Various - Isaev / Cutout Classics Volume Three (Balance Alliance:BA08/BA09)
Various - Isaev / Cutout Classics Volume Three

ドイツを中心に脚光を浴びているChez Damier主宰のBalance Allianceから、ロシアの新鋭Konstantyn Isaevの新作がリリース。Volta Cab名義でも新作を続々リリースしているこの新鋭、詳細は不明ながらもChezに認められただけあり、レーベルカラーに沿った幻想的なディープハウスを聴かせてくれます。覆い被せられるダビーな音響が心地良い"Levatation Flight"はまるでRound One系のソウルフルなダブハウスを思わせるし、力強い4つ打ちにアシッディーで不気味なシンセが絡む"Free Falling"も良い鳴りを聴かせてくれます。そしてこの盤で特筆すべきは裏面にChez Damierが絡んだトラックが収録されている事。"In & Out (JT Donalson Dub)"はシカゴをベースとするユニット・Home & Gardenの曲で、Chezはボーカルとして参加。こちらはざっくりとした質感のラフなシカゴハウスで、Chezの艶めかしいボーカルが印象的。そしてこの盤の目玉である2004年にリリースされた盟友Ron Trentとの共作"Warfare"の未発表バージョンが、やはり断トツに素晴らしい。Ron & Chezの二人が揃えば駄作など出来る訳もないが、芯があり安定感のあるグルーヴィーな4つ打ちに陶酔感・透明感のあるメロウなシンセを被せたミニマルなディープハウスは、一聴して彼等の音と気付くほどの存在感を放ちます。既に金太郎飴的な彼等のスタイルが形成させておりますが、それでも彼等にしかこの郷愁に溢れたディープハウスは鳴らせないでしょう。

試聴

Check "Chez Damier" & "Isaev"
| HOUSE6 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |