CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2015/7/31 MSJ @ Grassroots
当日は都内各所で気になるパーティーが開催されていたものの、当日は現在のSlowmotionメンバーであるMinodaとSports-Koide、そしてGrassrootsにて『細道』を開催しているBimidoriが出演する"メロウ筋=MSJ"が開催されていたので、久しぶりにGrassrootsへと行く事にした。Slowmotionと言えば90年代のManiac Loveにて激しいダンス・ミュージックへのカウンター・カルチャー的に、遅いBPMのディープ・ハウス等がプレイされていたパーティーだったそうで、そのメンバーにはMoodmanも含まれている。そしてMinodaとSports-KoideがSlowに次ぐMellowをコンセプトに立ち上げたのがMSJだそうで、2015年の初頭から定期的にGrassrootsにて開催されているようだ。蒸し暑く気怠い夏の夜をゆったりMellowに過ごすなら…そうMSJだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
J.A.N. - The Weather EP (Dopeness Galore:DG 10 006)
J.A.N. - The Weather EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

オランダはアムステルダムと言えばデトロイトの影響を強く受けている土地であり、Rush HourやDelsinなど実力派のレーベルが集まっている。同じくアムステルダムのDopeness Galoreもファンクやヒップホップにソウルなど黒人音楽からの影響を元に良質なクラブトラックをリリースするレーベルであるが、そんなレーベルから現れたJ.A.N.なる新星の作品は初期のMoodymannやTheo Parrishを思い起こさせるようで、注目して損はないだろう。力強い正確な4つ打ちキックやボイスサンプルがファンキーながらも酩酊するスモーキーなパッドが感情的に伸びる"Make It Funky"、美しいシンセストリングスが優雅に舞いつつからっとしたパーカッションが心地良いディープ・ハウスよりの"Stormy"、ヒップホップのざっくりと煙たいビートを下地に流麗なエレピなどが仄かにソウルを発する"Shines"と、そのどれもがデトロイト・ハウスからの影響を隠す事なく表現したトラックが並んでいる。デトロイト・ハウスの訝しくも感情を揺さぶる空気、ラフな質感から生まれる温かさなど、それらを混ぜ込んだスタイルを彼はB-BOYハウスと説明する。なるほど、ラップやブレイク・ビーツに合わせて踊るB-BOY、確かにJ.A.N.によるサンプリング・ベースの曲からはそんな黒っぽさがぷんぷんと滲み出ている。まだフォロワーの粋を出切ってはいないのも事実ではあるが、デビュー作にしては十分過ぎる程に心に染み入る仄かに黒いハウスで、今後にも期待せざるを得ない。



Check "J.A.N."
| HOUSE9 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |