CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Kaito - Recontact (Octave-lab:OTLCD1970)
Kaito - Recontact
Amazonで詳しく見る

10年以上に渡りレーベル唯一の日本人としてKompaktから作品を送り出し続けているKaito。Kaito、またの名をワタナベヒロシはかつてKompaktの魅力を世に伝えるべく"Contact To The Spirits"(過去レビュー)と言うKompakt音源縛りのMIXCDを制作したが、2013年はレーベルの20周年記念と言うこともあり再度同じアプローチを手掛けるのに最適な瞬間であったのかもしれない。本作はその企画が還ってきた事、そして再度レーベルの音楽性と接触する意味合いも込めて"Recontact"と名付けられている。前作と明らかに異なる点は2枚組であり、1枚目は確かにKompakt音源のみなのだが、2枚目は傘下のSpeicherの音源を使用している事だ。Kompakt Sideに関しては膨大なカタログと多岐に渡るジャンルを取り扱うレーベル性をあまねくとは言えなくとも、しかし非常にストイックなミニマル性からシャッフルするテクノの躍動感、またはレーベル発足当初から息衝くアンビエントな佇まい、そして忘れてはならない快楽的ともさえ思われるポップな世界観まで掬い上げ、スケール感の大きい展開を生み出す緩急を付けたミックスを行い、これぞ正しくKompaktと言える世界観を引き出している。対照的にDJツールとして機能美を引き出したと言えるのがSpeicher Sideであり、こちらはKompaktに比べると多様性よりも断然ダンス・ミュージックとしてのグルーヴ感を主張したトラックが並んでいる。勿論全く幅が無いだとか味気ないツール集だとかそんな事はないが、ハイエナジーに漲るラフな攻撃性や図太いグルーヴながらも疾走感を伴っており、肉体に直接作用する事を目的とした音楽性がSpeicherなのだろう。不気味ささえ発するエグい狂気や平常心がドロドロと融解するトランス感覚もあり、Kompaktでは出来ない音楽性を実験しているようにさえ聞こえる。Kaitoと言う同じ一人のDJが手掛けながらも、兄弟レーベルでの違いをまざまざと感じさせれる事に興味を覚えつつも、Kaitoらしい激情が溢れる心情の吐露が大きな波となって迫り来るMIXCDだ。

Check "Hiroshi Watanabe"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO10 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Jonas Bering - Behind The Silence (Klik Records:KLCD045)
Jonas Bering-Behind The Silence
Amazonで詳しく見る

テックハウス〜プログレッシヴハウスを中心にKaitoことHiroshi WatanabeやJun Yamabe(EX.Mexico)も作品をリリースするギリシャのレーベル・Klik Recordsは、レーベルオーナーの親が富豪であり、その圧倒的な財力を以ってして自分の好きな作品だけをリリースしているそうです。この運営方法は金が無いと出来ない事だけれども、誰しも理想と考えているレーベル方針で羨ましい限りですね。さてそんなレーベルからKompaktで活躍するJonas Beringのベストアルバムがリリースされております。Kompaktからリリースされたシングルなどを中心に選曲されておりますが、何故Klik Recordsからのリリースに至ったんでしょうね。音的には両レーベルに共通性はあるので違和感は無いですが、Kompaktからリリースするのが普通の流れだと思うのですが。ま、ベスト盤なので格好良いディープ〜テックハウスが粒揃いしていて、Kompakt好きなら文句無しですね。僕はKaitoのMIXCD"Contact To The Spirits"(過去レビュー)の冒頭でも使われていた"Before Sunset"が一番好きですよ。ざくざくと切り込んでくるシンセのフレーズが、ドラマティックに鳴り響いて盛り上がりますね。他の曲も幻想的でメロディアスなシンセ使いが存分に聴けて、いかにも欧州的で耽美なテックハウスが満載でお腹いっぱいです。

試聴

Check "Jonas Bering"
| TECHNO6 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Jonas Bering - Lost Paradise (Kompakt:KOM139)
Jonas Bering-Lost Paradise
Amazonで詳しく見る

Kaitoの傑作MIXCD"Contact To The Spirits"(過去レビュー)の冒頭を飾った"Before Sunset"を収録したJonas BeringのEP。Jonas Beringは2000年位からKompaktを中心に活動するアーティストですが、本EPは彼の作品の中でもベストと言える出来です。やはりB1の"Before Sunset"、これが段違いでカッコイイです。締まりのある硬いビートに対し極限まで磨かれた美しいメロディーが耳に残る壮大な一曲。気高く荘厳に鳴るシンセがドラマティックな盛り上がりを聴かせ、ただただそのスケールの大きさに飲まれてしまいます。A2の"37°2"はメランコリックな旋律を活かした哀愁系テクノですが、直線的な強いビートが刻まれていてへなちょこなトラックとは訳が違います。またA1の"Lost Paradise"は重いベースラインとダビーな音の処理が施されていて、どっしりとした安定感のあるトラックです。どのトラックも一聴してKompaktだと分かるいかにもKompaktらしい作品で、水準の高さは目を見張るものがありますね。

試聴

Check "Jonas Bering"
| TECHNO5 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaito - Contact To The Spirits (Kompakt:KOMCDJ002)
Kaito-Contact To The Spirits
Amazonで詳しく見る

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
このアルバムの情報が上がってからずっと楽しみにし、そして期待していたKaitoことワタナベヒロシが手掛けるKompakt音源のみを使用したスペシャルなMIXCD。もうKompaktに関しては説明など必要ない位に現在のテクノシーンの中心にある存在で、テクノのみならずハウス、トランス、ミニマル、ディスコ、アンビエントなどの要素を果敢に取り入れ、商業的な面よりも音の本質を追究する事に信念を置く今最も世界で信頼の於けるレーベルです(それと言うのもレーベルオーナーかつアーティストでもある、Wolfgang VoigtやMichael Mayerの選球眼のおかげであります)。そしてそんなKompakt、そしてKompakt傘下のサブレーベルの音源を使ってKompaktを代表するアーティストまでに成長した日本のワタナベさんがMIXCDを作ったなんて、本当に心から嬉しく思います。まあ当然と言えば当然だけどこれだけの条件が揃って悪いMIXCDなんて出来る訳もないですが、改めて聴いてみると期待を上回る程に素晴らしいです。色々な音が入っているから説明は難しいんだけど、空気感のあるテックハウスやらダークなミニマルやら幻想的なアンビエント、サイケデリックなディスコハウスまで、正にKompaktの総集編とでも言うべき内容です。しかしKaitoと言うフィルターを通す事に因りどこを取ってもメランコリックで情緒的な雰囲気が満ちていて、ある種トランスにも似た高揚感をテクノにもたらしていますね。ライナーノーツでMichael Mayerは「Kaitoがトランスの汚名を払拭した」と書いてますが、このMIXCDを聴けばその意味が分かるかと思います。またこのMIXCDの為に新たに制作した"Everlasting(Dub Mix)"は、よりダビーさを増した空間処理が幻想的で息を飲む美しさです。ますますKaitoは神懸かってきてますねー!とにかく今テクノを聴くなら絶対Kompakt、そしてこのMIXCD。これらを聴かずして一体どんなテクノを聴くの?と問いつめたい位です。もちろん現在の時流の音ではあるけれど、ただの流行で終わるレーベルでも無い事は音を聴けば分かります。

試聴

Check "Hiroshi Watanabe"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO5 | 22:30 | comments(4) | trackbacks(2) | |
Various - Kompakt 100 (Kompakt:KOMPAKT CD34)
Various-Kompakt 100
Amazonで詳しく見る
2回に渡ってKompaktのオーナー、Michael Mayerを紹介したのでKompaktの総集編とも言えるこのコンピレーションも紹介しよう。ドイツにはダブとミニマルを追求したBasic Channel、ベルリン-デトロイト交流を果たし数々のテクノアーティストを世界に送り出したTresorがあり、そして現在一番旬なのがこのKompaktであろう。Basic Channelはミニマリズム、Tresorがテクノを追求したのであればKompaktは?一概に特定するのは難しいが、Kompaktにはドイツ特有の煌びやかなセンスを感じる。このコンピレーションはKompkatの作品をKompaktのアーティストがリミックスをすると言う、一家総動員的な作品でこれこそがKompaktの集大成とも言える作品だ。The OrbやKaito、Thomas Fehlmann、Reinhard Voigtなど大物からまだまだそれ程世に広まっていないアーティストが参加をし、これが現在のテクノだと言うリミックスを披露している。ポップなボーカルものやミニマル、テックハウスやアンビエント、果てはアシッドまでを最新のモードで発信しているのだ。アーティスト毎にもちろん異なるリミックスで、それが例え硬いテクノでも陽気なポップの場合でも、そこには統一されたKompakt特有の華やかさ、煌びやかさがある。Basic ChannelやTresorが以前程精力的で無い事を考えると、今後ドイツテクノを引っ張っていくのはこのKompaktではないかと思う。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |