CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Prins Thomas - Paradise Goulash (Eskimo Recordings:541416507275)
Prins Thomas - Paradise Goulash
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
ノルウェーのニューディスコ大使と称されるPrins Thomasによる新作は、計3枚にも渡ってジャンルの壁を取っ払って、兎に角あらゆる音楽を楽しんで貰う意図でミックスされた大作だ。そのタイトルからも分かる通りNYの伝説的なクラブであるParadise Garageへのトリビュート的な内容であり、確かにジャンルレスという点においてその意思を受け継ぐコンセプトであろう。元々2007年には同様にニューディスコだけに限定されずに底抜けの多幸感を打ち出した怪作である『Cosmo Galactic Prism 』(過去レビュー)を披露しており、それを前提とすると2014年にリリースされた『Rainbow Disco Club Vol.1』(過去レビュー)はテクノを中心としたミックスとなった事で奇妙なユーモアは後退し、彼らしい賑やかなごった煮サウンドによる恍惚感は喪失してしまっていたと思う。そんな流れを踏まえて、本作は再度ジャンルレスかつタイムレスな選曲を行う事で、単にダンス・ミュージックの躍らせるという機能性だけにこだわらずに、変幻自在な流れによって惑わされながら何処か掴み所のない恍惚状態を引き起こす面白い作品に出来上がったと思う。勿論様々なジャンルは用いながらもバランスを壊す突飛な流れにはなっておらず、CD1〜3の流れに沿って大まかなジャンルの区分けはされている。CD1は最もレイドバックしており、牧歌的なロックから始まり民族的なジャズや懐かしみのあるハウス、夢現なアンビエントから艶かしいファンクを通過してのディープなアシッド・テクノまで、肩の力が抜けたプレイでゆっくりと温めながら多用なリズムと音色によって先ずは肩慣らし的な導入だ。CD2では2000年以降のニューディスコやテクノにハウスなど現代的なダンス・ミュージックが中心となり、徐々にビートは力強さを増しながら夜のパーティーへ向かうざわめきを喚起させる魅惑の快楽的な時間帯へと突入する。その流れを引き継いだCD3ではより快楽的な真夜中の時間帯から始まり、ディープかつミニマルな流れを保ちながらエクスペリメンタルな電子音楽へと遷移し、湿っぽく可愛らしいジャズやライブラリーミュージック的なリスニングの曲、そして熟成したような味わいのあるプログレッシヴ・ロックを経過して下降気味に終焉へと向かう。CD3枚に渡って起承転結がはっきりとした流れは非常にスムースで、パーティーの始まりから終わりまでを意識したようにも感じられるし、多数のジャンルを過剰に詰め込んだ事でその情報量の多さに抵抗の出来ない恍惚感も生まれている。流石に3枚合わせて200分越えなのでお腹いっぱいにはなるものの、Thomasらしく外向きの享楽的なパワーが発散するDJプレイが目に浮かぶようで、やっぱりこんなミックスが彼らしいと思わせられる内容だ。



Check "Prins Thomas"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE11 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Luminodisco - Understory (Hell Yeah Recordings:HYR 7142)
Luminodisco - Understory
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
イタリアから沸き立つバレアリック・ハウス/ディスコの代表格であるHell Yeah Recordings。同レーベルの中心的アーティストとしてBalearic GabbaことEnzo Eliaの華々しい活躍は記憶に新しいが、もう一人中心的存在として成長しているアーティストを挙げるのであれば、Federico CostantiniことLuminodiscoがそうだろう。2010年から同レーベル、そしてその傘下のDanny Was A Drag Kingから多数のEPをリリースし、既に多くのDJからのサポートを受けているそうだ。そしてDJからは高い評価を受けた上で、この初となるアルバムによってDJだけでなくリスニングとしてダンス・ミュージックを楽しむ層にまで、Luminodiscoの名前は浸透する事だろう。結論から言ってしまえば、気の抜けたセイウチがアマゾンの中で微笑んでいるジャケットから感じる、ユーモアに溢れつつ桃源郷のような多幸感、それこそがこのアルバムの音楽性を象徴している。森林の奥地で鳥や虫の鳴き声が響くイントロから、徐々に総天然色のバレアリック感満載なシンセに満たされるニュー・ディスコの"Understory"でアルバムは幕を開けるが、この時点でジャケットのような色彩豊かなトロピカル感にリスナーは出くわしている事だろう。続く"La Mission"ではぐっとテンポを落として生っぽいマリンバや笛の音色と共に祝祭感のあるボーカルを加えたダウンテンポを披露し、"The Pirates"ではフロアを賑わすであろうどっしりとした4つ打ちとファンキーなシンセのリフが主張するディスコを鳴らし、緩急を付けながらも色調は総じて底抜けに明るく自然が茂る熱帯の空気に満たされている。アルバム中盤の"Equipe"ではファンキーなチョッパーベースと爽快なパーカッションが躍動感を生み出しながら、切なさを生むしんみりしたシンセのメロディーが肌に染み入るようで、現代版イタロ・ディスコと呼びたくなる。アルバムの終盤では瞑想的なシンセがどんよりと蠢くアンビエント色強めな"Lavori Forzati"から、流麗なストリングスや可愛らしいシンセによって華々しく飾られた正にパーティー基調のディスコな"Oh Mary"が続き、ハッピーな感情を誘発させて綺麗な閉じ方を用意している。アルバムとしての総合力、ホームリスニングも意識した前提が活かされた見事な作風で、一時も飽きさせる事なく聞かせる曲群は見事と言わざる得ない出来栄えだ。リゾート地にいるかのようなトロピカルで涼し気な感覚は、蒸し暑い真夏に聴くにも最適で開放的な昂揚を誘う事間違いなし。



Check "Luminodisco"
| HOUSE11 | 21:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2014/12/13 Acid City @ Air
アシッド・ハウスに可能性を見出し再度その普及と発展に身を捧げているDJ EMMAが、新たに立ち上げたパーティーが"Acid City"だ。年内最後となる今回の開催は5年ぶりにリリースした自身の人生とも呼べる"EMMA HOUSE"のリリース記念も兼ねているそうだが、そこにはEne Recordsを主宰するChidaと、日本が世界に誇るアーティスト・Hiroshi Watanabeが登場する。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Emma House XIX MOUSE-COLORED CAT (Funkasia Entertainment Inc.:FECD-0001)
Emma House XIX MOUSE-COLORED CAT
Amazonで詳しく見る

ある意味では一つのジャンルとして確立されている"Emma House"は、日本におけるハウス・ミュージックの歴史の一部と呼べるかもしれない。芝浦GOLD時代からYellowへ、そしてWOMBやageHaでのハウス・パーティーのレジデントを担当してきたDJ EMMAだからこそ、ハウス・ミュージックに対する造詣の深さに説得力を持つのだろう。そんなDJ EMMAを代表するパーティーが"Emma House"であり、1995年から続くMIXCDのシリーズでもある。2010年に"Emma House 18"をリリースして以降は新作は途絶えていたが、機が熟したのだろうか5年ぶりに遂に同シリーズの新作がリリースされた。今尚レジデントを持つ自負、そして徹底的な現場主義という気持ちが伝わるかの如く、本作ではヴァイナルと共にデータ音源も使用はしているものの入魂の一発録りで一切の編集は行っていないそうだ。そして肝心の内容はと言えば確かにEMMAらしいソウルフルなストーリー性はあるのだが、そこに近年の趣向が反映されたアシッド・ハウスや最近のパーティーでプレイされる曲も収録し、CDという形ではあるものの正確に現場の雰囲気が再現されている。幕開けは今年亡くなったゴッドファーザー・オブ・ハウスことFrankie Knucklesが手掛けた、Vintage Lounge Orchestraの"Dreams (DJ Tools Version)"で始まるが、全くキックもリズムも入らない歌とメロディーによる切なさが込み上げる展開はこの後の盛り上がりを既に予感させている。そこに叙情性を積み重ねるように"Man With The Red Face (ATFC "When The Light Go Up" Remix)"を繋ぐが、3曲目の"Air Alertness (Malawi Rocks Remix)"のプログレッシヴ・ハウス寄りな流れで一気にスピード感を増すと、その勢いにのり近年の趣向が反映されたアシッド・ハウスな"Zanzibar (Malawi Acid Dub)"や真夜中のフロアの雰囲気が浮かび上がるダークなハウスである"Say It"を繋ぎ、深い深い闇へと潜って行く。中盤は対照的に"Strandbar"や"Break The Dawn"など麗しいニュー・ディスコや輝きを放つテクノなど、一転して開放的でドラマティックだ。その後もソウルフルなボーカル・ハウスやミニマルにヒップ・ハウスなど多様性を伴いながらも、曲を丁寧にミックスしつつ大胆な展開で感情を揺さぶっていくプレイは、DJと言うプレイにストーリーを感じずにはいられない。ただ曲を繋ぐだけではなくその人の生き様が浮かび上がるような、そんなプレイだからこそ"Emma House"は愛され続けているのだろう。

Check "DJ EMMA"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE10 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Balearic Gabba Sound System - What You Really Need EP (Hell Yeah Recordings:HYR7133)
Balearic Gabba Soundsystem - What You Really Need EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
今年1月に初来日を果たしたEnzo Elia。イタリアから「Balearic Gabba Edits」なるシリーズで過去の名作をバレアリック化した作品は、ニュー・ディスコやハウス方面でも御用達となり若手ながらも注目を集めている。本作はBalearic Gabba Sound System名義での作品となるが、中身はEnzoによるエディット作品という点で今までのシリーズの延長線上にあるものだ。しかし内容については今までの中でも格別で、イタリアのアーティストらしくイタロ・ハウスのクラシックに手を付けるなど、懐かしさと新鮮さが同居する素晴らしいエディット作品だ。A面にはSoft House Companyが1990年に放った"What You Need"のエディットが収録されているが、原曲を2倍以上の11分へと引き伸ばした事で先ずはDJとして使い易いように手が加えられている。また元々は今となっては野暮ったいハウスのリズム感だったが、ここでは細かく刻んだようなアレンジも施して今っぽいニュー・ディスコへと生まれ変わらせ、燦々とした太陽が降り注ぐようなトロピカルなピアノのコード感もより活きた開放感のあるエディットへと生まれ変わった。B面にも同じくイタロ・ハウスでは定番ともいえるDon Carlosによる"Ouverture"と"Chicago"のエディットが収録されているが、前者はアマゾンの中に居るような鳥の鳴き声もサンプリングされよりトロピカル感を増した透明感のあるディスコへと、そして後者はセクシーな女性の喘ぎ声をサンプリングしつつキックを抜いた事でよりリラックスしたリゾート感溢れるトラックへとアップデートされ、正にバレアリックなエディットを披露している。オリジナルからして既に名作といえるものだったが、その雰囲気を壊さずにモダンなバレアリックな要素を加えた本作が悪いわけがない。



Check "Enzo Elia"
| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/8/1 OATH 9th Anniversary -DAY1- @ Oath
青山大学の裏手でひっそりとパーティーを開催しているOathも遂に9周年を迎えた。基本的には普段から国内のDJが競い合うようにレギュラーパーティーを主宰し、ふらっと気軽に遊びに行けるような溜まり場的な位置付けでありながら、特に朝になってからは熱狂的な盛り上がりを見せる希有なクラブとして、特別な存在感を放っている。今回の2日に渡って開催される9周年パーティーもOathに馴染みの深いDJが総出演と、ある意味では特別ではなく普段のOathらしさをそのまま打ち出した内容だが、逆にだからこそ親近感と安心感があるのだろう。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/7/4 Guidance Proudly Presents Mr.Ties 1st Japan Tour in Tokyo @ Amate-raxi
イタリア出身、現在はベルリンでHomopatikを主宰するMr.Tiesは若干27歳、楽曲制作としての活動ではなくDJとしての活動のみでアンダーグラウンドシーンで高い評価を獲得している。Homopatikは基本的にはゲイパーティーであるそうで、まあそれが日本で受けるかどうかは予測出来ないが、毎回20時間を超えるパーティーながらも事前に出演するDJの告知もせずに多くのファンを惹き付けるのだから、得体が知れない魅力がきっとあるのだろう。今回はかねてからMr.Tiesに関心を示していたGuidanceに遂にMr.Tiesの出演が決まったのだが、そこにはGuidanceらしくKenji TakimiやAltzにCMTなど日本のアンダーグラウンドシーンからも実力者を呼び寄せ、日独のスリリングなダンス・ミュージック・パーティーを繰り広げる事となった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/6/7 LIFE -amate-raxi 7th anniversary- @ Amate-raxi
今宵はAmate-Raxiの7周年記念として、Amate-raxiを中心に活動する"Guidance〜導き導かれる人生〜"と"AREJANDRO"に"HOT BANANA"がパーティーをサポートする。目玉は15年ぶりにライブを披露すると言うDJ Quietstorm × L?K?Oのセッションで、一体どんな音が飛び出すのか予想もつかない楽しみがあるが、Guidanceには馴染みの深い瀧見憲司やBoredomsのEYE、更にはBoredomsやThurston Mooreにもドラマーとして参加しているLone Wolf(Ryan Sawyer)がドラム・ライブとDJを披露するなど、アニバーサリーらしい豪華な出演陣だ。それだけではなくフードやシーシャバーに加え映像による楽しみなど、五感を刺激する色々な要素が盛り沢山のパーティー、期待せずにはいられない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/5/2 Danny Krivit Japan Tour 2014 @ Origami
来日の度に必ず使われる有名なアーティスト紹介文だが、敢えて記載する。Francois K.をもってして「自分を唯一惨めな気もちにするDJ」…それがDanny Krivit。それまではアーティストとしての楽曲制作は行う事がなくあくまでDJとして活動を続けていたため、世界的に見ても一部のみに知られていたDJだったと思うが、世界的にも知名度を得るきっかけになったのは、Francois K.、Joe Claussellと共に始めたBody & Soulと言うパーティーだ。当方もB&Sを昨年初めて体験したのだがまだDanny単独のプレイは未体験だったので、半年ぶりにOrigamiを見に行く事も兼ねてDannyのパーティーへと足を運んだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/1/24 Guidance〜導き導かれる人生〜 9th Anniversary @ Amate-raxi
音楽ジャンルを限定する事なく変化を続けながら、音楽以外の楽しみ方も持ち込んで多角的な楽しみ方の出来る一夜を作り上げるパーティー、"Guidance〜導き導かれる人生〜"。そんなGuidanceも遂に9周年を迎えたが、そのスペシャルな一夜にはベルリンのバレアリックシーンで頭角を表しているEnzo Eliaをゲストに、国内からAltzや瀧見憲司らが参加し、アニバーサリーらしい錚々たる面子が揃った。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |