CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Various - 環境音楽 = Kankyō Ongaku (Japanese Ambient, & New Age Music 1980 - 1990) (Light In The Attic:LITA 167)
Various - 環境音楽 = Kankyō Ongaku (Japanese Ambient, Environmental & New Age Music 1980 - 1990)
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
これ以上にない位にど直球なタイトル、そして時代のニーズに応えた内容、それこそ日本の1980〜1990年に生まれたアンビエントや環境、そしてニューエイジを編纂した『環境音楽』なるCDでは2枚組のコンピレーション・アルバム。ここ数年日本の過去のハウス・ミュージックが、日本のシティポップが、そして日本のアンビエントやニューエイジが世界的にも見直されている状況で、色々な作品のリイシューやコンピレーションが雨後のタケノコのごとく生まれていたが、その中でも最も発売前から注目を集め集大成とも呼べる作品が本作だ。編集者は現代アンビエントで頭角を現したVisible CloaksのSpencer Doranで、10年以上前に来日した際に日本の音楽に触れてはまっていったようだが、そこら辺の詳細については『日本の「環境音楽」はいかにして発見されたか/Visible CloaksとLight In The Attic』にかなり濃密に記載してあるので是非読んで頂きたい。

さて、Doranによる選択は如何なものかというと、アーティスト単体でリイシューに至っている芦川聡、尾島由郎、久石譲、深町純、小久保隆、日向敏文、イノヤマランド、吉村弘らに加え、環境音楽で名を馳せるパーカッショニストの越智義朗にニューエイジの系譜に名を連ねる伊藤詳、またはジャズ界から鈴木良雄に、そしてYellow Magic Orchestraや細野晴臣まで、特定のジャンルでカテゴライズするには一見幅が広そうでもあるが、収録された曲の雰囲気としての統一感はある。それは特に日本古来の簡素な趣を重要視する侘び寂び的なモノにも感じられ、無駄を回避するミニマリズムなシンプルさや派手さを削ぎ落とした静謐な響きが、それが意図的だったのか分からないにしてもアンビエントやニューエイジという音楽に上手く作用したのだろう。例えば土取利行の"Ishiura (Abridged)"、これが当時ニューエイジと呼ばれていたとは思えない音楽で、サヌカイトという石を用いてぽつんぽつんとした単音の連なりが、間が広がり静けさが強調されたこの曲は今ならばアンビエントになってしまうのだろうか。また芦川による"Still Space"はシンセサイザーを用いているが、極力無駄を排したミニマルな構成によってのんびりとした時間軸が感じられ、さながら色味の失せた水墨画のような風景を喚起させる。また、この手のジャンルにまさか久石の音楽が選択されるとは予想も出来なかったが、"Islander"は彼らしいアンビエントな電子音の響きに有機的で土着的な打楽器を組み合わせ、それをミニマルな現代音楽にも寄せて反復させる展開で、収録されたのも納得させられる。ニューエイジ面が強調された曲であれば、宮下富実夫の"See The Light"や深町の"Breathing New Life"に小久保の"A Dream Sails Out To Sea - Scene 3"辺りが特にそうで、美しく清らかなシンセの響きによってうっとりと甘美な夢の微睡みを誘う音楽はスピリチュアルや癒やし系とも呼ばれてしまう可能性もあるが、俗っぽくはならずにただひたすら心を洗うように静謐な空気に満たされる。アルバムのラストは細野が無印良品のBGMとして制作した温かいシンセが牧歌的で長閑な地平を何処までも広げる"Original BGM"で、今では入手困難なこの曲は店舗の空気に自然と馴染む正に環境音楽、つまりはアンビエント・ミュージックを体現している。一口にアンビエントやニューエイジと言ってもそれぞれの曲にはアーティストの個性もあり、それがCD盤では23曲(アナログでは25曲)も収録されているのだから、このジャンルに初めて手を出す人にとっても本作は非常に役に立つ素晴らしいコンピレーションだ。なお、豪華ブックレット仕様の中にはDoranによる詳細なライナーノーツも記載されており、全て英語だが解説という面からも価値を持っている。惜しむらくは、日本の音楽であるのに日本のレーベルがこういったコンピレーションを誰も手掛けない事である。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC4 | 19:00 | comments(0) | - | |
Jun Fukamachi - Nicole (86 Spring And Summer Collection - Instrumental Images) (We Release Whatever The Fuck We Want Records:WRWTFWW022CD)
 Jun Fukamachi - Nicole (86 Spring And Summer Collection - Instrumental Images)
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
近年著しく注目を集める過去の日本の音源、それはダンス・ミュージックに限らずサウンド・トラックやジャズにアンビエント等多岐に渡り、それらの再発によって若いリスナーに対しても新鮮さと魅力を提供している事と間違いない。本作もそれらと同様に1986年に深町純によって制作されたアルバムで、タイトルの通りファッション・ブランド「ニコル」の86年春夏コレクション時に流すための作品集だ。深町は作曲家でありピアノ/シンセサイザー奏者でもあり特にフュージョンを制作する音楽家として知られているようだが、決してそれだけではなくフォークにソフト・ロックにジャズやファンク、そしてディスコやニューエイジまで幅広い音楽性にまで手を広げていたようで、実際に本作もただフュージョンと一括りに出来る内容ではなくジャンルをクロスオーヴァーするシンセサイザー音楽と呼んだ方が適切だろう。始まりの"Morning Glow"では透明感あるフローティングなシンセに華麗なピアノソロを被せて美しい桃源郷のような世界観を展開する音楽はアンビエント的でもあるが、実に品の良いモダンな感覚は今も尚古臭さを感じさせない。続く"Breathing New Life"は様々な電子音楽によって装飾されたヨーロピアンを思わせる美しい室内楽で、イメージを含ませるような性質はサウンド・トラック的でもある。そして一転してピアノのみで演奏された"Garden"では柔らかく繊細なタッチで心を落ち着かせるクラシックな作風を披露する等、電子音楽に依らず元々の曲自体の素晴らしさは作曲家としての才能にも秀でている。他にも"Nile Blue"のマリンバの朗らかなシーケンスにフローティングなシンセや弦楽器が伸びていくアンビエントの夢心地、"At The Cutting Edge"で聞ける金属的でアタックの強いリズムマシンと共に郷愁たっぷりなシンセやファンキーなベースから成るシンセ・ポップな懐かしさ、どれもこれも人間的な感情の動きが誘発される電子音楽ならも有機的な音楽性で豊潤な芳香さえ漂ってくるようだ。最近のMusic From Memory等のオブスキュアな音楽を求めている人にはばっちりな内容で、ホームリスニングとして部屋を豊かに彩ってくれるに違いない。



Check Jun Fukamachi
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |