Stacey Pullen - Detroit Love Vol.1 (Planet E:PEDL001CD)
Stacey Pullen - Detroit Love Vol.1
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
「デトロイト・ラブ」、何とも直球ストレートなタイトルのMIXCDシリーズが立ち上げられたのだが、そのプロジェクト元はデトロイト重鎮のCarl Craigだ。2014年頃からデトロイト・テクノ/ハウスのシーンの後押しをする目的で同名パーティーを世界各地で行っているが、その雰囲気を家でも体験出来るようにとMIXCDとしても企画されている。その第一弾を担当しているのは当然デトロイトのDJでありまたベテランの一人でもあるStacey Pullenで、現在は制作活動は見受けられないものの数年に一度はMIXCDをリリースしてはいるので、DJとしての手腕が買われているのだろうか。過去に手掛けたMIXCDではアフロ・パーカッシヴなファンキーなテクノやハウスから、ヨーロッパ系の流麗なテック・ハウス系、派手なプログレッシヴ・ハウス調までその時々で色々な音楽性を披露しているが、今回はUSの作品を軸とした作品になっている。開始こそUS勢ではないSoulphictionの"Ann Arbor"だがアフロなパーカッションが土着的なドス黒いハウスで重厚感があり、そこからはデトロイト勢の曲が続く。どっしり重さを保ってサイケデリックな"The Fader"、ミニマルなスタイルで洗練された"They're Coming"、そして序盤のピークはざらついた質感がファンキーな名曲のハウスの"Raw Cuts (Marcellus Pittman Remix)"でやってきて、低空飛行ながらもじわじわくるスムースなハウスの流れが序盤を作っている。中盤からはやや上げてきてベテラン勢の一人Gary Martinによる"Galaxy Style"の爽快なパーカッションがなるファンキーなハウスから、ギャラクティックな上モノと荒々しいリズムに躍動する"Horney Chords"、ダークな雰囲気からデトロイトらしいエモーショナルな旋律が浮かび上がってくるテクノの"Delray"、ディープな雰囲気を作る太いベースラインが脈動する"Wired Everything"など、デトロイトというコンセプトはありながらも一般的なデトロイト・テクノ/ハウスというイメージよりは更に拡張性が感じられるだろう。終盤はテンションを落としてきて空間の広がりと浮遊感が存在するスペーシーな"Purple Pulse"から女性のシャウトが印象的なトライバル系の"Low Down"、最後はデトロイトの叙情性が発揮されたアンビエント系の"Detroit State of Mind"で気分を落ち着かせながら幕を下ろす。所謂昔の安っぽさや素朴さの中にファンクネスやスペーシーな感覚が込められたデトロイト・テクノというタイプの選曲ではないが、これが現在のデトロイトのシーンの一部である事を提示するような音楽性で、その意味では懐古的ではなく未来の視点を向いたMIXCDだ。テクノとハウスを横断し大人びてスムースな流れのプレイはベテラン的だが、欲を言えばもっと野性的で荒々しいファンキーなプレイも聞いてみたいとも思うが、このシリーズには今後も期待したい。



Check Stacey Pullen

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO14 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Norm Talley - Norm-A-Lize (FXHE Records:FXHE NT#1000)
Norm Talley - Norm-A-Lize

作曲家としてデビューは1997年と決して彼の周辺のアーティストに比べると早くはないため知名度では及ばないものの、80年代からDJとして活動をしているデトロイトの古参の一人であるNorm Talley。2000年代に入ってからはビートダウン・ハウスの盛り上がりの中でDelano SmithやMike Clarkと組んだThe Beatdown Brothersなる活動等で注目を集め、特に2010年以降は積極的に楽曲制作を行いミニマルな機能性からソウルフルな感情まで持ち込んだハウスをリリースし、停滞するデトロイト勢の中でも息巻いている一人だ。さて、デビューから20年を経て初めてリリースされたアルバムは、同じくデトロイトのOmar Sが主宰するFXHE Recordsからだ。レーベルとしては粗い音質のロウ・ハウスから感情性を込めたビートダウン・ハウスにディスコ・サンプリングなモノまで扱っているが、このアルバムにはそれらの要素がみな詰まっていて、そして何よりも長いキャリアを経てリリースされただけに円熟味なり安定感を含んだ完成度だ。アルバムの始まりは恐らくサンプリングを用いたであろう"Get It Right"で、凛とした輝きのあるピアノコードや女性のボーカルに引っ張られるディスコ・ハウスでファンキーだ。続く"Seneca St. Gruv"は鋭いハイハットが切り込んできて機能的なミニマル性もあるハウスだが、しっとりエモーショナルなシンセのコードがいかにもデトロイトらしい。そして底からもりもりと盛り上がってくるようなビートダウン風な"Dub Station"は、そこまでは遅く粘性のあるスタイルではないものの反復する上モノの覚醒感で深みにはまる。ディスコ・ハウス路線が爆発した"Alright"はアルバムの中でも特に耳を惹き付ける曲で、同郷のL'Reneeをフィーチャーしてファンキーな歌を聞かせつつ図太いキックの4つ打ちやサンプリングによる金属的な上モノの派手な響きもあり、肉体は激しく揺さぶられる。かと思えばざらついたフィルター処理で訝しい黒さに染まるビートダウン・ハウスの"No Need 2 B"、デトロイト・テクノのハイテックな感覚を持ち込んだ疾走感のあるテクノの"Cause I Believe"、アルバム中最も激しくひしゃげたようなリズムを刻むテクノともディスコ・ハウスともとれる強烈なダンス・トラックの"The Body"、そしてリズム重視でひんやりとした温度感のミニマル・テクノな"The Rise"と、様々な曲調が収められた本作は長いキャリアに於ける集大成と捉えられるだろう。決して作品として纏まりが無いようには全く感じる事はなく、色々な要素は確かにありつつもそれもデトロイトのアーティストが実践しているものであり、長年の経験に裏打ちされた音楽性がここに集約されているのだ。



Check Norm Talley
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
In The Dark : Detroit Is Back (Still Music:STILLMDCD011)
In The Dark : Detroit Is Back
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
以前に比べると神格化された感もあったデトロイトの音楽に対する評価は落ち着いてきているように思われるが、それを尻目に一貫してデトロイトの魂を守り続けているレーベルも存在する。その代表として挙げられるのがJerome Derradjiが主宰するStill Musicで、レーベル自体は2004年にシカゴで生まれているものの、デトロイト周辺のアンダーグラウンドなアーティストに焦点を絞って作品を手掛けている。2005年にはデトロイト・ハウスの - 特に表舞台と言うよりは長年地下で土台を支えてきたような - アーティストの作品を収録した「In The Dark (The Soul Of Detroit)」と名付けられたアルバムを纏め上げたが、本作はタイトル通りにその続編となる2枚組のデトロイト・ハウスのコンピレーションだ。レーベルが提唱するには「デトロイトの地下クラブ、スタジオや倉庫で鳴っている音」だそうで、Delano SmithやRick WilhiteにMike Clarkらのベテラン勢から、Patrice ScottやKeith WorthyにDJ 3000などこれからの世代を担う人材まで、デトロイトのローカル色を強く打ち出したアーティストが集められている。デトロイトと言うとどうしてもベルヴィル・スリーやUR周辺に注目が集まりがちだが、本作を聴くとやはり現在の音楽制作的な面から見るのであれば世代は確実に変わってきている事を実感する。音的には世界の流れからは外れつつもエモーショナルな熱量を濃厚に煮詰め、アナログ感覚の強い温かい音質を打ち出したソウルフルなハウスを中心に纏められた本作には、デトロイトと言うブランドに頼らずとも評価されるパーティーに在るべき音楽が詰まっている。所謂クラブ・アンセムと言われるような派手な曲があるわけではないが、各アーティストの実直なデトロイト・ソウルが伝わってくる事もあり、デトロイト入門としてもお薦めしたくなる作品集だ。勿論アンダーグラウンドなデトロイト好きな人にとっては、長く愛せる作品となる事は言うまでもない。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE9 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Cesar Merveille / Mirko Loko - Vagabundos 2013 Volume II (Cadenza Records:CADCD13)
Cesar Merveille Mirko Loko - Vagabundos 2013 Volume II
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
チリアン・ミニマルを代表するレーベルとして名高いLuciano主宰によるCacenzaだが、近年はイビサを中心に世界各地でレギュラーパーティーとして“Vagabundos”を開催している。本作はそのパーティーに関連したMIXCDシリーズの3作目だが、ここではCadenzaからのヒット作で注目を集めたCesar MerveilleとMirko LokoがDJに起用されている。Cadenza自体は今でもチリアン・ミニマルとしての要素も残しているが、それ以上にバレアリックな多幸感や慎ましやかな優美さを追求しているようで、その傾向は本作にも如実に表れている。Cesarが担当した方はレーベルによれば「ディープでアンダーグラウンドなハウス」との事だが、ハードではないが安定感のあるリズムを刻みながらふらふらと酩酊するメロディーが漂い、確かに浮上する事のないアンダーグラウンドな感覚が通底している。快楽の殻を突き破る事もなく深い世界の中を迷い込んだままのような適度にヒプノティックな感覚が続き、ミニマル〜ディープ・ハウス〜テック・ハウスをしなやかに紡ぎ合わせ、後半に進むに連れてメランコリーが増す展開がえも言われぬ酩酊感を発しているのだ。対してMirkoが手掛けたミックスはよりメランコリーが強く打ち出されており、半ば恍惚のトランス感にさえ包まれる程に快楽的だ。"Dea"から"Tarzan (Âme Remix)"に繋がる瞬間の美しくも深い快楽に包まれるも、そこから一転して荒々しいシカゴ・ハウスの"House Room (Paul Du Lac Vocal Remix)"で目を覚まされ、そして繊細なピアノやストリングスが端正にメロディーを組みながら長くドラマティックに盛り上がる"The Rebirth"で一旦ピークを迎える。そこから終盤にかけては更に感情の吐露による揺さぶりをかけながら、ラスト間際ではMaster C & JとVirgoによる懐かしい物悲しさを含むシカゴ・ハウスが続き、ラストには正にコズミックな深宇宙が広がる"Cosmic Race"で感動的なフィナーレを迎える。2枚どちらもCadenzaに連綿と受け継がれてきたひれ伏してしまう神々しさ、官能的なエレガンスが最大限発揮されているが、特にMirko Lokoによるミックスがオールド・スクールとモダンが自然と溶け合っており素晴らしい。

試聴

Check "Cesar Merveille" & "Mirko Loko"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Francois K - Renaissance The Masters Series Part 19 (Renaissance Recordings:RENEW05CD)
Francois K - Renaissance The Masters Series Part 19
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
以前に比べると勢いは落ちているように思われるUKプログレッシヴハウスの指標となっていたRenaissance。そのレーベルでは大物プログレDJを招いてMIXCDをシリース化していたのだが、その最新作にはなんと意外にもFrancois Kを招き入れている。Francois Kがプログレッシヴハウス?いやいや、まさかそんな安直な事を彼が当然するわけもないが、しかしジャンルの垣根を越えて音楽に対して隔たりなく平等に向き合ってきたからこそ、このRenaissanceのシリーズを手掛ける事も本来はおかしな事でもないのだろう。先ず以て断言しておくとやはり内容は最近の彼の傾向が強く出たテクノセットにはなっているが、良い意味でのベテラン的な安定感と成熟した大人の親父の包容力を持ち合わせており、パーティーの一夜の流れを感じさせつつも非常に丁寧なミックスを施している。1枚目はJazzanovaのレイドバックしたディープ・ハウスから始まり、Francois自身のラグジュアリーな新曲のハウス、そして音響系ダブハウスなどでじっくりとフロアに火を入れていく。メロディアスなシーケンス、かっちり安定感のあるビートが強まりながらテクノやハウスが気付かない内に融解した流れに巻き込まれ、トレンドもしっかりと掴んだ硬めの厳ついダブ・ステップも混ぜながら1枚目は終了。そして2枚目は最初からパーティーが盛り上がっている時間帯の雰囲気から始まり、パーカッシヴで野性的なハウスやエモーショナルなデトロイト風のテクノ、またはTechnasiaによるシカゴ・ハウスらしいジャッキンなトラックなどピークタイムに合わせた曲を用いて、真夜中の狂騒へと雪崩れ込んでいく。終盤では破壊力のあるLen Faki Remixや大箱仕様のスケール感の大きいテクノを投下し、最後の最後でChronophoneによる感動的なラストに相応しい切ないデトロイト・テクノで見事に幕を閉じる。余りにも自然な流れ、現在のモードを掌握したセンスは、意外性ではなく正攻法で自身の音楽性を存分に表現しているようであり、王道的でありながら時代のさなかに存在している事を証明しているのだ。派手ではないかもしれないが、DJと言う行為に対して非常に真面目な性格が伝わってくる良心の作品だろう。



Check "Francois K"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Delano Smith - Precipice (Mixmode Recordings:MM11)
Delano Smith - Precipice
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
デトロイトと言う伝説的な地域に於ける最古参のアーティストでありながら、キャリア30年以上にして昨年初のアルバムをリリースさせようやく日の目を見たDelano Smith。アナログ中心の活動と決して派手とは言えない玄人向けのディープ・ハウスを得意とする為、現在もやはりメインストリートを外れて突き進む印象は拭えないが、しかし特にDJ/アーティストからの評価が高い事が彼の実力を如実に表している。本作はほぼ2年ぶりに自身が運営するMixmode Recordingsからのリリースとなるが、ここにおいても派手ではないが威風堂々としたベテラン的な安定感のある3曲を披露している。ミニマルな展開に終始しながらも細かく刻まれたキックやパーカッションに躍動感を感じられる"Mariana’s Song"、どす黒い呟きが煙たくもセクシーに響く"Celebration"、ジャジーなグルーヴも息衝いている"Dream Come True"、そのどれもが控え目にエモーションを刺激する大人の寛大な包容力を持ち合わせており、デトロイトのハウスにしては随分と落ち着いている印象を受ける。しかし的確に無駄を省きながらツールとして最適になるようにDJとしての長い経験が反映されたトラックであり、フロアと言う現場でこそ最大の効果を発すると言える。30年という経験は伊達ではない。

試聴

Check "Delano Smith"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Delano Smith - Reconstructed (Sushitech:SUSH20)
Delano Smith - Reconstructed

昨年DJキャリア30年以上にして初のアルバム"An Odyssey"をリリースしたデトロイトのDelano Smith。アルバムは長い活動の果てに辿り着いた実直なハウスミュージックで満たされていたが、そこからのシングルカットなる本作はDelanoと故郷を同じくするデトロイトのCarl CraigとMike Huckabyがリミックスを提供する注目の一枚となっている。タイトル通りに真夜中の空気が漂うハウスである"Midnight Hours"のCarl Craigによるリミックスは、彼にしてはオリジナルを尊重したのか意識的に元からあるエレピのフレーズも借用しつつ元のムードを踏襲する作風に仕立てた上げ、最近のC2にしては珍しくディープ・ハウスを聞かせている。その意味ではリミックスとしての役割は少ないように思われてしまうかもしれないが、しかしそこはデトロイトの大天才、オリジナルよりもリズムやメロディーをくっきりと浮かび上がらせ、よりダンストラックとして芯のあるグルーヴを生み出している。その一方で自らの個性を尊重したのはMike Huckabyによる"What I Do"のリミックスで、オリジナルが湿っぽく内向的なハウスだったのに対し、Huckabyは完全にテクノとも思われるごっつくて硬い音質に染め上げている。しかし骨太で猛々しい表層でありながら、新しく湿っぽいボイスサンプルを追加したり情感のあるしっとりしたシンセのレイヤーで色気も醸し出し、結局はデトロイトらしいソウルを感じさせるトラックとなっている事に安心した。音楽の大先輩であるDelanoに敬意を示したのか両者ともデトロイト魂を打ち出したリミックスを提供していて少々手堅い印象が無くもないが、DJが使うにはもってこいの内容となっている。

試聴

Check "Delano Smith"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Funk D'Void - Balance 022 (Balance Music:BAL006CD)
Funk DVoid - Balance 022
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
大物のテクノ/プログレッシヴ・ハウス系のDJを起用して人気を博しているミックス・シリーズ"Balance"の最新作は、グラスゴーを代表するテクノ・アーティストであるFunk D'Voidが担当している。綺麗目のテック・ハウスや壮大な展開のプログレッシヴ・ハウスもこよなく愛すD'voidならば、このシリーズに起用されるのも至極当然であり、恐らく多くの人が彼に期待しているミックスを期待通りに手掛けている。本作では彼自身のルーツをも意識してミックスしたそうで、CD1にはLos Hermanos、Vince Watson、Spirit Catcher、Delano Smith、Monty Lukeなどデトロイト周辺、またはそれに影響を受けたアーティストの曲が多く収録されている。基本的には4つ打ちのダンススタイルではあるが無闇にアッパーにする事もなく、D'Voidらしい透明感や清潔感を保ちながらテクノ/ハウス/ミニマルを滑らかに綱渡りするスタイルだ。高低差のある山と谷を行き交う派手は展開は無いが、スムースなミックスによってじわじわとD'Voidのテッキーな世界へと引きずり込む手腕はなかなかのもの。一方CD2の方は真夜中の熱狂的なダンスフロアからは少々距離を置き、どちらかと言えば朝方になりなだらかに終焉に向かって行くような、またはベッドルームでのBGMにも適したリスニング系として選曲されている。Lucid Nationのシネマティックな曲から始まり、Kolomboによる極上のバレアリックを通過後、Steve Reichによるミニマルなアンビエントの"Electric Counterpoint"へと繋がる序盤の流れは本当に素晴らしい。その後Space Dimension Controllerの切ないスペーシーなテクノである”Journey To The Core Of The Unknown Sphere"、Vince Watson変名の男泣きアンビエント"Celtic Beauty"、Joris Voornによる"Re-2001"など幻想的なシンセの壁に包まれ、そこから流麗なテック・ハウスで穏やかな波に揺られつつ終盤ではファンキーな流れでクライマックスを迎える。2枚組と言う事で少々情報過多な量に食傷気味になるのも否めないが、そこは2枚のCDでコンセプトを分けた点である程度は解消されているし、Funk D'Voidらしさは期待を裏切る事なく表現されていると思う。

試聴

Check "Funk D'Void"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/5/4 DELANO SMITH "An Odyssey" Release Party @ eleven
Derrick Mayもが尊敬の眼差しを向けるデトロイトの現役アーティストでは最古参に属するDelano Smith。今年になって彼のキャリア初となるアルバムをリリースしたのですが、その時齢49歳ですよ、49歳。もう人生が半分を過ぎてからようやくアルバムをリリースすると言う遅咲きの才人(活動は長いんですけどね)ですが、DJだってばんばんこなして今でも精力的に活動中です。昨年末にも他の箱で来日プレイしていたのだけどその時は残念ながら集客にも恵まれず盛り上がりに欠けたパーティーだったのですが、それから半年を待たずしてアルバムリリースパーティーを兼ねて再度来日してくれたのでした。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Delano Smith - An Odyssey (Sushitech:SUSH17)
Delano Smith - An Odyssey
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
1963年にシカゴに生まれデトロイトで育ったDelano Smith。という事は長いキャリアを経て49歳にしてようやくこの初のアルバムを完成させたのだから、人生とは何が起きるのかは誰にも分からないものだ。Delanoはデトロイト・テクノと言う音楽が生まれる前から、デトロイトにてダンスミュージックの方向性を指し示したKen Collierを師事し、自らもDJを始めデトロイト第一世代よりも更に早い時期に活動をしていたそうだ。つまりは現在でも活動しているデトロイト系のアーティストの中では、最も活動歴が長いベテランと言える存在だろう。90年代は音楽業から距離を置いていたが、2003年頃からは作品もリリースし始め日本でもMike ClarkやNorm Talleyとの"Beatdown Brothers"としてビートダウンを広めた功績は忘れてはならない。派手派手しい活動をしてきた訳ではないが、継続的にリリースしていたEPはDJからの評価も高く着実を歩みを進めていたのだ。そしてこのアルバムだ、これにもやはり彼の活動と同じで決して派手に騒ぎ立てるようなトラックは一つとして無い。ビートダウン一派として活動していた頃に比べると幾分かテクノ寄りな面も見受けられ、ミニマル色を強めたツール的なグルーヴに控え目に情緒を醸し出すソウルを乗せてリラックスした音を鳴らしている。エレピやパッドの優雅で大人びた響き、呟き風なヴォイスサンプルは何処か妖艶で、安定感のある滑らかなコード展開によって耳にすっと優しく音が入り込んでいく。枯れた味わいさえあるのだから目新しさは無いが、しかしベテランらしく丁寧に作られたダンスとリスニングの両面に適した堅実なハウスアルバムだと言える。永く何度も聴きたくなるアルバムとは、得てして本作の様なアルバムなのだ。

試聴

Check "Delano Smith"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
6th Borough Project - The LTD Chronicles (Kolour LTD:KLRLTD CD001)
6th Borough Project - The LTD Chronicles
Amazonで詳しく見る

デトロイトにてアンダーグラウンドに拘ったハウスをリリースするKolour Recordingsが限定ラインとしてリリースしているKolour LTDの作品を、ニューディスコシーンで活躍するThe RevengeとCraig Smithによる6th Borough Projectがコンパイル&ミックスを施したのが本作。本作にてKolourと言うレーベル自体を初めて耳にしたのだが、聴き終えた後の感想としては6th Borough Projectが目指す方向とレーベルのそれとは確かに同じ向きを向いている様で、デトロイトの特にマイナーに位置する粘り気のあるロービートに生っぽい質感を強調した荒い作りのハウスと言う点で共通性がある。そう言うとTheo ParrishやMoodymannを思い起こす人もいるだろうが、それよりはどちらかと言うとDelano SmithやNorm Talleyと言ったハウスを正当に継承した様な人達により近く、規則的な4つ打ちを守りつつねっとりと黒く染め上げている。オープニングは不穏な呟きが反復する混沌としたダウンビートから始まるが、暫くして視界も開けてずっしりとヘヴィーなキックが打ち付ける中を高らかに愛を歌い上げる優雅なハウスへと突入する。そのまま中盤までは生温かい質感と感情豊かな旋律が活きたファンキーでディープなハウスが続き、それ以降は浮遊感のあるテック系で宙を彷徨いながら、終盤ではリエディット風な優雅でファンキーなハネ感のあるトラックで攻めて盛り上げたまま終わりを迎える。一つのレーベルの音源のみなのでミックスとして幅が広くないのは当然だが、結果として適度にリラックスしながらスモーキーな音像の中にメランコリーを見つける世界観の統一はなされており、心地良いディープハウスを終始聴けるだろう。勿論レーベルの看板としての役目を十分に果たしており、Kolourに興味を惹き付ける作品でもある。

試聴

Check "6th Borough Project"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE7 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2011/12/17 NO BORDERS presents FISH SLAP @ WAREHOUSE702
80年代からDJ活動を行なっていたデトロイト第一世才でありながら、アンダーグラウンドな場所を拠り所にしていてせいかなかなか日本にはその情報が入って来なかったDelano Smith。00年代に入りデトロイト・ビートダウン一派として作品をリリースする様になってからは、日本でも日の目を浴びる事になりDJでも注目されつつあります。彼の作るトラックは素晴らしいハウス作品が多いものの、DJプレイに関しては一体どんなものかと確かめに聴きに行ってきました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Lawrence - Timeless (Cocoon Recordings:CORMIX035)
Lawrence - Timeless
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
大仰な作品をリリースする印象が強いCocoon Recordingsですが、中にはレーベルの作風に捕らわれない音源もリリースしているようで、Lawrenceが手掛けたこのMIXCDは正にLawrenceらしい音が詰まった作品になっております。Lawrenceは自身でもDialやSmallville Recordsを運営する傍ら、Mule ElectronicやKompakt等からも欧州の洗練されたミニマルなディープハウスを送り出しているアーティストです。そんな経歴を知っている人にとってはこのMIXCDは期待通りの内容で、幕開けからして物悲しいエレクトロニックなハウスから始まり、そして序盤にしてChez Damier & Stacy Pullenの華麗なクラシックが投入され期待の高まる展開が。そこからスムースなハウスのグルーヴを保ちながら浮揚感のあるテッキーな流れへと突入し、Morphosisの陰鬱なハウスからAril Brikha、Delano Smithの心地良いディープハウスに繋がる瞬間は本作の山場と言えるでしょう。その後は一旦熱を冷ますように気の抜けたハウスを投入し、Mike DehnertやRobert Hoodのミニマルなテクノで再度かっちり引き締めつつ、ラストはPlaidのインテリジェントな曲で厳かに着地。Cocoonの快楽的な音とは異なる静かに燻るLawrenceの内省的な音が終始満ちていて、耽美な官能と厳かな美しさが堪能できるハウスミックスとして素晴らしい出来となっております。今っぽ過ぎる音なので"Timeless"と言うタイトルはどうかとは思うけれど、イケイケなCocoonから本作が出たと言う点でも評価出来るでしょう。

試聴

Check "Lawrence"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Wbeeza - Void (Third Ear:3ELP-2010_06)
Wbeeza - Void
Amazonで詳しく見る

近年のディープハウスの流行の中でデトロイトやシカゴの重鎮たちの再評価が著しい昨今ですが、それと同時にその流れを汲むニューカマーも続々と育っております。Wbeezaは2007年にデビューしたUKベースのアーティスト。ビートダウン〜ディープハウスを得意とするThird Ear Recordingsからのリリースも多く、Wbeezaの音楽性も同様に黒くメロウでありChez DamierやDelano Smithら先人の技と心を受け継ぐ物です。決して無闇にアッパーに上げる事もしないし、大箱で受けるようなど派手な展開も無い…が厳かで内向的なソウルを燻るように燃やし続け、それと同時にヒップホップやジャズからも影響と受けたと本人談の通りに、黒い音の統一感を保ちながら小技を効かせたアルバム作りをしております。大半は叙情感たっぷりにロマンスの満ちたディープハウスで心地良く羽ばたきながらも、所々で渋いヒップホップやジャズトラック、インタールード的なトラックで沈静化もさせて、マンネリ化を感じさせないバランスの取れたアルバムと言えるでしょう。前述の通り決して派手な音楽ではないけれど、時代に関係なく普遍的に聴ける音楽とは得てしてこの様なアルバムなのだと思います。

試聴

Check "Wbeeza"
| HOUSE6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Delano Smith - Direct Drive (Mixmode Recordings:MM09)
Delano Smith - Direct Drive
Amazonで詳しく見る(MP3)

改めて気付くデトロイトの街に存在する音楽的な才能の宝庫。古くは80年代からDJ業をこなし、2000年代からは自身の作品のリリースも行う遅れてきた地味な才能・Delano Smith。今までのリリースしてきた作品からはなんとなくビートダウン一派に組み込まれていた感もあるアーティストでしたが、ここ2〜3年の作品を聴く限りではもっと率直にソウルを表現するようにも思えます。タイトル曲である"Direct Drive"は同じフレーズを何度も反復させた単純明快なミニマルの要素を持ったディープハウスではあるけれど、静かに浮かび上がるストリングスや柔らかいエレピの音色はソフィスティケイテッドな落ち着きもあり、デトロイトハウスにしては非常に大人びてもおります。そして裏面の"My life"はイタロクラシックであるChaplin Bandの"Il Veliero"をサンプリングしたそうですが…元ネタを知らないのでそんな事はどうでもよい事でしょう。力強いイーブンキックの上をサンプリングであろうワンフレーズが反復するこれまた単純なハウスですが、非常に滑らかで心地良いグルーヴを産み出しており、そしてほっこり温まるソウルがじわっと滲み出ております。両面大した細工も無しにしっかりと踊れて耳を惹き付ける音を聴かせており、直感的なセンスだけで上手く聴かせる実力に感嘆。

試聴

Check "Delano Smith"
| HOUSE6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Delano Smith - Midnite EP (Third Ear Recordings:3EEP-107)
Delano Smith - Midnite EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

デトロイトビートダウン一派のDelano Smithの最新作。ここら辺の人達はアッパーなハウスではなくて、手に汗握ってぐっと熱くなる粘り気のあるハウスを得意としていて、地味ながらも時代に関係なく良い作品を作っております。本作の目玉はA1の"Special Kind"で、ロフトクラシックであるASHFORD SIMPSONの"Stay Free"をサンプリングしてループさせてあるそうです。ハウスと言うよりはむしろディスコ的なピアノリフや声ネタに、ビートだけはハウスっぽく滑らかで重い4つ打ち仕様になっていて、じわじわと熱さが込み上げてくる良作。と思えばA2の"Dee's Gruv"は展開を無くしたミニマルなハウスで、流麗な音はヨーロッパ的でもあったりする。B1の"The Explanation"なんかはかなりキックの強いアッパーな(と言っても派手ではない)テックハウスで、フロアで盛り上げるのに使えそうな曲。曲毎に作風が異なっていて意外性はあるものの、捨て曲は無くフロアで役立ちそうな一枚です。

試聴

Check "Delano Smith"
| HOUSE5 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Detroit Beatdown (Third Ear Recordings:3ECD 001)
Detroit Beatdown
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
デトロイトと言えばテクノ。そんな風に考えていた時期が俺にもありました…。あぁ、でも本当はテクノもハウスも根底の一つには同じブラックミュージックがある訳だし、区別なんか必要無かったんですね。URの最初のリリースだってハウスだったし、Carl CraigやKevin Saundersonだってハウス作ってるし、デトロイトには昔からハウスと言う音楽は存在してたのでしょう。そんなデトロイトハウスの最良のコンピレーションが、本作"Detroit Beatdown"。つまりはテンポを遅くした、ビートを落とした音楽なんですが、ここら辺はあくまでテクノの外向的で衝動的なエネルギーに対して、ビートダウンは比較的ゆったりとして内向的なだけです。もっと注目すべきはよりルーツであるジャズやディスコ、ファンクを意識した音楽であり、黒き熱きソウルが燻り続ける様なホットな音楽であるって事。未来を突き進むテクノの攻撃的なパワーは無いかもしれない。だけどビートダウンにはひっそりと燃え続ける内なるソウルがあり、それは音の強度だけではない芯のある強さを感じさせてくれるものなのです。艶かしい色気のある曲もあれば、手に汗握るファンク、メロウでジャジーなハウスまで、とにかくデトロイトの感情がぎっしり詰まっている。デトロイトの荒廃した街で逞しく生きる人達のソウルミュージックとはこれだったのか。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE4 | 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Analog Soul - Still Music Compilation (Underground Gallery Productions:UGCD-SM001)
Analog Soul-Still Music Compilation
Amazonで詳しく見る

以前リリースしていたコンピの副題が"Soul Of Detroit"なのでデトロイトのレーベルだと思っていたら、実はシカゴのレーベルだったStill Music。しかもレーベル主のJerome Derradjiはフランス出身なので、余計に意外性が強い。2004年設立の新興レーベルながらもカタログ数はもはや30近くとかなり勢いのあるレーベルで、シカゴだけに限らずデトロイト、日本、ヨーロッパ全体からまだそれ程有名ではなくとも才能のあるアーティストの作品をリリースしている。本コンピでもデトロイトからLos HermanosのGerald Mitchell、The GodsonことRick Wilhite、Delano Smith、Paul Randolph、日本からは先日クローズしたFrogman Recordsからデビューを飾っていたHirofumi GotoことRondenion、ヨーロッパからPatchworksやFrancois Aなど、地域を限定せずとにかく良い作品を選定している。何と言ってもタイトルの"Analog Soul"って響きが素晴らしい。参加しているアーティストの多くがアナログ機材を使用しているからそう命題したらしいのだが、やっぱりアナログの音って耳に優しいから人間にしっくり来る。スムースで柔軟な肌触りのディープハウス満載で、このレーベルの質の高さが伺える。今後はこのレーベルは要チェックだ。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Dave Angel - 39 Flavours Of Tech Funk (React:REACTCD130)
Dave Angel-39 Flavours Of Tech Funk
Amazonで詳しく見る

中古5枚1000円で買った内の一枚、Dave AngelのMIXCD。テクノシーンで「あの人は今!?」をやったら真っ先に名前が挙がりそうな位最近は落ち込んでおりますが、10年以上前は当時隆盛を誇っていたR & Sや自身のRotationからヒット作を量産してたんですよね。デトロイトテクノにまんま影響を受けたファンキーでエモーショナルな作風は、本当に才能を感じさせてたのに最近の低落っぷりと言ったら目もやれません。それはさておき中古で安かったからこの2枚組MIXCDを買った訳だけど、どうも聴き所に欠ける作品ですね。BPMはそこそこ早めでファンキーなテクノを集めているんだけど、ミニマルテクノ程の反復に因る高揚感は感じられないし、かといって一気に爆発するようなピークも見受けられないし、なんか全てにおいてどっちつかずな作品だなと思います。また音自体がどうも薄っぺらくて重みが感じられないので、家で聴いていても全く迫力が無いのは致命的ですな。しかも10年前の作品と言う事を差し引いても古臭すぎる音。折角エモーショナルな作風が得意だったんだから、それを生かしてDJして欲しかったですね。

Check "Dave Angel"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO5 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Detroit Beatdown Remixes (Third Ear:XECD-1043)
Detroit Beatdown Remixes
Amazonで詳しく見る

テクノはデトロイト、シカゴはハウスなんていつの間にかそんな大きな区分けがされてしまった時、デトロイトにハウスを復権させたのはMoodymannやTheo Parrishだったんだろうな。もちろん彼らは超有名なアーティストな訳で誰もが知る存在なんだけど、よりデトロイトのハウスを掘り下げる為にMike "Agent X" Clarkは「Beatdown」を提唱した。それが2002年にリリースされたデトロイトハウスの最強コンピレーション「Detroit Beatdown」だ。黒人音楽を高密度の圧縮したこの低速ハウスコンピレーションには、Theo Parrish、Eddie Fowlkes、Mike Clark、Alton Millerから隠れた存在であるNorm Talley、Delano Smith、Rick Wilhite、Malik Alstonらの楽曲を収録。今までに類を見ない濃いデトロイトハウスである事は間違いない。そしてそのアルバムを多方面のアーティストがリミックスしたのが、この「Detroit Beatdown Remixes」だ。参加アーティストは、Carl CraigやAmp Dog Night、Gilb'r(Chateau Flight) らの有名処から、まだ一般的には知られていないアーティストまで色々。元々が濃い作品だらけだったのでどう調理されるかも楽しみだったのですが、リミックス後もやっぱり濃かったの一言。多くを述べる必要は無い。ハウスが好きな人ならば、きっと一回耳にするだけでこの「Beatdown」の素晴らしさが分かるはず。デトロイトは何度目かの春を迎えようとしている。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Loco Dice & Ricardo Villalobos In The Mix - Green & Blue (Cocoon Recordings:CORMIX011))
Loco Dice & Ricardo Villalobos-Green & Blue
Amazonで詳しく見る

クリックハウス大本命盤。ドイツのベルリンで行われる「Green & Blue」と言うイベントでの、Loco DiceとRicardo Villalobosのプレイを収録したのがこの2枚組MIXCD。Locoについては詳しくは知らないですけど、Ricardoと言えばPlayhouseやPerlonでの活躍も記憶に残るクリックハウス界の大天才。出すEPはあれよあれよと大ヒットし、いつの間にかシーンの中心に居座ってますね。とまあ前置きはこれ位にして、まずはLoco盤、前半はスカスカで比較的硬めのトラックが多め。意外にもパーカッシブで程よくテンションを保ちつつ、中盤からはドラッギーな危ない音になり、後半はクリックでありつつも微妙にトランシー。全然知らないアーティストだったけど、悪くないじゃんってのが感想です。そして目当てのRicardoに関しては、やっぱり予想を裏切らずに良いなと。少々ウェットに沼に沈み込んでいく様な重さに、彼独特の痺れるファンキーな音がこれでもかと放出されます。クリックもミニマルもディープテクノもごちゃ混ぜに、もうほんと形容のし難いプレイです。今の時代ってこうゆうプレイが好まれるんでしょうか?面白い時代になったと思います。決して聴きやすい音楽ではないと思うのに、僕も何故か彼のプレイには引き寄せられています。一言で言うならば、「するめ」。一口食べただけでは全然分からない、何度も何度もしゃぶる必要がある、そんな感じです。もうちょっと色気出してもいいんでないかい?なんて。

試聴

Check "Ricardo Villalobos" & "Loco Dice"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Detroit Beatdown In The Mix Mixed By The Beatdown Brothers (Third Ear:XECD-044)
Detroit Beatdown In The Mix Mixed By The Beatdown Brothers
Amazonで詳しく見る

もう3年位前だったかな、「Detroit Beatdown」と言うコンピレーションアルバムが発売されたのですが、どうにもテクノで有名なデトロイトに於いてハウスはそれ程脚光を浴びない訳みたい。もちろんTheo ParrishやMoodymannなんかはいるし、Carl CraigやUnderground Resistanceだってハウスは作る訳だけど、決してそれらだけがデトロイトハウスなんかじゃなく地道に活動を続けるアーティストいるのでありまして、晴れてそのコンピレーションに於いて世の中に紹介されたのでありました。URにも参加した事のあるMike Clarkが提唱した"Beatdown"とは、言葉通りであるならばテンポを落とせと言う事なのでしょう。しかしそれ以上に深い音楽性があり、ジャズやファンク、ディスコから継承した黒いソウルがあります。テクノも勿論黒人音楽を昇華した結果ではあるのですが、ハウスはよりストレートに濃く凝縮されているものだと思います。そんなハウスを紹介した「Detroit Beatdown」は、デトロイトハウスの金字塔と言っても差し支えないのですが、更にそれらを The Beatdown Brothersがミックスしたのが、この「Detroit Beatdown In The Mix」です。The Beatdown BrothersとはMike Clarkに、「Detroit Beatdown」にも参加したNorm Talley、Delano Smithを加えた3人組の事で、名前からしてもう素晴らしいです。「Detroit Beatdown」のオリジナル曲、リミックス曲をソウルフルに熱を帯び、ファットに図太く、スムースに心地良く繋げていきました。久しぶりに心温まるハウスミックスに出会った気がします。デトロイトテクノは聴くけれどデトロイトハウスは聴かない、そんな人達にもきっと伝わるソウルがあるはず。カウントダウンにThe Beatdown Brothersがやってくるので、興味の有る方は是非。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(2) | |