CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Denki Groove - The Movie? (Ki/oon Music Inc.:KSCL-2646)
Denki Groove - The Movie?
Amazonで詳しく見る(日本盤)

日本のテクノシーンの間違いなく大きな一角である電気グルーヴ。活動25年にも及ぶその活動で蓄えられた映像を元に、彼等の歴史を総括する映画が「DENKI GROOVE THE MOVIE? 〜石野卓球とピエール瀧〜」であり、そこで監督を担当したのが大根仁。過去25年分の膨大な映像素材、おおよそ250時間を眺め続けてそれを編集する作業を行い、大幅に公開は遅れたものの無事映画は完成。そんな苦行とは別に、その大根監督が映画に併せて選曲を行いリリースされたのが本作で、ベスト盤とはまた別のサントラとしての意味合いが強いか。但し選曲はベストの視点とは異なりながらも高いテンションを保った勢いのある曲が多く、電気グルーヴを初めて聴く人でも間違いなく彼等の魅力を体験出来るものとなっている。オープニングは『25』に収録されていたバージョンを映画向けにエディットした"25 Raw Beats(Movie Edit)"で、電気グルーヴにしては随分とシリアスで冷気漂うテクノに驚かされる。"虹 (Live@Mayday Mix)"はアナログ(当然ファンなら持っているよね?)だけに収録されていたバージョンだが、オリジナルの野外的な雰囲気よりもクラブ的な硬質さも備えたミックスで、こういったおふざけ無しのストイックなテクノも当たり前だけど出来るのだと再認識させられる。そしてライブバージョンの高いテンションと臨場感がこれでもかと迫り来るのが"Volcanic Drumbeats"と"Flashback Disco"で、正に激しく狂うようなドラムが炸裂して怒涛のラップが被さる前者とフジロックという大舞台でポジティブな高揚感が放射されるテッキーなディスコの後者と、もういい歳になった中年二人組とは思えないこのハイエナジーなライブには悶絶だ。そして本作でのお宝は初期の名作を現在に蘇らした"N.O. 2016"だろう。『The Last Supper』に収録されていた"N.O.(Nord Ost)"はかなり変化球なリミックスだったが、この2016年バージョンはオリジナルの雰囲気をそのままに現在のマッチョな音で味付けして骨太にしているので、リミックスとしての面白みはそれ程ないもののクラシックな要素が強いからこそ飽きの来ないアレンジだ。名曲から変態系な曲までバランス良く盛り込みながら最初から最後まで怒涛のテンションで貫き、そして喜怒哀楽に溢れた感情豊かな構成に、電気グルーヴのその存在感の大きさを感じずにはいられない。

Check "Denki Groove"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO12 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
電気グルーヴ - 人間と動物 (Ki/oon Music:KSCL 2200〜1)
電気グルーヴ - 人間と動物
Amazonで詳しく見る(限定盤)
 Amazonで詳しく見る(通常盤)
前作から3年半ぶり、電気グルーヴにとって通算13枚目のアルバムとなる本作。インタビューによれば「全部歌モノ」「全体で50分以内」「BPMは125で統一」と言う制約の下に制作された作品だそうだが、比較的ストイックな面も見受けられた前2作から比べるとより電気グルーヴらしいユーモアが感じられる。基本的にはイタロ・ディスコやオールド・スクールなエレクトロの影響下にあるトラックがベースになっているが、正確無比なクラブトラックらしい4つ打ちは少なめで、引っ掛かりのあるビートとおちゃらけた歌で多方面に拡散するバラエティーの豊かさ持ち合わせている。幕開けから血が煮えたぎるファンクとニューウェーブが結合した"The Big Shirts"で始まるが、その後に待ち受ける"Missing Beatz"ではネオンライトが輝き何処か哀愁も漂うレトロフューチャーなエレクトロを鳴らし、"Shameful"では前のめりながっついたビートの上をアシッドベースが這い回り漲るハイエナジーを発散させている。かと思えば"Slow Motion"では胸がときめくニューロマ風なロマンチックな歌物を、"Prof. Radio"では煌めき輝くポップなシンセを配したイタロディスコをやったりと、一点に収束せずに手の内をするりと抜けて行くような飄々さに溢れている。しかし50分以内のポップな作風には纏めつつも全体を覆う親父の背中から発せられる哀愁漂うムード、懐古的でしんみりした温度感には、電気グルーヴも歳をとったなぁと思わせるだけの切なさがある、良くも悪くも。

初回限定盤にはWIRE12でのライブ映像が収められたDVDも付いてくるが、電気グルーヴのライブを見るとエンターテイメントによって人を楽しませると言う意気込みが伝わってくる。恐らく電気グルーヴのファンにはテクノを聴く訳でもなくパーティーで踊るでもない層が多いだろうが、そんな彼等を魅了させられるだけの快楽的で無邪気に楽しませるライブにはなっている。パーティーやダンスミュージックと言う視点から離れて、電気グルーヴがポップカルチャーのアイコンとして君臨していると言う事なのだろう。

試聴

Check "Denki Groove"
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
2009/12/15 T.P.P. @ EFFECT
AT-FIELDメンバーがT.P.P.へ出張プレイ。90年代縛りのパーティーで、自分的にはマッドチェスターとかセカンド・サマー・オブ・ラブ辺りの音楽は大好きなんで、そう言ったのを意識した選曲でやらせて頂きました。以下トラックリスト。前半はダブ系でゆったりと、中盤でアンビエントからトランシーなのに移行し、ラスト3曲の歌物でぐっと締めた感じです。選曲が偏っているけれど、どうしても自分はそこからは逃げられないのです。

Nightmares On Wax - Les Nuits
Primal Scream - Screamdelica
Massive Attack - Be Thankful For What You Got
Primal Scream - The Big Man and the Scream Team Meet the Barmy Army Uptown
The Orb - Towers Of Dub (Live)
Primal Scream - Higher Than The Sun
System 7 - Davy Jones' Locker
Reload - La Soleil Et La Mer
The Orb - Assassin (Live)
Orbital - Halcyon (Tom Middleton Re-Model)
System 7 - Night Owl
Denki Groove - Niji
Last Rhythm - Last Rhythm (Tom Middleton Re-Model)
Round One - I'm Your Brother
Larry Heard - I Need You
SWV - Right Here (Human Nature Remix)

フジカワさんや全玉 aka しょーこ+下川カユコ aka 中川ユカコのBack 2 Backは、ダンスロックやテクノ、レイブ物まで幅広い選曲で90年代を表現しておりました。自分には無いユーモアを持っているので、自分も見習いたいなぁ〜と思う事は多々あります。

そしてど平日なのに来て下さった多くの方々、どうもありがとうございました。やはり聴いてくれる方がいると素直に嬉しいし、DJにも力が入ります。これからも機会があれば、どしどし回せるようにしたいですね。
| EVENT REPORT2 | 16:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Ken Ishii - The Works + The Unreleased & Unexpected (Music Mine:IDCK-1006)
Ken Ishii - The Works + The Unreleased & Unexpected
Amazonで詳しく見る

日本が誇るテクノゴッドことケンイシイも、今年で遂に日本デビューから15周年だそうです。進化と変化を短いサイクルで繰り返すクラブミュージックシーンにおいて、デビューから常に前線で活躍し続ける彼の功績に異論は無いでしょう。そんな彼の名曲リミックスや未発表曲をまとめたのが本作。珍しい所ではテクニークを運営している佐久間英夫のプロジェクト・Subvoiceのレアなトラックや電気グルーヴの名曲"N.O."、そして大御所デリックメイやインナーシティーの名曲、現代音楽家・スティーブライヒのミニマルなトラックまでリミックスをしていて、なかなか今まで聴く機会の少なかった曲を一同に聴けるのは嬉しい限り。正直な事を言うと元ネタのジャンルがバラバラなだけにリミックスにも統一感は余り感じられないのだけど、それでも共通しているのは一聴して分るケンイシイの音が存在している事。レーザー光線の様な透明感とあの未来的な輝きを持ったシンセサウンド、これこそがケンイシイの音の象徴だったはず。徐々にケンイシイもダンストラックを作り始めた事でその特徴は残念ながら薄れて行く訳だが、この編集盤にはまだそのユニークな音色が溢れていて懐かしさと共に今でも新鮮さを失わずに輝いている。しかしデリックメイの"The Beginning (Ken Ishii Remix)"は、真夜中の高速道路をハイスピードでドライブしている感覚があり格好良いねぇ。

試聴

Check "Ken Ishii"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO7 | 10:00 | comments(3) | trackbacks(2) | |
Denki Groove - 20 (Ki/oon Records:KSCL1425-7)
Denki Groove-20
Amazonで詳しく見る(初回限定盤)
 Amazonで詳しく見る
衆議院選挙の期日前投票に行ってきた。全ては自分達の未来の為に。若者が希望を持てる国になって欲しいね。

前作から一年待たずとして電気グルーヴのニューアルバムが登場。一時期長い間休眠していた反動なのか、最近のやる気には驚きます。ただ量産体制に入るとどうしても質の低下が気になったりするものですが、電気グルーヴはそこら辺に関しては手抜き具合は感じられないので、ちゃらんぽらんな様で真面目なんでしょうかね。もう演歌や歌謡曲と同じ芸風に達したJPOPなセンスとジャーマンエレクトロを掛け合わせたサウンドは、非常に耳に馴染みやすくそして底抜けに明るい。自分は限定盤を買ったので特にインストバージョンを聴き込んでいるのですが、意外にもシンプルな構成ですっきりライトな感じなのに、ピコピコな音が郷愁を誘うと言うか。これって親父テクノ・エレクトロで、背中から滲み出る侘しさがびっしばしですよ。そりゃ電気グルーヴもよくよく考えればもう良い歳こいたおっさんだもんなぁ…。

試聴

Check "Denki Groove"
| TECHNO7 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(2) | |
Denki Groove - YELLOW (Ki/oon Records:KSCL1294-5)
Denki Groove-YELLOW
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(初回限定盤)
こんにちわ、ピカチュウです。間違えました、電気グルーヴです。休眠中だった電気グルーヴも最近はせっせと活動し、今年2枚目となるピカチュウアルバムです。前作を購入したので今回も早々と購入してみましたが、新作は卓球が影響を受けた90年代前半のアシッドハウスに影響を受けて作ったアシッドテクノってな音ですね。と同時にエレクトロ色も強めな野太いベースラインも見受けられ、卓球のダンスミュージック方面の影響が前面に出まくりです。一見派手目の音は使用されて享楽的なムードが強いかと思いきや、根底にはどんより陰鬱なムードが充満しており、ストイック度は高めの設定になっております。歌物中心だけどトラックの方が強烈なせいか、余り歌が気にならなくて個人的には良いかな。うむ、更にインストの方がもっと良い。しかしこんな事なら電気グルーヴ名義ではなく、石野卓球名義でリリースした方が真性のファンの為だと思うのですがどうなんでしょう。ピエール瀧の存在がどう生かされているのか、自分には分かりません。またかつてはあるゆる意味で規格外だった電気グルーヴが、こうやってダンスミュージックの規格に収まると言う回帰は一体何を意味するのでしょうか。電気グルーヴファンには不満に思う人も多いんじゃないのかなと思う。初回限定盤にはライブDVD付き。

しかしアマゾンのレビューには頭沸いている人がいるな。発売前かつ未聴の状態でレビューなんか書いて何をしたいんだ?

試聴

Check "Denki Groove"
| TECHNO6 | 21:45 | comments(2) | trackbacks(2) | |
Fumiya Tanaka - I Am Not A DJ (Sony Music Entertainment:SRCS7663)
Fumiya Tanaka-I Am Not A DJ
Amazonで詳しく見る

昨日は田中フミヤのCHaOSに行こうと思って渋谷のバーで一人飲んでいたんだけど、体調がよろしくなく結局飲んだ後帰宅してしまいました。YELLOW亡き後WOMBで初のCHaOSだったので興味はあったのですが、体調不良には勝てませぬ。次のCHaOSはUNITでしたっけ?

さてそんな田中フミヤの懐かしいMIXCDが1995年リリースの本作。当時はまだMIXCD自体が極めて貴重であったのですが、彼がこうやってジャパニーズテクノの道を切り開いてきた訳なんですね。内容の方も現在のフミヤからはとても想像の付かないごった煮ハードなテクノで、Jeff Mills、Basic Channel関連、Carl Craig、Richie Hawtin、Planetary Assault Systems、Robert Hoodなど今ではテクノの大御所となったアーティストの曲がこれでもかと使用されています。若いだけあって荒々しい展開ながらも汗を感じられる激しいプレイで、最近のフミヤの特徴である知的でディープなプレイしか聴いた事がない人は衝撃を受けるんじゃないでしょうか。いやね、これはまじで格好良いですよ。まだまだ日本にクラブシーンが根付く前にこんなプレイをしていたなんて、やっぱりフミヤは漢です。モロにかつてのJeff Millsの影響下である事を差し引いても、暴力的でノーコントロールに爆走して行く猪突猛進なプレイは、フロアに音の爆弾を投下してるイメージで体もウキウキです。正直な気持ちを言うと、最近のプレイよりこう言った過激なプレイが聴きたいのが本音で、一年に一度でも良いからそんなパーティーを開いてくれると本当に嬉しいのですがね。昔からテクノを聴いている人は、多分こんな感じのMIXCDに共感する人は多いはず。ちなみに各曲に野田努とKEN=GO→が解説を付けているので、それを読むだけでも十分に楽しいです。

Check "Fumiya Tanaka"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 21:15 | comments(3) | trackbacks(2) | |
Denki Groove - Dragon (Ki/oon Records:KSC2 94)
Denki Groove-Dragon
Amazonで詳しく見る

ついでにもう一丁電気グルーヴのアルバム、"Dragon"。94年作だからまだこの頃は自分はUKロックなんか聴いてた頃の作品ですな、もうそんな前の作品なんですね。でもジャパニーズテクノのアンセムの一つ"虹"を含む他、電気グルーヴの作品の中では最もストレートにテクノ指向を打ち出した作品でもあり、最もエモーショナルな作品でもあり最も好きなアルバムです。だから馬鹿騒ぎ路線はほぼ皆無、だがそれが良い!もうね全編の弾けっぷりと言うか飛ばし具合が段違いで、真夜中の高速道路をかっ飛ばす様な錯覚を覚えます。出だしの"Mujina"からして秀逸、ファンキーなベースラインがうねりを生み出す横乗りグルーヴのテクノ。徐々に音数を増していくワイルドピッチスタイルで、多分90年前半の海外のテクノの影響(Hardfloorとかね)が大きかったんだろうなと思わせられます。また"Baron Dance"での面白可笑しいトランシーなシンセリフに因る反復の覚醒効果、"The Marble Men"のミニマルテクノを意識したリズム中心のトラックなど、やはりテクノ色が前面に出ております。"Chameleon Mania"は砂原良徳が手掛けたがっつりシンセで固めたシャッフル気味のグルーヴィーなテクノで、この頃から既に才能の片鱗が見え隠れしていたんですね。そしてラストの"虹"だ、これはもう説明不要でしょう?そう"ゆっくり消える虹みたく"何もかも全てが無に帰すように美しく切ない涙涙のフィナーレ。この歌さえあればまた明日からやっていける、まだ失望せずにやっていけると何だか納得してしまう。卓球もこんな曲が書けるんだから、相当ロマンティックな人なんだろうね。長尺トラックが多い事もあるので、本格的にテクノが好きな人にもこのアルバムは受けが良いんじゃないかなと思いますよ。

試聴

Check "Denki Groove"
| TECHNO5 | 23:20 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Denki Groove - J-POP (Ki/oon Records:KSCL1228)
Denki Groove-J-POP
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(初回限定盤)
正直な所、電気グルーヴに関しては中古でアルバムを購入する位で深い思い入れも無いユニットなのですが、今回は先行シングルなどを聴いてみて新品でアルバムを購入するに至りました。厳密に言うと電気グルーヴはテクノでもないしクラブに根ざした曲も少ないので、敢えて聴きたいとも思ってないんですな。それにぶっちゃけ電気グルーヴは、音楽性そのもので聴かれてるって雰囲気が感じられないんですね。まあそれはどうでもいいか。でも今回に限っては先行シングルが思いの外良かったんですよ。そしてこの8年ぶりのアルバム、実際どうよ?シングルである"モノノケダンス"はアルバムミックスを施され、なんだか最近のジャーマンミニマル風の音っぽくなってるよ。シンプルなシンセリフが中毒的に快感を呼び起こすダンストラック。上げもせず下げもせずのらりくらりと気持ち良いテンションを保つこの曲は、今までの電気グルーヴからの脱却と見なして良いのでは。馬鹿もギャグも無いけれど、今までの無駄に肥大化した音を削ぎ落とした音は逆に密度を高め強力な物に進化しております。そう、本作はシンプルな構成ながらもファットな音質なのです。某雑誌でのインタビューによるとサンプリング路線からシンセ路線に変更したそうですが、確かに音の図太さは電気史上最大を誇る内容。"少年ヤング"のアルバムミックスのキックを聴いてごらん?こんなにもヘビーで圧力のあるキックは、電気の作品でも随一じゃないだろうか?この曲もぶっちぎりに強烈なグルーヴを感じさせる4つ打ちディスコテックな路線です。またアルバム前半にはエレクトロハウス調の曲もあったり、そう考えるとこの8年で卓球がDJで養った経験が電気の方に影響したのかなと思ったりしました。の割にはどの曲も短時間でまとめられてアルバム全体を軽く聞き流せるし、良い意味でライトな内容。J-POPと言うタイトルが付けられている割には、どこかダークな雰囲気はしますが。

試聴

Check "Denki Groove"
| TECHNO5 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Denki Groove - Recycled A (Ki/oon Records:KSC2202)
Denki Groove-Recycled A
Amazonで詳しく見る

昨日は電グルの"A"を紹介したから、今日はそのリミックス盤"Recycled A"です。以前はそんなに気にしてなかったけど今になってリミックスに参加した面子を見ると、実は結構凄いです。HerbertことDoctor Rockit、Kaito名義で活躍するHiroshi WatanabeことQuadra、ハードファンキーテクノのDJ Misjah、ジャーマンテクノシーンで人気を博すMijk Van DijkやThomas Schumacher、エレクトロを得意とするDMX Krewなどクラブミュージックの視点に立った人選が成されております。 特に98年の時点でまだ一般的に知名度が高くなる前のHerbert、Hiroshi Watanabeを起用してる辺りは、石野卓球の嗅覚の良さが窺えますね。だからと言って全てのリミックスが良いかと言うとそうでもないですが、原曲よりも更にファンキーに仕上げたDJ Misjah、フラットなミニマルさを強調したSchumacherは無難と言えば無難ですがやっぱりクラブで使いやすい仕様になっています。Quadraは今みたいに荘厳な音ではなくて、音数多めで少々ハードなテクノアレンジで意外です。しかしJimi TenorがリミックスしたShangri-laはラウンジミュージックみたいにかつての渋谷系お洒落を狙ったみたいで、これは如何なものだろうか。Doctor Rockitのリミックスは完全に彼の音になってしまっていて、もはや元が電グルだとは判別不可能です。個人的にはユーモアに溢れるDoctor Rockitのリミックスは好きだけど、電グルには合わないのかと思いますが。色々なアーティストが参加しているから音もざっくばらんで統一感はありませんが、その統一感の無さが電グルっぽいのかもしれないですね。

試聴

Check "Denki Groove"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO5 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Denki Groove - A (Ki/oon Records:KSC2184)
Denki Groove-A
Amazonで詳しく見る

忘れてたんだけど電気グルーヴっていつの間にか復活してて、ライブDVD"Live at FUJI ROCK FESTIVAL '06"(amazonリンクはこちら)もリリースしてたんですね。なんでも"Shangri-La"をライブでやったらしく、それが大変レアみたいですね。でも自分はDVDを買ってないので、"Shangri-La"が入っているアルバムを紹介します。

このブログを読んでいる方ならば分かると思いますが、僕は電気グルーヴにはほぼ興味はありません。(半ば通過儀式にさえなっている)テクノに入り浸るきっかけにもなってないし、日本ならばやはりKen IshiiかFumiya Tanaka派です。やっぱり"テクノ"と言う音で考えると電気グルーヴは何か違うなーと、ただそれだけです。このアルバムでもその印象は変わらず"Never"、"Garigari Kun"、"Volcanic Drumbeats"辺りなんかは苦手な部類。語り調のボーカルとかふざけているような音楽構成とか、そうゆうのが苦手。でもだから逆にシルヴェッティをサンプリングした"Shangri-La"は、煌びやかかつ腰に来るグルーヴが素敵な正統派ディスコハウスで気に入っております。"Wicked Jumper"や"Asunaro Sunshine"、"Caty Summer"もズコズコ太い4つ打ちキックが聴けるし、純粋にアッパーなテクノとして好きです。それに何だかんだ石野卓球はキャッチーなメロディーを創るセンスは、そのふざけてる普段以上に実はあるんですよね。だから一度本格的に真面目なテクノアルバムを作って欲しいんだけど、電気グルーヴではそれは永遠にやらないでしょうね。だからソロ活動してるじゃんって事になるんだろうけど。

試聴

Check "Denki Groove"
| TECHNO5 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(1) | |
電気グルーヴ×スチャダラパー - 電気グルーヴとかスチャダラパー (Ki/oon Records:KSCL844-5)
電気グルーヴ×スチャダラパー-電気グルーヴとかスチャダラパー
Amazonで詳しく見る(限定盤)
 Amazonで詳しく見る
古くから日本のテクノシーンを支えてきた電気グルーヴと、ヒップホップシーンを支えてきたスチャダラパー。その両雄がコラボーレートすると言う夢の様な出来事が起きました。今となってはテクノとヒップホップが合い交えるなんて珍しい事でもないけれど、今回の出来事には僕も多少興奮を覚えました。先行シングルの「Twilight」は80年代を思い出させられるキラキラキラメキの君に胸キュンポップソングだけど、アルバムの方はその路線を裏切る(と言うかやっぱり)電気グルーヴの大馬鹿路線が主軸かと。スチャダラパーが参加してる割には余りヒップホップを感じさせず、歌もラップ調と言うより語り調?な感じ。まあ僕は歌詞の方はどうでもいいので、歌詞の内容自体はあまり理解していません。問題はトラックの方だけれども、普通に電気グルーヴぽくないかな?古いブリブリのディスコ調や分厚いベースのエレクトロ調、YMO並のテクノポップなど特に新機軸はありません。ノリノリで馬鹿やっているような音楽…まあ普段の電気グルーヴ通りなので、電気グルーヴ好きであれば当然みんな買っているでしょう。しかしスチャダラパーが好きな人は、これ気に入るのか?絶対気に入らないと思った。まあそれでも異なるシーンを長らく支えてきた両雄だけに、齢25歳を越えている僕には懐かしくもあり今も活躍している彼らには心動かされる物がある。

試聴

Check "Denki Groove"
| TECHNO2 | 21:18 | comments(10) | trackbacks(6) | |