Goldfrapp - We Are Glitter (Mute Corporation:MUTE9335-2)
Goldfrapp-We Are Glitter
Amazonで詳しく見る

イギリスのテクノポップユニット・Goldfrappの曲を、クラブミュージックの大物からロックバンドまでまとまりのない面子がリミックスし、それを選曲したのがこのアルバム。Goldfrappに関しての前知識は全く無かったのですが、リミックスにCarl Craigが参加していればそりゃ買うしかないでしょ。って事で目玉はやはりC2 Remixなのですが、最近のCarlさんは本当に外す事が無いですね。脳に直撃するドラッギーなシンセラインが黒光りして、黒人音楽のソウルとテクノの見事な融合を果たしています。テクノからハウス、プログレまで多用に使えるフロア直撃トラックで、またもやCarlさんの天才っぷりを知らしめました。ハウスの御代・Francois Kのリミックスは重いエレクトロニックなハウスですが、プログレ風に調理していて近年のCarlさんを意識してなくもない気がします。アイスランドの秘蔵ユニット・Mumは、いかにもな妖精が飛び交う幻想的な世界を表現していて、可愛らしいメロディーがぴったりです。T.Raumschmiereのリミックスは汗が飛び散るマッチョな男が踊り狂う様で、精気がみなぎり変態っぽいなー。ロック+エレクトロなハイパワーな出来です。参加アーティストの音楽性がばらばらなんで、テクノ、ハウス、ロック、エレクトロニカと全然統一性はありません。まあ、色々聴いて楽しんでおけと。

試聴

Check "Goldfrapp"
続きを読む >>
| TECHNO4 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Plaid - Parts in the Post (Peacefrog Records:PFG030CD)
Plaid-Parts in the Post
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤) Amazonで詳しく見る(US盤)
5月26日にageHaでWarp Recordsのショウケースイベントが行われるんですけど、その際にWarp Recordsの中心的ユニットの一つ、Plaid(EX.The Black Dog)も出演するんですよねー。Warp Recordsと言えばかつてはUK屈指のテクノレーベルで革新的なアーティストばかりが集まっていたヤバイレーベルなんですが、最近はロックやヒップホップ方面でも面白いアーティストを発掘したりして、時代を捕まえる嗅覚をいつでも持っているんですね。その中でもThe Black Dog時代の彼らは、UKからデトロイトへの回答とでも言えるAI(Artificial Intelligence)シリーズの一旦を担い、特に「Bytes」(過去レビュー)はAIシリーズの中でも最高傑作とも思える作品です。残念な事にメンバーが仲違いし、その内の二人がこのPlaidを結成した訳でありますな。Plaidとなってからの彼らはAIシリーズのインテリジェンスな面を保ちつつも、ヒップホップやブレイクビーツなどの側面も強く打ち出してきて、Warp Recordsの雑食性をそのまま表現してるかの様でしたね。デトロイトのソウルフルな感情をブレイクビーツに載っけてしまったり、より深化した知性的で精密なテクノを打ち出したり、どんどん多様性が増して来てるのではないでしょうか。そんな彼らのある意味裏ベストと言えるのが、このリミックス作品集です。有名所のリミックスから全然知らないアーティストのリミックスまで、ざっくばらんに彼らの多様性がそのまま詰まっています。個人的には教授の「Riot In Lagos」が聴けただけでも満足ですがね。

試聴

Check "Plaid"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO3 | 22:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
Sasha - Fundacion NYC (Global Underground:GUFUN001CDX)
Sasha-Fundacion
Amazonで詳しく見る(Special Edition)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
今まで全く興味も無くて全く購入意欲も湧かず全く聴いてなかったプログレッシブハウス。しかし今回はトラックリストを見て自分の好きなCarl CraigやFunk D'Voidなどが使われていた事もあり、しばらく考えた後に購入。まあ名前は僕でも良く聞く超有名なSashaだし、一枚位買っても損じゃないだろうと。でまあ結果、悪くはないね。心地良い弾力を持ったファットなボトムに、キラキラする分かりやすいプログレ特有の上物。単純明快で受け居られやすいし、尚かつ高揚感溢れるグルーヴィーなミックスです。綺麗な音ではあるけれどデトロイト系のシンセラインとも違うし、これは明らかにヨーロッパから出た耽美な音だなって感じました。世間でテクノより人気がありDJのギャラがハンパない訳も多少なり理解したが…Sashaとかがテクノの一流DJよりギャラが(断然に)良いのはやっぱり理解出来ない(笑)。一晩に何百万も貰うDJでは無いと思うよ。逆にテクノのDJのギャラが少なすぎるのかもしれないけどさ。そうそう決してこのMIXCDが悪い訳じゃないです、むしろ聴きやすいし気持ち良いし。たまにはプログレも聴いてみて見識を深める事も必要…かな

試聴

Check "Sasha"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |