CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Xtal - Skygazer (Crue-l Records:KYTHMAK 156DA)
Xtal - Skygazer
Amazonで詳しく見る(日本盤)

長らくリリースの告知がされていたものの予定は未定と延期が続いていたが、こうして実際にアルバムを手に取り聴いてみると期待以上の素晴らしさに心が震える。それこそTraks Boysとしても活動する元Crystal改めXtalが、Crue-l Recordsから発表したアルバムの『Skygazer』だ。元々Crue-lから2011年末にリリースした「Heavenly Overtone」(過去レビュー)が日本のクラブ/パーティーでヘビープレイされる大ヒットとなり、それを契機にXtalとしての天国への階段を昇るようなトランシーかつバレアリックな音楽観が形成されたように思うが、そこからが非常に長かった。途中には「Vanish Into Light」や「Break The Dawn」等のEPもリリースされ各々ヒットするも、それから予定はあれど一向にアルバムのリリース日が決まらず、気付いてみたら2年以上の時間が過ぎていた。最終的には今までにリリースされた既存の曲も盛り込みつつ、GonnoやFran-Keyに神田朋樹やS.Koshi、そしてレーベルの中枢でもあるCrue-l Grand Orchestraまでもフィーチャーして、パーティーでのアンセムとなるダンス・トラックから上品なポップス感覚まで盛り込んだリスニング系まで実にバラエティー豊かなアルバムになったのではと思う。門出を祝うような白色光のシューゲイザーに包まれる"Vanish Into Light (Album Version)"で始まり、そしてアルバムバージョンへと生まれ変わり骨太さも兼ね備え多幸感の成層圏を突き抜ける"Heavenly Overtone"やキャッチーなシンセが快楽的に反復し肉体を刺激するグルーヴが貫く"Red To Violet"など、フロアを底抜けの至福のムードへと染めるリリース済みのダンストラックは文句無しに素晴らしい。勿論4つ打ち一辺倒ではなく、神田をフィーチャーした"Unfamiliar Memories"はスパニッシュ風なピアノやビートが大人びた色気を、Fran-Keyをフィーチャーした"Pihy"では小刻みに動くアシッド音を使用しながらも野外の爽快な高揚を、そしてGonnoが参加した"Steps On The Wind"では現実と非現実の狭間にいるようなドリーミーな感覚を、アルバムの中に盛り込んで単に踊る為だけではないリスニングとしての強度を高める事に成功している。ラストはCrue-l Grand Orchestraによる桃源郷のような甘さの中に溶けてしまうようなストリングスに涙する"String Driven"をそのまま利用し、しみじみとした郷愁が継続するダウンテンポに仕立てあげた感動的な"Skygazer"だ。ダンスだけでもない、リスニングだけでもない、アルバムだからこその最初から最後まで起伏がある展開でXtalのトラックメーカーとしての才能が発揮された内容だ。Crue-l Recordsらしい優雅さもある、そしてレーベルの中で最もダンス色も強く、アーティスト/レーベルにとっても未来へのポジティブな意思が植え付けられている。



Check "Xtal"
| TECHNO12 | 13:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
Crue-L Cafe II (Crue-l Records:KYTHMAK 155DA)
Crue-L Cafe II
Amazonで詳しく見る(日本盤)

事情は分からないが、2010年代に入ってから活発に活動を行っていたCrue-l Recordsが、ここ2年は全く新作をリリースする事なく沈黙を保っている。レーベルの公式HPにはもうずっと変わらずに、新作リリースのスケジュールが記載があるにもかかわらずだ。そんな空白を埋めるように丁度リリースされたのが、『Crue-L Cafe』(過去レビュー)以来3年ぶりとなる続編的な名義のレーベルコンピレーションである本作だ。Crue-lはご存知の通り瀧見憲司が主宰するインディー・レーベルで、初期の東京の空気を目一杯吸い込んだネオアコ〜渋谷系と呼ばれた時代から近年のバレアリックなダンス・ミュージックとして定着するまでの長い時間をかけて、混沌としたジャンルの坩堝の中からエレガントな要素を掘り起こす審美眼によって素晴らしい音楽をリリースし続けていた。その音楽性は幅広く、そしてレーベル・カタログに名を連ねるアーティストもある意味では無秩序であり、それは本作に曲を提供したアーティストの幅の広さからも分かるだろう。ポップ・ソングのプロデューサーを務める神田朋樹、テクノ・シーンで頭角を現すCrystal、Crue-lに見出されたチルウェイヴ系のThe Beauty、100% SILKでも活躍するモダン・ハウスのMagic Touch、更にはリミキサーにウクライナを代表するアーティストでもあるVakulaやデトロイトからTheo Parrishまで、そこに名前だけ見れば統一感を探しだすのは難しい。しかし実際に作品を聴いてみれば確かにCrue-lらしい自堕落なダンス・ミュージックの快楽性から生まれる多幸感と、そしてトリップ感やサイケデリック感に惑わされながらも決して下品にはならずに上質なエレガンスがあり、Crue-lというフィルターを通す事によりそれらがレーベルとしての共通項になっているように思われる。さて、本作は収録曲全てが初CD化、または未発表曲(本来は既に発売済みだったはずのEP等の曲)から構成されており、レーベルに詳しくなくても手に取る価値のある内容だ。何といっても注目なのは店舗では販売されなかった200枚限定の"(You are) More Than Paradise (Theo Parrish Translation Long Version 2)"だろうか、17分にも及ぶ華麗でファンキーなビートダウン・ハウスへと生まれ変わった本作は、その余りにも強烈な個性が故にDJとして使うのは難しいだろうが曲自体は文句無しの素晴らしさだ。原曲よりも更に無骨さとトリップ感を増して白色光に包まれる多幸感の真っ只中にある"Heavenly Overtone (Vakula Remix)"、ミニマルな展開へとエディットしながら後半にサイケ感が爆発するダウンテンポの”Everybody Wants To Rule The World (Hikaru& Miyashita's Naha City Free Feel 2 Edit)”など、こういった全く方向性の異なる作風があるのも面白い。そう、Crue-lにはジャンルの壁など無く時代のダンス・ミュージックの流行に左右されずに、彼等自身が信じる音楽性を一心に追い求めているレーベルなのだろう。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE11 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Crue-L Cafe (Crue-L Records:KYTHMAK140DA)
Crue-L Cafe
Amazonで詳しく見る

Crue-L Recordsの生粋のファンならばまさかタイトル通りの内容だと思う人はいないだろうが、しかし"Crue-L Cafe"なんて言うタイトルに釣られてお洒落なコンピだと思い込み購入したリスナー(まずいないと思うが)は、そんな風に騙されたとしても幸運にもCrue-L Recordsの魅力を知る事になるだろう。Crue-L Recordsは古くから渋谷系とリンクし、そして日本のインディーのダンスミュージックシーンをリードしてきた稀有なレーベルだ。今でもそのスピリッツにぶれは無く、こんなご時世に於いてもアナログ中心のリリースを守り続けているのだから、本作の様に9割方を初CD化/新曲で満たしたコンピレーションのリリースは特に貴重と言えるだろう。そしてカフェと言うタイトルを真に受けてはいけないが、しかし淡い夢の世界へと引き込むリスニングミュージックもあれば、心も解脱して昇天するダンスミュージックもあり、ただ音に耳を傾けるだけで鎮静剤の様に緊張を解きほぐす作用があるのは確かだ。目玉は目下フロアを賑わしているCrystalの"Heavenly Overtone"だろうか、天国への階段を駆け上がっていく圧倒的な多幸感に包まれるハウスは正にCrue-Lらしいダンスミュージックだ。その一方でDiscossessionによる"Manitoba"は胸を締め付ける切ないギターとドリーミーなシンセが溶け合い、浮世離れした微睡みのアンビエントの世界へと連れて行ってくれるだろう。そして新人が育っているのにも注目だ。郷愁にかられるフォーク・ロックな"Ride a Watersmooth Silver Stallion"を提供した神田朋樹は、レーベルオーナである瀧見憲司と組んでBeing Borings名義で"Love House of Love"と言う祝祭を繰り広げるサイケデリックなディスコダブも披露している。かと思えば何処から引っ張ってきたのかTim Deluxeはポップで無邪気なアシッドトラックを提供し、Eddie Cはいつも通りの温かみのあるミニマルなディスコを聞かせている。ハウスもアンビエントもフォークもディスコダブもごちゃ混ぜだが、そこにはCrue-L Recordsの心神喪失を誘う陶酔感と洗練された優美な様式が共通項としてあり、だからこそ世界に誇れるバレアリックなレーベルと言う位置付けは今でも変らないのであろう。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/08/06(FRI) ene presents The Backwoods 1st Album "The Backwoods" Release Party @ Eleven
DJ : The Backwoods aka DJ KENT
Guest DJ : 5ive
Live : Kaito Exclusive Live & DJ Set, 9dw

2010/08/09(MON) 月光 @ Grassroots
DJ : Hikaru, DJ Yogurt, Q

2010/08/13(FRI) HEY MR.MELODY vol.100 @ Bar MOVE
DJ : Altz, ミスターメロディー, Yakenohara, タカラダミチノブ

2010/08/14(SAT) Ostgut-Ton presents Sound of Berghain @ Eleven
DJ : Marcel Dettmann, DJ Nobu
Live : Shed

2010/08/21(SAT) SATURN -CLUB SEATA SUMMER PARTY- @ Club Seata
Live : The Sunpaulo, DJ Yougrt & Koyas
DJ : Hiroshi Kawanabe, KEIZOmachine!, W2+Buppa.9 a.k.a 4039, Anthony

2010/08/28(SAT) Raid @ Unit
DJ : Altz, DJ Kensei, DJ Nobu, Shinya
Live : Dachambo, Soft, Fran-key, Crystal & Roger, Rub-A-Dub Market, Green Green, ngoma, DJ Duct
| UPCOMING EVENT | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/06/27 MUSICO 4 @ content 東京都現代美術館地下
MUSICO1

MANGOSTEEN主宰「食と音楽のMIX UP PARTY『MUSICO』」。今回は発酵食品をテーマに、そして出演者にはDJ Yogurt、FRAN-KEY、cinnabom+青芝和行を迎えてのパーティーと言う事で友達を誘って遊びに行きました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Fran-Key, Crystal & Roger - Moonwalk On The Rock (Crue-L Records:KYTHMAK119)
Fran-Key, Crystal & Roger - Moonwalk On The Rock
Amazonで詳しく見る

Crue-L Recordsのパンキッシュダンスユニットの1stアルバム"Last Night A DJ..Dreamed To Be A Band"(過去レビュー)からのシングルカット。4曲の内3曲はアルバム収録済みですが、1曲だけはRUNAWAYなるアーティストがリミックスを提供しております。"Moonwalk on The Rock (Runaway Remix)"はMoodymannみたいなファンキーな声ネタサンプルを使用して、賑やかで楽天的なハウスへと仕上げていて、オリジナルのパンキッシュな作風からは離れつつも和やかなムードと言う点では共通点も感じられるリミックス。ベースやシンセもぶいぶいとうなっているブギー調ハウスは、パーティーでハッピーな空気を創るのにぴったりですね。オリジナルの"Moonwalk on The Rock"はロッキンでパンキッシュだけど、ジャーマンプログレに通じるトリッピーさが程良い酩酊感を生み出すし、シューゲイザー風なギターが放出される"Eternal Youth"も過剰なエネルギーが溢れてきて痺れます。ロッキンだけどDJ仕様なトラックなので、是非ともクラブで爆音でかけたいな。

試聴

Check "Fran-key", "Crystal" & "Roger"
| HOUSE5 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Fran-key, Crystal & Roger - Last Night A DJ..Dreamed To Be A Band (Crue-L Records:KYTHMAK131DA)
Fran-key, Crystal & Roger-Last Night A DJ..Dreamed To Be A Band
Amazonで詳しく見る

Crue-L Recordsからのニューカマーは、二人のDJと一人のドラマーによるクラブ系ロックバンド。DJとしても活躍しているFran-keyとCrystalはキーボードを操り、そしてハードロックドラマーのRogerがドラムを叩いているそうだ。アルバム名が正にそのまんま。そしてここにあるのはジャーマンプログレの現代版Harmoniaみたいな、底抜けに明るくパンキッシュで多幸感に満ちたエレクトリックロックサウンド。ドラムはもちろん人間が全て叩いているおかげでモロにバンドっぽくロッキンな感じなんだけど、そこにキラキラとしたポップ感覚とどこかほのぼのとしたピコピコシンセな音が被せられていき、ダンスとロックの溝を埋めていくハイブリッド感覚が先行する。いやしかし、これはハイファイではなくローファイの感じられるどこか懐かしくもある音で、ピコピコなシンセはどうしたって能天気で気が抜けてしまう気持ち良さがあります。こんな苦しい時代だからこそ何も考えずにハッピーになれたら良いじゃないかと言わんばかりの晴々しさは、なかなかそうは聴けるもんじゃありません。宇宙の果てまでオプティミスティックに突き抜けたコズミックディスコパンクと命名したい。

試聴

Check "Fran-key", "Crystal" & "Roger"
| TECHNO7 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kahimi Karie Presents Crue-l Crystallization (Crue-L Records:KYTHMAK111DA)
Kahimi Karie Presents Crue-l Crystallization
Amazonで詳しく見る

遂にこのブログでもKahimi Karieが出てくるなんて自分でも思ってなかったけど、Crue-L Recordsの作品を彼女がたまたまコンパイルしただけで、別に彼女の事を好きでも無ければ詳しい知識も持ち合わせていない。自分の中ではKahimi Karieはフリッパーズギターと同じ渋谷系の一言で片づいてしまう、それ位彼女の事は分からないと言う訳です。でも実は彼女がCrue-Lの作品をコンパイルしたのは、初期にCrue-Lから作品を出していた事が関係あったみたい。知らなかったよ、Kahimi KarieがCrue-Lからリリースしてたなんて…。てかCrue-Lに関してもクラブミュージックに歩み寄った近年の作品以外は全く無知でございまして、初期の頃のレーベル作風も知らないです。

早速一通り聴いてみた所、人肌の温もりと静かなる情熱とそしてメランコリーな空気が混在するアダルトな音楽ですね。クラブミュージック性は皆無ながらもアコースティックで柔らかい音色が爽やかに体を通過して、随分と落ち着きを感じさせるラウンジを意識した内容でしょうか。ジャンル的に何というか分からないけれどダウンテンポが近いのかな、ゆったりと流れる音がゆったりと広がって決して部屋の雰囲気を壊さない様な楽曲が詰まっています。最近のCrue-L Recordsしか知らない僕にとっては、こんな静謐で厳格なるムードを持ったCrue-Lは逆に新鮮でした。男共は女の子を部屋に呼んで一緒に聴けば、二人の距離が縮まるんじゃないかと。そうじゃなくても違いの分かる人だと格上げされたり位はするかも、と自分に酔いたい人にも向いている。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC2 | 21:45 | comments(3) | trackbacks(0) | |
Crue-L Future Compiled By Kenji Takimi (Crue-L Records:KYTHMAK-100DA)
Crue-L Future Compiled By Kenji Takimi
Amazonで詳しく見る

瀧見憲司率いるCrue-L Records設立15周年+カタログナンバー100を記念し、未発表曲や初CD化の曲を集めた最新のレーベル紹介盤が登場。僕自身はCrue-L Recordsには殆ど興味もないのですが、気になるアーティストも参加していたので取り敢えず購入。1曲目Crue-L Grand Orchestra「More Than Paradise (LUGER E-GO Re-Edit)」からして、既にバレアリックな空気プンプンなチルアウト。悲壮感に漂うストリングスが何度も何度も頭を駆けめぐり、途中から入る優しくもか弱いピアノアレンジに、いつの間にか世界は天国へ。2曲目「Walk Through Happiness(LINDSTROM Remix)」は今が旬のLINDSTROMをリミキサーに迎えています。アコースティックギターの郷愁に満ちた音に、ディスコダブ的なギラギラのベースアレンジを加え、最新のエクレクティックなモードを披露。そして3曲目「Inspiration Information(KAORU INOUE Remix Beatless)」では、クロスオーバーの代表的存在・井上薫が素晴らしいリミックスを披露。ギターアルペジオを多用した開放感あふれるビートレスなアレンジで、井上薫の持ち味が最大限に表現されたアジアンな出来だと思います。そして何と言っても注目は「Spend The Day Without You (EYE Remix#2)」でしょう。元々は限定でリリースされたレコードから、このCD用に再アレンジしたバージョンを収録。EYEによる変態曼荼羅な世界が爆発し、イコライジングを強烈に効かしたハイエナジーディスコサウンドに変容。頭の中を何だか分からない狂気と歓喜が混ざった気持ちが突き抜け、どんな場所でもどんな人でも盛り上がる事間違い無しの一曲です。その後もハウスやチルアウト、ディスコダブなどが収録されていますが、このCrue-L Recordsと言うのは和製イビザなのだと感じました。アンビエントの様に瞑想を誘う訳ではないのですが、実在の時間を無視したスロウな時を刻み聴くだけで心が安らぐパラダイスの世界を提供してくれる音なんですね。「Crue-L Future」と言う通り、これからのレーベルの進むべき道を示した素晴らしいコンパイルだと思います。

試聴

Check "Kenji Takimi"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |