CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Joey Negro - Distorted Dreams EP (Z Records:ZEDD12262)
Joey Negro - Distorted Dreams EP

購入してから放置しておいたらいつの間にか発売から1年経過していた本EP、ソウルやファンク、そして特にクラシカルなディスコの求道者であるJoey Negroによるものだが、これがすこぶる良いので紹介したい。2017年にリリースされたアルバムの『Produced With Love』に収録された曲を他アーティストがリミックスしたEPなのだが、Negroの音楽性が比較的熱心なディスコ信者らしいクラシカルなスタイルなのに対し、ここではCrackazatとLay-FarにFoukと現在形のハウスを提唱するアーティスト、そしてシカゴ・ハウスの巨匠であるRon Trentがリミックスを手掛けて、これぞモダン・ハウスと言わんばかりの内容でアップデートを掛けている。Trentによる"Distorting Space Time (Ron Trent Remix)"はここではレイドバックして肩の力が抜けたグルーヴとダビーな残響を活かした開放感のある生っぽいディスコ×ダブ・ハウスで、生演奏によるギターやベースの湿っぽさやオルガンやシンセのうっとり甘いメロディーに軽く陶酔させられ、大人の余裕さえ感じさせる包容力に満ちた作風だ。対して"Latican Boogie (Crackazat Remix)"は序盤からすっきりと、そして太いキックが地を固めつつ、美しいシンセのリフやピアノのコード展開をフィルターで変化させながら盛り上げていくポジティブなハウスで、若々しいエネルギーが溢れ出すピアノ・アンセム的な爆発力を伴い高揚感の中を突き抜ける。"In Search Of The Dream (Lay-Far Remix)"もフューチャー・ジャズやディスコにファンクなどの要素が混在するLay−Farらしい音楽性が発揮されたリミックスで、ざっくりとした生っぽい響きのブロークン・ビーツにエレクトロニックで豊かなシンセやベースサウンドによって色彩豊かな感覚に包み込んで、喜びや希望が溢れるブギー・ハウスは現在形のモダン・ディスコでもある。そしてJunktionとDaniel LesemanのユニットであるFoukの"Distorting Space Time (Fouk Remix)"、こちらはライブ感あるパーカッションとざっくり生っぽい荒さのあるブギーなビートを活かして、浮遊感のあるTrentのリミックスよりもどっしり重心を落としややツール性を強調したディスコ・ファンクな趣きか。参加アーティストの豪華さに惹かれながら、更に期待を越えてくる位の各アーティストの音楽性が自然と表現されたリミックスで、これはもう文句無しだろう。



Check Joey Negro
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Crackazat - Magic Touch (Crackazat Reworks) (Local Talk:LTCD012)
Crackazat - Magic Touch (Crackazat Reworks)
Amazonで詳しく見る(MP3)

スウェーディッシュ・ハウス代表格のLocal Talkはハウスをベースにしながらジャズやフュージョンにテクノ等を交錯させ、ハイペースな量産体制ながらも質も保ち続ける稀有な存在だ。お薦めのアーティストを誰か一人というのは難しいが、しかしBenjamin JacobsことCrackazatもレーベルを代表する一人である事は間違いない。ブリストル出身で現在はスウェーデンで活動する元ジャズ・ミュージシャンであるCrackazatは、前述のレーベル性を兼ね備えて実にアーティストらしく優美なキーボードワークで魅了しクロスオーヴァーなグルーヴで踊らせもする間違いのない才能を持っている。さてこの新作はタイトル通りに全てCrackazatによるリミックス集で、これに先駆けてLocal Talk傘下のBeerからアナログでリリースされていたLocal Talk面子をリミックスした『Reworks』に加え、更にDJ SpinnaやTerrence ParkerにLay-FarらがLocal Talkからリリースした曲の未発表リミックスまでも加えた豪華な内容で、配信のみで8曲に纏められている。元はそれぞれ異なるアーティストの曲なれどCrackazatが手を加える事で輝かしいシンセのフレーズによる優美な世界観で統一されており、例えばDJ Spinnaによる原曲はジャジーながらも比較的落ち着いたしっとり目の作風だったものが、"Tie It Up (Crackazat Rework)"では跳ねるような弾性のあるリズムに凛としてウキウキとしたシンセが躍動するフュージョン・ハウスにへと生まれ変わり、動きの多いメロディーを活かしながら笑顔に満たしてくれるハッピーな世界観が堪らない。Terrence Parkerが手掛けたNY系のソウルフルなハウスも、"Unconditional (Crackazat Rework)"ではCrackazatらしい豊潤な響きのシンセを多層に被せてゴージャス感を打ち出しながらもフルートらしく切ない笛の音も胸を締め付けるようで、力強いハウスの4つ打ちでディープかつエモーショナルなハウスへと昇華している。Lay-farの"Submerging (Crackazat Rework)"は原曲の優美なストリングスはそのまま用いて大きくいじった訳ではないが、ヒプノティックなアシッドも用いたエレクトロニック調から、スモーキーな音響によってビートダウン風なブラック・ミュージック色を強めた作風へと転換し、じわじわと熱くなる展開に魅了される。他にも艶のあるシンセコードとパーカッションが効いたジャジー・グルーヴが絡んで弾むビート感を生む"Electric Piano On The Run (Crackazat Rework)"や、溜めのあるリズムでぐっと抑えられながらも光沢感のあるシンセが伸びて明るいヴァイブスに包まれるフュージョン・ハウスな"Tears (Crackazat Rework)"など、やはりどの曲にも共通するのはライブ感のある豊かなキーボードの響きで、リミックスとは言えどもCrackazatの個性でしっかりと上塗りされているのだ。



Check Crackazat
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Crackazat - Rainbow Fantasia (Local Talk:LTLP007)
Crackazat - Rainbow Fantasia
Amazonで詳しく見る(MP3)

Mad Mats主宰のスウェーデンのハウス・レーベルであるLocal Talkは比較的新しいレーベルではあるも、ハウスのみならずテクノやブレイク・ビーツにジャズなど幅広い多様性を展開しながらそれに合わせて数多くの多彩なアーティストを抱えており、今非常に勢いがあり信頼のおけるレーベルの一つだ。その中でも特に活発な活動をしているのがブリストルの元ジャズ・ミュージシャンでもあり、現在はダンス・ミュージックのDJでもあるBenjamin JacobsことCrackazatだ。2015年にはレーベル初となるアルバムの『Crescendo』(過去レビュー)をリリースもしており、期待の星と言える存在は確かにヒップ・ホップやジャズやブロークン・ビーツ等の要素を含んだハウスを展開し、レーベルを象徴するような音楽性を持っている。そしてこの2ndアルバムのタイトルは「虹の空想世界」と名付けられているが、その表現も全く嘘偽りではなくフレッシュで弾けるような色彩感と陽気でポップなサウンドが徹頭徹尾鳴っている。アルバムは正に幕開けを祝福するかのようにスポークン・ワードから始まり極彩色のシンセや鍵盤が飛び弾ける"Welcome Speech"で始まるが、途中からジャジーな切れのあるビートも加わり溜まったエネルギーが爆発する如く極彩色の旋律を聞かせる。続くのは耽美なシンセのコードに装飾されファンキーなベースが弾ける"Called My Nameh"、感情を吐露するような情熱的なボーカルも加わり切なくもドラマティックな盛り上がりを見せる。そしてアルバムタイトルでもある"Rainbow Fantasia"はぶつ切りボーカル・サンプルも交えてマイクロ・サンプリング的なファンキーさもありつつ、やはり肉厚なハウスのキックとキラキラとしたシンセやホーン系の音を用いてド派手に弾けるハウスで大いに盛り上がるだろう。逆に"Midnight In Sector Seven"のようにビートレスな構成に情熱的なトランペットや控えめに優美なシンセのみで引っ張り、優しく耳にメランコリーが入ってくるリスニング系の曲ではよりCrackazatのミュージシャンとしての才能が活きているように思う。そしてゴージャスなピアノコードが眩い光を発し力強い4つ打ちに揺らされ、賑やかでお祭り騒ぎなディスコ・ハウスの"Sundial"で再度盛り上げ、最後はアンビエント的に美しいシンセのリフで微睡ませる"Spirit River"ですっと消えるように余韻を残しながら落ち着きを取り戻す流れで、アルバムとしての構成も山あり谷ありで起承転結を成しておりバラエティー豊かだ。これぞLocal Talkらしい嬉々としたポップで弾けるダンス・ミュージックで、ハウスを軸に目まぐるしくジャズやディスコにフュージョンを展開する様は、虹の如く豊かな色彩感覚を持つ。



Check Crackazat
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Crackazat - Crescendo (Local Talk:LTCD002)
Crackazat - Crescendo
Amazonで詳しく見る(MP3)

飛ぶ鳥を落とす勢いとは正にLocal Talkの事だろう。元Raw Fusionを主宰していたMad Matsが2011年に新たに立ち上げたLocal Talkは、エレクトロニックなハウスを軸にテクノやブレイク・ビーツにフュージョンなどの要素散りばめながら、古い懐かしさと新しい未来的な感覚を両立さえてスウェディッシュ・ハウスの最先端を突き進んでいる。そんなレーベルにとって初のアルバムが2015年3月にリリースされた本作で、UKはブリストル出身のBenjamin JacobsことCrackazatが手掛けている。Crackazatは元はジャズミュージシャンとしてのバックグラウンドを持ちつつ、2012年に初の作品をリリースしたのを皮切りに2014年からはLocal Talkの元から強力なプッシュにより3枚のEPをリリースし、若くして注目を集めていた。その成果としてそれらのEPからの曲や新録も纏めたのが本作であり、レーベルの初アルバムとしてCrackazatを起用する辺りに、レーベルの一押しな気持ちが伝わってくる。実際にアルバムの素晴らしさは確かなもので、Mad Mats曰く「Los HermanosとFloting Pointsを足して2で割った感じ」と述べているそうだ。それが事実かどうかはさておき、アルバムの冒頭の"Moon Ballad"からして8ビット的なシンセのメロディーとヒップ・ホップのようなざっくりしたビートを用いたメロウな曲調が面白く、しかしうっとりと耳を傾けたくなる魅力を放っている。続く"Somewhere Else"は確かにデトロイトのようなコズミック感溢れる小刻みに揺れ動くメロディーが特徴だが、あっさりと軽快なジャジーグルーヴが爽やかだ。同様の路線が"Eye Light"で優美で光沢のあるシンセの使い方は古いフュージョンを聞いているようで、確かにミュージシャンとしての力量を的確に発揮した流れるようなキーボードワークが華麗なメロディーを紡いでいる。と思えば西ロン系のブロークン・ビーツを思い起こさせるソウルフルな歌モノを用いた"Brother Bond"は、ラフなビート感と温かみのあるシンセが複雑に絡み合い、洗練されながらもゴージャスな色彩を伴い盛り上がっていく。このようにLocal Talkというレーベルの多様性をCrackazatも継承するように、テクノやハウスにブロークン・ビーツの垣根を越えて、そしてダンスとリスニングのバランスを上手くとったデビューアルバムとは思えない完成度なのだ。デジタル配信のみでヴァイナル等もリリースがないのは謎だが、今から聴いておいても遅くはない。



Check "Crackazat"
| HOUSE11 | 19:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
Midori Aoyama - Local Talk vs EUREKA! - Our Quality House (House of EUREKA!:ERKCD001)
Midori Aoyama - Local Talk vs EUREKA! - Our Quality House
Amazonで詳しく見る(日本盤)

どのジャンルでも多少はある事だと思うが、特にハウス・ミュージックという枠組みの中では半ば普遍的なクラシックと呼ばれる曲、またはレジェンドと呼ばれるDJ/アーティストが評価され、業界の中で代謝が進んでいないのを感じる事は少なくない。そんな中から割って出てきたのがMidori Aoyama、Kenji Endo、Sioによって開催されているEureka!で、2012年にかつてのLoopで始動したこのパーティーは、現在に至るまで転々と場所を変えながらヨーロッパのモダンなハウス・アーティストを招聘してこのシーンに刺激を与え続けている。特にEureka!が強くフィーチャーしているのが、元Raw Fusion主宰のMad Matsによって新たに立ち上げられたスウェディッシュ・ハウスのLocal Talkで、モダンとクラシックを両立させたハウス・ミュージックの新世代レーベルとして高い評価を獲得しており、創立から4年にして既にカタログは60を超えるなど飛ぶ鳥を落とす勢いがある。単にハウス・ミュージックという言葉で括られる狭い音楽性ではなく、そこにはブギーなりジャジーなり、テクノやブロークン・ビーツまで多様性を伴い豊かな感情性を伴う音楽の寛容性が魅力だろう。そんなLocal TalkとEUREKA!が手を組んで制作されたのが、同レーベル音源のみをAoyamaがミックスしてパーティーの臨場感を封じ込めた本作だ。冒頭のアフロなリズム感が爽やかな風を巻き込む中から華麗なエレピやギターの旋律でメロウに始まる"Hot Medusa (Kai Alce Remix)"、続いて仄かにメロウで気品も漂うテック・ハウスの"Sunday Morning"で情緒も放ち、トランペットのゴージャスな響きや湿って切ないピアノによる生っぽさが温かい"No One Can Stop Us"など、序盤からハウスを基軸にジャズやラテンのフレイバーを発しながら滑らかな流れで耳を惹き付ける。そして中盤のフロアを意識したオールド・スクール感の強いハウスの流れから、終盤に入ってライブ感のあるシンセワークに魅了される"Eye Light (Midnight)"や殆どパーカッションの変化だけで劇的な展開を生み出すDJツール性の高い"Trummor"など、味気無い展開には陥らずに終始うきうきと胸が高鳴るような変化で自然に聞き入ってしまう事だろう。Local Talkを知っていようがそうでなくとも、素敵な曲のそれぞれの魅力を壊す事なくミックスし、EUREKA!というパーティーの現場の高揚感やドラマティックな雰囲気を擬似的に生み出しているのだから、EUREKA!ファンだけでなく根っからのクラシック・ハウスを好きな中年以上にも是非耳を傾けて欲しいものだ。それに何といってもLocal TalkのEPは少々値が張るので、こうやってショーケース的に纏めて聴けるのもありがたいのだから。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE11 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2015/3/6 EUREKA! with Detroit Swindle @ Air
自らを「デトロイトの詐欺師」と称するオランダからの新星・Detroit Swindle。人を食ったようなそのユニット名とは対照的にデトロイトの音楽やヒップ・ホップにハウスなどの音楽に強い影響を受け、様々なスタイルを盛り込みながらもエモーショナルな性質を尊重した楽曲は、意外にもオールド・スクールな感もあり実に真っ当である。そんな二人がEUREKA!にて待望の初来日を果たすが、日本からは新世代ビートメーカーのSauce81がライブで、そしてEUREKA!のレジデントであるMidori Aoyamaらが出演と、充実した布陣でのパーティーが開催された。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |