CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Ananda Project - Love Is Deep (Octave-Lab.:OTLCD2155)
Ananda Project - Love Is Deep
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Wamdue Kids、P'Taah名義でも活躍するクリエイター・Chris Brannが、彼の音楽人生の軸におけるかのように特に長い期間に渡ってバンド体制でのハウス・ミュージックを手掛けるプロジェクトがAnanda Projectだ。1998年にデビュー以降、大量のEPとリミックス盤も含めると9枚のアルバムをリリースし、移り変わりの早いダンス・ミュージックの業界ながらも流行に左右される事なく、オーガーニックな質感と火照った情熱を呼び起こすハウス・ミュージックを確立し、音楽の創り手としての確固とした存在感を示している。そんなプロジェクトの活動の場はNYハウスの大御所であるKing Street Sounds(とその傘下のNite Grooves)であるのだが、本作はそこから例外的に外れて日本のインディーレーベルからのみのリリースとなっている。その背景が音楽的な変化によるものか他の何かなのは知る由もないが、今までからの変化といえば本作が南アフリカに一年間滞在していた期間に制作された事で、現地でのミュージシャンとのコレボレーション等も含めて音楽的な触発があった事だ。現在の南アフリカといえば今やハウス・ミュージック大国へと成長している一大スポットだが、一体そこでの生活はどうアルバムに反映されたのだろう。結論から言ってしまえばAnanda ProjectはAnanda Projectであり、木々が茂る自然の中の湿度感や色彩の美しさを伴うハウス・ミュージックである事に変わりはない。アルバムはプロジェクトに長らく参加するボーカリストのTerrance Downsをフィーチャーした"I Am Who I Say I Am"で始まるが、生っぽいジャジーなビートとしっとりした湿度を伴う霧に包まれるようなシンセの音色からは、既に彼等らしい亜熱帯の気候が漂っている。続く"Once Before"は南アフリカの音楽性が反映された一曲だろう、民族的なリズムが爽快だがAbraの可愛らしい歌と美しいストリングスがエモーションの高みへと連れて行く。Heather Johnsonもプロジェクトの古くからのメンバーだが、彼女がフィーチャーされた"Impatient"はTB-303のベースラインもスパイスに用いつつ、アフロ・ファンクとモダンな要素が入り混じったハウスで新機軸も伺える。ネオ・ソウル系のVel Benを迎えた"Where Were You"も、Ananda Projectにしては随分とモダンで綺麗なエレクトロニック色の強いハウスだ。本作でのハイライトと感じる"Never Give Up"では南アフリカで出会ったDJ Sueを歌手で起用しているが、これぞ正に彼等らしいアフロの有機的な爽快さと湿り気を帯びたエモーショナルな空気が広がるハウスで、ゆっくりと体の隅々まで血潮が染みわたるようだ。と概ねはそれ程変化はなく、いや寧ろそれこそがファンが期待している事でもあるはずだが、アルバムのジャケットからも分かる通り幾分かはモダンに洗練され透明感も強みを増している。もう少しキラートラック的な一曲…があればと思わないわけでもないが、アルバムに重きを置くChrisらしく充実の安定感と言えよう。



Check "Ananda Project"
| HOUSE11 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
A Long Hot Summer Mixed By Chris Brann From Ananda Project (Nite Grooves:KCD274)
A Long Hot Summer Mixed By Chris Brann From Ananda Project
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
NYから世界へ素晴らしいハウスを送り続けるKing Street Sounds/Nite Groovesも、近年は作品の良し悪しとは関係せずにアメリカ産ハウスの人気低迷の煽りを受けている様に思われる。かくいう私も以前程にはアメリカのハウスを聴く頻度は落ちているが、本作品を聴くと実は今でも良質なハウスが粛々とリリースされていた事に気付いた。本作品はKing Street Sounds/Nite Groovesを代表するアーティストであるChris Brann(aka Ananda Project/P'Taah)に拠る夏向けの空気が満ちたMIXCDではあるが、それと共にレーベルの近年の作品のみを使用したレーベルショーケース的なCDでもある。最初に断っておくとChris Brannの活動の主軸はアーティスト/トラックメーカーであり、クラブで色々な音楽を使用し自分の世界を築き上げるDJではないと思っている。だから本作でもミックスの妙技を楽しむと言った趣は少なく、一曲一曲を丁寧に繋げ合わせ曲その物の魅力を最大限に聞かせる事に終始するようなタイプのミックスだ。その点では確かにMIXCDとしての意外な選曲から生まれる創造性は無いが、Ananda Projectらしくハウスをベースにしながらもラテンやアフロにジャズやアンビエントな要素を含みつつ、アーバンに洗練されたセクシーさや甘く切ない陶酔感を継続させる期待通りの選曲をしている。強烈な太陽光で視界も揺らぐ真夏のシーズンに於いても、雲一つ無い青空に吸い込まれるような涼風を吹かせる爽快で色気のある音が続き、ぐったりする心身もクールダウンさせる制汗剤となるだろう。それと共に前述のレーベルがかつての様に大ヒット作を生み出している訳ではないが、普遍的に聴きたくなるハウスをリリースする活動を続けていた事に気付かせてくれ、王道のハウスとは何たるかを優しい音でありながらしかし強い信念をもってして体現しているのである。良い意味でこの夏のBGMとなりそうな一枚だ。

試聴

Check "Ananda Project"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Summer Sessions 2 Mixed By DJ Heather & Onionz (OM Records:OM-274)
Summer Sessions 2 Mixed By DJ Heather & Onionz
Amazonで詳しく見る

ここ一週間猛暑が続いていて本当に死ぬかと思う位の暑さでしたが、週末でやっと快適な気温になりほっとしました。しかしラニーニャ現象だから猛暑だとかとってつけた様な解説を聞くけれど、○○現象ではなくて単純に温暖化してるだけだろうと突っ込みたくなります。○○現象のせいにするのではなく、現実に目を向けろと思うこの頃。

さて多少は暑さも解消された週末ですが、今日は猛暑にぴったりな夏向けの盛り上がりハウスMIXCDをどうぞ。リリースはやっぱり夏が似合うサンフランシスコのOM Recordsで、とにかく何も考えず開放的に踊りたいなら海が近い場所の音楽シーンなのです。一枚目はDJ Heatherなる女性DJがミックスを担当していて、シカゴハウス系の人だとか?確かにシカゴらしいスカスカでパンピンでファンキーな曲が数珠繋ぎになっていて、からっと乾燥した爽やかさとノリノリご機嫌なノリは夏向けと言うのが適切です。随分と明るい選曲で思考や意識とは別に誰でも盛り上がるのは明白ですが、個人的にはシカゴらしい凶悪で粗悪な音が前面に出る方が好きだったりします。でもまあ使い道としては海に向かうドライビング途中にでも爆音で聴けば、きっとスピード違反して海には着けない事でしょう。

しかし実は一枚目にはそこまで興味は無くて、テクノも使った二枚目に興味があったから購入したんです。だってFunk D'VoidもTechnasiaもLos HermanosもHardfloorもDeetronも入っているなんて、正に僕好みじゃありませんか!勿論ハウス中心のセットではあるけれど、その中にスパイスとしてクールなテクノがバランス良く入っているから、テクノ/ハウスのどちらのファンにも聴いて貰える様な内容です。ハウスにしても一枚目とは異なり多少ディープで感覚的に深みにはまっていき、ただ楽天的な一枚目とは雰囲気も音も違います。これは夏向けか〜?と疑問は湧いてくるけれど、むしろいつ聴いても楽しめる普遍的なミックスだからこっちの方が断然お勧め。テンションも一枚目より抑え目だし、ゆるゆるだらりと聴ける感じ。こちらは海から家に帰る途中のドライビング中に聴くと、喧騒の後の郷愁を味わえるかと思います。

試聴

Check "DJ Heather" & "Onionz"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Renaissance Presents Nic Fanciulli Vol.2 (Renaissance:REN31CD)
Renaissance Presents Nic Fanciulli Vol.2
Amazonで詳しく見る

前職を辞めて一ヶ月、その間に久しぶりにPCゲームをしたりハローワーク通ったりお家で昼寝をしたり、なかなかグダグダな生活を送っていました。がやっと新しいお仕事が決まり、これからは責任を持って社会人としての生活を送る事になります。最初の内は研修期間だろうと思われるのでそこまでは忙しくないと思うのですが、その後はIT関連なので時間も不規則になり多忙な予感がしています。まあこのブログも多少ペースは落ちる可能性が高いけれど、マイペースでがんばるぞっと。

今日は昨日に続きプログレッシヴハウスのMIXCDで、担当はUKプログの新星・Nic Fanciulli。自分は全然彼に関しては知らないのですが、MIXCDの中で自分の好きな曲が使用されていたのでついつい買ってしまいました。"Early Doors"と"Late Night Floors"と言う風に2つの異なるコンセプトで選曲をされていますが、まずは"Early Doors"から。日が変わる前のクラブをイメージしたと思われるタイトルですが、確かにそこまでアッパーではないしむしろラウンジなどで軽くBGMとして流れる位の耳当たりの良い内容だと思います。透明感に溢れ身も心も軽やかにお酒の進みそうな音ではあるんだけれども、ちょっとビートが弱いかなと…。自分の中でプログレッシヴハウスと言うと、徐々にエネルギーを溜めて終盤に上げて行く強烈な4つ打ちが好きなので、物足りなさが残るかな。しょうがねーなーと思いつつ"Late Night Floors"を聴いてみると、こちらは最初から滑らかな4つ打ちが鳴っています。しかしこの人の選曲って良くも悪くもメロディーの起伏が多く、MIXCDなんだけれども一つの世界に統一されてないのですね。例えば他のDJだと色んな楽曲を使っても見事に調和の取れた世界観を創り上げるけど、この人の場合MIXじゃなくてコンピを聴いている気持ちになってしまうなぁ。流行のエレクトロハウスっぽい音や綺麗目の音も入れたりしてそつはないけれど、なんだか全体的に緊迫感が持続しないのは何故?比較するのは可哀想だけれども前日紹介したHernan Cattaneoに比べると、Nic Fanciulliはまだまだと思わざるを得ない出来ですね。自分が聴きたかったFunk D'Void(=Francois DuBois)の新曲は予想通り素晴らしかったです。

試聴

Check "Nic Fanciulli"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 21:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Sessions Mixed By Derrick Carter (Ministry Of Sound:MOSCD110)
Sessions Mixed By Derrick Carter
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
数日前にシカゴハウスを中心にジャーマンディープハウスまでも取り込んだ名レーベル・Classic Music Companyのコンピを紹介したので、今度はそのボス・Derrick CarterのMIXCDを紹介しようじゃないですか。リリース元は老舗・Ministry Of Soundでこの"Sessions"シリーズにはGreen Velvet、Josh Wink、Mark Farina、DJ Sneakなどなかなか通好みのDJが参加していて注目しておいて損はないでしょう。と言っておいてなんですが、Derrick Carterが担当した本作はCarter節を期待しているとちょっと肩透かしを喰らうかも。普段見せるゴリゴリでファットなシカゴハウスはなりを潜め、変態じみたベース音やピコピコなディスコサウンドが幅を利かせた種が異なるシカゴハウスをプレイしています。これも間違いなくシカゴハウスの一種ではあるはずだけれども、なかなか荒削りで豪快なパンピンシカゴハウスが聴けないのはちょっと物足りない。あーこれってオールドスクールを意識しまくったシカゴハウスで、まだこなれてはないし安っぽい音ではあるけれど、初期のファンキーで狂おしいまでの変態性が滲み出ている音なんだね。原点回帰しまくった感もあって懐かしさというか古さを感じずにはいられないけれど、実は大半は2000年以降にリリースされた曲が収録されています。今のご時世でもこんなハウスがリリースされ続けているなんて、ちょっと意外だな。それはさておきファンキーではあるけれど、妙な明るさと言うか変に楽天的な音が今作は微妙でした。確かに痺れるベースラインもあったりはするけれど、全体的にはそんな好みの音ではありませんな。

試聴

Check "Derrick Carter"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Luke Solomon - Mix This (KSR:KCCD190)
Luke Solomon-Mix This
Amazonで詳しく見る

シカゴハウスのみならずジャーマンディープハウスとも共振し、今やアンダーグラウンドなハウスレーベルを代表すると言っても過言では無いClassic Music Companyではありますが、そのレーベル設立者がかのDerrick CarterとこのLuke Solomonであります。と言っても前者に比べると多少知名度と言う点では及ばないかもしればいが、実力は全くひけを取りません。当然このMIXCDだってシカゴハウス全開で、内容は完全にアンダーグラウンドな荒々しいハウスです。ライセンスにかかるコストの問題でそう言ったトラックばかりになってしまったそうですが、それはそれでやさぐれたチンピラ的なサウンドになっていて格好良いですね。シカゴハウスと言えばスカスカなトラックですが、やっぱり相変わらずスカスカ。前半はファンキーながらもダーティーで、中盤以降やっとこビキビキなアシッドハウスを混ぜつつパンピンハウスに変わっていきます。Derrick Carterなんかに比べるとそこまで攻撃的では無くて、大人の円熟味、ゆとりを感じさせる徐々に盛り上げていくタイプでしょうか。しかしシカゴハウスってほんと粗悪な音だよなぁ…って、そこが格好良いのかもしれないですね。録音状態とか安物の音源だとかを越えた作り手のファンキーな心が、音楽にそのまま反映されてるのかもしれないですね。

試聴

Check "Luke Solomon"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
King Of New York 2 Mixed By Andre Collins & Nick Jones (Cutting Edge:CTCR14441)
King Of New York 2 Mixed By Andre Collins & Nick Jones
Amazonで詳しく見る

もしかしたら世界で一番有名かもしれないハウスレーベル、King Street Sounds。ハウス好きじゃなくてもその名は聞いた事があるだろうそのレーベルの設立者は、なんとヒサイシオカ氏日本人なのである。いや、まさか本場USでそんなレーベルを日本人が作ったなんてほんと凄い事だと思います。でもそれは彼の嗅覚の成せる業、アンダーグラウンドなダンスミュージックから時代の流れに沿った最先端のハウスまで、良質な音楽を提供する姿勢があるからこそなのでしょう。そんな彼の下には数多くの才能あるアーティストが集結し、数多くの天才がKSSに楽曲を提供しています。そしてヒサ氏はクラシックなハウスだけに止まらずより自由な楽曲を送り出す為に、Nite Groovesと言うレーベルも設立し当然そちらも大成功。そしてKSS設立12週年を記念したMIXCDがこれです!ミキサーには、Andre Collins & Nick Jonesだそうで僕も名前くらいは聞いた事があるアンダーグラウンドながらも、ヒサ氏が信頼をして送り出す位の素晴らしいDJです。DISC1のAndre Collinsはアッパーにどす黒く、がつんと踊れるピークタイム仕様。しかしソウルたぎるそのプレイは、聴く者の心を熱くさせるエモーションがあります。またDISC2担当のNick Jonesは、ラテンハウスやジャジーハウスを多様しスウィートかつリラックスしたプレイを見せます。いやいや、しかし一つのレーベルだけでこんなに素晴らしい楽曲が揃うなんて、本当に凄い事じゃないかな?KSSはこれからも時代をリードして、新たなる才能を発掘してくれると確信しました。EP中心のダンスシーンに於いて、こういったレーベルサンプラー的MIXCDは大層嬉しいのですが、レーベルサンプラー以上の質を伴っています。

試聴

Check "Andre Collins" & "Nick Jones"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Derrick L. Carter Presents About Now... (Sixeleven Records:SER-1105)
Derrick L. Carter Presents About Now
Amazonで詳しく見る

最近アマゾンの品揃えが悪くなってきている気がします。更に発売前に注文をしても発売日になった途端3〜5週間お待ち下さい状態になったり、とにかく品薄状態です。やっぱりこれって去年の輸入盤問題の影響が出てきてるんだろうか?全く酷い法律だよなー、数%にしか満たないアジアからの逆輸入CDを抑止するために大半の輸入盤も一緒に輸入禁止にするような法律だったはず(実際には音楽ファンの決死の反対により、多少修正は加わったらしいが?)。音楽を好きな人が音楽会社を運営するのではなく、ただの金儲けの道具にされているこの実情をなんとかして欲しい。ついでにJASRACも逝ってよし(JASRACって実際は厳しい縛りでアーティストと契約をしてるらしい…)

さて昨日ClassicレコードのコンピMIXCDを紹介したので、ついでにレーベルのボス、Derrick Carterも紹介しちゃおう。そのワイルドな見かけ同様、ファットでタフで荒々しいプレイがナイスなCarter。過去のシカゴハウスを現代に引き継ぐスーパーDJであり、Richie Hawtinもべた褒めしてる位です。僕がDJを体験したのは7 Hours @ Liquidroomで、確か記憶によると1時間位遅刻してきてクラウドを困惑させた記憶がある。まあその後のテクノ並の激しいプレイで脳髄まで揺さぶられて、遅刻した事は大目に見ていたと思います。そんなプレイをこのMIXCDでも体験出来ちゃう!シカゴハウス的なガシッとしたリズム帯の曲がメインに、意外にもフィルターディスコまでも駆使してアップリフティングでハードなMIXをしています。やっぱりシカゴハウスのダーティーで粗野な雰囲気と言うのは、他の地域からはなかなか感じられない物がありますね。機材の発展などがあっても、曲自体がそれ程変わらずにハウス初期の良さを含んでいます。更にCarterのイコライジング裁きが展開にメリハリを付けて、ぐっとファンキーな流れに引き込まれていきます。ハウスでも男気を感じる事の出来るアーティスト、それがDerrick Carter!

Check "Derrick Carter"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ Spinna - Mix The Vibe:Eclectic Mindset (Nite Grooves:KCD229)
DJ Spinna-Mix The Vibe
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
いやー見事なドレッドをしているお方ですな。元々はヒップホップ方面の人らしいです。僕はハウスに移行してからの彼のMIXCDしか聴いた事ないので、過去の事は分かりません。イエローでプレイをした時にヒップホップ目当てに来た客に不評だったとか言う噂もあるけれど、そんな事もお構いなしです。だってこのMIXCDは本当に素晴らしいですからね。最初はダウンテンポでヒップホップな感じで始まります。でもモロにヒップホップでもないし、スムースな流れですね。中盤から徐々に4つ打ちに変化してゆくんだけど、その流れがほんとに自然で何時の間に?って感じなんです。その後もMasters At WorkやAnanda Projectみたいに生音でジャジー風味のハウスが続いて、ムーディーと言うかとにかく心地よいですね。テンションを上げるわけでもなく、かと言って低くもないし見事に丁度良いテンションを保っています。下手なラウンジ系を聴くなら真っ先にこうゆうのを聴けと思います。これを聴けば大人になれる一枚です。いやーしかし、指定されたレーベル音源のみの曲でこんだけのMIXを出来るなんて凄いなぁ。

試聴

Check "DJ Spinna"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 22:26 | comments(1) | trackbacks(0) | |