来て聴き込めるアルバムも期待せずにはいられず、是非ともアルバムを待ちたいアーティストだと思う。



Check "Black Spuma"
| HOUSE12 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Black Spuma - Oasi (International Feel Recordings:IFEEL048)
Black Spuma - Oasi
Amazonで詳しく見る(MP3)

現在のバレアリック・ミュージックを引率するInternational Feelは、2015年もこれからを期待される若手から信頼足りうるベテランまで、多くのアーティストの作品をリリースして一身に注目を集めていた。そしてまたもや耳にした事のないBlack Spumaなるアーティストがレーベルより送り出されたとなれば、当然興味をそそらずにはいられないのだが、蓋を開けてみれば全くの新人ではなく既に実力の認められたベテラン・ユニットなのだった。一人はTuff City Kids名義で人気を博すPhillip Lauer、もう一人はイタリアのDJでTelespazio名義でも活動するFabrizio Mammarellaであり、両者ともイタロ系の音楽性を共通に持つベテランだ。そんなイタロの共通項を持つ二人だからこそ、開放的な快楽の高さはInternational Feelのバレアリック性と馴染み、期待通りの音を聞かせてくれる。すっと湧くように入ってくる透明感のあるパッドとオプティミスティックなシンセのフレーズで始まる"Hype Around"は、その余りにも爽やかな空の青に落ちていくような清々しいまでのバレアリック・ハウスで、既にクラシックの様な風格さえ纏っている。対して"Spumatix"は一転してどっしりと地に根を張ったようなベースとリズムによるビート感があり、嬉々としたマリンバの音色にほっと和んでしまうディスコ・ハウスだ。アーティスト名がそのまま曲名となった"Black Spuma"は、ぐしゃっとした刺激的なマシン・ドラムとウニョウニョとしたベースと金物の音のようなシンセからはイタロ・ディスコの匂いが発せられ、しかしそこに柔らかなパッドが被せられるとほんのりと情緒的にもなったり、兎に角気分が高揚してしまう。特にレーベルの中でも比較的パーティーの賑わいを想起させるダンス的な要素が強く、このEPはダンス・フロアでこそエネルギッシュな快楽性が映えるのではと思う。



Check "Black Spuma"
| HOUSE11 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |