CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Jupiter Jax - Visions (100% Silk:SILK072)
Jupiter Jax - Visions
Amazonで詳しく見る(MP3)

ヨーロッパと比べるとUSのダンス・ミュージックは微妙な立ち位置にあるが、その中でも際立って個性を発揮するレーベルがないわけでもなく、例えばチルウェイブやシンセ・ポップなども取り込みながらインディーダンスを手掛けるLAの100% Silkは注目すべきレーベルの一つだ。そんなレーベルから2013年にデビューしたのが日本には馴染みのないだろう南ヨーロッパに属するマルタ共和国からRudi AgiusことJupiter Jaxで、デビュー作の『City Life '88』(88年にリリースされたInner Cityの名曲"Good Life"からの引用だそうな)からしていきなりカセットでのリリースだったり、90年代を匂わせるレトロなテクノ/ハウスを披露したりと、レーベルに負けず劣らずな個性を発揮している。そして2015年5月、アーティストにとって初のアルバムが同レーベルからリリースされたのだが、やはりここでも同様に90年代のノスタルジーをたっぷり含んだアナログの音色全開なハウスがこれでもかとばかりに収録されている。オープニングの"Armed For Peace"では、80年後半から90年代にかけての豊かな音楽性を帯び始めた頃の、まだ辿々しくもエモーショナルなシカゴのディープ・ハウスそのものであるし、次の"The Light"ではシカゴ・ハウスの大ベテランであるVirgo FourのMerwyn Sandersも参加して、淋しげな木管楽器の音色が郷愁を誘う中で優しく誘いかけるような呟きが切なさをより強くするロマンティックなハウスだ。”Soul Searchin'”なんかはロウなテクノとディスコが邂逅して幾分かださっぽさを残しながらも、ポップな上モノや楽観的なムードに笑顔さえも浮かぶようである。タイトル曲の”Visions”ではXosarが夢の中で囁くような霞がかったボーカルを披露し、レトロなシンセの響きに感情の豊かさを添えて古き良き時代の輝きをより強くしている。どれもこれも決して流行や時代を意識した音楽ではなく、それどころかヴィンテージな趣向を推し進める懐古的な感は否めないものの、心に響くノスタルジーは決して否定出来るものではないだろう。初期のデトロイト・テクノやシカゴ・ハウスが生まれ、そして成熟を迎える前の夜明け前の時代、そんな音を追求したとしたら正にこんなアルバムなのではと思うが、若い人達にとってはこれもある意味新鮮に聞こえる可能性もあるのだ。



Check "Jupiter Jax"
| HOUSE11 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/8/16 DAWD @ Oath
Jun Kitamura、REMI、haraguchic、SINOがOathにて定期開催しているDAWD。ベテランから若手までが手を組み、各々が持つ異なる音楽性 - シカゴ・ハウス、ディープ・ハウス、テクノ、ニュー・ディスコ- などなどを一晩で纏め上げるパーティーだ。今回は1998年、2000年にJun Kitamuraがリリースした名作"Outergaze"の再発に合わせたリリースパーティーでもあるようだが、その上で現在のミニマル/ハウスでは特筆すべき才能を発揮しているdj masdaをゲストに呼び、DAWDに一風変わった旋風を巻き起こす。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |