CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
GIGI MASIN FOR GOOD MELLOWS
GIGI MASIN FOR GOOD MELLOWS (JUGEMレビュー »)
V.A.(監修・選曲:橋本 徹)
橋本徹によるGood Mellowシリーズに現代耽美派のGigi Masinが登場。メロウな選曲には定評のある橋本チョイスなので、間違い無し。4/19リリース!
RECOMMEND
VERSUS [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC546)
VERSUS [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC546) (JUGEMレビュー »)
CARL CRAIG,カール・クレイグ
Carl Craigの名曲がクラシックで蘇る。アレンジはフランチェスコ・トリスターノ。4/28リリース!
RECOMMEND
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー (JUGEMレビュー »)
ロン・トレント,RON TRENT
Ron TrentによるPrescriptionからリリースされてベスト盤が2枚組でリリース。シカゴ・ディープ・ハウスの壮大な深さを体験。3/15リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

故ヨコタススムの初期名義、RingoのPlantationがリイシュー。ポップでテクノでハウシーな作品。3/27リリース!
RECOMMEND
HARMONIES (ハーモニーズ)
HARMONIES (ハーモニーズ) (JUGEMレビュー »)
LORD ECHO,ロード・エコー
ラヴァーズ・レゲエユニットのロードエコーによる3枚目のアルバムが到着。ファンキーでメロウなアルバムは4/7リリース!
RECOMMEND
Providence
Providence (JUGEMレビュー »)
Nathan Fake
Border CommunityからNinja Tuneへ移籍したNathan Fakeのニューアルバム。より変態的なサウンドに変化するのか?3/10リリース!
RECOMMEND
Selectors 002
Selectors 002 (JUGEMレビュー »)
Young Marco
Dekmantelのコンピレーションシリーズ第二段はYoung Marco。単なるレア盤にならない普遍的な作品を集めた内容だそうな。3/10リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Harvey Sutherland & Bermuda - Priestess / Bravado (Clarity Recordings:CRC-01)
Harvey Sutherland & Bermuda - Priestess Bravado

メルボルンからの昇り龍、Mike KatzことHarvey Sutherlandの実力をもはや疑う者はいないだろう。特にMCDEからリリースされた『Bermuda』(過去レビュー)でそれは決定的となり確かな知名度を経ているが、Juno 60等の温かいアナログシンセを多用したメロディーやライブ感のあるベースやドラムを用いて表現したセッション性の高いディープ・ハウスは、ハウスだけに括るにはもったいないブギーでフュージョンな音楽性で評価されるべきだ。アーティストとしての歩みは留まる事を知らず、最近ではドラマーや弦楽器奏者とのセッションへと果敢にも挑戦し(その動画はこちら)、その成果はリリースされる作品へも影響を及ぼしている。それが最新作である本作で、ここでも前述の奏者を起用しつつ更には9人のハンドクラップも導入するなど、クラブのダンス・ミュージックという枠を越えてより音楽的な旨味を成熟させる方向を推し進めている。"Priestess"は9分にも及ぶ大作で優雅に舞うストリングスや華麗なピアノの響きが前面に出て、そこに爽やかな響きを生むハンドクラップやざらついて生き生きとしたドラムのリズムが躍動感を生んでいく。既にハウスと言うよりは古典的でさえもあるディスコやファンクの要素の方が強いだろうが、それは懐古的なのではなくルーツへの理解を自信を持って表現した様に思われ、古臭く感じる事はない。もう一方の"Bravado"は振動するような図太いシンセサウンドやベースが特徴的で、ブギーでのどかなグルーヴを刻む4つ打ちの前半から中盤までは大人しめに引っ張りつつ、終盤に向かって渾然一体と様々な音色が煌めくような色彩の響きとなりドラムはけたたましくビートを叩き出して、一気にゴージャスなディスコ・ファンクへと突入する流れに誰しも盛り上がるに違いない。クラブのダンス・ミュージックの枠を越えてと述べたものの、しかしそれでも尚肉体を刺激するダンス・ミュージックである前提もあり、豊かな表現力を持ったDJではないアーティストである事を証明している。



Check "Harvey Sutherland"
| HOUSE12 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Harvey Sutherland - Bermuda (MCDE:MCDE 1213)
Harvey Sutherland - Bermuda
Amazonで詳しく見る(MP3)

Motor City Drum Ensembleの活動の場であるMCDEから作品をリリースする事は、ある意味ではそれだけでお墨付きを貰ったようなものだ。生々しくファンキーなビートダウン・ハウスを手掛ける事においては、なかなか右に出る者はいない。そして、そんなレーベルから新たにお墨付きを貰ったのがオーストラリア発のMike KatzことHarvey Sutherlandだ。時を遡り過去の作品を調べてみると、2014年にはVoyage Recordingsから"Brothers"なるEPをリリースしていたが、その時点でも既にアナログで新鮮なライブ感のあるディープ・ハウスを手掛けており、確かにMCDEが惚れ込むのも納得の出来だ。そしてその流れからの新作は、彼の知名度を一躍高める事間違いなしの褒め称えるべき内容となっている。一時はセッション・ミュージシャンでもあったというKatzの作風は、単なるツールとしてではなくハーモニーやメロディーと鮮やかな音色を尊重し、生演奏的にも聴こえるライブ感を打ち出した曲調が特徴だ。"Bermuda"においてもジャズ・ファンクのようなざらついた質感のリズムと、艶のある優美なメロディーと腰に来るベース・ラインを軸に、その他にもストリングスやシンセなど多層に装飾されながらゴージャスで陽気な気分を振りまくブギーなハウスだ。裏面の"New Paradise"はぐっとテンションを抑えながら、小洒落たエレピのコード展開に薄っすらと着飾るように美しいストリングスを添え、途中から入ってくる光沢を放つシンセのメロディーにより切なさを増していくディスコとハウスの甘美な邂逅だ。ややもすれば突き詰めると懐古的な音楽性へと回帰するだけになりがちなハウスという音楽において、懐かしくも全く古臭くもないモダンさと揺るぎない豊かな音楽性を以ってして、聴く者を納得させるだけの完成度がここにはある。



Check "Harvey Sutherland"
| HOUSE11 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |