CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2019/3/9 Funky Sensation @ Contact
Body & Soulの一人としても活躍しニューヨークのディスコ時代から活動を続けるDJ中のDJ、Francois Kevorkian。ダブをコンセプトに長らく開催してきた「Deep Space」を終了させた彼が新たに向かうのは、自身のルーツを顧みるようにディスコやファンクを軸としよりパーソナル性の強い音楽で、それこそ「Funky Sensation」だ。ディスコやファンク、ハウスやテクノから時にドラムン・ベースやロックまでその言葉通りにクロスオーヴァーな音楽性を体現するDJではあるが、ここ10年程はパーティーによってはかなりテクノ色を打ち出した時も少なくはなく、その意味ではルーツ回帰な面もあるコンセプトは逆に新鮮味を帯びている。当方にとっては2016年のContactのオープニングにKevorkianが抜擢されながらも開始早々に中止になってしまって依頼なので、リベンジの意味もある今回のパーティーに寄せる期待は大きい。
続きを読む >>
| EVENT REPORT7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Jimpster - Mix This (KSR HOUSE:KCCD279)
Jimpster-Mix This
Amazonで詳しく見る

現在だとスーパーインプロヴィゼーションバンド・The Baysのキーボーディストと言う肩書きの方が有名なのか、JimpsterことJamie Odellのハイセンスなハウスミックスが出た!どうしていきなり強調してるかと言うと当初は全く買う予定が無かったのに、店頭で試聴したら思いの外好内容で衝動買いしたから。本作はJimpsterが運営しているレーベル・Freerange Recordsの作品のみを繋いだレーベルサンプラー的な内容だけど、しかしこれが本当に一つのレーベルの音源だけを使用したのかと疑いたくなる位、質の高い曲が詰まっている。同じコンセプトでここまで質が高いとなるとFrancois K.が送る"Deep & Sexy"シリーズ(過去レビュー)位しか真っ先に思いつかないけれど、本作は伝統的なハウスを聴かせる"Deep & Sexy"に対しより未来的でよりテクノ的であると思う。もちろんグルーヴの基本はハウスなのだがシンセの使い方がテクノ的で、華麗で西洋の美しさを匂わすエレクトロニックな音質が正にテックハウスと言われる物。ただ綺麗なだけではなくエレガント、つまりは優雅な気品も持ち合わせ、尚かつそれが鼻につく事もなくさらりと上流階級を味合わせてくれる庶民にはもってこいの内容なのだ。序盤〜中盤はブロークンビーツやディープで抑え目できて、そして10曲目以降が天にも昇る高揚感が続く4つ打ちテックハウスでピークに持っていく。そこら辺ではデトロイトテクノにも似た未来への希望が溢れ出ていて、デトオタも納得させるハイテック感覚を感じる瞬間があるだろう。そしてラスト間際のKirk Degiorgioの"Starwaves"に、テクノの最良の瞬間を垣間見るかもしれない。Kirk DegiorgioやIan O'Brienが好きな人には、絶対間違い無い一枚になりそうだ。

試聴

Check "Jimpster"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 19:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Deep & Sexy 4 Mixed By King Britt (Wave Music:WM50172-2)
Deep & Sexy 4 Mixed By King Britt
Amazonで詳しく見る

Francois K主宰・Wave MusicのMIXCDシリーズ第4は、フィラデルフィアの温故知新・King Brittが担当。ハウスからテクノ、ヒップホップからブロークンビーツなど何でも器用にこなしてしまう名アーティストですが、今作ではWave Musicの紹介を兼ねている事もありハウスミックスを披露。さすがにシリーズも4作目となるといくらWave Musicでも少々ネタ切れなのか、いわゆる大ヒット作は収録されてないですね。トラックリストを見る限りだと息切れ感も感じずにはいられなかったのですが、実際に聴いた後ではやっぱり耳に残る良質なハウストラックが多いなーと思いました。終始通して緩い生音ざっくりなメロウなハウス中心で、中盤で少々フロアを意識した勢いのあるトラックを入れますが、やはり後半ではやはりまったりとメロウなハウスに戻ります。シリーズ物だから傾倒としては今までのシリーズと同様で、ディープかつセクシーな音色は保持しつつも今までの中で一番BGMに近いかな。大きな山場が無いと意味で正にBGMなんだけど、耳に自然と入ってくる音として考えばルームミュージックには適しているんですね。前作までのシリーズに比べると地味ではあるけれど、コンセプトを外す事はないのでやはりレベルが高いなと感じずにはいられません。

試聴

Check "King Britt"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Solu Music - Affirmation (KSR:KCCD-172)
Solu Music-Affirmation
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 
Amazonで詳しく見る(US盤)

Solu Musicと言えば何はともあれ「FADE」。ハウスシーンにおいて、いや結果的にはハウスについて余り面識の無かった人までも取り込んだであろうこの名曲。クラブミュージックって一般的にはそれ程聴く人は多い訳ではないんだろうけど、「FADE」はそこら辺にあるPOPな曲より遙かに分かり易いし、心底涙させられる曲なんだから、クラブミュージックを聴かない人にこそ是非聴いて欲しいなんて思ったりもする。それがクラブミュージックを聴くきっかけになれば良いな…なんてね。

とにもかくにもSolu Musicは「FADE」のおかげで有名になったのだけど、その後のEPは余り評価が良くなかったと思う。逆にそれだけ「FADE」が凄すぎたんじゃないかな。彼等自身もその壁を乗り越えるために、1stアルバムに「FADE」は収録されていません(日本盤のみボーナストラックで収録。僕は日本盤を購入)。しかしその結果、意外にも彼等が偽物では無かった事を証明出来たと思います。やはり彼等の根底にあるのは、人の暖かみを感じる事が出来る切ないメロディー。ハウスミュージックと言うスタイルを取りながらも、聴く者全てを引きつけるメロディーがあり奇をてらう事無く、ストレートに感情を込めています。中にはR&B風の曲やジャジーハウスもあり、体を揺らして踊る事も出来れば一途に耳を傾けて聴き入る事も出来ます。ただどんなスタイルを取ろうともソウルフルで、どこか切なさを感じさせ優しい気持ちにさせてくれます。比較的生演奏も取り入れられて、ブラジリアンな空気も感じられました。

ボーナストラックの「FADE」は残念ながらショートカットされています。
オリジナルを聴きたい方はこちらがお勧め。
「Joyride」

MIXCDで聴くなら以下の4枚はかな〜りお勧めです。
「Ron Trent - Deep & Sexy 2」
「Body & Soul NYC Vol.4」
「DJ Alex From Tokyo - Deep Atmosphere the journey continues」
「Toshiyuki Goto presents Progressive Funk」

試聴

Check "Solu Music"
| HOUSE1 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) | |
A Wave Music Compilation:Deep & Sexy 3 Mixed By Matthias Heilbronn (Wave Music:WM50140-2)
Matthias Heilbronn-Deep & Sexy 3
Amazonで詳しく見る

「Body & Soul」まであと十日を切りました。僕は行かないですけど、とにかくど派手で誰でも楽しめるハウスイベントなんじゃないかと勝手に想像しております。その予行としてこのMIXCDも良いんじゃないかなと。名物シリーズになりつつあるFrancois K率いるWave MusicのコンピレーションMIXCDが、その名も「Deep & Sexy」。実際にはレーベル音源以外も使っているけれど、タイトルに恥じない出来です。Vol.1は当然Francois Kが、Vol.2はディープ、アフロハウスの中心人物Ron Trentが、そしてVol.3はMatthias Heilbronnが?担当。ん〜誰なのか全然知りません、なので内容だけ紹介。

ジャジーでファンキーなトラックで始まり、ブラジリアン調の明るいハウス、透明感のあるハウス、土着系のハウスなど様々な片鱗を見せる。序盤の「Waiting For Your Love (Francois K. Dub)」は突き抜ける様に美しいFrancoisのリミックスがナイス。Francoisはやっぱり天才です。「Awakening (Needs Remix)」もNeedsがリミックスと言う事で、都会的なフュージョン感覚には脱帽です。終盤の「Fade (Adny Dub)」、これはオリジナルを削ぎ落としてよりセンシティブにした感じで陶酔感2割り増しですね。ラストはA Hundred Birdsによる「Jaguar」のカバー、これは賛否両論の作品。まあ僕もオリジナルの方が全然良いでしょって思いますが。生で演奏したと言う意味では、意義があったと思います。通して色々な色調のハウスが取り入れられ、後半に行くに連れて徐々に盛り上がり感動のフィナーレって感じで手堅くまとめられています。そしてしっかりと「Deep」と「Sexy」の雰囲気も持ち合わせていて、ポピュラーでありながら奥深さも持ったMIXになっていると思います。

試聴

Check "Matthias Heilbronn"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
A Wave Music Compilation:Deep & Sexy Mixed By Francois K (Wave Music:WM50084-2)
Francois K-Deep & Sexy
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
先日渚でグルーヴィンなプレイで会場を沸かせたフランソワですが、ハウスセットだって最高です。Wave Musicと言う良質なハウスレーベルを運営していて、そのレーベルのトラックを使用してミックスを行ったのがコレです。ハウスと言っても比較的硬めのパッカーションやリズムトラックの物で始まります。控えめなエレピが美しいFluid X-Change、最初からうっとりです。そのまま色気丸出しの展開で4曲目でまたもやFranck RogerことSun Orchestra。ジャジーでふわ〜って感じ。続いて名曲Nathan Haines-Earth Is The Placeに繋がり、目玉のFrancois K-Enlightment。パッカーシブでディレイするシンセが爽やかな名曲です。フランソワはアーティストとしても超一流ですわ。その後もタイトなリズムトラックにスウィートなメロディーが乗るトラックが続き、後半は柔らかめのナチュラルな展開になってエンドを迎えます。締まりがある感じのトラックが多くて、テクノの人でも充分聴ける感じだと思います。フランソワの音楽センスにも脱帽ですが、こうも良質なトラックを量産するWave Musicも感嘆します。Sexyを強調する作品は山程ありますがDeep & Sexyを語るに相応しいMIXCDは、正にこれでしょう。Wave Musicはハウスレーベルなんだろうけど、結構テクノに使えるトラックも出しているので注目です。



Check "Francois K."

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 22:00 | comments(5) | trackbacks(0) | |
Ron Trent - Deep & Sexy 2 (Wave Music:WM50125-2)
Ron Trent-Deep & Sexy 2
Amazonで詳しく見る

最近の旅行の間ドライブ中に良く聴いたこのMIXCD。シカゴハウスの巨匠の一人、Ron TrentがWave Music音源を使ってムーディーでありながらディープなMIXを披露。正確に言うとWave Musicの音源だけではありません。1曲目から井上薫のAuroraを披露。幕開けは穏やかに、しかしこれからの流れを期待させる雰囲気だ。そこからオーガニックな緩めの歌物が続いて、ラテン物が入ったりして、10曲目では個人的にお気に入りのテックハウスなD'Malicious - Dark Transitonで盛り上がり。まさかディープなRonがこんなの回すなんて思いもしなかったけど、面白い流れです。その後一曲クールダウンして12曲目でSolu Music feat. Kimblee - Fadeでまたも大盛り上がり、ドラマチックな展開が。ハウスを聴く人にとっては説明不要の琴線に触れるストリングスに儚げなボーカル。今作のハイライトでしょう。その後は消え入る様に静かに終盤を迎えます。音源指定なので普段よりアフロ、スピリチュアルな感じは抑えめですが、爽やかでメロディー重視なので一般的には聴きやすいMIXだと思います。

試聴

Check "Ron Trent"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | |