CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Âme - Dream House (Innervisions:IVLP09)
Ame - Dream House
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
2004年にリリースされ世の中はデビューアルバムだと思っていた『Âme』(過去レビュー)は、実は本人達の中ではコンピレーション的な意味合いだったらしく、デビューから15年を経てようやくリリースされた本作こそ本当のデビューアルバムだと言う。そのように述べるアーティストこそベルリンのディープ・ハウス市場を長らく席巻するInnervisionsを代表するアーティスト、Frank WiedemannとKristian Beyerから成るÂmeで、様々なミュージシャンとのコラボレーションも行いながら構想も含めて3年に渡る制作の結果、ダンス・ミュージックという枠を越えてホーム・リスニングに耐えうるアルバムを完成させた。兎にも角にも「Rej」というフロアを揺るがす大ヒット作が記憶に残るものの、アーティストが成熟するにしたがってありがちな展開であるダンスにこだわらないホーム・リスニングという構想に良くも悪くもはまってしまったのか…という杞憂も無いわけではないが、元々ビート感に頼らずともメロディーとコードでの魅了する才能を持っているからこそ、結果的にはリスニング仕様になったからといって彼等の魅力は大きくは変わっていないし、ダンスだけにならなかったからこそより表現豊かにもなっている。Matthew Herbertをフィーチャーした"The Line"はビートレスな構成で、魔術を唱えるような歌に合わせミニマルな電子音の反復を合わせ、何やら宗教的な荘厳ささえも感じさせるアンビエント性があり、じわじわゆっくりと艶やかに展開する様はÂmeらしい。続く"Queen Of Toys"は比較的ダンス性の強い曲だがこれも上げるのではなく、歪なキックや不気味な電子音が暗い闇を広げてずぶずぶと深い所へ潜っていくディープなニューウェーブ調。"Gerne"ではジャーマン・ニューウェーブのMalaria!のメンバーであったGudrun Gutをフィーチャーしている事もあり、レトロな時代感のあるボディーミュージック的というか、刺激的なマシンビートを刻みながら汗臭くあり肉体感を伴うグルーヴが感じられる。そして遂にはジャーマン・プログレの鬼才であるClusterからHans-Joachim Roedeliusも引っ張り出して完成した"Deadlocked"は、前のめりなダンスではない変則ビートを用いた上に、キーボード演奏らしきフリーキーなメロディーや重厚な電子音響がどんよりと立ち込めるクラウト・ロック調で、変異体であったジャーマン・プログレへの先祖返りを果たしつつÂmeらしく深遠にメランコリーを響かせている。勿論全てがリスニング向けというわけでもなく、"Helliconia"ではDavid Lemaitreによるサイケデリックなギターをフィーチャーしながら、覚醒感を煽る多層的なシンセのリフと低空飛行のじわじわと持続するグルーヴ感によって、パーティーの中で感動的な場面を作るようなダンス曲もあり従来のÂmeらしさを踏襲している。しかしやはり全体としてはじっくり耳を傾けて聞くべき作風が多く、その後も木製打楽器のような不思議なリズムに祈りを捧げるような合唱で神聖な響きを打ち出したエレクトロニカ調の"No War"や、切ない感情を吐露する歌とメランコリーなバレアリック調のトラックを合わせた"Give Me Your Ghost"と、強烈なビート感は無くとも何度も聞くうちにじんわりと肌の奥底まで染み込んでいくようだ。シングルヒットを重ねてきた過去の作風と比較すれば一見して地味なリスニング寄りのアルバムであるのは否定出来ないが、じっくりと時間を掛けて制作した事もあり何度も聞く事で魅力が深まっていく作品でもある。ダンス曲も聞きたいという思いもあるが、それはこの業界らしくEPで披露するという事なのだろう。



Check "Âme"
| TECHNO14 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Ghost Vision - Shakuhachi (Love On The Rocks:LOTR017)
Ghost Vision - Shakuhachi
Amazonで詳しく見る(MP3)

TelephonesやFantastic Manもカタログに名を連ねる新世代のニューディスコ/バレアリック系レーベルであるLove On The Rocks、その新作はGhost Visionなる聞き慣れぬユニットによるものだ。実はPsychemagikのDanny McLewinとUKのThomas Gandeyによるユニットで、このリリースの直後にもKompaktから作品をリリースしたりと、デビュー直後ながらも注目を集めるには十分な存在だ。タイトルが「尺八」にもかかわらず音源に尺八が使われているようでもなければ、和風な音楽性でもなく、曲自体は非常にLove On The Rocksらしい豊かでポジティブな雰囲気のあるブギーなニューディスコ系で、彼等のデビューを華々しく飾っている。オリジナルの"Shakuhachi"は突っかかりのあるディスコなリズムを刻み、そこに煌めくシンセを配しながら優美に伸びるロマンティックなパッドやシンセボイスがメロディーを作り、そして官能的な吐息を時折挿入して、80年代シンセ・ポップなの明るい雰囲気もあるディスコサウンドが実に懐かしく心に染みる。オリジナルの素晴らしさと共に2曲のリミックスもまたそれぞれ個性があり、Innervisionsの活躍も懐かしいTokyo Black Starによる"Shakuhachi (Tokyo Black Star Atlantis Remix)"は直線的な4つ打ちに変更しつつすっきり音を削ぎ落として、その分だけ低音の躍動的なベースが浮かび上がってDJツールとしての機能性を高めたリミックスに仕上がっている。逆に普段はテック・ハウス寄りなAl Kassianによる"Shakuhachi (Al Kassian Remix)"は、原曲のアタック感の強さはそのままに中毒的なアシッド・ベースのずぶずぶした要素を追加し、派手さを活かしながらディスコとレイヴが鉢合わせした享楽性の中にメランコリーを持ち込んだフロア受けの良さそうなリミックスを行っている。パーティーの早い時間帯からピークタイム、そしてアフターアワーズまで、3つのバージョンそれぞれに合う時間がありそうで、流石Love On The Rocksらしいハッピーでディスコティックな作品だ。



Check Ghost Vision
| HOUSE13 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ Alex From Tokyo - Mi Mix (Octave Lab:OTLCD1110)
DJ Alex From Tokyo-Mi Mix
Amazonで詳しく見る

NYに行ってしまったDJ Alex From Tokyoの新作MIXCDが登場。インディー的なリリースも含めると既に6〜7枚はMIXCDを出している位MIXCDに対して意欲がありそうですが、実際この人のMIXCDは毎回納得の出来なんですよね。特に今作は現場、イベントでのプレイをコンセプトに打ち出したリアルな内容。近年アレックスがよくプレイする曲を選んで現場の雰囲気を伝える様にしているそうですが、今までの彼のMIXCDの中で一番良いかもしれないですね。基本ハウスがベースとなっているんだけど、テクノ、ミニマル、ディスコ、ラテン、エレクトロハウスと今作はとにかく幅が広いです。序盤はディスコが流れてきたのであれ?って感じで心配したんだけど、中盤から恍惚感を誘うテクノ、エレクトロハウス系の音に変化してきて、Pryda、Joris Voorn、Carl Craigらの曲が目白押し。クラブでの盛り上がり方を想像させますね。終盤はエレクトロニックなハウス系で、気持ちの良い4つ打ちを保ったまま終わりを迎えます。今までの彼の作品と言えばソウルフルとかブラックネスを感じていたのですが、本作は一言クールって感じです。やっぱりテクノ系の音の比重が増えているせいなんでしょうかね?本当にクラブっぽい雰囲気が感じられて、お見事って内容です。

試聴

Check "DJ Alex From Tokyo"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |