CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Grandbrothers - Open (City Slang:SLANG50126)
Grandbrothers - Open
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
2014年のデビュー作である『Ezra EP』(過去レビュー)はGilles Petersonを含む多くのDJに絶賛され、一躍時の人となったGrandbrothers。Erol SarpとLukas Vogelから成るこのデュオはリズミカルなプリペアド・ピアノとクラブ・ミュージック的なプログラミングを武器に、現代音楽やモダン・クラシックを咀嚼したハウス・ミュージック性のある音楽で注目を集めたが、その後のアルバムではそういったクラブ・ミュージック性を排除してよりクラシックな作風へと向かっていた。そして待望の2017年リリースのこの2ndアルバムもやはりというか前作の流れを引き継いで、打楽器的なプリペアド・ピアノや繊細な美しさの光るグランド・ピアノの音色を軸に、前作以上に静けさの間が際立つリスニング志向となっている。アルバムはプログラミングによる打撃音とプリペアド・ピアノの打撃音で幕を開ける"1202"で始まり、早速音の数を絞りながらも重厚感のあるグランド・ピアノが壮大さを演出し、これからのストーリの大きさを予感させるような雰囲気だ。バックにパーカッションが硬いリズムを刻む"Bloodflow"はややエレクトロニカ風でもあるが、ピアノのコードやメロディが重層的に被さってくると途端に悲哀が漂うミニマル性もあるクラシックな響きへと変貌する。"Long Forgotten Future"は比較的電子音が強く現れた曲で、ピアノが連打されながらも引っかかりのあるキックやパーカッションはダンスビートに近く、控えめながらも鈍い電子音が唸っていてピアノの美しさをより際立たせている。その一方で"Honey"ではリズム的なプリペアド・ピアノとメロディー的なグランド・ピアノを対比的に用い、"Alice"では両者が調和するようにそれぞれを異なるメロディーで被せて、ピアノのオーガニックな美しさを印象に刻ませる。アルバムは恐らく多くのファンが期待している通りの、つまりは1stアルバムの延長線上にあるピアノを軸にクラシックや現代音楽にアンビエントといった成分を含んだ音楽であり、ある意味では安心感を覚える。がしかし、1stアルバムの時にも感じたように彼らの音楽は個性的が故に完全に形成されてしまっているため、これから進化する先があるのだろうかという懸念を感じないわけでもない。



Check Grandbrothers
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Grandbrothers - Dilation (Film:Filmcd001)
Grandbrothers - Dilation
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
2014年、ドイツからErol SarpとLukas VogelによるGrandbrothersによる初の作品である「Ezra EP」(過去レビュー)はリリースされる前から、Gilles Peterson等著名なDJから称賛を浴び、いきなりデビュー前にもかかわらず注目を集めたのが今から一年前の話だ。純然たるクラブ・ミュージックからは外れたプリペアド・ピアノを用いた静謐な世界観とクラシカルな洗練された音楽性は、その意外性も相まって耳を惹き付けるには十分な個性があった。それから一年、その期待された音楽性はそのままにようやく初のアルバムが届けられた。アルバムはおおよそ多くの人が予想出来るEPの路線を踏襲している点で驚きは無いが、だからこそ多くの人が望んでいた事を理解した上で、実に正しくGrandbrothersらしい作品となっている。曲名通りアルバムの幕開けとなる"Prologue"は、リズムを排し環境音をバックに配置する事でプリペアド・ピアノの切ないメロディーがより鮮明に浮かび上がり、これから何かが始まろうとする予兆が感じられる。続く"Wuppertal"ではリズムも入ってくるがあくまでメインはピアノのコード展開であり、ピアノは滴るような美しい旋律と共にビートの一部となってスムースな流れを作り出す。アルバムの音楽性はピアノのサウンドが軸となっている事から印象はどれも似ているが、"Arctica"のようにグランド・ピアノとプリペアド・ピアノの異なるラインの対比により、その音自体をより際立たせるような効果も見受けられる。勿論アルバムのピークは先行EPとなった"Ezra Was Right"であるのは間違いなく、その淡い世界の中に儚く消え入るような美しいピアノの音色と乾いたマシンビートが生み出すこの曲は、正にジャンル的な意味と語源な意味でクラシックと呼べる賜物だ。ジャズ奏者でもあるErolとコンポーザーであるLukasだからこそ、ピアノのパターンとエレクトロニクスのビートを駆使し、それらによって何処まで音楽性を拡張出来るのか実験的に試した結果がこのアルバムの成果に現れている。クラシックでもありジャズでもあり、またアンビエントでもあり現代音楽でもありそうで、そのどれにも属さないGrandbrothersの音楽は一つの個性として成り立っている。その個性の強さ故にデビューアルバムにして殆ど形が形成され切ってしまったようにも感じられ、今後の展開があるのかも逆に不安にも思うが、先ずはこのデビューアルバムを素直に楽しむべきだろう。



Check "Grandbrothers"
| ETC4 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
10 Years Of Soul Heaven Compiled & Mixed By Louie Vega (Ministry Of Sound:MOSCD208)
10 Years Of Soul Heaven Compiled & Mixed By Louie Vega
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
なんだか一年に一枚以上のハイペースでMIXCDなりコンピレーションを出している印象を受けるMasters At Workの片割れ・Little Louie Vegaが、UKのパーティー・Soul Heavenの10周年を記念して2枚組のMIXCD+1枚のコンピレーションを手掛けました。Louie Vegaと言えばイメージとしてはNYハウス、ラテンハウスと言うのが真っ先に上がりますが、DISC1の序盤では意外にも暗さを感じさせるディープテックでエレクトロトニック度高めの音が出て来ます。その後もテック度高めの音を中心にパーカッシヴな曲やアッパーで躍動感溢れる曲で、真夜中の狂騒にあるピークタイムが繰り広げられる展開。対してDISC2ではこれぞLouie Vegaとでも言うべきメロディアスな歌物中心のハウスを中心に、ソウルフルかつ小気味良いグルーヴを生み出しております。インストハウスも好きですが、歌謡曲みたいな歌物ハウスはやはり愛を感じてしまいますね。そしてDISC3はここ10年でLouie Vegaにとってのクラシックと呼ぶべき曲を収録したコンピレーションだそうで、確かに聴いた事ある名曲もちらほら。これぞハウス、メロディアスでBPM120前後の丁度心地良いリズムを刻むキックが詰まったぐっと心が温かくなるハウス、そんな事を思い出させるDISC3。実の所近年のハウスの低迷、そしてLouie Vegaのハイペースなリリースに食傷気味だったものの、本作ではLouie Vegaの底力を感じる事が出来ました。

試聴

Check "Louie Vega"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE5 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Talkin' Loud 2010 Toshio Matsuura Selections (Universal Music:UICZ-3114)
Talkin Loud 2010 Toshio Matsuura Selections
Amazonで詳しく見る

今年はGilles Petersonが主宰していたTalkin' Loudの発足20周年だそうで、その記念にベスト盤がニ枚出ております。その一枚が元United Future Organizationの松浦俊夫がコンパイルを手掛けた本作。2010年の現代のジャズを意識して選曲をしたそうで、今聴いても古臭くなくそして昔から聴いている人にとっては懐かしさの感じられるアシッドジャズが詰まっているそうです。Talkin' Loudによって世に広められたアシッドジャズですが、まずアシッドジャズって一体何なのさ?自分はここらへんの音楽には疎いので、そんなアシッドジャズを体験するにはこの様なコンピレーションは大変有難いです。出だしのTerry Callierのトラックはノンビートでフォーキーな歌物はジャズなのだろか?次のGallianoのトラックもビートレスで、アコースティックギターのアルペジオや薄膜を張ったようなシンセが続くフォーキーな歌物。Courtney Pineの3曲目でようやくジャジーなリズムも入ってくるけど、ワールドミュージックの様な異国情緒が漂っていて単なるジャズではない。その後もいわゆる一般的にイメージするジャズと言うジャズが出てくる訳でもなく、ボサノヴァもあれば2ステップ、ブロークンビーツもあるし、これらを一括りにアシッドジャズと呼べる理由があるとすればそれはTalkin' Loudからリリースされていたからと言う事だけでしょう。温故知新な精神を持って過去のジャズを90年代に新しく蘇らせた音楽こそアシッドジャズと言う解釈でよろしいのでしょうか?しかしそんな言葉の意味に囚われずに素直にこの音に耳を傾ければ、ユニークなジャズを十分に堪能出来るのが本作。クラブと言うよりはラウンジ向けのトラックが多く、部屋で落ち着いた時間を演出する事が出来るでしょう。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Young Disciples - Road To Freedom (Talkin' Loud:9840692)
Young Disciples-Road To Freedom
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
昨日紹介したGilles PetersonのMIXCDに曲が使用されていたYoung Disciplesは、Gillesが主宰していたTalkin' Loudからデビューしたアシッドジャズユニット。しかしアシッドジャズとは一体なんぞや?自分では上手く説明出来ないので、Wikipediaの項目を参照してみて下さい。アシッドジャズと言うジャンルを抜きにしてYoung Discipleについて語るならば、ソウルやR & B、ヒップホップ、そしてジャズを一つにまとめクラブサウンド風に展開したと言えば分かり易いかと思います。基本的にリズムトラックはプログラミングで制作されているかと思いますが、このノリからしてかなり気持ち良いです。緩くもしなやかなビートを叩き出しつつ、腰をぐいぐいと揺らすキレがあります。上物は生演奏でギターやキーボード、管楽器も入れつつ渋く熱い旋律を奏で、そこにソウルフルなボーカルやファンキーなラップ、そしてスクラッチまで被せて人間の生きたプレイも感じられるんですね。最初から最後まで黒っぽい音で占められているのですが、どす黒いって言うよりはどこかクールで小洒落た欧州のセンスがありその当時の一歩先を行っていたのかなと思わせる音ですね。ここら辺の音楽が後の西ロンブロークンビーツにも影響を与えたんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょうか?Soul II Soulなどが好きな人は、是非ともYoung Disciplesもお勧めしたいのであります。

試聴

Check "Young Disciples"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Gilles Peterson - Worldwide Programme 1 (Talkin' Loud:560 100-2)
Gilles Peterson-Worldwide Programme 1
Amazonで詳しく見る

アシッドジャズだかクラブジャズだか自分には余り縁の無いジャンルでは第一人者に挙げられるGilles PetersonのMIXCD。ですが風評を聞く限りではジャズのみならずヒップホップやドラムンベースやハウスやテクノなんかもプレイすると言うし、それにこのMIXCDでは自分の好きな曲も幾つか使用されているので購入。と言う訳で一枚目ですが、ダウンテンポ〜ソウル〜ファンク〜ブロークンビーツ〜ディープハウス〜ドラムンと確かに幅の広い選曲です。序盤はメロウで緩い選曲が続くのですが、中盤のブロークンビーツ辺りからが聴き所でしょうか。生っぽくも爽やかで上品な空気を醸し出しつつテンションも上げてきて、そしてPepe Bradockの真っ黒くクールなディープハウスで昇天するにくい展開です。その後は鋭角的な切込みが効いたシャープなドラムンでガツンと持ち上げて、最後はしっとりダウンテンポで緩く着地する起承転結なプレイが繰り広げられております。今でこそジャンルを横断するDJも珍しくはなくなりましたが、Gillesは人気があるだけあって色々プレイしてもまとまりが感じられて正にDJ(Disc Jockey)そのものです。ただ繋ぎは申し訳程度にしかしてないですけどね。ちなみに2枚目はジャズとかソウル中心で音が古い方に向かい過ぎていて、自分の耳には合わないのです。折角GillesのDJを楽しむなら、やはりジャンルの横断が体験出来る1枚目の方がお勧めだと思います。

Check "Gilles Peterson"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Gilles Peterson - In The House (ITH Records:ITH23CD)
Gilles Peterson-In The House
Amazonで詳しく見る

Defectedの名物であるハウスミックスシリーズ"In The House"の最新作は、なんとクラブジャズ第一人者であるGilles Petersonが担当。偉業とも言えるDJの選択ですが、どうやら本人はかなり本気でいるらしく久しぶりに最高の作品が出来たと自画自賛しております。確かにボリュームは3枚組ととんでもない量になっておりますが、さて内容はと言うと。

まずDISC1は完全にハウスをコンセプトにしており、伝統的なNYハウスから始まり、パーカッシブなハウス、テッキーなハウスと緩やかに盛り上がりを見せる好内容。爽やかに甘くライトな印象ながらも、滑らかな音触りが耳に心地良いですね。わざと難解にする事もせずハウスファンの多くが知っているであろうアーティストの曲も多く使われていて、ストレートにハウスの良さが分かる一枚ですね。

そしてDISC2はGillesのルーツが詰まっていると言う、ファンクやディスコを中心にミックスしております。と言っても自分はこの手の音楽は全く聴かないのでコメントが難しい。イメージとしては昔のディスコで流れる様な音楽でしょうか。生演奏中心でハウス史以前のハウスに近い物、ファンキーでブラック色が強くノリノリな感じですね。

最後のDISC3はこの企画の為に多くのアーティストが新曲を提供し、それを収録したミックスされていないコンピレーションです。ジャジーなハウスもシカゴハウスもラテンハウスも含め色々ありますが、そのどれもが新曲と言うのは凄いですね。クラブミュージックシーンでのGillesの信頼度、尊敬度の表れでしょうか。想像していたよりも格好良い曲が詰まっていて、曲を提供したアーティスト側も本気だと言う事です。

3枚組と言うなかなか聴くのは大変なボリュームですが、これは一聴の価値有りの名盤だと思います。また"In The House"シリーズにおいても、上位にランクインする素晴らしい出来ですね。

試聴

Check "Gilles Peterson"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |