CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Various - 雲の向こう 2丁目 (Jazzy Couscous:JC12)
雲の向こう 2丁目

日本の音楽をこよなく愛する日本在住のAlixkunは、現在の日本産音楽が世界的に見直しされるブーム前からJazzy Couscousを運営し、特にジャパーニーズ・ハウスの復権を後押しするように特に日本人アーティストの新作や旧譜のリイシューに勤しんでいた。また近年はアンビエントやニューエイジが世界的に再燃している動きに合わせたのだろうか、2018年には『雲の向こう : A Journey Into 80s Japan's Ambient and Synth-Pop Sound』(過去レビュー)というタイトル通りの日本のアンビエントやシンセポップの、決しては有名ではないものの今も尚聞くに耐えうる名作を纏めたコンピレーションを手掛け、ちょっとした話題となっていた。そして2019年も日本の音楽はより一層脚光を浴びているのだが、その流れにのって送り出されたのが『雲の向こう 2丁目』というタイトルまんまの第二弾。並んでいるアーティストは前作以上に聞いた事のない人ばかりで、良く言えば知る人ぞ知るというタイプなのかもしれないが、前作を気に入った人であれば本作も間違いなく愛聴するのは間違いないアンビエント/ニューエイジ/シンセポップの名作が詰まっている。斎藤美和子による"12 No Garnet"は当時は決してアンビエントを意識したのではなく可愛らしい歌も含めるとポップスとして制作したのだろうが、エレクトロニクスのキラキラとした輝きのある音や東洋的な不思議な旋律も用いて、しっとりとして落ち着いた感はポップス成分のあるニューエイジとして受け止められる。鈴木良雄による"Touch Of Rain"はジャズ・ベーシストだけありうっとり艶のあるベースが肝だが、そこに透明感のあるエレクトロニクスが静謐な空気を生み出し、コンテンポラリー・ジャズ×アンビエントな洗練されたBGMとして実にムードを感じさせる。鍵盤奏者の伊藤詳による"Essence Of Beauty"はいかにもアンビエントやニューエイジそのもので、波飛沫の音から始まりミニマルな電子音のループと揺蕩うような上モノにゆらゆらさせられる楽観的で弛緩した世界に、一寸の淀みもなくリラクゼーションな一時を味わう。ダンス寄りな曲も収録されており、安野とも子による"Sur La Terra"はアンニュイな歌とポップなメロディーに対してエレクトロかシンセファンクかのような機械的なビート感の安っぽさが逆に格好良く、やたら耳に残るのは細野晴臣プロデュースと知れば納得。サントラにアンビエントやニューエイジが起用される事は珍しくなく、本作にはサントラからの収録(畑野貴哉 による「Kanki」)もあるのだが、同様に漫画のイメージ曲として作られた笹路正徳の"Rune"は、シタールらしき音やパーカッションが効きながらもそのイメージ・アルバムという性質上随分と感情を揺さぶる系のエモーショナルなシンセやピアノの旋律が入っており、ドラマ性の強いエスノ・アンビエントだ。その他の曲も含めて和製のアンビエントやニューエイジにシンセポップの隠れた名作がずらりと並んでおり、近年それらの音楽のリイシューが盛んな状況においても本作のレア度という価値と音楽的な質は頭一つ抜けており、Alixkunの日本の音楽への偏愛さえも感じられる素晴らしいコンピレーション。アナログ仕様ではあるものの聞き易さもあって、この手の音楽の入門編としても参考になる一枚だ。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC4 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/10/13 Balearic Park @ WWW
最近になってクラブ・ミュージック関連の音楽性にも力を入れるようになっている渋谷のライブハウスのWWWにおいて、新たなパーティーが始動する事になった。その名も『Balearic Park』、そのタイトル通りにバレアリック・ミュージックに焦点を当てた内容であり、クラブの騒がしく熱狂的な方向とは対照的にイマジネーティブで瞑想的な音楽を求めているように思われる。招かれたのはオーストラリアの若き新星であるAndras Fox、ベルギーのフィールド・レコーディングを得意とするLieven Martens Moana、実験的な音楽を披露するTyphonian Highlife、日本からはドローン・アンビエントを手掛けるHakobuneとChihei Hatakeyamaと、メインフロアは全員がライブでの出演とクラブ・ミュージック系のパーティーとしては非常に興味深い内容だ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/9/20 CAMP Off-Tone 2014 @ マウントピア黒平
アンビエント・ミュージックを爆音で聴く…というコンセプトから立ち上がったOff-Toneはクラブ・パーティーとして始まるが、2012年からは野外キャンプパーティーとしてCAMP Off-Toneへと進化した。順調に回を重ね今年で3回目となるCAMP Off-Toneだが、出演アーティストはKaito aka Hiroshi Wanatabe、CD HATA&Koyas、Ian O'Brien、Ko Umeharaとお気に入りのアーティストが揃っている事もあり、野外用の道具は全く持ち合わせていないものの参加する事にしたのだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | |
CD Hata × Koyas - Play Off The Cuff Vol.1〜encounter〜 (psymatics:DQC-1211)
CD Hata × Koyas - Play Off The Cuff Vol.1〜encounter〜
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ジャムバンドのDachamboでキーボードを担当するCD Hata、DJ Yogurtとの活動や蛍光灯バンドでに活躍するKoyasが、即興で人力ダンス・ミュージックを行うために新たにタッグを結成。両者ともウェブや雑誌での機材のレビューを行うなど機材への精通したアーティストであり、かつクラブ・ミュージックやロックの両方のプロダクションに関わりながら活動をしているのだから、そこで電子楽器を用いながらも即興性の高いプレイを行う事も自然の流れだったのだろう。このライブ音源には敢えてトラック名は付けられずに8つのセクションのみに分けられており、それも便宜上とだけあって実際には70分にも及ぶ電子音のフリーセッションとなっている。序盤はまだ両者が相手の出方を伺うように、アンビエントのようでありジャーマン・プログレのようでもある定形を成さない電子音を広げていき、徐々に姿を現すようにミニマルなシーケンスを作っていく。ダンス・ミュージックの音とグルーヴ感を成しながらも先の予想出来ない変化に富んだ展開は、確かにリアルタイムで変化を可能とするセッション性を重視しており、もやっと浮かび上がってくる不思議な電子音が小宇宙を形成する。中盤以降はよりダンス・ミュージックとしての体系を強め、両者の音が一体となりハイエナジーかつ原始的な胎動が脈打つ快楽的な流れもあり、こんな予想外な展開も即興だからこそと言えるのでは。そしてラストの"Section #8"では琴線を震わすエモーショナルな旋律も飛び出して、感動的なクライマックスを迎えて切ない余韻を残してライブセッションは幕を閉じる。ライブでありながらDJ的でもあり、またその逆でもある可逆的なプレイはやはり二人がロックにもダンスにも深い造詣があるからこそ。今後もこの即興セッションは継続するそうで、一体どんな化学変化を見せるのか楽しみだ。



Check "CD Hata" & "Koyas"
| TECHNO10 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Lifetime Boogie Initiation (Lifetimeboogie:LTBCD-002)
Lifetime Boogie Initiation
Amazonで詳しく見る

インド出身のロシア人アーティストIgnat Karmalito。彼は世界各地を旅しながら人間が太古から受け継ぐ原始的な胎動を体験し、それを国籍と言う境目を超越しながら現在のダンス・ミュージックへと反映させたプロジェクトであるCitiZen of Peaceを立ち上げる。2012年にはデビュー・アルバムも完成させCitiZen of Peaceは注目を集めるが、そこから更に発展したのが本作だ。リミキサーには高橋クニユキ、DEEP COVER(沼澤尚×森俊之)、井上薫、CD HATA(from Dachambo)、Calmらが参加しているが、Ignatの民族音楽の感性とリミキサー陣のオーガニックな音楽性やトランス感と言う視点からの相性は見事な相乗効果を成していた。冒頭を飾るクニユキによる"Heart Dance(Kuniyuki Remix)"からして12分の大作であるが、クニユキらしい温かいピアノや民族的なパーカッションが入り混じりながら、青々しい木々が茂る深い森へと誘われるスピリチュアルなディープ・ハウスを展開している。ファンクバンドのプレイヤーとして活動する沼澤尚×森俊之は、人力による演奏を中心にメロウながらも揺るぎないパワーを秘めたファンクへと塗り替えた"Shore 2 Shore (DEEP COVER Mix)"を披露。そして民族音楽と言う繋がりで言うと最も相性の良い井上薫は、"Skyboat (Sky Is No Limit Version)"として異国情緒の空気を漂わせながらも清々しいまでのトランス感が迸るテック・ハウスの味付けをしている。CD HATAによる"i.M.U (CD HATA Sparkling Mix)"は広大な大草原を駆け抜けるようなトライバルなテクノになっているが、大地を揺らす原始的なグルーヴは全身から喜びを発するようで、これも爽やかなトランスを誘発する。そしてラストでは、Calmによる慎ましくも人間の生命力が鼓動するダウンテンポな"Humanature (Cosmic Blessing Version)"が。他にも井上薫によるAurora Acousticとの共作や、CitiZen of Peaceの自然との調和を成すファンクな未発表曲など、そのどれもが力作揃い。国境を超えたナチュラル・トランスとでも言うべきか、快楽的ながらも大自然と共鳴するオーガニックな香りが素晴らしい。



Check "CitiZen of Peace"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |