Common Factor - Dreams Of Elsewhere (Planet E:PE65244CD)
Common Factor-Dreams Of Elsewhere
Amazonで詳しく見る

今日もデトロイト関連、10年位前にCarl CraigのPlanet Eから作品をリリースしていたNick CalingaertことCommon Factor。詳細が得られないので経歴などは不明ですが、近年はSomaやPlayhouseからもハウスをリリースしているみたい。本作はPlanet Eからのリリース(と言っても1998年作)と言う事もあるので、レーベルを信頼してアルバムも購入してみた。でも想像していたよりはPlanet Eっぽさは感じなかったかな。全体的にディスコとファンクを混ぜ合わせ、それを4つ打ちハウスに仕上げたようなレトロなフレイヴァーが漂っております。もっとフューチャリスティックな音色が一杯詰まっているのをPlanet Eには期待していたから、なんだか拍子抜け。また中にはミニマルやディープハウス、生温いダウンテンポ、アフロ風などの曲もあるのですが、ちょっと手を広すぎて焦点が定まってないんですな。せめて何かキラートラックと言える曲を用意してくれないとね。最近のかなりエレクトロニック化したPlanet Eとは音が異なるので、最近のPlanet Eしか知らない人は気を付けましょう。

試聴

Check "Common Factor"
| HOUSE4 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
G2 Geology A Subjective Study Of Planet E Volume Two (Planet E:PE65257CD)
G2 Geology A Subjective Study Of Planet E Volume Two
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
最近はプログレッシブな作風も結構多い様な気がするCarl Craigですが、彼が運営するPlanet Eは黒人音楽のソウルを失わずに伝統を継承しそして未来を切り開いてきた素晴らしいレーベルです。質の良い作品が多いので色々な人に聴いて頂きたいとは思いますが、何せEP中心の世界なので相当なファンで無い限りなかなか耳にする機会は無いですよね。そんな気持ちを汲み取ったかどうかは分かりませんが、レーベルのコンピ的なMIXCDが以前に出ております。プレイを担当するのはDetroit Beatdown Brothersの一人・Mike Clarkで、彼もPlanet Eから作品をリリースした経歴があるデトロイトハウスの最古参です。選曲に関してはジャジーなハウスや真っ黒なハウス中心で、ざらついて艶めかしい音質が堪りませんな〜。懐古的と思われるかもしれませんがこれは過去の音楽にも敬意を示す音楽性であり、決して懐古的になるのでは無くそこから未来に進んで行く足取りが掴めます。貴重な"At Les ( Russ Gabriel Mix )"や"People Make The World Go Round ( Kenny Dion Jr. Mix )"が含まれている事だけでもかなり価値はありますが、どちらも漆黒の深さを感じるブラックネス精神が滲み出ていますね。小気味良いリズムが腰を揺らす"Can't Take It"もあれば、未来へのトリップ感漂うシンセが煌びやかな"Exstasol"や"Human Powerd Flight"もあり、ハウス中心とは言えどもPlanet Eらしいクロスオーバーな出来ですね。MIXCDの割には10曲だけの収録なので、楽曲の良さをたんまり堪能出来る様にもなっていますよ。

Check "Mike Clark"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
DJ Wada - MIDNIGHTsnack The new interpretation of SOMA RECORDS (KSR:KCCD-155)
DJ Wada-MIDNIGHTsnack
Amazonで詳しく見る

日本で最も信頼出来るDJ、それがDJ Wada。Co-Fusionとして活躍をして現在もManiac Loveで定期的にパーティーを行う精力的なアーティストです。DJingには定評のある彼ですが、長いキャリアにおいて初のMIXCDをSOMA RECORDS音源のみを利用して発表しました。発売前は音源を限定されていると言う事で一抹の不安を感じていましたが、実際聴いてみると特に違和感もないですね。レーベル買い出来るSOMAと言う事もあるのだろうけど、やはりDJ Wadaのセンスには頷くモノがあります。まずエレクトロで控えめに始まるのだけど、凛としたテクノ精神を感じますね。SOMAと言う事なのでテッキー系やストリングスが美しいトラックも挟み、中盤からは完璧SOMA流グルーヴィーなテクノの連発です。ボトムが効き、身を任せてしまうビート、そしてロマンティックさを兼ね備えた優秀なトラックには脱帽です。それらを違和感なく長めに繋いでゆくDJ Wadaも流石です。DJ Wadaファン、そしてFunk D'Void、Slamが好きな人にはお薦め出来ます。SOMA RECORDSのコンピも付いてきて、2枚組でございます。

Check "DJ Wada"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 21:19 | comments(0) | trackbacks(1) | |