Beauty: A Journey Through Jeremy Underground's Collection (Spacetalk Records:STLKCD001)
Beauty A Journey Through Jeremy Undergrounds Collection
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
My Love Is Undergroundという単刀直入に意思表示をするレーベルは、2010年に発足した比較的新しいレーベルながらも90年代のUSハウスから特に影響を強く受け、しまいにはそのディガーとしての深い知識を基にレアな作品を掘り起こしてオールド・スクール・ハウスのコンピレーションを制作してしまった。その主宰者こそフランスのJeremy Underground Parisで、まだ30歳程と比較的この業界では若いながらもUSハウスに対する深い造詣と間違いの無い審美眼はレーベルの成功からも理解出来るだろうが、本作は彼がそんなディガー精神をジャズ/ファンク/ソウル/ディスコへと向けた作品集だ。マニアとしてのプライドが爆発したのだろうか、または当方がこの手の音楽に馴染みがない事を差し引いても、本作には一般的なクラブ・ミュージックを嗜むだけでは馴染みのない曲が収録されている。クレジットを見る限りでは7〜80年代の曲が中心となっているが、おおよそジャンル的には何か特定に集約させるのは難しい。アルバムの始まりはRon Rinaldiによるフォーキーでソフト・ロックらしい"Mexican Summer"で、爽やかなアコギの響きと可愛らしいエレピが控え目に甘さを醸す歌モノだ。続くはブラジルのシンガーであるLeila Pinheiroによる"Tudo Em Cima"で、序盤はAOR調ながらも中盤からはブラジルらしいサンバのリズム感も挿入されて、軽快なグルーヴが実に心地良い。またはN C C Uの"Superstar"やSonya Spenceの"Let Love Flow On"のように官能も滲み出るメロウ・ファンクもあれば、Al (Alonzo) Wilsonのチョッパーベースが弾けるダンス色の強いディスコ・ファンクな"Love You Girl"、そして繊細なで自由なドラムのリズムに滴るような耽美なピアノと官能的な歌が一体となるCreative Arts Ensembleによるジャズ・トラックの"Unity"まで、ジャンルに幅はあれど時代感や音の響きと言う点においてのある程度の統一性は感じられる。特にアルバム・タイトルが示す「Beauty」という時代を越えていく曲そのものの普遍的な美しさでは間違いがなく、単なるレアな作品集に陥る事なく名作を掘り返して世に周知するディガーとしての役目をJeremyは果たしている。またDisc2ではJeremyがささやかに各曲をミックスして曲間が途切れる事なくMIXCDとして聞けるが、折角の名曲揃いなのでミックスされていないDisc1でそれぞれの曲をフルレングスで楽しむのが良いだろう。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Apollonia - Tour A Tour (Apollonia:APOCD02)
Apollonia - Tour A Tour
Amazonで詳しく見る(US盤)

2012年にShonkyとDan Ghenacia、そしてDyed Soundoromの3人のフレンチDJ/プロデューサーによって設立されたレーベル・Apolloniaは、USのディープ・ハウスとヨーロピアン・ハウスの間を取り持ちながらエモーショナルかつミニマルなハウス・ミュージックを送り出し、破竹の勢いで評価を高めている。そしてレーベル名であるApolloniaは3人によるプロジェクト名でもあり、結成から2年を経た2014年には初のアルバムである本作を完成させている。それぞれがDJとしても活動している彼等らしく「アルバムはDJパフォーマンスに対するアプローチを作品化した」と述べており、確かにミックスされているわけではないが曲間は殆どなく、またアルバムの流れも大きな起伏はなく全てがスムースな流れでまるでDJミックスを聴いているかのように錯覚する構成だ。アルバムの幕開けはパトカーのサイレンが鳴る"Intro"から始まりこれからのざわめきを予兆しているが、続く"June"では膨らみのあるキックやパーカッションが心地良く刻まれる中、甘く囁くような歌と色気さえも発する陶酔感の強いシンプルなリフが続き、いきなり夜の高揚したフロアへと誘い込むようだ。"Mouche tse tse"はより軽快に跳ねるようなリズムと爽快なパーカッションが特徴で、大きな展開はない分だけDJミックス向きな機能面が強調されたハウスだ。そんな展開を抑えたミニマルな流れを保ちつつも中盤に於ける"Piano"は、正にピアノの耽美なコード展開が耳を惹き付ける非常にエモーショナルな曲だが、続く"Chez Michel"や"Mercato"では再度DJとしてのツール性を高めたパーカッシヴでミニマルな構成のハウスへと戻っていく。その後も基本的には滑らかな4つ打ちのスタイルを貫きながら、そこにファンキーなボイス・サンプルや流麗なパッドにヒプノティックなシンセを絡めながら、終始途切れる事のない安定したグルーヴを継続させる。最後に配置された"Haight Street"ではアルバムの冒頭に戻ったかのようにパトカーのサイレンを用いながら、ブレイク・ビーツ気味の耽美なハウスで幕を閉じるが、しかしこの最初に戻るような流れはまるで終わる事のないDJMIXそのものではないだろうか。それはアルバムタイトルである「Tour a Tour」=「交代する」、つまり3人のDJが継続した流れを生み出すDJスタイルを表現しており、確かにこのアルバムは彼等のDJとしての経験が実直に反映されているのだ。



Check "Apollonia"
| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Silent Movie Sounds II (Rough House Rosie:RHR 005)
Silent Movie Sounds II
Amazonで詳しく見る(MP3)

ディープ・ハウスでめきめきと頭角を現しているドイツはケルンのRough House Rosie。徹底したアナログでのリリースやまだ未知なる新興勢力の探求という観点で、そのレーベルの気概は十分に伝わるであろうが、そういった話題性だけでなく質の高い現在形のディープ・ハウスを手掛ける点で正しく評価されるべきレーベルだ。本作は「Silent Movie Sounds」なるコンピレーションの第二弾でやはり若手の作品を中心に纏めているが、このレーベルは以前からロシア勢に注視しているのだろうか本作にもロシアからA5とGamayunをフィーチャーしている。A5は振り子が左右に振れるようなベースラインとジャズ・ピアノを組み合わせたアンニュイな優雅さを放つ"Dzhaz"を、Gamayunはブレイク・ビーツを更にビートダウン化したような眠気を誘う幻想的な"Slum Odyssey"を提供しており、どちらもアナログ的なざらついた生々しい音質と相まって人肌の温いディープ・ハウスとして実に優美だ。またLaakによるソナー音のような覚醒感のあるシンセと切れ味のあるパーカッションが刺激的な"So Much Inside"、そしてEthereal SoundからもリリースするPjotrは本盤の中で唯一開放感のある清々しいディープ・ハウスの"June"と、もう少しフロア寄りな作品も収録されている。ただどの作品もいわゆる享楽的な雰囲気とは真逆の、スピリチュアルな趣さえある慎ましさと微かなトリップ感を含む作風で統一されており、Rough House Rosieのレーベル性がよく伝わってくるコンピレーションだろう。

| HOUSE10 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ Sprinkles - Queerifications & Ruins - Collected Remixes By DJ Sprinkles (Mule Musiq:mmcd42)
DJ Sprinkles - Queerifications & Ruins - Collected Remixes By DJ Sprinkles
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
クラブミュージックに於いてはリミックスと言う作業は、オリジナルに敬意を払いつつその方向性を押し進めるものと、または逆にオリジナルを跡形もなく破壊し再構築を行うものと、大きく分ければその2種類になる。近年ハウスシーンでは侘び寂びの心を投影させた音楽性で突出した才能を誇るTerre ThaemlitzことDJ Sprinklesは、どちらかと言えば前者に属するアーティストだと思う。元々の世界観を尊重し大きく変える事はしない…が、しかしDJ Sprinklesの手にかかれば最終的には奥ゆかしい耽美な装飾が施され、DJ Sprinklesと言う強い個性に上書きされる。本作はそんな彼が手掛けたリミックス曲を纏めたコンピレーションであり、大雑把に言えばディープ・ハウスに区分けされるのではあろうが、所謂一般的に派手に盛り上がるようなクラブミュージックからは距離を置いている。本人はこの作品を「DJツール」とみなしているようであるが、決して享楽的なダンスフロアの為だけの音楽ではなく、むしろシネマティックな物語を語るような長尺な曲はじっくりと腰を据えて聴くのにより適している。がっと心を鷲掴みにする熱いエモーションをひけらかす事はせず、終始朧気な夢を見るようなふわふわと揺蕩う浮遊感のあるディープ・ハウスは、端的に言えばメランコリーと言う表現が相応しい。滴り落ちる儚いピアノや薄く覆う幻想的なパッド、そして多用されるボイスサンプルなどスタイルは確立されており、何処を聴いても流行り廃りや売れ線とは無縁の世捨て人的な郷愁が通底している。決してオリジナル作品を壊しはしないが、長い時を経てようやく備わるような枯れた味わいを付加する作業は、DJ Sprinklesの十八番と言ってもよいだろう。単なるリミックス集と思う事なかれ、DJ Sprinklesの音楽はかくも美しく孤高の存在として静謐に輝いている。

試聴

Check "Terre Thaemlitz"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
June - Cytheria (These Days:TD10)
June - Cytheria
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ロンドンからの詳細不明の新鋭・Tsampikos FronasことJune。先日リリースしたEPでも本気なオールドスクールっぷりを発揮しており、既に一部のDJからも注目されているようですが、そのEPの流れを汲むこのアルバムで更なる人気を獲得するに違いないでしょう。Juneの音楽性はアシッドハウス、シカゴハウス、イタロハウス、シンセポップ等のつまりはオールドスクールを頑なに貫き通すモノで、確かに新しさは皆無なものの、その伝統芸能への偏執愛には眼を見張るものがあります。TB-303らしい強烈な目眩を引き起こすウニョウニョなアシッドのベースライン、TR系の硬く乾燥したチープなリズムトラック、半ばコテコテ感のあるキラキラなシンセサウンド、親しみがあるポップなメロディーラインなど揃いも揃ってノスタルジーを誘発し、80年代へとタイムトリップしてしまったのかと錯覚を覚える程。ともすれば単なる古い音楽と片付けられてしまう事もあるでしょうが、最新のクラブサウンドが流れるドイツのPanorama Barでは古いシカゴハウスのリヴァイヴァルが起きているようだし、欧州の一部のレーベルでは古いクラシックの再発に勤しんでいるのも事実。また80年代のハウスサウンドを知らない層にとっては、この音楽は新鮮に聴こえる可能性もあるでしょう。そのような意味ではオールドスクールの掘り起こしは、とても有意義な事だと思います。

試聴

Check "June"
| HOUSE6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
June - Cytheria (These Days:TD09)
June - Cytheria

2010年デビューを飾ったばかりのJuneが、先日ドイツの新興レーベルであるThese Daysから2ND EPをリリースしました。June、本名Tsampikos Fronasなるロンドンのアーティストでそれ以外の素性が掴めないものの、DJ Sprinkles aka Terre Thaemlitzのリミックス収録だったので迷わず購入しました。A面にはJuneのオリジナルが2曲。"Cube Runner (Virtual Reality Mix)"はアシッドなシンセが挿入されTR系のキックと思われるリズムが特徴な、シカゴハウスに影響を受けたオールドスクールなハウス。スペーシーな浮遊感もありながらアシッドのドギツさもあり、ダサカッコイイです。タイトル曲の"Cytheria"はまるでTelexらを思わせるレトロさが懐かしいシンセポップな牧歌的ハウス。のどかな田園風景が浮かんでくるようでほっこり優しい曲。そして裏面には期待のDJ Sprinklesリミックスが2曲収録されており、12分にも及ぶ"Lost Area (DJ Sprinkles' Lost Dancefoor)"が断然素晴らしいです。鈍いアシッドなシンセや情緒的なピアノ、幻想的なパッドに激情を搾り出したボイスが入り乱れ、完全にDJ Sprinkles色へと染め上げられたディープジャーニー。美しくもどこか儚げで悲壮感さえ漂う世界観は、DJ Sprinklesお得意のモノ。これだけで十分買う価値のある一枚。

試聴

Check "June"
| HOUSE6 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Dave Clarke - World Service 2 (Resist:RESISTCD45)
Dave Clarke-World Service 2
Amazonで詳しく見る

テクノ好きな人はきっと既に持っているであろうDave Clarkeの2枚組MIXCD。エレクトロサイドとテクノサイドに分かれていて、二つの味の楽しめるナイスなMIXなんだけど、ほんと良いDJだなDave Clarkeは。去年出た2NDアルバムには失望してたけど、やっぱりDJとしては一流ですよ。まずエレクトロサイドなんだけど、すっごい痺れるね。エレクトロ特有のチープな音がこれでもかとびきびき鳴り、ニューウェーブ調の曲も混ぜて懐古的な面もありつつ肌に突き刺さる様な刺激があります。でもやっぱりオススメはテクノサイドでしょっ!ゴリゴリのハードテクノにスカスカのシカゴハウス、鋭い切れがあるフィルター系をこれでもかと繋いでいきます。非常にざらついた質の悪そうな音が逆に、ワイルドで熱の籠もったプレイを感じさせます。高音と低音を強調した様な派手なMIXで、更には後半に進むに連れて卑猥度も増していきます。やぱり彼はシカゴハウスの影響下にあり、巧みに吸収して自分なりのプレイを創り出していますね。どこを切ってもピーク時の様なテンションには、頭が下がる思いですがそんな事を考える余裕も無いくらいパワフルです。うんうん、最近テクノでは良いMIXCDがなかっただけに満足ですな。

試聴

Check "Dave Clarke"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO2 | 23:00 | comments(3) | trackbacks(2) | |