CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Damon Wild - Cosmic Path (Infrastructure New York:INFCD 003)
Damon Wild - Cosmic Path
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
実に13年ぶりとなるアルバムを出したニューヨークを拠点に活動するDamon Wildは、自身で運営するSynewave等から良質なミニマル・テクノを90年代から送り出しているベテランの一人。初期活動に於いてはTim Taylorとのアシッド・ユニットであるThe Rising SonsやThe Pump Panelで暴力的なアシッド・テクノを送り出し、90年代中盤以降は時代に沿いながらクールな機能性に特化したミニマル・テクノで才能を開花させ、ニューヨークのテクノシーンを代表してもおかしくはない位までの存在感を放っていた。2010年以降になると作品のリリースペースはがたっと落ちその名前を聞く事も滅多になくなってはいたものの、突如として2017年の暮れに届けられたニューアルバムは以前にも増して無駄の無いミニマル性に特化しつつ、その上Jeff Millsばりのスペーシーな感覚も伴うひんやりとした機械的テクノへと傾倒している。特に勢いで押し通すのではなくしっかりとムードも重視されており、オープニングの"1242"ではビートレスの中に無機質な鳴りのSF的な電子音を用いてイントロとしての意味合いを持たせており、サウンド・トラック的な始まり方だ。続く"Aquarius"では淡々としたキックを刻むテクノでスピード感を得るが、ソナー音のような反復音やミステリアスなシンセの響きなどによる宇宙空間らしい世界観は、Millsが歩む道を辿っている。空間の広がりを得るシーケンスが浮遊感を生むスペーシーなミニマル・テクノの"Red"、ゴリゴリと岩石が砕けるような荒いビート感に奇妙なシーケンスに惑わされる"Mars Lander"、分厚い重低音が連続しながらも微弱な発信音が飛び交う骨太なテクノの"Amber"など、どの曲も厳つく芯の強さはあるが激しいグルーヴで押し通すのではなく、効果的な音の相互作用によってスペーシーな響きを生む作風で確かに今の時代のテクノらしいと言うか。『Cosmic Path』、つまり宇宙の道というタイトルが示す通りに宇宙をコンセプトにしたアルバムはその世界観は正しく確立されており、果てのない宇宙旅行へと誘う。無駄な装飾は削ぎ落とされ多層的な電子音のシーケンスと秩序のとれたビート感によるテクノは、勿論爆音で響くフロアではミックスされる事で効果的な流れを作り出すだろうし、この冷たい温度感の音はやはりフロアで聞いてみたいものだ。



Check Damon Wild
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Damon Wild - Avion Return (Synewave:SW100)
Damon Wild - Avion Return

Joey Beltramと対を成すNYミニマルテクノの双璧の一人・Damon Wild。初期のど派手なアシッドテクノから徐々にクールでファンキーなミニマルテクノへと変遷し、その後も一貫してグルーヴィーで硬派なテクノを創り続けているNYテクノの重鎮。そして彼が長年に渡り運営してきたNYテクノを代表するレーベル・Synewaveの100作目は、なんと彼の代表曲でもある"Avion"のリミックス。かつてのハードテクノの時代を象徴する一曲でもあり生半可なリミックスでは許されない、そこで登用されたのは現在のハードテクノシーンを代表するベルリンからMarcel Dettmann。しかしこれがまた予想を越えた悶絶死なリミックスで、ドコドコと地響きが迫り来るキックの上に星の瞬きの様な効果音を加え、更にはスペーシーなパッドも薄く伸ばし、ハードでありながら浮遊感も感じさせる非常に痺れるテクノを披露しておりました。そしてベルリンを拠点に活動している88uwのリミックスは、荒々しく図太いアナログ的な音でより原曲に近い作風ながらも、原曲以上に暴走じみたエネルギーがほとばしり強烈な印象を残します。ハードテクノが復権する中でかつての大傑作を知らない世代にもアピール出来る内容で、若い人も中年にも是非とも聴いて欲しい傑作です。

試聴

Check "Damon Wild"
| TECHNO8 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Fuse Presents Technasia (Music Man Records:MMCD022)
Fuse Presents Technasia
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(UK盤)
先日WOMBでTECHNASIAのCharles Siegling(誰か正しい発音を教えてちょ!)とAmil Khanのプレイを聴いてきたのですが、Charlesは今回は思ったより普通にテクノが強調されていましたよね。しかしCharlesの真価と言えばやはりシカゴハウステイストを強調したプレイでありまして、それが見事に聴けるのが本作です。彼自身もシカゴハウスからの影響はかなり大きい事を公言していますが、実際に彼のプレイって相当に猛々しくラフで荒くて、とにかく技術より勢いって感じなんですよ。決してDJが下手とかそうゆうんじゃなくて、何はともあれ爆発力全開で一気に引っ張っていってしまうスタイルを確立しているんだと思います。そしてまた音が何よりもファンキーで、この黒いファンキーさと言うのはやはりシカゴハウス生まれの物なんですな。しかもシカゴハウス、エレクトロ、ハードミニマルなど悪ぶれた音ばかりで繋ぐかと思えば、時には綺麗なシンセ系のトラックやデトロイト系も混ぜたりしてしっかりツボを押さえた憎たらしい演出でございます。今ではそうは見られなくなった70分に40曲近くを詰め込んだ展開が早く、そして緩急自在に流れを支配する怒濤のMIXCDですね。これを聴いて思い出したのは、かつてのJeff Millsの傑作「Mix-Up Vol.2」(過去レビュー)。こちらもかなりシカゴハウス色濃厚で、黒いテクノと言っても差し支えなかったですね。あ、でも元々テクノは黒い所から始まったんですよね。

試聴

Check "Charles Siegling"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO4 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Damon Wild - Downtown Worlds (Kanzleramt:KA101CD)
Damon Wild-Downtown Worlds
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
The Rising Sons名義の「Afghan Acid」とかThe Pump Panel名義の「Ego Acid」らの傑作ハードアシッドテクノを残したDamon Wildはご存じでしょうか?またJeff Millsも「Mix-Up Vol.2」で使用している大傑作「Avion」は、Damon Wildの代表曲とも言えます。まあ知ってる人は知ってるが知らない人は知らない、有名では無いけれど意外と使えるミニマルテクノをリリースするNYのテクノアーティストなのであります。そんな彼が2004年、ドイツにおいて新たなる息吹を見せつけているKanzleramtから突如アルバムをリリース。Kanzleramtと言えばデトロイトの綺麗目の音とハードなリズムを巧みに混ぜ合わせた優良なレーベルなんですが、まさかDamonがこのレーベルから出すとはね。でもそれでも本質は変える事なく、以前と変わらぬハードでタフなミニマルなリズムで組み上げられたテクノを聴かせてくれます。ゴツゴツとゴリゴリと90年代風の荒々しいハードミニマルテクノが中心で、無機質で冷めたマシンビートは止めてと言われても止まりません。最近はクリックハウスを取り入れたミニマルテクノが多い中、原点を忘れないこうゆう作風は大歓迎ですね。リズム自体にしっかりうねりがあるからミニマルでもグルーヴィーだし、クラブで使えるトラックばかりでお世辞抜きで質は高いですね。中にはレーベルの音を意識してか綺麗目のシンセサウンドが入る曲もあったり、痒い所まで手が届く様なアルバムだと思います。ミニマルテクノのお手本として参考になりました。

試聴

Check "Damon Wild"
| TECHNO3 | 23:00 | comments(5) | trackbacks(2) | |
Adam Beyer - Stockholm Mix Sessions Vol.3 (Turbo:MARCD-019)
Adam Beyer-Stockholm Mix Sessions Vol.3
Amazonで詳しく見る

アダムベイヤーと言えばスウェーディッシュハードテクノの第一人者と言えますが、最近のクリックハウス流行に乗っかっている事で尻軽としても認知されています。実はそれ以前にはデトロイト系に流れたりとかもして、Truesoulなるレーベルも作ったりしていました。そして同時期にはデトロイト系の曲を多用したこの「Stockholm Mix Sessions Vol.3」と言うMIXCDも出したりしていました。尻軽ながらもこのMIXCDは相当に出来が良くて、彼が手掛けたMIXCDの中で大のお気に入りです。ここではデトロイト系の曲をこまめに入れているせいか、美しくメランコリックな面や情緒的な面が強調されていてツボにはまる流れがそこかしこにあります。もちろんベイヤーのプレイなのだからリズムが貧弱と言う事もなく、適度な太さや気持ち良い上げ加減で最後までうっとりと聴かせてくれます。大ヒット曲「Merengue(Slam Remix)」の図太いリズムかつメランコリックな雰囲気、「Loop 2(Luke Slater Remix)」のファンキーで未来的なシンセライン、「12 Months Of Happiness」の突き抜ける爽快感、そしてベイヤー自身の「Truesoul」の壮大な広がりを感じさせる感動的なラスト、聴き所満載です。個人的にはこの路線のプレイを聴いてみたいのですが、クラブだと激ハードなプレイが中心なんですよね。あ〜〜〜、クラブでこんなプレイをしてくれたらその瞬間神!となるのに。それ位このMIXCDは素晴らしいので、廃盤ながらもなんとか探し出してみて下さい。

試聴

Check "Adam Beyer"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO3 | 19:00 | comments(8) | trackbacks(1) | |
Jeff Mills - Mix-Up Vol.2 (Sony Music Entertainment:SRCS7969)
jeff mills-mixupvol2
Amazonで詳しく見る(日本盤) Amazonで詳しく見る(UK盤)
1995年10月28日、Jeff Millsはリキッドルームに舞い降りた。そしてその時の神懸かったプレイを記録したのが、このMIXCDである。テクノ好きならば誰もが通るJeffなので語る事は少ないが、元Underground Resistanceでその後ハードで過激な作風でミニマルテクノを世に知らしめた張本人である。DJに至ってはとにかくファンキーで、3台のターンテーブルを使って矢継ぎ早にレコードを変えてはMIXを繰り返していく。その曲の良い所だけど抜き出してプレイするのであれば、もちろん悪い訳がない。余りにもMIXは早く1時間に40枚程はレコードを使う程だ。このMIXCDでは自身の曲を多く含みつつも、Jeffのフォロワーの曲も使い、未来的な兆候を感じさせながらも時にファンキーに、時にソウルを感じさせる。最初の8曲位までは前半のハイライトだが、圧巻は中盤の「Strings Of Life」だろう。Jeffは何故か昔からこの曲をほぼ回している。何故ミニマルプレイでこの曲を回すのか?それはJeffがソウルのこもったプレイをするからに他ならないだろう。最近はHOUSEのアーティストもこの曲を回したりするけど、やっぱりJeffが使ってこそだと思います。

Check "Jeff Mills"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 21:24 | comments(0) | trackbacks(1) | |