CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Culross Close - Forgotten Ones (Esencia:ESC003)
Culross Close - Forgotten Ones

まだ決して知名度があったわけではない2014年、2枚組EPの『Insecurities』がKyle Hall主宰のWild Oatsからリリースされた事が起爆剤となり、一躍人気アーティストの仲間入りを果たしたロンドン出身Kieron IfillことK15。ハウスからヒップ・ホップ、フュージョンからネオソウルまで横断した自由自在なリズムと美麗なメロディーを武器とするこのアーティストは、実際にHenry WuやKuniyuki Takahashi等のアーティストと共同制作を行っている事からも分かる通り、00年代前後に繁栄した西ロンのブロークン・ビーツを現在に継承する存在だ。そんなK15が新たに立ち上げたレーベル・Esenciaにおいて力を入れるプロジェクトがCulross Closeで、これはK15名義よりも更にジャズへと傾倒しているそうで、実際に本作でもIfill自身はピアノや歌も披露しつつ、他アーティストがドラムにパーカッション、ベースやシンセにサクソフォンまでプレイするバンド形態となり、クラブ・ミュージックの枠を越えて果敢にも本格ジャズへと挑戦しているのだ。だからこそフリーフォームで曲毎に異なる姿があり、冒頭の"Fractured"では耽美なフェンダー・ローズとコズミックなArpシンセが咽び泣くような応酬を見せ、終盤に入るとけたたましく野性的なドラムが暴れる繊細さと激しさが交錯するジャズを披露。続く"Forgotten Ones"では落ち着いたフェンダー・ローズと愛らしい鉄琴がメランコリーを奏でつつ、落ち着きながらも切れ味のあるジャジー・ドラムが仄かに跳ねたビートを刻み、人肌の温もりを感じさせる音がしっとりと耳に入ってくる。ヒップ・ホップやブロークン・ビーツの要素がある"Acceptance"で00年代前後のクラブ・ジャズ黄金時代の雰囲気があり、ピアノとドラムとベースと歌のすっきりした構成はだからこそ逆に各パーツがはっきりと際立つ誤魔化しようのないもので、シンプルさを強調させながらアーバンかつメランコリーなジャズになっている。奇妙なシンセや変幻自在なドラムのビートがスピリチュアル性を醸す"Mood"はインタールード的な短い曲だが、そこから5/4の変拍子を刻む"The Tiniest Lights Still Shine"はアルバム中最も躍動感に溢れた曲で、ムーグの奇抜なコズミック・サウンドとサクソフォンの情熱的なメロディーや中盤以降ではアフロ・パーカッションが炸裂しパワフルなグルーヴを発揮するなど、一気に熱量を増して盛り上がる。そしてArpやムーグのシンセにピアノが前面に出て大人びた優雅さで舞う"Healing"で、ラストを飾るに相応しいモダンでエレガントなフュージョン/ジャズによって平穏へと還るように、うっとりとする余韻に包まれて締め括る。K15がクラブ寄りだとすると、このCulross Closeは恐らくK15のルーツ志向を実践するジャズの場であるのだろうか、しかしこの後者が単に懐古主義なのではなく両者が表裏一体としてアーティストの成熟を促す関係に違いない。Culross Close名義も注目すべきプロジェクトなのだ。



Check K15
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Wu15 - Wu15 EP (Eglo Records:EGLO48)
Wu15 - Wu15 EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

破竹の勢いに乗るFloating Pointsが共同主宰しているEglo Recordsの新作は、WU15なる耳にした事のないアーティストだ。実はこのユニットはKyle Hallの主宰のWild Oatsからも作品をリリースしたK15、そしてEglo Records傘下のHo Tepから作品をリリースしたHenry Wuによるもので、ロンドンの新世代が手を組んだ企画なのだ。両者とも温かみのある素朴なディープ・ハウスやメロウなヒップ・ホップやR&B、そして小気味良いブロークン・ビーツまで手掛ける柔軟性があり、今注目を集めている若手である。本作はコラボとは言いながらもそれぞれのソロ作も収録しており、K15による"Love's Gambit"は優美なエレピやパッドに素朴なシンセなどのメロディーが融け合うように重なり、金属的なざらつきのあるマシンビートはヒップ・ホップやジャジーな雰囲気を発し、非常に手作り感のある構成やビートはラフながらも温かみが伝わってくる。Henry Wuによる"Shahada"はもっとMPCのプログラミングによるヒップ・ホップ寄りなビートでエッジを効かせており、そこにフュージョン風な煌きのあるシンセのメロディーがしっとりと入る事で、ファンキーなのにメロウな大人の味わいだ。WU15名義では2曲収録されていて、コズミックなシンセが反復する上に物哀しいエレピが場末の酒場感を生むねっとりダウンテンポの"Space And Time"、動きのあるメロウなエレピやシンセとジャジーな臨場感のあるビートが強調された"The Anthem"と、これらもやはりヒップ・ホップやフュージョンにジャズの要素を盛り込んでいるのが特徴だ。とても若手とは思えない渋くて大人びた世界観で、新世代ビートメイカーとしての面目躍如なる作品だ。



Check "K15" & "Henry Wu"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |