Four Walls - Observe The Heavens EP (Eat More House:EMH002)
Four Walls - Observe The Heavens EP

ディープ・ハウスのファンであればFour Wallsを名乗るMihail Shvaikovskiについては、当然記憶の片隅程度にはその名を知っているだろう。ベラルーシ出身、1987年生まれのこのクラブ・ミュージックの業界では比較的若手のアーティストは、今までにもTraxx UndergroundやKolour LTDと言ったレーベルから、ジャジーでクラシカルかつソウルフルで黒いハウスをリリースして早速注目を集めている。特にKolour LTDからはFunkyjawsとの共作で非常に高品質なディープ・ハウスを送り出しているが、この新作はFour Walls単独によるものだ。ドイツの新興レーベルであるEat More Houseのカタログ2番と言う事もあり、レーベルの今後の方向性も占うような作品としても勝手に見做しているが、もしそうだとすればレーベルの将来を期待したくもなる良作である事を断言する。以前の曲が比較的洗練され優雅な印象もあったものの、新作に於ける"Constellations"はマイナー調のメロディーとざらついた音の質感に臨場感のあるパーカッションが、幾分かラフさを強調したディープ・ハウスの印象を残している。層になって重なっていくようなメロディーの酩酊感ある心地良さはFour Wallsらしく、DJツールとしてだけではなくエモーショナルな音楽性を活かしている点に変わりはない。よりFour Wallsに期待しているものが表現されているのは"Across The Ocean"だろうか、爽やかなパーカッション使いと空へと広がるような美しいシンセの中からファンキーなギターカッティングやフュージョン的な華麗なメロディーが飛び出してくるこの曲は、開放感と爽快感のあるフュージョン・ハウスでとてもポジティブに響く。またアシッドなベースラインが特徴的ながらも耽美なピアノのコード展開により切なさを打ち出した"Techride"は、スムースでグルーヴ感と洗練された世界観がクラシカルなディープ・ハウスへと繋がっている。奇を衒わずにオーセンティックな性質さえ伴うFour Wallsのハウスは、流行に左右されない普遍的な魅力に溢れているのだ。



Check "Four Walls"
| HOUSE11 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Four Walls & Funkyjaws - One Night In Grodno (Kolour LTD:KLRLTD015)
Four Walls & Funkyjaws - One Night In Grodno

確実に勢力を盛り返しつつあるハウスも現在の中心地がベルリンである事に異論は無いが、アメリカに於いても一時期よりはハウス熱を戻ってきているようには感じられ、その一旦にはデトロイトからの新興勢力であるKolour Recordingsがある。本作はそのレーベルの限定ラインであるKolour LTDからの新作で、ベラルーシのMihail ShvaikovskiことFour Wallsと同郷のSergey AbramovことFunkyjawsの若手二人の共作となっている。二人ともまだ20代前半であり知名度がまだまだなのは当然だが、本作に於ける豊かな情感が広がる円熟味あるハウスは今後を期待させるには十分過ぎる程だ。エレガントなエレピのコードが下地になりつつ、その上を官能的で艶のあるサックスがアドリブ的に舞う"Jazzy Thing"、同じく気品のあるサックスの演奏と共に幾分かパーカッシヴな4つ打ちが躍動的な"His Name Is Eddie"、どちらも新鮮味には欠けるもののデトロイトの感情的な面も含みながら都会的な洗練された空気を纏っていて、現時点で既にベテラン的な貫禄を漂わせている。裏面にはソウルフルな歌を用いて郷愁が染み渡る黄昏時のハウス"Love Train"や、優雅な旋律を奏でるエレピに軽快なグルーヴ感が爽やかな風を誘い込むジャジー・ハウス"From Us"と、こちらも胸を締め付けるような切なさが堪らない。ジャズにファンクやディスコなど黒人音楽の要素が多くありながら、汗臭くなり過ぎずにさらっと聞かせるようなバランス感覚が今っぽくもあり、リスニングとしても耳を虜にするだろう。



Check "Four Walls" & "Funkyjaws"
| HOUSE9 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |