CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
John Digweed - Transitions Vol.4 (Renaissance:REN42CD)
John Digweed-Transitions Vol.4
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
気が付けば毎年恒例のシリーズになっているプログレッシヴハウスの大御所・John DigweedのMIXCDシリーズ"Transitions"。シリーズ物と言うとどうしても耳が慣れてしまい飽きやすくなってしまうのですが、この4作目にしてシリーズ最高峰ではないかと感じられる気持ちの良い出来。既に音的にはテクノだとかプログレッシヴハウスだとか区別するのは意味の無い内容で、ジャンルの垣根が下がった事で新たなるファンの獲得に成功しているであろうDigweed。実際自分も以前はプログレを聴く機会は無かったのですが、ある程度テクノ寄りになったおかげで自分も聴く機会を得られているので、壁が低くなるのは良い効果もあるのです。曖昧・あやふやにぼかして成功している良い例でしょう。選曲に関しては大半は自分が知らないアーティストですが、序盤のユルユルとしたテンポの中にも重みを効かせ安定した流れから、ジワジワと壮大な流れに落とし込んでいくテックハウスやプログレが中心。透明感のある上物とギラついた上物、相反する音が入っていてワイルドでありながら上品な雰囲気も感じられる好内容です。

試聴

Check "John Digweed"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
John Digweed - Transitions (Renaissance:REN27CD)
John Digweed-Transitions
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
プログレッシブハウスの大御所レーベル・Renaissanceからリリースされた、プログレッシブハウスの大御所DJ・John Digweedの2006年作のMIXCD。僕は以前はこのプログレは全く聴いていなかったのですがプログレ好きな知り合いのおかげで、今ではこの手の音楽も聴くようになっています。ただその変化は知り合いの影響以外にも、プログレッシブハウスがテクノに歩み寄っているせいもあるかと思います。いや、もしからしたらテクノがプログレ化しているの?あ、でもどっちかと言うとプログレのDJがテクノの曲を回し始めているんだよね。僕はテクノマンセー主義なので、テクノの拡大は非常に喜ばしいぞ。

さてテクノが大好きである事を確認した上でこのMIXCDの評価ですが、まあ悪くはないね。基本的に透明感や清潔感に溢れたエレクトロニックなハウスを、緩やかに優しく編み上げていく様な上品なプレイで非常にセンシティブです。起伏とか派手な流れは無いんだけど、自分が歳を取ったせいかゆるやかでゆったりした展開に身も心も任せちゃってOKじゃん。中盤には近年の流行であるエレクトロハウスっぽいギラギラした感じの曲が多くて、どぎついサウンドには目を瞑りたくなりますが、序盤と後半の王道的な美しいUKハウスには大御所・Digweedの確かなセンスを感じました。プログレの人達ってミックステクが云々より、選曲だったりその場の空気を創り上げる感覚に長けてるのかな。じっくり聴く事の出来る味があるMIXCDだと思いますよ。

どうでも良いんだけど、プログレッシブハウスってジャンルはUKハウスの方がしっくり来る気がするな。だってテクノの方が100万光年先を行く程プログレッシブだし。テクノシーンの方が天才・奇才が多いと思うんだけど、浅はかな考えかしら。

試聴

Check "John Digweed"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Hernan Cattaneo - Renaissance : Master Series Volume 2 (Renaissance:REN18CD)
Hernan Cattaneo-Renaissance : Master Series Volume 2
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
先日はHernan Cattaneoのイベントに行ったのですが、今日ユニオンに行ったら彼のMIXCDが安く売っていたので即座に購入。ちなみに普段はプログレッシブハウスのCDなんて一切購入しませんから。Hernan Cattaneoはアルゼンチンを代表するプログレッシブハウスのDJらしく、Paul Oakenfold、Sasha、John Digweed、Deep Dishらも実力を認めるベテランらしい。本人曰く「極限までディープなハウス」をプレイするとの事。でも先日のageHaでのプレイはディープどころか、アゲアゲな大箱セットでディープな流れは少なかったかな…。

さてそんなプレイに落胆していた僕ですが、このMIXCDでは彼の真価を遂に伺う事が出来たと思います。有名なDJが彼のプレイを認めるのも頷ける、本当に奥が深く広大な展開を持った素晴らしいプレイですね。音は太くても長く低空飛行を続けるようなゆったりとしたプレイで、ジワジワとビルドアップしてゆく気持ち良さ。ageHaの時はずっとドスドスキラキラしっぱなしで疲れたけど、このCDでは抑えて抑えてガマン汁溢れる展開に痺れます。ハウスって行ってもプログレなんで全編エレクトロニック満載、透明感溢れる薄いシンセの音に囲まれていつの間にか極彩色な世界に導かれます。低い地べたから高い空の上まで上昇していく高揚感、終盤ではビシッと上げてきて覚醒的なシンセサウンドがこれでもかと耽美に鳴り続けます。酸いも甘いも知り尽くした完璧なプレイ、これをageHaで聴けたら最高だったのにな。久しぶりに自分の中でメガヒットな一枚です。

試聴

Check "Hernan Cattaneo"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Paolo Mojo - Balance 009 (EQ Recordings:EQGCD013)
Paolo Mojo-Balance 009
Amazonで詳しく見る

最近はまっているMIXCDが、プログレッシブハウスのMIXCDシリーズ"Balance"の9作目。担当をするのはSasha、John Digweedもその実力を認めると言うPaolo Mojoなのですが、披露しているプレイはプログレを中心にしながらもテクノとハウスをスムースに差し込んで、陰と陽を自在に行き交うボーダレスなセンスを感じさせます。まず1枚目はプログレやテックハウス気味のスムースな流れから始まります。時折ブリブリアシッドも入れつつ、局所的に陶酔系のドープな選曲。中盤はエレクトロハウスで少々テンションを下げつつ、熱くなった体を一端冷まします。そこから一気にDavina「Don't You Want It」→Underground Resistance「Transitions」のデトロイトハウスのクラシック連発で、盛り上がりも急上昇。流れを損なわずに最後は、ディープハウスの名曲「Deep Burnt」でストリングスが厳かに鳴り響き美しく締めました。そして2枚目はミドルテンポのプログレをがんがん回し続けるのですが、展開の多い曲(と言うか引っかかりのあるメロディーが多い)を多用して、楽天的かつ秘かにたたずむ妖艶さを醸し出しています。特に高揚感増すRobert Owens「I'll Be Your Friend」から、サイケデリックでモヤモヤなNathan Fake「The Sky Is Pink」に流れ込む瞬間は見逃せません。終盤は感極まるテックハウスMichel De Hey「Camera(Funk D'Void Mix)」でアッパーに盛り上げつつも、最後は名曲「La Ritournelle」でしっとりと儚い終焉を迎えます。全て聴き終わった後残るのは、安息の一時。久しぶりに完全に満足出来たMIXCDかもしれないです。プログレ系とは言いつつもテクノやハウスを織り交ぜているので、単調な流れに陥る事なく最後まで飽きずに聴けました。派手なミックスをする訳でもなく自然の流れに沿ったハウスビートなプレイは、心地良いの一言。絶賛お勧め中です。

試聴

Check "Paolo Mojo"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
John Digweed - Fabric 20 (Fabric Records:FABRIC39)
John Digweed-Fabric 20
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
もう何度も紹介しているFabricシリーズですが、Fabricとはロンドンのスーパークラブでありレーベルでもあります。今までに多くの有名なアーティストがミックスを手掛けて、新譜が出る度に購入されている方も多いのではないのでしょうか。このシリーズ20を担当したのが、プログレッシブハウスの御代・John Digweedです。彼のプレイはそれ程聴いた事は無いのですが、近年のプログレがテクノ寄りになっている事もありこのMIXCDを購入する事に。あーでも実際聴いてみたらどちらかと言うと、テクノよりエレクトロハウスって感じでしょうか。安定したBPM125位の4つ打ちのバスドラは完璧にハウスだし、テクノ程硬質なサウンドが前面にも出ずむしろ空気感を含み当たりが柔らかいですね。流れもスムースで透明感溢れる清々しさと大人の魅惑的なムードがあり、がっつり踊ると言うよりはラウンジで聴きたいプレイですね。Digweedについて詳しくはないのですが、もっと硬質な音を得意とするアーティストだと思っていただけに意外でした。しかし今までのプログレファンには多分受けは良くなさそうだし、かといってテクノファンにも受ける感じではないかなと。それでもベテランらしい余裕の感じられるプレイだとは思いました。

試聴

Check "John Digweed"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2005/11/22 CLUB PHAZON - WOMB MOBILE PROJECT @ Laforet Museum Roppongi
Sasha & John Digweed、プログレッシブハウスの2大巨頭が出演するイベント、CLUB PHAZONに行ってきました。WOMBではなく六本木ラフォーレミュージアムに会場を移し、規模、ライティング、音質など全ての面で普段以上にパワーアップ。12時過ぎに会場入りすると既にSashaがプレイ中。でも思った程混んでいなくて余裕で踊れるスペースがありました。プログレッシブハウスと言うよりは、エレクトロクラッシュやらちょいクリック系みたいなのを回してた気がするけれど、プログレでは今そうゆう流行なのでしょうか?
続きを読む >>
| EVENT REPORT1 | 15:00 | comments(5) | trackbacks(2) | |
UPCOMING EVENT
JEFF MILLS presents CONTACT SPECIAL @ WOMB
2005/10/14日 (FRI)
DJ : Jeff Mills
Guest Live : Co-Fusion

JEFF MILLS presents CONTACT SPECIAL @ WOMB
2005/10/21日 (FRI)
DJ : Jeff Mills
Guest Live : Scion from Chain Reaction

JEFF MILLS presents CONTACT SPECIAL @ WOMB
2005/10/28日 (FRI)
DJ : Jeff Mills
Guest Live : Sub Space, Elektrabel

KENISHII 「PLAY, PAUSE AND PLAY」RELEASE PARTY @ AIR
2005/10/29 (SAT)
DJS: KENI SHII, DJ WADA X Dr.SHINGO, SHIN NISHIMURA×HITOSHI OHISHI

DARREN EMERSON @ Space Lab Yellow
2005/11/02 (WED)
DJ : Darren Emerson and more

STERNE @ WOMB
2005/11/04 (FRI)
Guest DJ : Dave Clarke
DJs : Takkyu Ishino, Ten

DARREN EMERSON @ Space Lab Yellow
2005/11/05 (SAT)
DJ : Darren Emerson and more

MODULE 4th ANNIVERSARY presents GRAPE @ Module
2005/11/05 (SAT)
DJ : Marcellus Malik Pittman (unirhythm/3chairs from Detoit), CHikashi

CLUB PHAZON - WOMB MOBILE PROJECT @ Laforet Museum Roppongi
2005/11/22 (TUE)
DJs : Sasha& John Digweed
Opening : Ohnishi

何はともあれScionは確実に外せないですね。Basic Channelのトラックをがんがん連発するのか、それとも予想だに出来ないライブでも?
あとはケンイシイのAIRでのイベントも良いなぁ、テクノ好きはそりゃ行くだろって感じだね。
サシャ&ディグウィッドは非常に激混みになって踊れるのでしょうか…
| UPCOMING EVENT | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | |