CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
100DSR Compilation (Delsin Records:100DSR)
100DSR Compilation
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
オランダと言えば古くからデトロイト・テクノに影響を受け、実験的かつフロアだけに集約されない広範囲なテクノをリリースする事に長けたレーベルが多い。その中でも1996年にオランダはアムステルダムに設立されたDelsin Records(とその傘下のAnn Aimee)は、ベテラン勢の安定した作品を手掛けると共に新人の発掘・育英にも力を注ぎ、数々の名作を世に送り出してきた重要なレーベルだ。最初にデトロイト・テクノに影響を受けたと述べたが、勿論そこから大きく飛翔しミニマルやブレイク・ビーツにリスニング系なども手掛けており、その多様性を十把一絡げに述べる事は最早出来ない。そんなレーベルの運営も17年に及ぶが、そのカタログ100番を飾るために用意されたのが本コンピレーションである。CDでは2枚組で、Delsinに関わりの深い新旧アーティストが(全てが新曲と言う訳ではないが)曲を提供しており、正にDelsinの音楽性を知るためにはこれぞと言うべき内容になっている。如何にもDelsinらしいピュアな響きを持つBNJMNによるリスニング系の曲もあれば、Delta Funktionenによる鈍い響きと低いベース音がダークな雰囲気を持つテクノもあり、ダブ・ステップに傾倒した今っぽいA Made Up Soundによる曲もある。Claro Intelectoの荒々しい残響が交錯するダブ・テクノもあれば、IDM的な音と戯れるようなCimのエレクトロニカもあり、Ross 154(Newworldaquarium)の退廃的なビートダウンだってある。極み付きはデトロイト第2世代のJohn Beltranが雨上がりの感動的な情景が浮かび上がる余りにも切ないアンビエントを披露している。これがDelsinだ、決して安住の地に留まらずに様々な音を吸収しながら、今という時代の音を創り出す現在形のテクノ・レーベルなのである。もしテクノを聴いていてDelsinに馴染みが無いのであれば、是非この機会に接触するには良い機会となるだろう。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/11/8 root and branch presents "ubik" featuring Miles a.k.a. MLZ @ Unit
UKはマンチェスターのModern Loveは実験的なダブテクノにおいて高い評価得ており、Andy StottやDeepChordにClaro Intelectoなど注目すべきアーティストを抱えている。今回はそのレーベルから代表格であるDemdike Stareの片割れ・Miles a.k.a. MLZことを招き寄せているが、日本からもインダストリアルやダブ・ステップも咀嚼したハードなプレイを聴かせるKeihin、そしてノイズまみれの踊らせないライブが話題となっているRyo Murakamiも参戦と、モノクロームで退廃的な一夜が確定していたパーティーだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Claro Intelecto - Reform Club (Delsin Records:92DSR/CLR-CD1)
Claro Intelecto - Reform Club
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Mark Stewart(と言ってもロックの人とは別人)ことClaro Intelectoの4年ぶりのアルバムは、前作のModern LoveからオランダのDelsinへとレーベルを移籍し、作風も変化を見せた意欲作となっています。前作はModern Loveからのリリースと言う事もあってか規則正しい4つ打ちの上に柔らかいダビーな音響を被せた、ある意味ではダブなテックハウスとして非常に模範的な作品だったと思います。勿論新作でもダブな要素を持ち込んではいるものの、数少ない音でより繊細さと精巧さを打ち出してリスニングとしても耐えうる叙情豊かな世界感を生み出す事に成功しています。音色に限って言えば時代を遡るように、例えば初期のデトロイト・テクノ的に通じる荒削りながらも素朴さを感じさせる懐かしい音なのですが、そこに希望とか未来とかヒューマニズムを見出すでもなくどこか空虚的な冷静さもあるのがデトロイトテクノとは異なる所。リズムに関しても4つ打ちだけでなく重苦しいダブステップ風、ビートレス、シャッフル系など多彩な手腕を発揮し、単純なダンストラックだけに終始する事なく如何に変化と深さを聞かせるかと言う事に気を配ってもいます。アルバム全体としてアトモスフェリックな音響やシンプルなメロディーや構成なのは、ダブテクノの音響やデトロイト・テクノの叙情感にも影響は受けているのでしょうが、単なる物真似に終始しない世捨て人的な侘び寂びのある作風はか弱くも美しい。決して派手な作品ではないけれど、Delsinらしいフリーフォームな名盤と認定します。

試聴

Check "Claro Intelecto"
| TECHNO9 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Robag Wruhme - Wuppdeckmischmampflow (Kompakt:KOMPAKT CD 84)
Robag Wruhme - Wuppdeckmischmampflow
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
テクノもハウスもドイツ、特にベルリン勢が猛威を奮う中、いやいや忘れてはならないのがケルンから生まれた2000年代のドイツテクノを象徴したKompakt。硬派なミニマルテクノから荘厳なアンビエント、色鮮やかなポップや最近ではロック/ニューウェーブ色まで吸収したKompaktは、単純さを極めたフロア向けだけのダンスミュージックではなく雑食性と豊かな音楽性を伴い成長してきていた様に思われる。そしてRobag Wruhmeなるアーティストが手掛けるこのMIXCDも、今流行のベルリンテクノのストイックでモノトーンな音楽性とは一線を画し、緊張ではなくゆるさを極めた色気のあるディープなテクノ/ハウスを中心に、ミニマルもエレクトロニカも同時に聴かせてしまう。圧倒的に降り注ぐプレッシャーも図太い低音も凶悪なムードも一切無い、それ所かロマンティシズム溢れる情緒の豊かさとお酒に酔った時のあのフワフワとした酩酊感がどこまでも続き、終止リラックスしたムードで深層に連れて行ってしまう。線の細さ・か弱い音が故にしっかりと耳を傾け、出来るなら高音質なサウンドシステムの綺麗な音で聴きたいとさえ思う程に優雅な世界観だ。反復だけの単純な音楽でクラブで馬鹿騒ぎするのも楽しいけれど、時にはこんなドラマツルギーに踊らされる一夜も体験してみたいものだ。

試聴

Check "Robag Wruhme"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ Deep - City To City 3 (BBE:BBE119CD)
DJ Deep - City To City 3
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
自身が主宰する"Deeply Rooted House"と"House Music Records"では未来と過去を紡ぐ作品をリリースし、そしてフランスにおいてデトロイトテクノやシカゴハウスを地下シーンで地味に掘り続けるDJ Deep。この都市から都市へと渡り歩く"City To City"も既に3作目、本作のコンセプトは「シカゴ、デトロイト、ニューヨークの隠れた珠玉のハウスを渡り歩く旅」。そんな訳で相変わらずのマニアックな選曲で、特にシカゴハウスにおいてはArmando、Adonisの別名義Gentry Ice、Liddell Townsell、Chicago Music Syndromeらの80年代後半のハウス黎明期の古典的とも言えるトラックが中心。最近はアシッド感覚のある初期シカゴハウスも見直されているらしくリイシューも増えておりますが、そう言った流れの中でも本作のように隠れ名作をまとめ上げるDJ Deepのセンスは本物。TB-303やTR-808辺りの名機を使用した安っぽく洗練もされていない、しかしながらマッドなハウスは今でも決して錆び付くことはありません。他にKerri Chandler、Claro Intelecto、Redshapeらの近年の作品も収録されておりますが、それらもシカゴハウスから影響を受けたスカスカで単調なリズムとローファイな音が中心のハウスで、アルバム全体からオールドスクール臭が滲み出ております。で、デトロイトとニューヨークはどうなった?

試聴

Check "DJ Deep"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE6 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Claro Intelecto - Metanarrative (Modern Love:Love038CD)
Claro Intelecto-Metanarrative
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
マンチェスターのテクノレーベル・Modern Love、その響きからして素敵です。このレーベルが注目を浴びたのはDeepChordの"The Coldest Season"(過去レビュー)がリリースされた時だったと思いますが、その後に出たClaro Intelectoのアルバムもなかなかの良作です。いやまあ、最近まで全然知らなかったんだけどね。DeepChordと同じレーベルからリリースしているとは言え音楽性は全く同じと言う訳でもなくて、過剰なダブ空間は封印されダビーな音響は柔らかめにスパイス程度に使われております。むしろデトロイトの叙情性を前面に打ち出していて、うっとりとする幻想的なシンセがふわふわと漂う様な夢の世界が繰り広げられております。それとは対称的にリズムははっきりとしたミニマルが刻まれておりますが、緩やかにしなやかなそれはハウスのそれに近い感じ。確かにダンストラックではあるものの聴く事を強要しない自然な鳴り方と言うか、とても優しく人体に親和性の高い音って言うのでしょうかね。ジャケットの如くとても美しく気品のあるテクノです。またアンビエントとしても聴ける位の気持ち良さがあり、ホームリスニング向けにお勧めしたいと思います。

試聴

Check "Claro Intelecto"
| TECHNO6 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Slam - Sci-Fi Hi-Fi 5 (Soma Quality Recordings:SOMACD070)
Slam-Sci-Fi Hi-Fi 5
Amazonで詳しく見る

UKグラスゴーのSoma Quality RecordingsはUK屈指のテクノレーベル。現在は"Sci-Fi Hi-Fi"と言うMIXCDシリーズを始めているのですが、その第5弾にはレーベルオーナーのSlam様が登場。と言ってもレビューのテンションが上がらないのは近年の彼らのMIXCDが、どうにもこうにも流行のミニマルを追ってるだけでつまらなくなってしまっているから。周りがミニマル回しているからってSlamまでミニマルやるのは正直どうなんしょ。そもそもSlamのファンってどっちかと言うとハードテクノとデトロイト系の音を求めている気がするんだけど、Slamはその事に気が付いてないんでしょうか?本作はディープなテックハウス〜恍惚のミニマルを終始回すだけで、はっきり言ってつまらんです。コチコチとかクリクリとかそんなクリックぽい軟弱な曲ばかりで、こじんまりと纏まり過ぎ。以前ならハードなテクノで徐々に盛り上げて、ピークはデトロイト系で大爆発すると言う格好良いスタイルだったんだけどその面影は全く無し。Slamは本当に大好きなアーティストだけれど、近年のDJプレイに関しては全く興味が湧かなくなっております。かなり凹みます。Slamファンならまずは"Fabric 09"(過去レビュー)を買いましょう、これ最高。

試聴

Check "Slam"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Alex Smoke - Sci.Fi.Hi.Fi 03 (Soma Quality Recordings:SOMACD52)
Alex Smoke-Sci.Fi.Hi.Fi 03
Amazonで詳しく見る

流行とは良くも悪くも恐ろしいもので、今までシーンを引率してきたレーベルの方向性さえも変える力があるのだろうか。SlamやFunk D'Voidを輩出してきた生粋のテクノレーベル・Soma Recordsも、今ではミニマルハウス本格的に身を乗り出しているようで、その方面の注目株がAlex Smokeです。既にオリジナルアルバムを2枚ほど出していて、旬のBorder Communityを意識した妖しい艶のあるサイケデリックサウンドを聴かせてくれているのですが、この初のMIXCDではドゥープでミニマルな陰鬱サウンドがたっぷり聴けます。正直な所この手の音に溢れたご時世オリジナリティーをアピールするのは難しいと思うのですが、ミニマルハウスのMIXCDではかなりの力作だと断言します。Basic Channel系のダビーでスモーキーな前半、音数を絞りファンキーでミニマルなリズムで引っ張る中盤、そして覚醒感のあるメロディーが顔を出す後半と、徐々に変化はしつつも冷え切った暗い世界観を終始保っています。徹底的にテンポやテンションを保っているのに、徐々に感覚が麻痺していく様な中毒性がありヘロヘロになってしまいそう。光明も差さない闇の中でも、人間って気持ち良くなれるんですね。Alex Smokeには今後も注目です!

試聴

Check "Alex Smoke"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO4 | 23:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
Josh Wink - Profound Sounds Volume 3 (Thrive Records:90746-2)
Josh Wink-Profound Sounds Volume 3
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
自身が作るトラックは激ハイパーなアシッド作風が多く派手なのに、何故かJosh WinkのDJはかなり渋い。生で聴いた事がないから実際はどうかしらんけど、前作の「Profound Sounds Volume 2」(過去レビュー)も渋かったのに今作はより深く渋い。1枚目はクリックハウスから入ってきて、Winkまでもクリック熱にやられたのかと呆気に取られた。そこからはRichie Hawtin風のディープでウニョウニョなミニマルが続き、何故か中盤でLos Hermanosのラテンハウスが入る。しかし続くRadioheadのJosh Wink Remixでまたもディープな作風に戻り、最後まで淡々とミニマルな世界観が続きます。決して浮上する事はなく、地べたをずっと這いずり回るような重苦しさがあるね。2枚目は更にミニマルで多少ハードになったり、浮遊感のあるテックハウスを回したりするけれど、むしろ深く沈み込むダークな世界観に注目すべき。ハードミニマルの様に派手は展開はないけれど、一貫して暗黒の音に統一されたプレイには美学みたいな物を感じるね。クラブでもこんなプレイを本当にするのか疑問だけど、CDとしてリリースするなら家で聞く物だしこれはこれであり。テクノ系のDJプレイでここまで我慢してテンション上げないのも、ある意味珍しいかも。決してつまらないと言う意味では無くて、本当に彼のDJは素晴らしく激渋だよ。強いて言うならば今作はハウスグルーヴが強いので、今度はテクノ色が強いプレイを聴きたいな。
※Ministry Of Soundからは同内容で「Sessions」としてリリースされています。

試聴

Check "Josh Wink"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO3 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
Steve Bug - Bugnology (Poker Flat Recordings:PFRCD13)
Steve Bug-Bugnology
Amazonで詳しく見る

ドイツには本当に素晴らしいテクノレーベルが一杯あるのですが、テックハウス好きにはPoker Flat Recordingsが頭に浮かぶでしょうか。近年はよりミニマルさを増した作風にシフトしている様な気がしますが、Poker Flatのドン・Steve Bugのプレイは派手ではないものの僕のお気に入りです。以前にもこの人のMIXCDを紹介した事はあるのですが、相変わらずそんなに大人気って訳でもなさそうなので、ここでひとまず紹介しておこうかなと。最初に紹介した通り派手なプレイは特になく、最初から最後までディープめのミニマル、テックハウスで平たく緩やかに延々と聴かされる感じです。このくつろげる程の揺るやかさが個人的にお気に入りなのですが、かといって踊れないって事ではないんですね。アッパーに踊らされるのではなく、自然と体が揺らぐ感じと言うべきなのかな、体に馴染みやすいテンポ・グルーヴなんですよ。こういった所はハウスから音を継承しているのかなと思いますが、透明感が有り流麗な電子音はテクノでもあるかなと。また地味と言えば地味ながらも、中盤では妖艶さを見せるドラマティックな曲も挟んだり、しっかりとヨーロッパ的耽美さを感じさせてくれます(Justin Martin、I-cubeの曲が素晴らしい)。クラブで彼のプレイを聴いた時はガンガン上げていたんですけど、実際の生プレイでもこういった緩やかな展開のプレイを聴いてみたい!と思いますが、まだまだ日本のシーンではこういった音を出すイベントは多くなさそうですね。もちろん激しいプレイも好きなんですけど、緩い音楽を酒を飲みなつつ体をゆらゆら揺らしながら聴きたいな〜って思います。

試聴

Check "Steve Bug"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO3 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |