CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Jung Deejay - Wave Idea (Lillerne Tape Club:LL110)
Jung Deejay - Wave Idea

デジタル化が進み過ぎた反動なのか、近年ヴァイナルや更にはカセットテープといった手間の掛かる聞き方が必要なメディアが一部の若者の中で脚光を浴びているようだが、それを体験した事のない世代には新鮮さがあるだろうしレトロな雰囲気が逆に良いのだろう。対してリリースするレーベル側もテープというフォーマットにこだわって運営するのも珍しくなく、そこにBandcamp上から物理メディアを購入すればデジタル音源もダウンロード可能な販売方法を活かして、テープの再燃を後押ししている。シカゴのLillerne Tape Clubは2007年発足時からテープでのリリースにこだわっているレーベルで、その音楽性はテクノやハウスだけでなくドローンやロックにシンセ・ポップと特に制約が無いが、近年は特にアンビエントが中心となっているようだ。そんな中たまたま聞いていたら気になったのがJung Deejayによるこのデビュー作で、アーティストについては全く情報が無いのだが、ローファイ感を打ち出した音質に親近感を覚えつつバレアリックな雰囲気が清々しく耳に響いてきた。ドタドタとしたタムのリズムから始まる"Miyu Pattern"、シカゴ・ハウス風な簡素なビートがカタカタとリズムを刻み、透明感のあるパッドが浮かび上がってくると実に清らかな空気に満たされたバレアリック性が広がっていく。やはりローファイで機械的ながらもゆったりとしたダウンテンポのリズム、そして美しく壮大なパッドと牧歌的なピアノが感動的な"Nico 3.0"は、厳寒の冬を越した後にやってくる春の息吹との出会いかのようだ。ややリズムは激しくブレイク・ビーツ風ながらも攻撃的というよりは爽快感がある"Yumi Pattern"も、すっと薄く綺麗なパッドが繰り返し浮かんできて、朝方のフロアで体験したら至福に満たされるに違いない。そして殆どリズムの入らず抽象的に綺麗なシンセが揺らめき瞑想じみたアンビエンスが続く"Tourisme Montreal"から、最後は金属的な打撃のするドラムマシンや強いシンセベースがねっとりとしたマシン・ファンクとなる"Wave Idea"で幕を閉じる。曲によってダンスからリスニングまであるが、作品内にある美しいメロディーの統一感が穏やかに耳へと響いてきて、大自然の中で太陽の光を全身で浴びるような温もりに心もほっこり。



Check Jung Deejay
| TECHNO14 | 16:00 | comments(0) | - | |
Kode9 & Burial - Fabriclive 100 (Fabric:fabric200)
Kode9 & Burial - Fabriclive 100
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ロンドンのクラブ兼レコードレーベルであるFabricが2001年から長きに渡り送り出してきた4つ打ち中心のFabric、そしてブレイク・ビーツ等を中心にしたFabricliveというMIXCDシリーズも、それぞれ丁度100作目をもって完結した。20年近くにも及ぶこれらの作品はクラブ・ミュージックのこの20年の歴史を体験出来ると言っても過言ではないが、その最後の作品もリリース前から話題沸騰。というのもベース・ミュージックやダブ・ステップのパイオニアでもあるKode9、そしてそのミステリアスな存在もあって特別な存在感を放つBurialがDJを担当しているのだから、普段この方面に馴染みの無い人達にとっても興味を惹かれるのは極自然な事だ。特にBurialにとっては販売されるMIXCDとしては初の作品であり、また普段DJを披露する事も無いわけだから、その意味でも非常に特別な作品である。そしてその音楽はある意味では愉快痛快、また一方では支離滅裂で、ダブ・ステップからドラムン・ベースにグライムやジューク、テクノからアシッドにハードコアからエレクトロなどを用い、ジャンルの壁を壊しながら縦横無尽に暴れまくる展開はFabricliveというシリーズを総括しているようでもある。正直二人がどの選曲を担当しどのようにミックスしたのかという事は伝わってこないが、持続性を無視した変幻自在で激しいビートの変遷がただただ衝動的に体を突き動かし、しかし陰鬱でダークな世界観の中にはひっそりとメランコリーが紛れ込んでいる。ちらほらと微細なノイズも聞こえるのはいかにもBurialらしい演出で現実が霞んで消え行くような感覚も覚えるが、獰猛に切り込んでくるレイヴ全開な激しいビートに目を覚ませられ、猥雑とした音楽観を目の前にすれば踊らずにはいられないだろう。特に中盤のレイヴを象徴するハードコア・ジャングル・クラシックの"Drug Me"からどぎついアシッド・トランスの"Black Acid"へと繋がる快楽的なハイエナジーの瞬間は、このMIXCDの中でも最も印象に残る場面だ。半ば理性的な展開も無視した圧倒的な勢いの最後には、何も残らない焼け野原が広がっているようでもあるが、それはFabricシリーズの終焉を迎えた事を示唆する如くでもある。個人的な思いではこのMIXCDを聞いた上で彼らがDJとして来日したとしても恐らく聞きに行く事はない。というのもやはり展開が唐突過ぎてテクノやハウスの永続的に続くグルーヴを感じられないからではあるが、しかしまあ長く続いたMIXCDシリーズの最後に花火を打ち上げる的な派手な作品としては面白いと思う。



Check Kode9 & Burial

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC4 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |