STEREOCiTI - Never Trust A DJ (Octave Lab:OTLCD-1755)
STEREOCiTI - Never Trust A DJ
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ミニマルテクノ全盛におけるドイツにて、Don Williamsはディープな音楽を深く掘り下げるべくMojuba、a.r.t.less、wanderingと言うそれぞれ趣向の異なるレーベルを運営している。簡単に説明するとディープハウスのMojuba、デトロイトに影響を受けたテクノのa.r.t.less、前者の枠組みに属さないエクスペリメンタルなwanderingとバランス良く音楽性は各方面に広がっている。その音の広がりと深さは確かに流行から離れたクラシカルな雰囲気も持ち合わせているが、Donの音楽に対する芸術としての拘りは音のみならずアナログのデザインやそれを包むジャケットにまで及ぶなど、アンダーグラウンドな社会に生きているからこそやりたい事をやり尽くしている素晴らしいレーベルだ。その反面どうしてもアナログ中心のリリースとなりなかなか広範囲にまで音が届かない面もあるのは事実だが、だからこそ日本人で唯一Mojubaに所属しているKen SumitaniことSTEREOCiTIがそれらの音源をコンパイル&ミックスした本作は非常に価値がある。普段からアナログを愛するSTEREOCiTIはここでもほぼアナログでの一発録りをしているが、そのスムースな繋ぎや緩やかな展開はレーベルの芸術性を追求する音にぴったりとはまっており、騒ぎ立てる夜のダンスミュージックとは全く異なる繊細かつ美しく優雅な音色をありのままに聞かせている。テクノもハウスもミニマルも同列として並べられており、重力を感じさせないダビーな音響空間の中を熱くも冷たくもない不思議な温度感の音が続き、感情的になり過ぎる事なくしみじみと盛り上がるドラマティックな展開がえも言われぬ程の心地良さを生み出すだろう。ディープと言う言葉が相応しいSTEREOCiTIの選曲センス、そして3つのレーベルの音楽、ドイツのアンダーグラウンドではこんなにも深淵な音が広がっている。

試聴

Check "STEREOCiTI"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE7 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Goldwill - Discooker (Dessous Recordings:DES99)
Goldwill - Discooker
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Steve Bug主宰のDessousの新作は、Mojuba傘下のレーベル等からもリリース歴のあるGoldwill。Steve Bugと言えばPoker Flatも並行して運営しておりますが、そちらがテクノ寄りなのに対しDessousはディープで艶のあるハウスが多い気がします。そんな訳でこのEPも所謂モダンディープハウスと呼ばれるような、官能的でありつつも洗練やお洒落を感じさせる3曲を収録。A面の"Nachtzug"は抜けの良い土着的なパーカッションを使いつつも、エロティックに盛り上がるシンセを挿入した事で夜っぽく仕上がったハウスで、都会のしっとりしたナイトクラブに合いそうです。そしてタイトル曲の"Discooker"は滑らかなグルーヴに薄く被膜が張るような幻想的なシンセを被せたテック系で、耳にすっと優しく入り込むようでに心地良し。どの曲にも言える事はウェットな質感があり、それがより夜っぽく色気を強くさせているのだと思います。Dessousのこの緩くエロいハウスは、踊りながらでも悪くないけれど酒を飲みながらしっとり聴きたくなりますね。

試聴

Check "Goldwill"
| HOUSE6 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |