CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Various - Oto No Wa Selected Sounds Of Japan 1988-2018 (Music For Dreams:ZZZCD0150)
Various - Oto No Wa Selected Sounds Of Japan 1988-2018
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
『音の和』、日本語タイトルが冠されたこのコンピレーションは、デンマークが誇るバレアリック・レーベルであるMusic For Dreamsによるシリーズ「The Serious Collector Series」の5作目となる。今までにMoonbootsによる『Moments In Time』(過去レビュー)やBassoによる『Proper Sunburn』(過去レビュー)がジャンルはばらばらなれど各々が考えるバレアリックな世界観を聞かせていたが、本作も方向性として大きく外れていない。一つだけ決定的に違うのは1988〜2018年までの日本の音楽に焦点を当てている事で、特にクラブミュージックの界隈で様々なジャンルの音楽において日本の古い音楽の掘り起こしが海外から進められている中で、本作は日本で活動をする者に依る再発掘である事に意義を感じられる。選曲を行ったのはBonoboでかれこれ10年近くLone Starを開催しているDr. RobとKen HidakaとMax Essaの3人で、それぞれ音楽ブログ主催者やプロデューサー/レーベルのエージェントにDJ/アーティストと音楽業界で知られている者達だが、そんな彼等に依る選曲もジャンルはアンビエントからニューエイジにハウスやフュージョンにダブと一見纏まりが無さそうな所を、日本から生まれた牧歌的な雰囲気として統一を図っている。再評価著しいアンビエント/ニューエイジの方面からは尾島由郎や小久保隆に越智義朗、クラブミュージック視点からのアンビエントでは井上薫に故人である横田進、ヒップ・ホップ方面からスチャダラパー、レゲエ界を代表するリトル・テンポ、ハウス・ミュージックではLittle Big Beeに瀧澤賢太郎、またTokyo Black Starのメンバーである熊野功雄と高木権一の新ユニット・Chillaxなど、収録されたアーティストは多岐に渡る。アルバムは尾島による環境に自然と溶け込む静けさが空間性を強調するアンビエントの"Sealed"で幕を開けると、続くOlololopの"Mon (Orte Remix)"では清らかなピアノと透明感のある電子音の旋律が心を洗うダウンテンポでバレアリックな空気を纏い、小谷和也のボンゴがダブワイズに乾いて響く中を切ないピアノとストリングスがドラマティックに誘導していく"Fatima"で、序盤から実に和んでいる流れだ。スチャダラパーはMajor Forceにリミックスされた"N.I.C.E. Guy (Nice Guitar Dub)"が収録されており、水が滴り落ちるようなピアノにメロウなアコギも重ねて随分と朗らかな雰囲気のハウスは、東京から生まれながらも喧騒とは無縁の和製バレアリックと呼びたくなる。リトルテンポの"Frostie"は和製エキゾチカなダブで、抜けの良いアフタービートと共に和んだスティールパンと清流のようなピアノが太陽光降り注ぐビーチサイドをイメージさせるが、それも人混みで埋まった浜辺ではなく人気のない穏やかで情緒がある浜辺という雰囲気だ。パーカッショニストである越智は現代音楽のミニマル的にパーカッションのリズムを用いてエキゾチックな精神の旅へと誘う"Balasong"を披露し、そして井上による正に引いては寄せる波の音も用いた自然志向でスピリチュアル性も同居したニューエイジの"Wave Introduction"によって更に心は安堵へと向かうが、同じ水繋がりのLittle Big Beeによる"Scuba"はフローティングなベースラインと泡の音を用いて穏やかではあるが夏真っ盛りなバレアリック感のあるハウスで心は再度浮き立っていく。終盤はアンビエント性が強く、横田による現実と虚構の狭間で夢想する土着アンビエントの"Uchu Tanjyo"、Chillaxのモジュラーシンセを用いた素朴な音色の反復で眠気を誘うような"Time & Space"、そして小久保の"Quiet Inlet"というタイトル通りに静寂な入江をイメージして、波の音に果てしなく透明感のあるシンセと優しく仄かに煌めくようなピアノを重ねて徐々に夜の帳が下りて一日の終りを迎えるように締め括られる。今、和モノやアンビエントにニューエイジといった言葉で括られる音楽が世界を席巻する中で、しかしダンスフロア側の視点を持った者による選曲は確かにクラブミュージックとの親和性も残しており、他の類似するコンピレーションとはまた一線を画すコンセプトで優れた審美眼を感じさせる。日本、いや東京という都会の中にオアシスがあったとしたら、きっとこんな音楽が流れているのではと思わずにはいられない、和みと癒やしのチルアウトとして最高の73分になるだろう。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC5 | 17:00 | comments(0) | - | |
Bonobo - Fabric Presents Bonobo (Fabric:fabric201)
Bonobo - Fabric Presents Bonobo
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ロンドンの名門クラブ・Fabricがパーティーの雰囲気を再現すべく17年間に渡りリリースし続けてきた4つ打ちを軸とした『Fabric』とブレイク・ビーツを打ち出した『Fabric Live』のミックスシリーズは、しかしネット上に溢れるストリーミングの無料ミックスの台頭を前に、遂にそのリリースは終焉を迎えた。最早販売されるミックスに未来は無いのか…否、確固たるコンセプトやマネージメント力のあるレーベルをバックに制作されたミックスだからこそ、ある一定の品質が保たれ信頼を寄せる事が可能となる事だってある筈だ。一度はミックスのリリースを止めたFabricもクラブ/パーティーの現在形を表現するべく、再度その歩みを始動させて手掛けるのが『Fabric Presents』シリーズで、タイトルからして殆ど変わってないのはご愛嬌か。第一弾に抜擢されたのはトリップ・ホップやジャズにアンビエントやエレクトロニカと様々に音楽を横断するNinja Tuneの人気アーティストであるSimon GreenことBonoboで、その知名度や実力からしてシリーズ立ち上げに迎えられたのも納得だろう。さて、当方はBonoboのDJプレイを体験した事はないが、ここでのプレイは4つ打ちのテクノ/ハウスを主軸に用いて高揚感のあるパーティーの雰囲気で、そこにスパイスとしてジャズやアンビエントも盛り込むなど、思っていたよりもダンス性の強い内容ながらもBonoboの音楽性も表現されている。初っ端自身の未発表曲である"Flicker"はセンチメンタルモードなエレクトロニカ風で、そこからまたも自身のどっしり4つ打ちながらもエキゾチックな"Boston Common"、そしてブラジリアンなサンバのりながらも優雅な"Jacquot (Waters Of Praslin)"、森林の訝しいエキゾチック感溢れるハウスの"Hidden Tropics"と、音楽性は様々ながらも確実に序盤から踊らせにくる選曲だ。また"Nia"や"Maia"などヒプノティックなシンセを前面に出した覚醒的でメランコリックなディープ・ハウスで盛り上がりつつ、中盤は"TKOTN"や"By Your Side"など変化球的に崩した情緒的な雰囲気に包まれるブロークン・ビーツのリズムで揺らしつつ、同じブロークン・ビーツでも何処か刺々しく不穏でもある"Roach"や"Perpetrator"で攻撃的に攻める瞬間もあり山あり谷ありで大きく揺さぶる。そこからドラマティックにじわじわと盛り上がるテクノの"Mirapolis (Laurent Garnier Remix)"を通過し、終盤はフューチャー・ジャズやブロークン・ビーツのしなやかなリズムとメランコリーで空気で落ち着きを取り戻し、最後は微睡みに落ちていく有機的なアンビエントの"Collage Of Dreams"によって平穏を取り戻す。色々なリズムと温かく豊かな感情性でBonoboらしい幅広いクロスオーヴァーな音楽性ではあるが、しかし滑らかなグルーヴ感によって持続的なダンスな感覚に纏められており、これがDJミックスではあるがおおよそBonoboらしい音楽性が表現されている。この新シリーズにどういった意味が込められているのかまだ分からないものの、幸先が良いスタートを切っている。



Check Bonobo

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
2017/2/17 シゲナイト @ Bonobo
そのパーティーの名はシゲナイト、Cro-MagnonのShigekazu Otakeが主宰する事からそのまんまの名前であり、彼が気に入っているであろうDJやアーティストをフューチャーしているのだろう。今回は何とFuture TerrorのHarukaに犬式など複数のバンド経験のあるIZPON、そしてShigekazu Otakeの3人によるライブが初披露される事に興味を持ったが、他にもBlack SmokerのK-BOMBらも出演する等面白そうなパーティーだったので、久しぶりにBonoboへと赴く事にした。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2015/10/3 Sunset Lounge @ 江ノ島展望台
Sunset Lounge 2015 Part1

もうすっかり涼しくなり季節は夏から秋へと変わったこの季節に、夏の余韻を締め括るべく江ノ島展望台にてSunset Loungeが開催された。野外パーティーの中でも普段クラブで遊ぶような層のためにだけでなく、老若男女幅広い世代や家族連れまでにも対応した受け皿の大きさと、そして決して知名度の高い外タレ勢に頼る事なく積極的に日本のアーティストの紹介に務めるなど、パーティーに対する熱い志が伝わってくる。今回はベテラン達がユニットを組んだ真っ青(山崎真央×鶴谷聡平×青野賢一)、今は亡きNujabesの音楽性に共振するUyama Hiroto×Haruka Nakamura、日本にて活動するバレアリック体現者のMax Essa、DJ FencerとBestsellerによる新鋭DISCOユニット・616 -無重力-、そしてSunset LoungeのレギュラーDJであるCalmが出演し、新旧上手くバランスの取れた出演陣だ。さて、今年の5月開催時には残念ながら曇り空のために望めなかった美しいサンセットはどうだったのか。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2015/8/7 PYRAMID ROOTS presents "SPHERE" @ Bonobo
神宮前Bonoboにて2014年10月にグラフィックアーティスト・IPPIによって始動したPYRAMID ROOTSは、DJやライブだけでなくフード出店やマッサージなど小さい場所に盛り沢山な内容で、まだパーティーとしては始まったばかりなものの注目すべきパーティーの一つだろう。3回目の開催となる今回はメインフロアには日本のDJの黎明期から活動するDJ NoriやMoodmanを招き寄せ、そして2階のお座敷ラウンジにはRyo Nakaharaやmaaによるアンビエント・セットも用意されるなど、今回も全く隙のない布陣でのパーティーに期待が高まる。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/12/12 PYRAMID ROOTS @ Bonobo
神宮外苑の片隅にひっそりと営業をしているバー・Bonoboは都内でも珍しいクラブ/バーだ。1階にはメインフロアがあるものの、2階には畳部屋とベランダがあり、Bonoboの入り口にも別のバーがあったり、こじんまりとした土地にぎっしりとお店が詰まっている。そんな小箱で開催されるPYRAMID ROOTSにはDJ Yogurtに井上薫、岩城ケンタロウという日本各地で活躍するDJが一堂に集まり、その上2階にもDJやマッサージにクリスタル展示販売など様々な要素を詰め込んでパーティーが開催される。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/7/18 Dub & Raven @ Bonobo
クラブというよりはその小さやや和んだ雰囲気からは、ミュージック・バーと呼ぶのが相応しいBonobo。古民家を改装したこのバーは1階にフロアとバーがあり、2階にはなんと座敷や屋外テラスのチルアウト用スペースもあるなど、他のクラブでは体験出来ない一風変わった作りが持ち味だ。当方は数年前に行ったきり足が遠のいていたが、この度Hiroshi Watanabe aka Kaito、Word Of MouthはDJで、KoyasやShigefumi Wadaがライブで出演するパーティーがあり、聴き馴染みのあるアーティストから初めて体験するアーティストまで興味深い面子が揃ったので、久しぶりにBonoboへと遊びに行く事にしたのだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Nightmares On Wax Presents Wax Da Beach (Ministry Of Sound:MOSCD267)
Nightmares On Wax Presents Wax Da Beach
Amazonで詳しく見る

バレアリック・ミュージックが生まれたイビサ、享楽都市を現実のものとしたこの島では多くのクラブで数多のパーティーが開催されているが、ダウンテンポのマスターであるNightmares On Waxが主催する"Wax Da Beach"もイビサで開催されている。自分はイビサには行った事はないが、しかし"Wax Da Beach"の空気をパッキングした本作を聴けば、きっとイビサの海岸から見る夕日はどれだけ素晴らしいんだろうと想像するのに難くない。いかなる時も緩いメロウソウルを貫くNOWの事だから本作でも良い意味で普段通り、ソウルやラヴァーズ・ロック、ジャズやファンク、そしてダンクラから少々のハウスまでを軽くミックスさせながら甘美なダウンテンポを鳴らしている。2枚組に分けられてはいるが片やSunset、片やSun Downとそのタイトルからは明確はコンセプトの差は分からない。聴いた限りで判断すればSunsetの方はルーズなグルーヴとしっとりとした郷愁が強く陽が落ちるまでの時間帯、Sun Downは濃密でアダルティーな空気が増してくる日が落ちてからの時間帯と言った印象で、2枚通して聴く事でゆったりとした風景の移り変わりを体験出来るはずだ。世の中にはお洒落なだけのMIXCDや陳腐なチルアウトのコンピレーションが氾濫しているが、NOWはブラックミュージックやダンクラなど自分のルーツを掘り下げつつイビサの快楽的な空気にも適応させた選曲を行い、楽園の心地良さと音楽の成熟を兼ね備えている。上質なダウンテンポを聴きたければ、そして恋人と甘い時間帯を過ごしたいならば、本作はそんな願いを叶えてくれる一枚になるだろう。

試聴

Check "Nightmares on Wax"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC3 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ Yogurt - Makin' Love Again Mix (Upset Recordings:MIXCD001)
DJ Yogurt-Makin' Love Again
UpsetsのメンバーであるDJ Yogurtのメロウでトロトロに溶ける様な夏に向けてのMIXCD。Upsetsは僕も以前にも紹介した様に、快適な睡眠薬と成り得るナチュラルなアンビエントミュージックを作っている地味だけど素晴らしいユニットです。そして今回のMIXCDはそういった快適性も保持しつつ、今度は真夏の男女の距離をぐっと近づける様なムードも持ち合わせています。今日の夕方これをかけながらベッドでゴロゴロしていたら、徐々にまどろみの中に落ちていってしまいました。本当にスロウでメロウで、すぅ〜っと心を楽にしてくれました。ダウンテンポなヴォーカル物がメインにMIXされていて、忙しい都会の生活を忘れさせてくれる様な空気が満ちてきます。Upsetsは都会では無いどこかの島みたいな快楽性を打ち出してきましたが、MIXCDでは普段の生活の中で一時的な快適性を感じる事が出来ます。何気ない日常の中にも心休める時間、空間があるんじゃないかと。そんな事を思い出させてくれます。また何よりもタイトル通り、これは男女の関係を深めるのにも持ってこいの一枚です。濃厚な甘さでは無く適度な甘さと、その場の空気を和ませる優しい音に依って、二人の距離はいつも以上に近くなる事間違いなし。女の子が自分の部屋に遊びに来たらテクノをかけないで、このMIXCDをかければ間違いなしです。後は電気を消してベッドイン…

Cisco、Union、Jet Set、HMVで購入可。

Check "DJ Yogurt"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC1 | 22:49 | comments(7) | trackbacks(0) | |