CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Future Beat Alliance - Beginner's Mind (Reward System:RSTM002LP)
Future Beat Alliance - Beginners Mind
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
「未来鼓動連合」というアーティスト名からしてテクノの近未来的な感覚を匂わせるFuture Beat Alliance。2000年代初頭のDelsinやArchiveにEmoticonといったレーベルからリリースされた作品は、確かにデトロイト・テクノの未来的な音とIDMのインテリジェンスな音が融合した音楽としてマニアから注目を集め、特にDelsin周辺の評価を高める事にも貢献していた。そんなFBAを遂行するMatthew Puffettはその手腕が評価されたのか、近年ではJames LavelleのUNKLEの一員となり曲作りやプログラミング、そしてプロデューサーとしても手腕を発揮したりもしており、FBAを知らない人にもその素質を何となくでも感じる事だろう。そんなFBAによる11年ぶりのニューアルバムがリリースされているが、その11年の間も決して全く活動をしていなかったわけではなく、ダンスフロアを意識したグルーヴ感強めのテクノを収録したEPも多数リリースしてはいた。しかしこの新作、アルバムという表現の場を活かしてどちらかというとリスニング性も強いリズム感の多様性とインテリジェンスかつSFな雰囲気を前面に打ち出して、ややもすれば最初期の音楽性を現在へとアップデートしたようにも感じられる点でファンとしては喜ばしく思う。電磁波のようなパルスから綺麗めのシンセのリフレインへと続き、宇宙へと昇っていくような浮遊感を得る"Window To The World"でアルバムは始まると、続く"Birth"は鞭打つような刺激的なリズムと分厚い銀河系のようなシンセが覆っていき、サイバー風な未来の雰囲気で壮大なアンビエンス空間を演出する。"Black Acid"はタイトルが示す通り鈍いアシッド・ベースが牙を剥く曲だが、激しいグルーヴではなく荘厳なパッドが広がりつつも弾力性のあるベースと粘着性のあるビート感で、じわじわと精神を侵食する中毒性の高いインテリジェンスなアシッド・テクノだ。ビートレスな構成で羽衣のような美しいシンセがゆっくりと揺らぎ、祈りのような女性の歌が微かに聞こえる"Tell Me About These Dreams"は壮大な宇宙を喚起させるドリーム・アンビエントで安らぎの時間帯。そこを通り過ぎれば初期作風に近い"Time Stamp"、軽やかでフュージョン的な綺麗なシンセとブロークン・ビーツの軽快なリズムが映えるデトロイト・テクノ調な曲は、アルバムの中でも最も懐かしさが込み上げるエモーショナル性が優れている。逆に刺々しく荒々しいキックが跳ねて、ダークかつ不気味さを煽るシンセとアシッド気味のベースが躍動する"Broken Wheels (In 7/8)"等、闇に染まったフロア向けの曲もあるが、それにしてもただ単にパワフルな4つ打ちではないリズムの自由度の高さがFBAの個性の一つだろう。色々な作風が混在しているのはFBAのアーティストとしての技量の高さを伺わせるが、それらがばらばらにならずに正に未来から来たようなテクノとして統一されており、アルバムは洗練されたエレクトロニック・ミュージックとして円熟味を増している。



Check Future Beat Alliance
| TECHNO15 | 12:00 | comments(0) | - | |
James Lavelle - Global Underground Romania #026 (Boxed:GU026CD)
James Lavelle-Global Underground Romania #026
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(Limited Edition)
渋谷のHMVでプログレッシブハウスのMIXCDシリーズ:Global Underground(Amazonでシリーズを検索)が1000円以下で叩き売りされています。その中で何か買ってみようと思い、色々悩んだ挙げ句あまりプログレっぽくないJames LavelleのMIXCDを購入しました。James Lavelleと言えばトリップホップの革新的レーベル・Mo'Waxを立ち上げた人物であり、かつてはUNKLEと言うユニットをDJ Shadow(現在は脱退)と組んでいたり、まあ名前はとにかく有名だった(既に過去形である…)。そんな彼がプレイする音楽とはどんなものなのか、とにかく聴いてみる事にした。

一枚目、ブレイクビーツ中心のダークでサイケデリックなプログレ風。楽観的な明るさはなく、むしろ悲壮感が漂うどこか切ないメロディーが多い。へーJamesってこんなプレイをする人なんだとちょっと見直した。光の差し込まない暗闇の中を手探りで彷徨う様な、そんなヘビーな世界観。闇だからこそ逆に際立つ妖艶な美しさと言うか、説明しづらいけどただの派手なだけのプログレではない。リズムも単調に陥らずに体を揺さぶり続け、久しぶりに4つ打ち以外のMIXCDでも良いなと思った。

二枚目、いきなり鬱な位ヘビーなRichie Hawtinの曲から。序盤はまたブレイクビーツで同じ展開かなと思ったら、4曲目のPeace Divisionからは4つ打ちプログレへ移行。ここからは完全にエレクトロニックで高揚感のあるトラックが続きます。プログレ特有の艶のある煌めき感があり、鈍く黒光りするファンキーな音の連続。リズムはハウス的なスムースな4つ打ちで、途切れる事のない快楽を持続させます。終盤はちょっとやり過ぎな位トランシーな時もありますが、確かによだれの出る気持ち良さだ。エンドルフィンがドバドバと出るような危険な香りのする音だ。

James Lavelleってプログレのアーティストではないはずだけれども、このシリーズに抜擢されたのは功を奏したかも。プログレの高揚感とトリップホップから生じるサイケデリック感が、上手にブレンドされている様に思いました。

試聴

Check "James Lavelle"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Urban Tribe - The Collapse of Modern Culture (Mo Wax:MW102CD)
Urban Tribe-The Collapse of Modern Culture
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
今では激レアとなってしまい高値の付いているSherard IngramことUrban Tribeの1stアルバムがコレ。テクノなんぞそんなよくわからん頃にリリースされて、Carl CraigとSherard Ingramの合体ユニットなんかと紹介されて興味を持っていたけれど、実はCarlさんは数曲で協力をしているだけで、半分位はデトロイトハウサー・Anthony Shakirが共作やプロデュースをしている。その他にも漆黒のソウルマン・MoodymannことKenny Dixon Jr.も参加していて、デトロイトハウス好きはヨダレが出る思いでしょう。と思いきや何故かJames Lavelle率いるMo’Waxからリリースされていて、その内容たるやトリップホップとかアブストラクトと形容されるかなり煙たい作品になっている。デトロイトテクノ色が少ないと言えばそうなんだけど、このアルバムから漂ってくる悲しさはなんだろうね。Moodymannと同じく艶のある黒さってのは感じれるけど、あちらが怒りを前面に出しているのに対し、Urban Tribeは荒廃したデトロイトシティーの嘆き、憂いを表現しているみたい。でも荒廃した街にも希望が生まれる様に、この音楽の中にも一筋の美しさが徐々に芽生えてくる。人間くさいざらついた質感の音も艶めかしく、生まれたばかりのプリミティブな音にはっと息を飲む瞬間もある。テクノともハウスとも違うデトロイトの新たなる局面が、Urban Tribeによって迎えられた。

試聴

Check "Urban Tribe"
| ETC1 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
DJ Shadow - Endtroducing... (Mo Wax:MW059CD)
DJ Shadow-Endtroducing...
Amazonで詳しく見る

いつも同じ様なのをばかり聴いていたので、ひょっこり見つけたDJ Shadowのアルバムを聴いてみました。そう言えばこれってかなり評判良かったっけな。それにMo Waxレーベル自体も好調で、そのオーナーJames LavelleもUNKLE(DJ Shadowも参加)として活躍していたっけ。今じゃMo Waxなんて見る影も無くなった気がするけれど、こうゆう業界ってほんと流れが早いんだなと感慨深いです。でDJ Shadowって元々ヒップホップDJなんでしょうか?このアルバムもヒップホップらしいざっくり感があるんですよね。その時の名はトリップホップなんて名付けられてたけど、結局トリップホップって何なのでしょうね?アシッドジャズらしい細かいビートやら、美しいピアノサウンドが入っていて意外と聴き易いですよね。ヒップホップだけなら僕はあんまり聴かないんですけど、メランコリックかつどろどろとねちっこい感覚もあって今ならすんなり聴けました。しかし歴史的傑作かどうかは分かりません。単純に自分の趣味と違うだけなのかも。

試聴

Check "DJ Shadow"
| ETC1 | 22:30 | comments(4) | trackbacks(2) | |