CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
The Orb - The Cow Remixes - Sin In Space Pt.3 (Kompakt:KOMPAKT 363)
The Orb - The Cow Remixes - Sin In Space Pt.3
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

アンビエント・テクノの大御所であるThe Orbによるニューシングルは、アルバムからの作品をリミックスするシリーズ『Sin In Space』の3作目、今度は2016年にリリースされた目下最新アルバムである『COW / Chill Out, World!』(過去レビュー)から異なる3曲をそれぞれKompakt関連のアーティストがリミックスするという、全てにおいてKompaktカラーが打ち出されたのが本作だ。リミキサーにはテクノに於いてシューゲイザーの代表格であるThe Field、メランコリーな作風を得意とするDave DK、Kompakt古参の一人であるJorg Burgerと名実共に充実した面子が揃っているが、そのラインナップに負けない音楽的にも充実したリミックスが揃っている。いかにもなりミックスを提供しているのがThe Fieldによる"9 Elms Over River Eno (The Field Remix)"で、彼らしいループによる反復性、霞がかったようなシューゲイズな響き、そしてThe Orbに倣ったような環境音をコラージュのように配しながらスローモーなバレアリック風味に仕立てた音楽性は、原曲とは方向性を変えながら見事な開放感や多幸感を演出している。が後半は最近のThe Fieldらしい抽象的なサイケデリアの世界へと突入し、混迷を極めていく。"4Am Exhale (Dave DK Accellerator Mix)"も初っ端にThe Orbらしい牛の鳴き声のサンプルを用いているのはご愛嬌か、しかしそれ以降は原曲にはない整った4つ打ちをベースにオーロラのように極彩色なシンセを用いて幻想が広がるドリーミーな世界を構築し、Dave DKらしいメランコリーな音楽性を見事に反映させている。"5th Dimensions (Jorg Burger Dschungeloper Mix)"はノンビートな原曲から打って変わってシャッフルなリズムを導入してリズミカルに揺れだしディスコやブギーな感覚を得て、上モノは大幅には変わらないもののアンビエントな曲調が見事に肉体的なグルーヴ感を得たポップなダンス・トラックへと生まれ変わっている。面子が面子だけにどれもKompaktらしい音楽性、どれも各々のアーティスト性が打ち出されており、想定内ではあるものの期待を裏切らない良作が揃っている。



Check "The Orb"
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Pop Ambient 2014 (Kompakt:KOMPAKT CD 113)
Pop Ambient 2014
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ドイツはKompaktが送る冬の風物詩、名物アンビエント・テクノのシリーズとなっているPop Ambientも2014年作で遂に14作目となる。もう気温も温かくなり紹介するのも今更感は否定出来ないが、近年はどうも恒例となり過ぎた為に停滞感が拭えなかったこのシリーズにしては、2014年作は意外にも当たりと思える良作だ。特筆すべき点は幾つかあるが、2008年以来にこのシリーズに参加となるUlf Lohmannは、初期のKopmaktを支えていたアーティストの一人だ。そのUlfによる"Sicht"はアンビエントではあるが、温かい陽が射すように電子音が穏やかに広がる楽園が目の前に広がるようで、何だか夢の中に居るようだ。Kompaktを代表する一人でもあるThomas Fehlmannの"Treatment"も素晴らしく、静謐なピアノの音が零れ落ちながら揺らぐシンセ音が時間軸をゆっくりと伸ばしていく幻想的な曲で、心拍数が静かに下がっていく。同じくシリーズに頻繁に顔を出すMarsen Julesによる"The Philosophers Trap"は最早アンビエントと言うよりは、ステンドガラスを通過した極彩色の光が散りばめられたような美しい音を放ち、宗教的な神々しい佇まいさえ発する瞑想的で鎮静なる曲だ。話題と言えばCologne Tape(Jorg BurgerやThe Fieldらによるプロジェクト)も曲を提供しているが、それよりもThe FieldをGasがリミックスした"Cupid's Head (Gas Ambient Mix)"が白色光の揺らぐノイズに包まれるミニマル×ドローンなアンビエントで素晴らしい。そのGasことWolfgang Voigtは、自身の名義では"Ruckverzauberung 8"なるフィールドレコーディング風の抽象的な電子音を淡々と鳴らすなど実験的な側面も見せている。正直このシリーズに新鮮味を見出すのは最早困難ではあろうが、しかし本作に於ける精神安定作用は例年以上に効果的で、寝る時のBGMとしてもお勧めなのである。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Pop Ambient 2013 (Kompakt:KOMCD103)
Pop Ambient 2013
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
もう気温も温かくなり始めた5月の紹介となり場違いではあるが、真冬の風物詩であるPop Ambientシリーズの2013年バージョンの紹介をさせて頂く。ドイツはKompaktが毎年リリースするコンピレーションは複数あるが、このシリーズはタイトル通りにアンビエントに焦点を当てており、2001年からリリースされ本作で通算13枚目となる。流石にシリーズが長くなり過ぎて一時期はKompakt外部からのアーティストにおんぶしている面も見受けられたが、本作は過去にレーベルに絡んだ、もしくはレーベルに所属するアーティストが多くクレジット的には違和感は感じない作品集となっている。目玉と言えばJorg BurgerとMatias AguayoのKompakt勢がタッグを組んだTerrapin名義によるPink Floydのカバーである"Cirrus Minor"だろうか。叙情性の強い長閑な田園風景を喚起させるフィールドレコーディングを打ち出した原曲を、イメージを全く損なう事なくより電子化された音像で磨きをかけた癒しのアンビエントで、波も立たない静かなる音の伝導が鎮静効果をもたらしている。またLeandro Frescoによる"Cuando El Sol Grita La Manana"はポップで明るいメロディーをなぞりながら、それでもただひたすら平坦に薄い音が遠くまで広がっていくアンビエントを鳴らしており、これは正にPop Ambientと言うコンセプトに当て嵌まる曲であろう。その他にもMikkel Metal、Michael Mayer、Wolfgang Voigtなどベテラン勢が深い音響を伴うドローン系のアンビエントやメディテーション作用の大きい曲を提供しており、アンビエントを謳うコンピレーションでは非常に高い質を保っている。勿論数年前からこのシリーズについてはクラシカルなアンビエントであるが故に、新しさを見つける事は困難になりつつ同じループを繰り返しいるような印象も受けてしまうのだが、それはそれで伝統芸能として受け止めて厳粛なアンビエントを楽しむのも悪い事ではないだろう。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Gudrun Gut - Best Garden EP (Monika Enterprise:Monika 75)
Gudrun Gut - Best Garden EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
本作を手掛けたアーティストであるGudrun Gutについては、一切の知識を持ち合わせてはいない。このEPを買うきっかけはリミキサーとして参加したThomas FehlmannとJorg Burgerと言うKompaktアーティストに関心があったからだ。Gudrun Gutについて調べた限りではなんと元祖インダストリアルのEinsturzende Neubautenやジャーマン・ニュー・ウェイヴバンドのMalaria!のメンバーだったそうで、つまりはドイツ繋がりでKompaktのアーティストを起用したのだろう。Fehlmannは何と同じ曲のリミックスを2バージョン提供しており、"Simply The Best (Flowing Remix LR)"と"Simply The Best (Version RR)"のどちらもほぼベースは同じものを使用したダブテクノとなっている。各々よちよち歩きのねっとり吸い付くようなダブのリズムを下地に、そこにアトモスフェリックで何処か浮ついた軽さのあるサウンドが被せられ、Gudrunのアンニュイな声は色気を醸し出している。多少ダブ処理の加減が異なる位で大きな相違はないが、Fehlmannらしい立体感のある音響は流石の一言。裏面にはGudrun本人による"Garten"が収録されているが、生音も加工されながら電子音と自然と入り混じった退廃的なニューウェーブ色強めで、Gudrunによる囁くような歌もひんやり低温でモノクロームな世界観にはぴったりだ。それをJorg Burgerがリミックスした"Garten (Modern Gardening Remix)"は、Kompaktらしいシャッフル感も取り込みつつベースラインの躍動が強いディスコテイストを打ち出し、オリジナルよりも幾分か体温が伝わってくる懐かしみの感じられる曲へと仕上げている。Kompaktメンバーのリミックスは期待している通りの音でありつつ、そこでも尚Gudrunの声が幅を利かせており彼女の個性の強さが光っている。

試聴

Check "Gudrun Gut"
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Field - Looping State Of Mind Remixe (Kompakt:Kompakt 263)
The Field - Looping State Of Mind Remixe
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

丁度一年前だったと思うがカナダのエレポップデュオであるJunior Boysの曲を、Axel WillnerことThe Fieldがリミックスしていた。その恩返しと言う訳でもないだろうが今度はThe Fieldの曲をJunior Boysがリミックスし返している。その時の結果からして互いのポップな感覚は見事な程に融け合っていたのだが、本作でも期待を裏切らずにJunior Boysがなかなか良い仕事をしている。原曲は眩いばかりの白色光に包まれるシューゲイザーでポップな曲であったが、"Looping State Of Mind (Junior Boys Mix)"はポップな面は残しつつくっきりとしたリズムを浮かび上がらせ、そして可愛らしいドリーミーなエレクトロへと仕立て上がっている。コテコテなレトロ・フューチャー系のシンセ音が楽しく踊るトラックには、Junior Boysの底抜けな明るさとThe Fieldの多幸感が共存し、相乗効果を適切に生み出していると言えるだろう。裏面には更にBlondesとMohnによるリミックスの2曲を収録。Blondesは初めて耳にするアーティストだが、NYのインディーダンス・ユニットだそうだ。"It's Up There (Blondes Mix)"は霞がかった不明瞭なベールを広げつつも、その中にミニマル的なシンセのリフや薄く伸びて行くストリングスを配して、ノスタルジックな世界感を演出した淡いテックハウスだ。そしてMohnによる"Then It's White (Mohn Mix)"は実はKompaktの中心的存在であるWolfgang Voigt & Jorg Burgerが手掛けたリミックスであり、一筋縄では行かない深い音響世界に入り込んだビートレスなアンビエントとなっている。層になって被さるディレイが施され引いては寄せる波の如く残響音が充満し、原曲を遥かに超える荘厳な美しさを演出している。3曲ともタイプの異なるリミックスではあるが、どれも満足度の高い仕上がりになっており素晴らしい。

試聴

Check "The Field"
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Pop Ambient 2012 (Kompakt:KOMPAKT CD96)
Pop Ambient 2012
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
毎年冬の到来と共にやってきていたKompaktのアンビエントシリーズ”Pop Ambient”の12作目。既に冬も終わりに近付き春がやってくる手前での紹介となりますが、とても心温まるシリーズなので今でもしっぽりしたい方にはお勧めな作品です。Kompaktと言えばかつては奇才を誇るWolfgang Voigtが運営に携わり独自のテクノシーンを築いてきたのですが、現在はVoigtは運営から退きMichael Mayerがその役目を一手に担っています。Mayerが主導になってからはKompaktの経営方針も変わり音楽性にも変化の季節が訪れていますが、しかしこの”Pop Ambient”だけは毎回Voigtがセレクションを担当し一定の質の高さを守り続けています。本作にて注目すべきは近年音楽活動を再始動させているWolfgang Voigtがソロで1曲、そしてJorg Burgerとのユニット・Mohnとして1曲提供している事でしょう。特にMohnによる洞窟内で音が反響するような深い残響を生かした沈静なアンビエントが、ただ快適性のみを提供するアンビエントとは一線を画すシリアスな作品で、テクノの地平を切り開いてきたVoigtの才能は今でも健在でした。かと思えばSuperpitcherは正にポップと言う表現が相応しいメロディアスなフレーズがひたすら繰り返されるノンビートアンビエントで、浮遊感や高揚感でなく音色の温かさでアンビエントを表現しています。そしてTriola(Jorg Burger)による鎮魂歌の様に物悲しいムードに満ちたアンビエントと言うには少々宗教さも漂うトラックや、Loops Of Your Heart(The Field)によるアナログシンセによるコズミック感を打ち出しジャーマンプログレを意識したローファイなアンビエントまで、Kompaktの快適性やポップなセンスは保ちつつも各々が考えるアンビエンスを鳴らしておりました。シリーズもこれだけ続くと尻すぼみになるのは少なくありませんが、常に新たなる才能が集まるKompaktならではの質の高いアンビエントコンピレーションとなっております。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Speicher CD3 Mixed By Jorg Burger & Michael Mayer (Kompakt Extra:KOMPAKT EXTRA CD3)
Speicher CD3 Mixed By Jorg Burger & Michael Mayer
Amazonで詳しく見る

自分酒が大好きなんすけど、酒のエンゲル係数が高くてやばい。先日パーティー行った時もノリでスパークリングワインを買ったのは正月だから良いとして、それ以外にも焼酎やらワインやらウイスキーやらを計8杯位は飲んでしまった。ちなみに最近はこれでも酒にめっきり弱くなった方ではあるので、二日酔いしやすくなった。そんな二日酔いに効くのが、実はハイチオールC。美白の為の錠剤ではあるんだけど、本来は二日酔いの為なんだと。酒を飲む前飲んだ後に、是非試してみてはどうでしょうか。常用している自分は、肌が白いとよく言われる。だから何だって話ですが。。。

ドイチェテクノの総本山・Kompaktにも変化の波が訪れているのか、いつのまにかHPの作りが随分と変わっておりました。願わくばヴァイナルはずっと販売を続けて欲しいと思いますが。そんなKompaktのサブレーベル・Kompakt Extraの音源のみを使用したMIXCDシリーズが、このSpeicher。3作目ではKompaktの表番長・Michael MayerとThe ModernistのJorg Burgerがデジタルミックスをしております。二人でMIXCD制作する場合って、どんな風にやるんでしょうね?多分PC見ながらあーだこーだ言ってるんでしょうけど。ミックス自体はなかなか良い緩み具合で、あげる事を知らずじわじわと浸食してくるジャーマンアシッドが強めのミニマル風。そこにディスコティックなビキビキシンセやポップなメロディーも入ってきたり、半ばトランスに近い位までのどぎつい音もあったり、思ったよりも耳にビッシバシと効く印象の強さを感じさせます。やはりKompaktの音の広さや懐の深さを感じさせる選曲で、レーベルの今後の流れを掴むのにも役立つMIXCDですね。去年はKompaktは目立った作品が少なかったので、今年は頑張ってちょ。

試聴

Check "Michael Mayer" & "Jorg Burger"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) | |
John Digweed - Transitions Vol.4 (Renaissance:REN42CD)
John Digweed-Transitions Vol.4
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
気が付けば毎年恒例のシリーズになっているプログレッシヴハウスの大御所・John DigweedのMIXCDシリーズ"Transitions"。シリーズ物と言うとどうしても耳が慣れてしまい飽きやすくなってしまうのですが、この4作目にしてシリーズ最高峰ではないかと感じられる気持ちの良い出来。既に音的にはテクノだとかプログレッシヴハウスだとか区別するのは意味の無い内容で、ジャンルの垣根が下がった事で新たなるファンの獲得に成功しているであろうDigweed。実際自分も以前はプログレを聴く機会は無かったのですが、ある程度テクノ寄りになったおかげで自分も聴く機会を得られているので、壁が低くなるのは良い効果もあるのです。曖昧・あやふやにぼかして成功している良い例でしょう。選曲に関しては大半は自分が知らないアーティストですが、序盤のユルユルとしたテンポの中にも重みを効かせ安定した流れから、ジワジワと壮大な流れに落とし込んでいくテックハウスやプログレが中心。透明感のある上物とギラついた上物、相反する音が入っていてワイルドでありながら上品な雰囲気も感じられる好内容です。

試聴

Check "John Digweed"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Pop Ambient 2005 (Kompakt:KOMPAKT CD37)
Pop Ambient 2005
Amazonで詳しく見る

Kompaktの代表的コンピーレーションがこのPop Ambientだ。音に関して言うと一般的なPopじゃないだろーと、突っ込みをいれたくなるが、内容は素晴らしい。参加アーティストは、The Orb、Gas(Mike Ink)、Thomas Fehlmannと有名所から、以前紹介したTriola(Jorg Burger)も含めてその他色々。その他色々って言うか、他は全く知らない…。アンビエント大特集なこのコンピは、嘘偽り無く本当にアンビエントだ。道に迷ってしまったかの様に奥へと奥へと誘われ、現世に戻ってくるのは不可能かの様な迷路な世界。大半の曲はノンビートであまり区別が無くて、ずっと聴いてると今自分が何を聴いてるのかさえも分からなくなる感じだよ。時折肌寒い早朝の暗い頃、日の出を迎える様な美しい瞬間もあったりするけれど、それでも視界は不明瞭なまま。うーん、一体ここはどうなんだろう?自分の居場所さえも忘れてしまいそうだ。快楽的なアンビエントと言うよりは、結構生真面目でシリアスだと思うよ。それでもこれだけの良質な曲を揃えるなんて、Kompaktレーベルの順調ぶりが良く分かるね。

試聴

シリーズ化してるから
「Pop Ambient 2004」
「Pop Ambient 2003」
「Pop Ambient 2002」
「Pop Ambient 2001」
もどうぞ。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 22:30 | comments(3) | trackbacks(0) | |
Burger / Ink - [Las Vegas] (Matador:OLE 334-2)
Burger/Ink-[Las Vegas]
Amazonで詳しく見る
世の中は広い物で自分の知り得ない音楽と言う物は一杯あります。絶え間なく新しい音楽は発信され続けているので、時として良質な音楽まで見落としてしまう事もあります。今回はたまたまケルンミニマリズム特集を組んでいた「びびんば」さんのHP、acid over the rainbowで良い音楽を発見致しました。

このユニットはJorg BurgerとMike Inkから成るユニットで、ことMike Inkに関して説明すると膨大な量になるので大変だ。本名をWolfgang Voigtと言い、別名義にLove Inc.、M:I:5、Studio 1、Gasなどがあり作品の性質ごとに使い分けているようです。一般的にはLove Inc.のR.E.S.P.E.C.T.なんかはハードアシッド作品でかなり有名なんじゃないでしょうか。またGas名義ではMille Plateauxからスモーキーな音響アンビエントを発表したり、M:I:5名義ではケルンミニマリズムと呼ばれるスカスカなのに独特のグルーヴを感じさせる作品を発表してました。しまいにはKreisel 99と言うレーベルから毎週EPを出し続け、結局一年間で52枚のEPを出すと言う偉業を成し遂げたのであります。

まだまだ彼に関して語ると長くなってしまうので、これ位にしましょう。実際このアルバムに関して言うとハウス+ミニマリズムな感じで、体に響く強烈なビートと言う物はありません。むしろ柔軟で包容力のある音が、心臓の鼓動の様に一定のビートを保ち振動を続けます。ミニマリズムを極めた者こそが出せるこの変化のない繰り返しの高揚感が、いつの間にか思考回路をストップさせ夢うつつな世界に引っ張り込んで行きます。新作と言われても知らなければ気づかない程、現在のKOMPAKTなどとリンクしている音だと思います。早すぎたミニマルハウスの隠れた傑作。

Check "Wolfgang Voigt"
| TECHNO1 | 21:43 | comments(1) | trackbacks(1) | |