CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Amp Fiddler - Motor City Booty (OCTAVE LAB.:OTCD-5886)
Amp Fiddler - Motor City Booty
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ダンス・ミュージックの聖地であるデトロイトと言えばテクノ/ハウスに於けるオリジネーターやイノベイターが存在し、他にも数多くの才能がひしめき合って発展を遂げてきた。黒人音楽由来のファンクを電子化したのがそれらなのだが、現在形のアーティストであるデトロイトのAmp Fiddlerは、よりファンクやソウル等のルーツを打ち出したプレイヤー兼シンガーだ。プレイヤーとしてGeorge Clinton率いるP-Funk軍団への参加を初め、メジャーなアーティストからアンダーグラウンドな方までサポートを行っており、このシーンに於ける裏方では重要な存在と呼べるだろう。Amp Fiddler名義で個人の作品をリリースし出したのは2000年以降の事だが、前述のようにその芸歴が長い事もあり音楽的にはテクノやハウスを軸にしながらもそれらはより黒人音楽的なディスコやファンクやソウルの要素が自然と強くなるのだろう。アルバムの始まりはミッドテンポのニューディスコ風な"Return Of The Ghetto Fly"で、ブイブイとしたシンセベースがファンキーで、そこにFiddlerの渋い歌声も加わり何ともメロウな曲になっている。続く"Superficial"でややビートは上がりだしてハウス色の強い歌モノだが、ベースやキーボードのクラシカルな展開はやはりプレイヤーとしての経験に裏打ちされたものだ。一転してまた緩めのグルーヴに戻る"Slippin On Ya Pimpin"は、シンセ・ベースはもとよりブラスやコーラスを用いたゴージャスな輝きのあるソウルフル・ディスコで、Pファンク由来のごった煮なパーティー感が堪らない。そして今尚クラブで定番としてプレイされるジャズ・ハウス名作の"1960 What?"のカバーもあり、原曲の熱いソウルなムードはそのままに4つ打ちのPファンク/ディスコへと生まれ変わらせ、今風のダンス・ミュージックと呼べるだろう。ジュークのような素早くキレのあるビートが攻撃的で、しかし感情的なコーラスにPファンク精神が宿る"Soul Fly Part 2"、逆にビートが落ちてどっしりと安定感のあるグルーヴに賑やかで華やかなコーラスやしっとりしたピアノが乗る"Steppin'"では温かいソウルに染められる。"Funk Is Here To Stay"ではGeorge Clintonも制作に加わっているが、ハウス・ミュージックがベースながらもブイブイと主張する個性的なベースやコズミックなシンセ、そして熱き感情を吐露するコーラスなどからはPファンクの音楽性が存分に感じられる。どれもこれもメロウなりファンクなりの感情的な歌モノで、デトロイト・テクノ/ハウスがよくエモーショナルと言われるのも、きっとそのルーツがそうなのだから自然の事だと再認識させられる。Pファンクが好きな人にお勧めするのは当然として、デトロイトのテクノ/ハウスの熱心なファンにも絶対に聴いて頂きたい一枚だ。



Check "Amp Fiddler"
| HOUSE12 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Funkadelic - First Ya Gotta Shake The Gate (The C Kunspyruhzy:CKY003)
Funkadelic - First Ya Gotta Shake The Gate
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
2014年12月、なんとPファンクの御大であるGeorge Clinton率いるFunkadelicが、33年ぶりのアルバムである本作をリリースした時には驚かずにはいられない音楽ファンは多かっただろう。それもCDでは3枚組33曲という大ボリュームで、齢70を越えるClintonの何処にそんなに音楽への意欲や熱意があるのかと感嘆せずにはいられなく、Pファンク軍団のエネルギッシュな存在をまざまざと見せつけられた。そんなボリュームの中に彼等らしくファンクやR&B、ヒップ・ホップにソウル、果てはハードロックやテクノまで混沌めいたゴッタ煮な音楽を展開しているのだが、それを可能としているのがやはり多数の参加ミュージシャンによるものだろう。ファンク界の大御所であるSly Stone、Kim BurrellやBernie WorrellにBootsy Collinsらファンクの名アーティスト、そしてClintonの孫であるTrafael LewisやTracey "Tra'Zae" Lewis-Clinton、または若手ダンスミュージック方面からはSoul ClapやG Koopを、更には故人となっているEddie Hazelのギターなどもフィーチャーするなど、参加アーティストもものの見事にゴッタ煮状態だ。余りの各アーティストの個性の強さが故に曲調はそれぞれ異なるものの、司令塔となって統率するClintonのコントロール配下に収まればそれらはアフロ・フューチャリズムの流れになり、そしてPファンクという音楽を成すのだ。特に本作での聞き所は、13teenによるプログラミングでエッジの効いたヒップ・ホップのビートを刻む"Get Low"、G Koopが共同プロデュースしてメロウでコズミックなファンクに仕上げた"Ain't That Funkin' Kinda Hard on You?"、Soul Clapがプログラミングで参加してテクノ風なビート感のある"First Ya Gotta Shake The Gate"、Trafael Lewis作曲による直球メタルな"Dirty Queen"などだと思う。それらは旧来のファンだけが望むような懐古的な作品としてではなく、今も尚未来へと前進するように現在の音楽も取り込みながら、それを次世代へと引き継ぐような意志が感じられるものであり、Clintonが今も尚現在進行形のアーティストである事を証明する。大きなボリュームと濃密な音楽性故に全てを通して聴くにはなかなかのエネルギーを要するが、Pファンクらしい賑やかで陽気なノリが今という時代の閉塞感を打ち破るようだ。



Check "Funkadelic"
| ETC4 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(1) | |
BEST OF 2015
今年も一年間当ブログを御覧頂いた読者の皆様、どうもありがとうございました。何やかんやで今年も大小51ものパーティーへと足を運び、また価格高騰にも拘わらず素晴らしいヴァイナルに出会うとついつい購入し、大量のCDを購入しながらも未開封のまま放置したりと、例年と変わらず素敵な音楽に囲まれた続けた一年でした。その一方で仕事やプライベートにも時間が取られる事が多くなった影響もあって、大量にリリースされる音源に追いつかず、ブログの更新頻度も例年に比べるとやや落ち気味になったのも事実。でも音楽は好きなので細々とでも素晴らしい作品を、来年以降も紹介し続けられたならと思います。歳をとったせいかは分かりませんが、ベストに選んでいる作品は何だかリスニング寄りの物が増えてきている印象ですが、部屋の中で聴く音楽とクラブで聴く音楽は別物であり、そういった点も何となく反映されているかもしれませんが、少しでも皆様が素敵な音楽に出会えるきっかけになれば嬉しいです。それでは、来年も良いお年を!
続きを読む >>
| BEST | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
George Clinton - Computer Games (Universal Music:UICY-77154)
George Clinton - Computer Games
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
2014年末に正に奇跡的にもFunkadelic名義で33年ぶりのアルバムをリリースしたP-FUNKの帝王であるGeorge Clinton。丁度そんな話題が挙がっていた昨今、実は2013に発売30周年を記念してClintonの初ソロアルバムである『Computer Games』がボーナス・トラックを収録した30周年記念エディションとしてリリースされる予定があったのだが、理由は分からないままその企画は消滅。しかし、2015年である今年になって日本限定で再発(ボーナス・トラックは含まれない)が決まり、しかも1000円というお値打ち価格での販売でと、既存のファンにも新規のリスナーにも大変ありがたい出来事だ。Clintonは60年代からFunkadelicやParliamentを率いてP-FUNKの旋風を巻き起こしそのグループは70年代には一大集団となっていたが、しかし金銭や契約等の問題によりその軍団は空中分解してしまう。しかし転んでもただでは起きない、そんな逆境を逆手に取り電子楽器を大幅に導入したエレクトロ・ファンクを生み出したのが本作『Computer Games』なのである。何と言っても本作で話題になるのは"Atomic Dog"で、アメリカのR&Bチャートで4週連続No.1となった程の人気曲だが、その後多くのヒップ・ホップのアーティストにサンプリングされているいう事実がこの曲の素晴らしさを現している。曲そのものはファンクと言うかヒップ・ホップと言うか低重心で粘りのあるグルーヴがあり、そこにシンセサイザーのコズミックな音や下品ささえ漂うコーラスワークが絡む最高にファンキーな曲で、以前のP-FUNK時代に比べれば随分とスリムな音楽性ながらもファンキーさは全く失われていない。"Man's Best Friend/Loopzilla"は2曲が一続きになった曲で、前半のロボットボイスも導入したレトロフューチャーなP-FUNKから、後半は延々と同じ4つ打ちを繰り返しながらそこにモータウン・クラシックや過去の曲をサンプリングして仕立て上げたごった煮展開で、こんなノリもP-FUNKらなではだ。比較的前時代のP-FUNK色を残した"Get Dressed"はオーケストラやチョッパーベースに様々なコーラスワークが混じって猥雑さを生み、何だかメンバーが楽しくセッションをしている姿が浮かんでくるような陽気な曲だ。逆に小ぢんまりとして可愛らしいボーカルが入ったポップス的な"Pot Sharing Tots"や妙に懐メロのレゲエ調な"Free Alterations"などは、Clintonに期待する卑猥さが濁流となって渦を巻くような音楽性は無く、汎用な印象を残す。アルバムの中でも出来のばらつきはあるものの、アルバムは30分弱に上手く纏まってだらだらとせずに、すんなりとエレクトロ・ファンクを堪能させてくれるので冗長な印象を受ける事はない。それに1000円のお値打ち価格なのだから、これは買うしかないでしょう。

Check "George Clinton"
| ETC4 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Jeff Mills - The Occurrence (Third Ear:XECD-9128)
Jeff Mills - The Occurrence
Amazonで詳しく見る(限定盤)
 Amazonで詳しく見る(通常盤)
二度とMIXCDはリリースしないと公言していたはずのJeff Millsが、その約束を破ってまでリリースしたかったのか新たなるMIXCDを遂にリリース。本作は前作"Sleeper Wakes"(過去レビュー)に収録された"Spacewalk"をコンセプトに、つまりは宇宙遊泳中の出来事を綴ったMIXCDとなっているそうです。ライナーノーツにも自身で宇宙空間での事故が発生したストーリーを書いていたり、トラックは"Sleeper Wakes"からと未発表曲を使っていたりと、つまりはここ数年の宇宙シリーズの番外編と言う位置付けなのでしょうか。相変わらずのハードミニマル的な激しい展開は皆無で、終始ディープでスペーシーかつアンビエンスな音が続く厳かなミニマルなんですが、やっぱり自分的には物足りないなと言う印象。クラブでは激しいトラックをがんがんスピンするのに作品としては残さないと言うのは、ぶっ飛びたければクラブに来いと言う宇宙人からのメッセージなんでしょうか?Sun Raと言いGeorge Clintonと言い、黒人は何故か宇宙と交信をする傾向がある様ですが、最近のJeffからは宇宙思想が優先されファンキーな要素は宇宙の彼方に放置されてしまっているのが寂しいです。ついでにコンセプトを重視する宇宙人の新たなる試みは、CDとレコードを一枚にまとめてしまったVinyl-Disc。CDの表面にレコードが張り付けてあるので、タンテを持っている方はレコードも聴けます。が、このコンセプトがどれだけの意味があるのかと考えると、特に意味は無いなと。たまにはコンセプトから解放されて、衝動に任してファンキーでトライバルなミニマルも作ってくださいね、宇宙人様。



Check "Jeff Mills"
| TECHNO7 | 08:00 | comments(4) | trackbacks(2) | |
Funkadelic - Maggot Brain (Westbound Records, Inc.:WBCD2007)
Funkadelic-Maggot Brain
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
引き続き"宇宙からの歌、宇宙への音"(過去レビュー)からのCD紹介。今日はデトロイトテクノの根底の一つとしてあるブラックミュージックの中のP-FUNKを聴いてみました。ここら辺は全然詳しくないのですが、P-FUNKと言えばとにかくGeorge Clinton、そして彼がユニットとして活動していたFunkadelicとParliamentが有名ですね。そして黒人女性の叫んでいる顔がジャケットの"Maggot Brain"ですが、ジャケットに負けず劣らず音の方もなかなかに痺れるタフネス具合。自分の中ではP-FUNKはもっと楽天的にウキウキ盛り上がるパーティー系の音かと想像していたのですが、本作は意外にもロックっぽいですね。何が良いってファズの効いたドライヴィングギターが炸裂していて、空間をがんがん切り裂く感じ。ベースやドラムもねちねちと濃度の濃いグルーヴを生み出していて、アーシーな感覚が重く体にのしかかります。曲によってはファンキーなボーカルも入っていて、確かに脂ぎって熱の入った雰囲気も感じられますね。でも一番お勧めなのは10分にも及ぶタイトル曲で、インストでギターソローが咆哮しまくる"Maggot Brain"。リズムも無しで永遠とギターが鳴り響くだけなのに、宇宙の彼方までぶっ飛ばされる黒さがヤバイです。

ちなみにMike BanksがFunkadelicでギターをプレイしていたと言う話は、本当の話なんでしょうかね?やはりテクノとブラックミュージックは切っても切れない関係なんですね。

Check "Funkadelic"
| ETC2 | 23:00 | comments(4) | trackbacks(1) | |