CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
GIGI MASIN FOR GOOD MELLOWS
GIGI MASIN FOR GOOD MELLOWS (JUGEMレビュー »)
V.A.(監修・選曲:橋本 徹)
橋本徹によるGood Mellowシリーズに現代耽美派のGigi Masinが登場。メロウな選曲には定評のある橋本チョイスなので、間違い無し。4/19リリース!
RECOMMEND
VERSUS [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC546)
VERSUS [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC546) (JUGEMレビュー »)
CARL CRAIG,カール・クレイグ
Carl Craigの名曲がクラシックで蘇る。アレンジはフランチェスコ・トリスターノ。4/28リリース!
RECOMMEND
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー (JUGEMレビュー »)
ロン・トレント,RON TRENT
Ron TrentによるPrescriptionからリリースされてベスト盤が2枚組でリリース。シカゴ・ディープ・ハウスの壮大な深さを体験。3/15リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

故ヨコタススムの初期名義、RingoのPlantationがリイシュー。ポップでテクノでハウシーな作品。3/27リリース!
RECOMMEND
HARMONIES (ハーモニーズ)
HARMONIES (ハーモニーズ) (JUGEMレビュー »)
LORD ECHO,ロード・エコー
ラヴァーズ・レゲエユニットのロードエコーによる3枚目のアルバムが到着。ファンキーでメロウなアルバムは4/7リリース!
RECOMMEND
Providence
Providence (JUGEMレビュー »)
Nathan Fake
Border CommunityからNinja Tuneへ移籍したNathan Fakeのニューアルバム。より変態的なサウンドに変化するのか?3/10リリース!
RECOMMEND
Selectors 002
Selectors 002 (JUGEMレビュー »)
Young Marco
Dekmantelのコンピレーションシリーズ第二段はYoung Marco。単なるレア盤にならない普遍的な作品を集めた内容だそうな。3/10リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Hacienda 30 (Newstate Entertainment:newcd9121)
Hacienda 30
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
1982年5月21日、ロンドンなどの先進都市に比べれば到底モダンとは言えない工業都市であるマンチェスターにて、後々語り草となるクラブ"Hacienda"はオープンした。途方もない資金を投資し野暮ったい街には似つかわしくないハイセンスなクラブを造り、エクスタシーが流行ったせいで酒が売れずに常に赤字経営にもかかわらず、クローズするまで妄信的にもHaciendaを走らせ続けた共同運営者の中にはNew OrderのPeter Hookもいた。決して経営的には成功とは言えないこのクラブが、しかし名声を獲得したのはジャンルを超越したオープンマインドな音楽性だった。当方も含め勿論リアルタイムでそれを体験している人はそれ程多くはないだろうが、それでもこのHacienda創立30周年記念のCDを聴けば幾らかは、いや十分に時代の空気を感じ取れる筈だ。本作でミックスを手掛けたのは前述のPeterに、HaciendaのレジデントDJでもあったGraeme ParkとMike Pickeringだ。Graemeは徹底的にハウスに拘りを見せ、ソウルフルで胸が熱くなるトラックから覚醒感のあるアシッディーなトラックを緩いBMPながらも跳ねたグルーヴで繋ぎ、Mikeは毒気付いたブリープ・ハウスから始まり粗悪なシカゴ・ハウスやレイヴィーなテクノまでクラブの混沌とした空間を描き出している。Peterはお世辞にも上手いDJとは言えないが(笑)、お得意のロッキンな曲もふんだんに使用しマッドチェスターな時代を再現している。ここにパッケージされたその多くの曲が、今となってはクラシックと呼ばれる時代を越えて愛される曲であり、Haciendaを狂乱の渦に包み込んでいた曲であったのだろう。決して新鮮味があるでもないし余りにも時代を象徴し過ぎている音はダサくもあるのだが、このごった煮な狂騒が一夜をどんなに素晴らしいものとしていたかは、きっと伝わってくるだろう。

Check "Graeme Park", "Mike Pickering" & "Peter Hook"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE8 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Clark - Iradelphic (Warp Records:WARPCD222)
Clark - Iradelphic
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Warp Recordsから衝撃のデビューを果たしてから早11年、Chris Clarkの6枚目となるアルバムが届いた。ポストAphex Twinの立場から半ば破滅的かつ衝動的に改革を続けてきたClarkだったが、このアルバムはそれまでのテクノが前提である音楽から驚く程に方向性を変えている。破天荒に刺々しく散らかったビートは鳴りを潜め、アルバム全体がしっとりとしたアンニュイなムードで統一され非常に温かみのあるサウンドを発している。アコースティック・ギターやピアノを始め生の質感を重視した音の比重が増え、物悲しいボーカルも取り入れた事で、寂れて朽ち果てたような枯れ具合まで感じさせるソウルフルなトラックばかりが並んでいる。今までエネルギッシュに前進し続けてきた反動なのだろうか、妙に人間臭く内面を見つめるように懐古的な音楽に収束してしまっている。ビートよりもメロディーを、無機的な電子音よりも有機的な生音を重視したその組み合わせは思惑通りに成功はしているし、彼の傑作である1stアルバムにもあるノスタルジックな世界感は感じられるが、しかしまあ兎に角普通なのである。それは決して悪い事ではないし粒ぞろいに切ない郷愁を誘う曲は揃っているが、劇薬のような毒が抜けてしまい聴き易くなった分だけオリジナリティーも失ったように思われる。これからも続く彼の音楽活動の休憩点としての作品と考えるなら、理解出来なくもないだろうが。

試聴

Check "Chris Clark"
| ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Clark - Totems Flare (Warp Records:WARPCD185)
Clark-Totems Flare
Amazonで詳しく見る(US番)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Aphex Twinフォロワーと言っても差し支えない同じくWARPに所属するChris Clarkの最新作。初期のノスタルジーなエレクトロニカ、ポストロックも取り入れた前々作、そして強烈なダンスビートを叩き出しフロアへと足を踏み込んだ前作と常に変化し続けている訳ですが、新作では更に変化を遂げてギクシャクとした捻りのあるビートを高速で鳴らしたり、狂ったようにノイズが注入されたり、ある意味Aphex Twinの未発表音源と言われても気付かないトラックもあったりする。勿論これは進化ではなくただの変化であり、既に革新的な要素も無い事は承知している。しかし壊れかけの世界観を演出しながらもどこかノスタルジックな感情を呼び起こす旋律が入っていたり、やかましいトラックが多い割には意外にもしっかりと聴ける音楽的要素が大きい。何よりリミッターが解除された様に自由気ままに作った風に感じられて、遊び心に溢れた奇怪なトラックは聴く者をポジティブにしてくれると思うのです。アルバム終盤の静謐さを活かしたメランコリーなアルバムなんかも、次は作って欲しい気持ちもありますが。

試聴

Check "Chris Clark"
| TECHNO7 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Clark - Turning Dragon (Warp Records:WARPCD162)
Clark-Turning Dragon
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!Chris Clarkがパワーアップして帰ってきたんだ。家の中からドアを蹴り上げ飛び出し、フロアに舞い降りたんだ。

そうChris Clarkと言えば良くも悪くもAphex Twinフォロワーであり、Warpのインテリジェントな音を的確に表現していたはずであった。前作は買っていないけれど、ポストロックに歩み寄った作品であったらしい。そして最新作は見事にフロアを意識した4つ打ちテクノになっていたのである。しかしその尖り具合、壊れ具合は依然沈黙しているAphex Twinを尻目に更に凄みを増し、Warpのインテリジェントなイメージを破壊しようとすらしている。チープなシンセの歪んだ音色も相変わらず昔からのテクノ好きな人に受けるだろうが、何より4つ打ちを叩き出しながらも細かいリズムも入ってくるプログラミングが素晴らしい。やたらと手数が多いけれどハードかつ勢いのあるグルーヴは、かつてリスニングミュージックであった頃のClarkのイメージを一片に払拭させている。と言うよりも本作を聴いて浮かんだイメージは、ハードテクノのSurgeon。勿論Surgeon程に極ハードな訳ではないけれど、同じようにインダストリアル色を纏っていて無機質な感触がある。まさかこんな路線に転向するとは思っていなかったが、冒険は成功したと言える名盤だ。

試聴

Check "Chris Clark"
| TECHNO5 | 16:40 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Darren Emerson - Global Underground 015 Uruguay (Boxed:GU015CD)
Darren Emerson-Global Underground 015 Uruguay
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
中古5枚1000円で買った内の一枚、元Underworldのメンバーと言う説明も不用な位有名なDarren EmersonのMIXCD。ダレンと言えば以前ageHaでプレイした時には、客の空気読みまくって"Cowgirl"とか"Born Slippy"とかかけちゃって自分の中ではかなり評価落としたんだよなー。メタモでも同様に"Born Slippy"かけちゃったらしいけど、インタビューでは自分は本当はそうゆうのは回したくないって言ってたよ。ぶっちゃけそんな客層の事なんか考えないで、普段クラブでクラバーの為に回す時みたいにプレイすりゃ良いじゃんと思うんだけどね。

まあ以前のプレイが余りにもクラバーを舐めたプレイだったのでもう生で彼のプレイを聴く事は無いと思いますが、このMIXCDみたいなプレイをしてくれるのならまた聴きに行きたいとは思う。基本はテクノ寄りのハウスっつかプレグレッシヴハウスだけれでも、リズムはハウシーでも音はズンドコテクノ有り、ムードたっぷりのセクシー系有り、またはワイルドなシカゴ系まで意外にも音の幅は広いっす。プログレとは区分けされるDJだけどテクノの曲も結構多いので、自分には聴き易いっすよ。選曲の幅は広くてもごちゃごちゃした感もなく、滑らかに一曲一曲を大事に繋げて音楽の旅を体感させる内容ですね。そう言えばこの人、何時になったらオリジナルアルバムは出すんでしょうね?

Check "Darren Emerson"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Dave Clarke - Remixes & Rarities 1992-2005 (Music Man Records:MMCD026)
Dave Clarke-Remixes & Rarities 1992-2005
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(Uk盤)
Dave Clarkeと言えば兎にも角にもフィルター流行の起爆剤となった"RED"シリーズが有名なんですが、近年はFatboy Slimのレーベル・Skintから作品をリリースしていて平凡なブレイクビーツをやったりしてなんだかなーと言う状態です。しかしそんな彼に愛想を尽かしている人には、彼が今までに手掛けたリミックス集を聴いてみて欲しいと思います。タイトル通り新旧のリミックスが収録されておりますが、やはりどちらかと言うと昔の作品の方が素晴らしい出来が多いでしょうか。DJ Rush、Green Velvet、Leftfield、New Order、Robert Armaniなどのリミックス仕事は冴えまくっていて、狂気のシカゴハウスを通過したラフでハードな4つ打ちテクノを披露しています。やっぱりDave Clarkeはフィルターハウス/テクノをやらせると超一流で、個人的にはこの路線でオリジナル楽曲を創って欲しいんだけどねー。だって比較的近年のリミックスになると特に目立たないブレイクビーツ作品ばかりで、かつてのDave Clarkeの才能が陰ってる気がするんですよね。Skintと言うレーベル性には合ってるけれど、一体この路線変更した訳は何なのか気になるな。

試聴

Check "Dave Clarke"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO5 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Dave Clarke - I Love Techno 2007 (Music Man Records:MMCD030)
Dave Clarke-I Love Techno 2007
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
一時期隆盛を誇っていたハード目のテクノはすっかり過去の物となり、それらをプレイしていたDJも皆クリックだかミニマルだとか言われる方面ばかりを回す昨今。しかしDave Clarkeは私の期待を裏切らなかった!最近にしては珍しい所謂普通のテクノを中心にしたミックスですが、最新のヒット曲や未発表曲も織り交ぜて痛快で格好良いテクノですね。特に序盤から中盤までの疾走感に溢れゴリゴリバキバキな展開は、クラブでのピークタイムを表現したかの様で最高です。後半では序盤とは対称的にエレクトロハウスも出て来てテンションも下がり気味になりますが、序盤の反動なんでしょうかね。まあしかしやっぱり勢いのあるテクノはいつ聴いても飽きないし、この種のテクノは自分はいつまでも聴き続けるんだろうなと思います。I Love Techno!

試聴

Check "Dave Clarke"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO5 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Danny Rampling - Break For Love (ITH Records:RAMP01CD)
Danny Rampling-Break For Love
Amazonで詳しく見る

昨日に続きハウスMIXCDを紹介します。今日の担当はDanny Ramplingで3枚組の大作、聞くだけでしんどい…。Danny Rampling、ハイ、全然知りませんので調べた所、80年代後半にイビザに訪れた時にシカゴハウスに触れあい、そしてイビザの享楽的な空気をUKに持ち込んだハウスDJとの事。UKで「Shoom」と言うクラブイベントを立ち上げ、セカンドサマーオブラブを誘発させた重要人物らしいです。ところが去年を以てDJ業から身を引く事となり、最後の作品がこのMIXCDとの事。では一枚ずつ紹介していきましょうか。

DISC1は「Sounds Of Shoom」と言うタイトル通り、彼が「Shoom」で回していた曲中心だそうです。80年代のハウスクラシック、アシッドハウスを連発。昔からハウス聞いている人はきっと懐かしく感じるだろうし、最近のハウスを中心に聞いている人にはこのチープな音が逆に新鮮かも。DISC1からして哀愁が既に漂っているよ。

DISC2のタイトルは「Love Grooves」。こっちはかなりノリノリでソウルフル。最初から「Love Is The Message」→「Philly Groove」で横乗りグルーヴで踊らせてくれます。アッパーで派手だけれども、黒くて太いビートで一番楽しんで聞けると思います。ハウスの4つ打ちの快感がぎっしり詰まってますよ。最後は「The Whistle Song」で穏やかにクローズしていきます。

DISC3こそイビザの快楽を表現した「Balearic Soul」。いきなり名曲「Smokebelch」、シンセがキュインキュイン鳴ってて可愛らしい。でもその後は7〜80年代のディスコ物が中心で、自分のイメージしているイビザとはちょっと違ったかな。ここまで古臭いのはあんま好みではない。全体的にビートも弱めで、踊り疲れた後に聞く感じでしょうか。2005年作の「Snappiness (Devolution Mix) 」と言う曲が、涙々のバレアリックな感じでしたがこれ良いな。レコード出てないみたいだけど、欲しい…。

試聴

Check "Danny Rampling"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Chris Clark - Clarence Park (Warp Records:WARPCD86)
Chris Clark-Clarence Park
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Aphex Twinを紹介したならばこいつも紹介しておかないといけない。Aphexと同じWarp Recordsから衝撃のデビューを飾った、ポストAphex Twin的なChris Clark。事前情報も全くなくいきなりWarpからデビューを飾り、多くのテクノリスナーを虜にしたサウンドとは一体。Aphexの血を濃く受け継いだいびつなブレイクビーツと擦り切れんばかりのざらついたノイズ音は、病んでいる精神世界の様でもあるが整然と組み立てられ理知的な感じが強い。また壊れかけのオモチャの如く朽ち果てながらも、時折見せるノスタルジックなメロディはBoards Of Canadaの世界観とも共振している。子供の頃の何か懐かしさが心に浮かび上がりほっとするのは、Chris Clarkの愉快な遊び心のせいか果ては狂った感性なのか。後追い的な音ではあるのだが、それでも楽曲一つ一つのクオリティーは文句の付けようの無い出来だ。そう言えば、ジャケットの赤目の子供がちょっと怖い。何とも不穏なアルバムだ。

試聴

Check "Chris Clark"
| TECHNO3 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
I Love Techno The Classics (541:541416501453)
I Love Techno Classics
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
ベルギーのテクノフェスティバル「I Love Techno」の10周年を記念したコンピレーションアルバムが出ています。テクノにおける傑作をこれでもかと言わんばかりに収録した怒濤の3枚組、もうお腹一杯一杯なボリュームです。収録曲を見て貰えば分かるけど、最新の曲ではなくて過去の名作を集めていてテクノを昔から聴いている人には懐メロ特集みたいな感じ。しかしこうゆうコンピレーションはただヒット曲を集めましたってだけの、コンセプトも何も無い記念の為のリリースで、長くテクノを聴いている人には余り食指は動かないかもしれないですね。だけどこういったテクノベストを出す意義もある訳で、それはやっぱりこれからテクノを聴いてみたいと言う人にはうってつけだと思います。いきなり小難しいテクノを聴くよりとにかく派手で受ける曲を聴いて、それから色々なテクノを模索するきっかけになれば良いんじゃないでしょうか。もしくはEPを買わない人なんかにも勧められると思います。とにかくヒット曲満載、本当に良い曲ばかりです。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO3 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Dave Clarke - World Service 2 (Resist:RESISTCD45)
Dave Clarke-World Service 2
Amazonで詳しく見る

テクノ好きな人はきっと既に持っているであろうDave Clarkeの2枚組MIXCD。エレクトロサイドとテクノサイドに分かれていて、二つの味の楽しめるナイスなMIXなんだけど、ほんと良いDJだなDave Clarkeは。去年出た2NDアルバムには失望してたけど、やっぱりDJとしては一流ですよ。まずエレクトロサイドなんだけど、すっごい痺れるね。エレクトロ特有のチープな音がこれでもかとびきびき鳴り、ニューウェーブ調の曲も混ぜて懐古的な面もありつつ肌に突き刺さる様な刺激があります。でもやっぱりオススメはテクノサイドでしょっ!ゴリゴリのハードテクノにスカスカのシカゴハウス、鋭い切れがあるフィルター系をこれでもかと繋いでいきます。非常にざらついた質の悪そうな音が逆に、ワイルドで熱の籠もったプレイを感じさせます。高音と低音を強調した様な派手なMIXで、更には後半に進むに連れて卑猥度も増していきます。やぱり彼はシカゴハウスの影響下にあり、巧みに吸収して自分なりのプレイを創り出していますね。どこを切ってもピーク時の様なテンションには、頭が下がる思いですがそんな事を考える余裕も無いくらいパワフルです。うんうん、最近テクノでは良いMIXCDがなかっただけに満足ですな。

試聴

Check "Dave Clarke"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO2 | 23:00 | comments(3) | trackbacks(2) | |
Adam Beyer - Essential Underground Vol.9 (DJ-sets.com:DJ022-2)
Adam Beyer-Essential Underground Vol.9
Amazonで詳しく見る

テクノのMIXCDでは定番シリーズとなっているEssential Underground。今までClaude Young、Marco Bailey、Ben Sims、Christian Smith等人気者を引っ張り出してきたが、今回はスウェーディッシュハードテクノの雄、Adam Beyerが参戦。1枚目は普段の内容と変わらずゴリゴリで疾走感のあるハードテクノ。旬のトラックを使っていて、激しいのが好きな人にはかならず受けるものとなっています。そして2枚目なんですが、こちらは意外にもディープでゆるめのテクノ。最近はTruesoulなんてレーベルも立ち上げてデトロイトテクノっぽいトラックも作ったりしていますが、正にそれをイメージしたかのようなMIX。エレクトロ、テックハウスまたクリック系に近い物もMIXしてるんだけど、大人のMIXって感じで激しいのに疲れ気味な僕にはこの位が丁度良いかも。2枚目に使用されているTruesoulから出たJoel Mull、Cirez D、Henrik Bのトラックはまじカッコイイです。それにAdam Beyer別名義のMr.Sliff-The Riffのじわじわビルドアップしてゆくシンセも最高。Truesoulも含めてAdam Beyerは今後も要注目です。今回は1枚目より2枚目の方が内容的にはお薦めですね。取り敢えずトラックリスト見て下さい、買いたくなるでしょう。

試聴

Check "Adam Beyer"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(2) | |