CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Niko Marks - Day Of Knowing (Planet E:PLE 653781-2)
Niko Marks - Day Of Knowing
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
特別な注目を集める事は多くはなかったが、デトロイト・テクノ/ハウスと呼ばれるシーンの中では特に楽曲制作を力を入れて大量に作品を残しているNiko Marks。自身のU2X ProductionsからはCDRや配信で毎年のようにアルバムを送り出し、Planet EやDelsin等からもEPのリリース歴があるなど、その知名度の低さとは逆に安定して音楽制作を行っている信頼に足るアーティストだ。本人はキーボードをプレイし歌唱も披露するなどDJ気質ではなく完全にアーティストであり、その為か音楽性もテクノやハウスのみならずジャズやファンクまでも網羅する、つまりはデトロイトのモーターシティーとしての音楽を十分に理解している事もあり、デトロイトのアーティストとしてはもっと注目を集めてもおかしくはない。ならばこそ、このPlanet-Eからリリースされたアルバムはその契機にも成りうる筈で、事実ここには前述の豊かな音楽性が閉じ込められている。アルバムの始まりである"Crank Shaft"からしてキーボードの華麗なコード展開を強調したハウスであり、背景にはコズミックなSEが散りばめられつつぶいぶいと唸るベースやシンセからはファンクの要素が感じられ、実にエモーショナルに展開する作風がアーティスト性を表している。本作で面白いのはリミックスも収録されている点で、Icanとしても活躍するSantiago Salazarがリミックスした"Day Of Knowing (Santiago Salazar Remix)"は情緒的なピアノの音色を活かしながらもスムースな4う打ちでぐっと熱量を増したソウルフル・ハウスを聞かせるが、 原曲の"Day Of Knowing (Original)"はぐっと勢いを抑えてジャジーなリズム感がある事でバンド風なアレンジが黒人音楽のルーツを掘り起こすようだ。本作には以前からコラボを果たしているCarlos Nilmmnsも制作に参加しており、その一つである"Elle Est Une Danseuse A Minuit"は快適なハウスの4つ打ちに合わせて流麗なシンセのコードの響きがのびのびと広がるような効果をもたらし、上下に軽快に弾けるグルーヴを刻む。また"Many Other Places"のように夜っぽい艶のあるダークなテック・ハウスや、耽美な音色を聞かせるエレピが軸になるジャジーファンクなハウスの"Thrill Of The Chase"など、曲毎にキーボーディストとしての力量を発揮しながらエモーショナルな要素を込めている。デトロイト・テクノ/ハウスが好きな人ならばこのアルバムはきっと気に入る事は当然として、これからデトロイトを聞く人にとってもそこにあるソウルやエモーションを感じるにはうってつけだ。



Check "Niko Marks"
| HOUSE12 | 22:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
Ripperton, Carlos Nilmmns and Niko Marks - Various Characters EP (Character:character004)
Ripperton, Carlos Nilmmns and Niko Marks - Various Characters EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

スイスの人気DJであるDeetronが2014年に設立したCharacterの新作は、同じくスイス繋がりのRippertonとデトロイト・ハウスのベテランであるNiko Marks、そしてSkylaxやOrnamentsでの活動が注目されるCarlos Nilmmnsが参加したスプリット盤だ。元々Deetron自体がデトロイト・テクノからの影響を色濃く残すアーティストであり、更に本作を制作した面子からもデトロイト色が濃厚である事から、やはりその路線で来るのかと興味は尽きない。Rippertonと言えば元々Lazy Fat PeopleとしてBorder CommunityやPlanet-Eからサイケデリックかつトランシーなハウスを送り出し、新人としては破格の注目を集めていたアーティストである。ここに収録された"I'm Gonna Make U Love Me"はかつて程のドラッギーな成分は抑えながらも、派手なシンセが羽開くように壮大なメロディーで包み込みながらナルシスティックなボーカルで官能に染めるプログレッシヴ・ハウス寄りの曲で、ああやはりこの人はいつも通りの作風だなと逆に納得してしまう。エモーショナルと言うような人間臭さは少ないものの大箱で受けるであろう荘厳さが際立ち、フロアを妖艶さに染めてしまう魅力がある。裏面にはかつても共同制作をした仲であるNilmmnsとMarksが、再度一緒に制作をした曲が2曲収録されている。"Night Not To End (Nilmmns Message Mix)"はスポークンワードにサクソフォンや情緒的なシンセのコードを用いて、そこにボコボコとした土臭さも漂うファットなリズムが加わればこれぞ漆黒のデトロイト・ハウスとでも呼ぶべき曲で、二人の音楽性が分かり易く反映された内容だ。一方で"Dark Ages"は毒々しくも妖艶なシンセや惑わすような声も入ったエレクトロニック寄りのハウスで、こちらの方は前述のRippertonの作風に近いように感じる。やはりNilmmnsとMarksの二人による音楽というものは黒くてファンキーさが滲み出るデトロイト・ハウスがらしいと思うものの、"Dark Ages"のようなドラッギーな沼に嵌るディープ・ハウスも悪くはない。



Check "Ripperton", "Carlos Nilmmns" & "Niko Marks"
| HOUSE11 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Carlos Nilmmns - B.L.U.E. (Skylax Records:LAXC3)
Carlos Nilmmns - B.L.U.E.

フランスを拠点とするSkylax Recordsは特にアメリカのタイムレスなハウスに影響を受けつつも、現在のディープ・ハウスにも適合しながら良質な作品を提供するレーベルだ。旧世代の実力者から今後が期待される新世代までバランスよくリリースしているが、このスコットランド出身のCarlos Nilmmnsはその後者にあたる。とは言いつつもCarlos Nilmmns名義では2010年頃からの活動でNiko MarksやDavinaらデトロイト勢との繋がりもあるが、それより前の2004年頃にはSolabというユニットでデトロイト・テクノやシカゴ・ハウスに影響を受けた音楽を手掛けていたそうで、その経歴からニューカマーと表現するのは適切ではないかもしれない。さて、そんなCarlosの新作はアナログ1枚によるミニアルバムだが、これが実にSkylaxらしいクラシカルな性質のハウスが満載で素晴らしい。冒頭の"Moments Of Happiness"は物哀しいストリングスやしみじみとしたホーンがまるで映画のサウンドトラックを思わせる感動的な曲で、決してダンス・ミュージックではないもののアルバムの流れを上手く作っている。続く"I Thought I Had You"や"Raw Tape Cuts"では待ってましたとばかりに流麗なハウスを披露しているが、特に前者の凛としたピアノのコード展開と色気のあるボーカルによるオールド・スクールなハウスは時代に左右されない良質さがあり、タイムレスとはこんな作品と呼ぶのだろう。後者はデトロイトらしい煙たくも黒い空気に巻かれるディープ・ハウスだが、ラフな質感はありながらもグルーヴは適度に精錬されモダンな印象も見せている。レコードは裏面へと続くと、切ないピアノや優雅なストリングスが真夜中の色っぽさを上品に演出するしっとりしたハウスの"Gwens Song"が待ち受けており、そしてアルバムの最後は曇っていた空が一気に開けるように、明るい希望が満ち溢れたドラマティックなハウスの"106"で感動的に幕を閉じる。収録は7曲とミニアルバムの構成ながらも起承転結した内容で聴き応えは十分、Carlos Nilmmnsの才能が存分に発揮された1枚だ。



Check "Carlos Nilmmns"
| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Davina, Carlos Nilmmns, Niko Marks - Get By Me (Ornaments:ORN 030)
Davina, Carlos Nilmmns, Niko Marks - Get By Me
Amazonで詳しく見る(MP3)

ディープ・ハウスが量産されるドイツにてデトロイトにも接近するOrnamentsからの新作は、UR関連でも歌を披露していたDavina、そして同じくデトロイトのNiko Marks、そしてレーベルの主力アーティストでもあるCarlos Nilmmnsの3人が共作した話題作だ。デトロイトの叙情性をヨーロッパ的なディープ・ハウスへと落とし込んでいるCarlosなのだから、DavinaやNikoとの相性も悪いわけが当然なく、本作においても非常にしっとりと色気のあるハウスを披露している。A面にはDavinaの呟くような色っぽいボーカルをフィーチャし、湿り気を帯びた4つ打ちや眠気を誘うような微睡むパッドが心地良くも力強いグルーヴのある"Get By Me (Alt Mix)"を収録。B面には音を削ぎ落としながら肩の力を抜くようにリラックスし、侘び寂びの内向的なムードを高めた"Get By Me (Vintage Mix)"も収録しているが、注目すべきは本場デトロイトからAndresによる"Get By Me (Andres Remix)"だろう。麗しいピアノのコード展開や美しいストリングスを導入し、ずっしりとした安定感のあるハウス・グルーヴに絡ませて、じわじわと心に染み入るような郷愁のデトロイト・ハウスへと仕上げたAndresの手腕は流石だ。色っぽくもソウルフルな感情、洗練されたアーバンな佇まいとパーティーの朝方にぴったりとハマるであろうハウスは文句無しの出来。しっかりと曲調が分かれているので、真夜中から朝方までに対応できる1枚となっている。



Check "Carlos Nilmmns"
| HOUSE10 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Tom Joyce - Brume De Pomme EP (SUPERB.recordings:SPRB 002)
Tom Joyce - Brume De Pomme EP

ベルリンはテクノのみならずハウスも勢力を広げており続々と新興レーベルが生まれているが、SUPERB.recordingsも今正に輝き始めているアンダーグラウンドなハウスレーベルだ。レーベルの2作目はフランスからのTom Joyceなるアーティストの作品。同じくフランスにはTom & Joyceと言うブラジリアンハウスのデュオが居るが、それとは全く別のアーティストである。Tom Joyceについて調べてみたが2001年頃からDJを開始しUSハウスやガラージュに強く影響を受け、アシッド・ハウスやミニマルにテクノなどを反映させたDJをしていたそうだ。その長いDJ経験を経ての初のアナログリリースとなる本作には、2つの素晴らしいディープ・ハウスが収録されている。ごつごつとしたいかついキックのリズムトラックの上を対照的な羽毛のように柔らかいパッドが包み、トリッピーな効果音が陶酔感を生み出すディープ・ハウスの"Brume De Pomme"、オールド・スクールなNYハウスとフレンチ・フィルターハウスが出くわした荒削りでファンキーな"Out Of Bounds"、どちらもロウな質感があり生々しく迫ってくる音に新鮮な力を感じられる。また起用しているリミキサーにもこだわりがあり、アイルランドからLerosaにUKからCarlos Nilmmnsと近年注目を集め始めているハウサーを起用している。"Brume De Pomme (Lerosa Remix)"はオリジナルよりも更にアトモスフェリックな雰囲気を強くしたダブ的なハウスへと作り変えられており、穏やかなアンビエンスの海が広がっている。最も刺激的だったのは”Out Of Bounds (Carlos Nilmmns Vintage Remix)”で、ぶっ飛んだアシッドのダブ音響でもやもやとした霧で覆い尽くす重厚なディープ・ハウスは暗闇の中でこそ聴きたいドープなトラックだ。まだレーベルとして2作目ではあるが、これを聴いたら今後の活動が気にならずにはいられないだろう。

試聴

Check "Tom Joyce"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |