CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Kerri Chandler - DJ-Kicks (Studio !K7:K7358CD)
Kerri Chandler - DJ-Kicks
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
一般的なDJMIXシリーズとは一線を画し、敢えて真夜中の熱狂的なパーティーのフロアではなくDJ/アーティストの個人的な楽しみにも近いミックスを聞かせるような内容の「DJ-Kicks」は、それぞれのDJのルーツや自然な好みを体験出来る楽しみとまたホームリスニング性を意識したプレイの楽しみがあり、WEB上でミックスが無料で聞けてしまう今という時代においてもMIXCDとしての存在意義を十分に示している。そしてここにシリーズ中でも特にそんなコンセプトを強く意識して実現させたのがUSハウスの大御所、Kerri Chandlerだ。Kerriと言えばズンドコ太い4つ打ちのビートに流麗なコーボード使いにシンセやテッキーな電子音を用いて、クラシカルでソウルフルなハウスからモダンなテック系まで手掛ける稀代のDJ/トラック・メーカーだが、ここではそういったパワフルなダンスビートは一切含まれていない。本作について彼は「皆をニューヨークの街歩きに連れて行くようなイメージ」と述べており、彼のブラック・ミュージックとしてのルーツを掘り起こしながらダンス・ミュージックと言う定義に拘らずに、音楽そのものを楽しんで貰うような雰囲気を感じ取れる。ジャンルで言えばハウスは無く、ジャズやR&Bにヒップ・ホップやディスコにソウルと、そして収録された曲の殆どは7〜80年代の楽曲と新鮮味は無い筈なのに、しかしKerriの優れた審美眼によって選ばれた楽曲が目も覚めるような素晴らしい展開を見せる。雑踏の環境音を用いた"Intro"から始まりLeroy Hutsonによる優美なピアノと感情的なホーンによる静かに燻るソウルの"Cool Out"、Rasaによる夕暮れ時の切なさにも似た感傷的なAORの"When Will The Day Come"、The Foreign Exchangeによる光沢感のあるシンセ使いが麗しいネオ・ソウルの"Body"と、序盤から緊張が解けたようにレイドバックしつつ身も心も穏やかに温まるソウルフルな選曲にこれは確かにKerriの音楽性だと納得させられる。中盤にはまさかのT La Rockによるスクラッチもばりばり入ったエッジの効いたヒップ・ホップの"It's Yours"を通過し、Andre Ceccarelliの土着的なのに優美なジャズ・グルーヴの"Stock No. 1"へと繋ぐ驚きを感じさせつつ違和感を感じさせないはまった展開を披露し、流石DJとしての選曲や流れにも全く隙きが無い。中盤のハイライトであるBeckie Bellによるフレンチ・ディスコの"Music Madness (Extended Charles Maurice Version)"は、誰しもそのキャッチーな構成と可愛らしいボーカルに耳を奪われるに違いなく、当方のように古い音楽に造詣がない人にとってはブラック・ミュージックの歴史を教示されるような思いも受ける。そしてJames Masonによるブギーで麗しいフュージョンの歴史的名曲"Sweet Power Of Your Embrace"も通過し、Kerriによるエクスクルーシブな粘性の高いレゲエ/ダブ調の"Stop Wasting My Time"でぐっとテンポを落としつつ、Innerzone Orchestraカバーによる名曲"People Make The World Go Round"で燻り続ける炎のようなソウルでじわじわと感情を熱くし、最後はヴィブラフォンの響きが甘美で黒くアダルティーに湿る"Liquid Love"でしっとりとしたラストを迎える。ハウス・ミュージックのDJによるバック・トゥ・ザ・ルーツ的な音楽観は、音楽の掘り起こしや再認識の意味を持ちつつそれ以上に選曲自体が素晴らしくどれもメロウでソウルフルな性質があり、クラシカルな作風は時代に左右されずに楽しむ事が出来るだろう。



Check "Kerri Chandler"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
James Mason - Recollection ∈ Echo (SHOUT! PRODUCTIONS:SHOUT-278)
James Mason - Recollection ∈ Echo
Amazonで詳しく見る(日本盤)

2012年、『Rhythm Of Life』(過去レビュー)の日本盤リイシューに合わせてWax Poetics Japan No.21に掲載されたインタビューで、2012年の年末には未発表曲を出す予告をした時には胸が高鳴ったものだ。結局、それが実際に遂行されるまでには3年もかかってしまった訳だが、しかしそれでも尚この失われた作品が日の目を見る事に、感動を隠さずにはいられない。そう、今ではレア・グルーヴやフュージョン・ソウルを象徴するアーティストの一人と呼んでも過言ではないJames Masonの新作は、歴史的傑作である1977年作の『Rhythm Of Life』の直後に制作された未発表曲集であり、本来であれば当時リリースされる予定であった2ndアルバムに収録アルバム向けの曲も含まれている。アルバムは"Sweet Power, Your Embrace"の続編として作られたという"The Love Song"で幕を開けるが、そこから既に『Rhythm Of Life』と何ら変わらない流麗でエモーショナルなメロディーやファンキーなベースやギターが鳴り、アーシーで生っぽい質感と人間味のある温かさに満ちている。続く"Angel Eyes"で聞けるソウルフルで歌声や気分を高揚させる嬉々としたサックスからは、輝かしい未来さえ感じられるだろう。"I've Got Your Love"では一転して感傷的なフェンダー・ローズのコード展開を用いたバラードを披露し、"Cool Out"ではエレクトロ風なビートも用いて現在のディープ・ハウスに繋がるような深さも演出するなど、『Rhythm Of Life』同様にジャズ/ソウル/ディスコ/フュージョンを咀嚼しJames Masonたる個性を放つ音楽へと昇華させている。ディスコ的な輝かしいビートやシンセに美しいコーラスを導入した"The Dance Of Life"、そして同様に自由にメロディーを奏でるシンセがコズミック感さえ生む"Space Walking"と、躍動感あるダンス・トラックも古くはあるが決して色褪せない魅力を放っている。そう、『Rhythm Of Life』に魅了されたファンならば再度このアルバムに魅了され、そして虜になる事は間違いのない作品だ。Masonがライナーノーツで述べるように残念ながらオリジナルテープの損傷は酷く、音の歪みや揺らぎを取り除く事は出来なかったが、しかし尚それが本作の価値を失わせる事はなくMasonの魅力を再度世に知らしめるマジックさえ感じられるのだ。ただただ本作がリリースされた事に感謝したい。



Check "James Mason"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/11/30 choutsugai presents -Pablo Valentino Japan Tour In Tokyo- @ Solfa
Motor City Drum Ensembleの立役者…という説明も最早不要だろうか、ジャズやファンクにビートダウンまでをカバーするMCDEとFaces Recordsを主宰し、また自身ではCreative Swing Alliance名義でも活動するPablo Valentino。DJにおいてもハウスのみならずファンクやヒップ・ホップなど縦横無尽にブラック・ミュージックを包括するプレイで魅了するが、そんなPabloが一年ぶりの来日を果たす。また日本からはデトロイト・ハウス〜ロウ・ハウスからの影響を公言するYou Forgotも出演と、日仏ハウス合戦が日曜の夕方に繰り広げられた。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2012
今年も一年間当ブログを御覧頂いた読者の皆様、どうもありがとうございました。相変わらず音楽は作品が売れないだとか、パーティーも以前に比べると活気がないだとか、ここ数年同じように苦しい状況が続いています。しかし昔から変わらず、それどころか都内ではパーティーもどれに行くべきか悩むくらいに溢れており、その充実度は昔よりも遥かに高いでしょう。またクラブミュージックに於いてさえデジタル配信は既に充実していますし、その一方で再度アナログでのリリースに拘るアーティストも増えてきたり、音楽を聴く為の環境自体は十分に整っている事は間違いありません。決して音楽自体の魅力が失われているわけではないと、私は信じています。さて、それではそんな気持ちで選択した毎年恒例の年間ベストと共に、来年も良いお年を!
続きを読む >>
| BEST | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
James Mason - Rhythm Of Life (SHOUT! PRODUCTIONS:SHOUT-245)
James Mason - Rhythm Of Life
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
例えその名を知らなくてものDJが何度もプレイする事でいつの間にかそのアーティストの虜になっていた、クラブに通っているとそんな出会いは少なくはないだろう。そしてレア・グルーヴ、フュージョン・ソウルを代表する、そして近代のクロス・オーヴァーな流れの中で評価をされたJames Masonは、自分にとってその端的な例だ。正直に告白するとレア・グルーヴなる音楽への造詣は殆ど無いのだが、しかしクラブの朝方で度々耳にしていた"Sweet Power, Your Embrace"は僕の頭の中に残り続けていたのだ。この曲のふくよかでメロウな旋律、黒いギターやベースの泥臭さの中にも光る清々しい期待感、大らかで華麗なムードは踊り疲れた朝のクラブには最適だったのだろう。いつしかこの曲がMasonの曲だと知った時、そこからこのアルバムに辿り着くまでに時間はかからなかった。アルバムには前述のクラシックのみならず、忙しないグルーヴに強烈なスラップベースが絡む"Free"、唯一のインストトラックである気怠く甘い"Mbewe"、躍動感溢れるドラムプレイと力強い歌が先導するファンキーチューン"I've Got My Eyes On You"など、ジャズ/ソウル/ディスコ/フュージョンと言った音楽の垣根を超えた普遍的な曲が散りばめられている。基本のメロディーや構成を重視した音楽は時代を超え、そしてジャンルとしての曖昧さがクラブでのクラシックに繋がり、James Masonの評価は後から絶対的なモノとなったのだ。この度リイシューされたアルバムでは全曲リマスターされたのは嬉しい限りだが、更にオリジナルには未収録であった"I Want Your Love"や"Nightgruv"、そして"Sweet Power, Your Embrace"の未発表バージョンまでもが収録されている。"Nightgruv"なんかは今でもハウス系のパーティーでかかったりする事がある程にハウスグルーヴを感じ取れ、やはりここでもMasonのジャンルに縛られない音楽性は生きているのだ。今更こんな事を自分が説明するまでもなく傑作ではあるのだが、自分の様にレア・グルーヴに興味が無い人には是が非でも聴いて欲しいと思う。

試聴

Check "James Mason"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
2012/3/10 Move D JAPAN TOUR 2012 @ AIR
今週はMove DことDavid Moufangのジャパンツアーが予定されておりましたが、その一つであるAIRでのパーティーにはSTEREOCiTIやDJ Nobuが一緒に参加する事になっていたので、面白そうな一夜になると確信し遊びに行ってきました。David Moufangと言えば16年前のReagenz名義でのアルバムが素晴らしいアンビエント作品なのですが、最近ではMove D名義でPhilpotやWorkshop、Uzuri等から有機的でメランコリーなディープハウスをリリースしており一体どんなDJを披露するのか、そして他の日本人もMove Dを意識したセットを披露するのかと興味深い一夜でありました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 10:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
James Mason - I Want Your Love (Rush Hour Recordings:RH-RSS 3)
James Mason - I Want Your Love
Amazonで詳しく見る(MP3)

新人の発掘作業と共に古典を猛烈な勢いで現代に蘇らせているオランダのRush Hour。それがデトロイト・テクノやシカゴ・ハウスだけだと思うのは誤りで、最近ではレア・グルーヴと呼ばれるジャンルにまで手を広げています。そして最新のリイシューとなるのがそのレア・グルーヴと言う分野において、古典中の古典であるJames Masonのアルバム未収録であったレア作品になります。所謂典型的なクラブミュージックではないので自分も暫く彼の存在には気付いておりませんでしたが、朝方のクラブで知らない内に彼の曲を聴く事は何度もあり、つまりは現代のダンスミュージックにも多大なる影響を及ぼした存在であるのは間違いありません。そして大傑作"Rhythm Of Life"がリリースされたのが1977年ですが、そこから20年を経た後の1996年に突如リリースされたのが本作だった様です。リイシューされるに辺り"Nightgruv (Unreleased Longer Edit)"が追加されており、これがタイトル通りの夜の音と言ったメロウでアーバンな作品で秀逸です。陶酔するキーボードの旋律は湿り気を帯びた吐息を吹きかける様に雰囲気があり、リズムは規則正しいハウスの4つ打ちを刻み、ミニマルで平坦な展開が長く続く事で夜の優美な時間帯が持続します。そして裏面には11分にも及ぶ"I Want Your Love"が収録されており、こちらはスペーシーなシンセ使いや耽美なエレピ、腰にくるベースラインや熱気のこもった歌も挿入されバンド風な演奏に艶があり、一般的に想像するソウル・フュージョンと呼ばれる曲でしょう。本当に的確なリイシューをするRush Hourのセンスにはぐうの音も出ませんね。

試聴

Check "James Mason"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Motor City Drum Ensemble - DJ Kicks (Studio !K7:!K285CD)
Motor City Drum Ensemble - DJ Kicks
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
タイコクラブへの出演が決まっていたにも拘らず、東日本大震災の影響で来日がキャンセルとなったMotor City Drum EnsembleことDanilo Plessowでしたが、その穴を埋めるには十分な作品がリリースされました。Studio !K7の長らく続く名物MIXCDシリーズの最新作としてMCDEが抜擢された訳ですが、これが予想以上に幅広いジャンルを詰め込でおり、まるでダンスミュージックの歴史を掘り返すと言っても過言ではないような気がします。年代で言えば1977〜2011年までの34年を横断し、Sun Raのスピリチュアル・ジャズで始まりRhythm & Sound(Basic Channel)のレゲエで黒い泥沼に嵌り、Mr. Fingers(Larry Heard)の垢抜けないローファイな初期シカゴハウスの温もりに包まれる。そしてFred Pの華美なディープハウスもあればRobert Hoodの芯の強いミニマルテクノも通過し、笹暮だったファンキーなMotor City Drum Ensembleの新曲の後にはAphex Twinのメタリックなアンビエントで冷水を浴びせられる。ラストにはフュージョン・ソウルの傑作"Sweet Power, Your Embrace"が待ち侘びて、ほっこり酸いも甘いも噛み締めるボーダレスな選曲。しかし特筆すべきはMCDEが創り出す世界観の統一で、年代に差はあれど根底にはブラックミュージックの生温かい血潮が通っており、ジャンルとしての多彩さは感じられてもその幅の広さ程には違和感が無い事にMCDEの音楽への造詣の深さが伺えます。色々詰め込み過ぎてクラブ直結MIXCDと言うよりはコンピレーション的な印象もありますが、どんな音も黒く染め上げる手腕はTheo Parrishとも通じる物があり、ビートダウンな展開をじっくりと味わえる好内容ですね。

試聴

Check "Motor City Drum Ensemble"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
Henrik Schwarz - DJ-Kicks (Studio !K7:!K7207CD)
Henrik Schwarz-DJ-Kicks
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
近年注目を浴びているHenrik Schwarz、自分の中ではInnervisionsからリリースしているアーティスト位の認識しかなく、正直どんな音楽性かは殆ど知りません。しかしながらネットや雑誌でもこの"DJ-Kicks"は評判が良かったので、興味を持ち購入に至りました。聴く前に取り合えず選曲はチェックしてるんだけど、とにかく何でも打ち込んであってジャンルの幅は広いんだけど、一応統一性は感じられる。それは黒い音が中心って事。James Brown、Marvin Gaye、Pharoah Sanders、Drexciya、Rhythm & Sound、D'Angelo、Arthur Russellらのファンク、ジャズ、エレクトロ、レゲエ、ソウル、ディスコと言った黒人音楽をふんだんに使用していて、なかなか良い黒光りをしているのです。この多岐に渡る音楽性は非常に面白いし、またこれだけ黒い音なのにファンキーと言うよりはドイツっぽいドゥープな雰囲気を発しているのが不思議。現実を超越する呪術的な雰囲気の如く黒いサイケデリアを呼び起こす原始的な音楽ですね。ただMIXCDと言うよりはコンピ的な印象を受けてしまうのは、やはりジャンルの幅の広さゆえでしょうか。どうしても音やテンポの差がが激しくなってしまうので、聴いているとはっと時折り醒めてしまう瞬間もありました。それでも真っ黒な音楽で覚醒した世界を見せ付けるHenrik Schwarzは、奇才と言う以外に他は無いでしょう。

試聴

Check "Henrik Schwarz"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE4 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(2) | |
Ron Trent - Musical Reflections (R2 Records:R2CD003)
Ron Trent-Musical Reflections
Amazonで詳しく見る

シカゴハウスものが続いてるので、ここで一丁僕の大好きなアーティストRon TrentのMIXCDを紹介します。どれ位好きかと言うと、今でも彼の古いEPを見つけたら即買いする位好きです。ターンテーブルは無くレコードプレーヤーがあるだけなので、1枚1枚をただ聴く為だけにEPを買ってしまいます。元々は彼の名曲、Altered StatesのCarl Craig Mixで知る機会があって、それから彼のEPを集める様になりました。早熟であり早々と才能を開花させ、Chez Damierとコンビを組んでKMSから作品を出し、また伝説的なディープハウスレーベル:Prescriptionを設立(この時代のEPが喉から手が出る程欲しい僕です)。その後はフュージョンハウスの雄:Anthony Nicholsonと手を組み、ディープハウスのみならずアフロやジャズへの傾向を示し、より多様で深い音楽性を獲得し今に至っています。

シカゴハウスと言いつつも、彼の道はシカゴハウスがメインと言う訳でもないな…。ま、それはお許しを。MIXCDは今までに5枚位出していて、特に今回紹介するのは激マッシブプッシュ!今までの彼の旅路の総決算とも言えるMIXをしていると僕は思っています。ほんとイイ!口で言っても伝わらないだろうけど、イイ!トラックリスト見ても結構地味だと思うでしょ?はい、地味です。いや、地味じゃない。展開もあるし、なんて言うかソウルに満ちあふれた曲ばかり。テンポものんびりだし、地面をずぶずぶ這いずる様な重さと言うのはTheo Parrishを思い浮かべるんだけど、Theoに比べてRonの人気って…。まあ、それはしょうがない。出だしからジャジーでとにかくビートダウン、3曲目で既にハイライトのAnother Night!とにかく温かい、Ronのプレイは彼の温かさを感じる事が出来る!その後も普通のハウスは殆どなくて、ジャジーハウスって感じのが続くの。中盤はビート強めのNeedsなどで盛り上げたりして、終盤はアフロハウスやディープハウスでダンサンブルに飛ばしてくれる!彼が今まで取り組んできた事が、全て凝縮されこのMIXCDに詰まってるみたいじゃないか。Theo Parrishが好きならRon Trentも絶対好きなはずなんだろうけど、日本での人気の差には悔しいものがあるよ…。だからディープハウス好きな人は勿論、Theo Parrishが好きな人にも聴いてみて欲しいっす(泣)

試聴

Check "Ron Trent"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 21:10 | comments(4) | trackbacks(1) | |