2019/12/1 Euphony @ Aoyama Zero
ダンス・ミュージックのみに依存しない自由度の高さがあるからこそ、DJのパーソナル性が特に反映される事を可能とするEuphony。アンビエント・ミュージックやニューエイジが世界的に再評価する流れの中で、元々そういった音楽に造詣の深かったKaoru Inoue、maa、shunhorの音楽性がそこにぴったりとハマる、いやもしくは時代がようやく彼等にハマったと言うべきか。前述のジャンルだけでなくフィールド・レコーディングや民族音楽、勿論ディスコやハウスといったダンスまで全方位放射の音楽は、普遍的な意味でのクラシックから未来視点のモダンまで網羅する。
続きを読む >>
| EVENT REPORT7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2019/11/17 PRIMITIVE INC. 13th Anniversary MASTERS AT WORK in JAPAN - Our Time Is Comming - @ ageha
誇張でも何でもなく正にハウス・ミュージック界の最強の二人組コンビ、Louie VegaとKenny Dopeから成るMasters At Work。近年は別々にソロ活動が中心なものの、ラテンやアシッド・ジャズをハウスに取り込んだNuyorican Soulやよりクラブ・トラック的なKenlouといったプロジェクト、そして当然Masters At Workとしての功績はハウス・ミュージックという枠を越えてダンス・ミュージックとして大きな影響を残すレジェンドな存在。そんな二人がMAWとして揃う事は近年は稀であるのだが、ここ日本においては2016年以降PRIMITIVE INC.が主体となってMAWを軸に据えたパーティーを開催しており、当初はその余りのゴージャスさに単年開催かと思っていたものの蓋を開けてみれば本年まで4年連続開催とある種の恒例お祭り行事として定着するまでになった。本年度もメインフロアではMAWのみのロングセットを中心に、他のフロアでは近年再燃するジャパニーズ・ハウスから横田信一郎やジャンルをクロス・オーヴァーするKaoru Inoue、DJ NoriとMuroによるアナログセットを披露するCaptain Vinylらバラエティー豊かな人材が揃って、祝祭な一日を作り上げる。
続きを読む >>
| EVENT REPORT7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2019/8/12 Euphony @ Aoyama Zero
ニュー・エイジやアンビエントの再燃・再発掘が作品のリリースとしては肌に感じるものの、実際にそれをクラブ/パーティーで聞く機会は未だ少ない。どうしてもクラブ側が盛り上げようとするとメインフロアもセカンドフロアもダンス中心に向かいがちな現状において、敢えてアンビエントやニュー・エイジ、いやそれだけでなくエクスペリメンタルやワールド・ミュージックとダンスに執着する事ない音楽を軸に、オーガニックからエレクトロニクスが交差し時代や国境を超越した世界を構築するパーティー『Euphony』が立ち上がった。元来ワールド・ミュージック性が強いInoue Kaoruが発起人となり、バレアリックやアンビエントに造詣の深いmaa、そしてサイケからアンビエントまで広範囲なshunhorの3人が紡ぐバレアリックのその先へ。時代にジャストにハマるパーティー『Euphony』が始動する。
続きを読む >>
| EVENT REPORT7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2019/1/26 Forbidden Dance × FreedomSunset ”New Years Party” @ Solfa
毎年夏の季節に湘南は江ノ島で開催されているSunset Loungeは老若男女が楽しめる夏の野外パーティーとして定着しているが、今回そこから派生したのはSolfaで開催されるクラブ型のFreedomSunset。しかも今回はSunset Loungeレジデントの一人である井上薫が主宰しているForbidden Danceとのコレボレーションで、更にはもう一人のSunset LoungeレジデントであるCalmも出演する事になり、クラブ型ではありながらも完全にSunset Loungeイメージそのものが投影される。クラブ開催ではありながらも夕方〜夜にかけての時間帯なので、また真夜中のパーティーとは異なる雰囲気もあるであろうし、期待が高まる。
続きを読む >>
| EVENT REPORT7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2018
今年も一年間当ブログを御覧頂いた読者の皆様、どうもありがとうございました。今年は節約も兼ねてBandcamp等の配信でも積極的に音楽を購入するようになった結果、輪をかけて購入する量は増えたもののそのおかげで聴き込めていない音楽も増えてしまい、レビューも書けずにこの年末のベスト紹介で掲載する機会も逃してしまう始末。また昨年に続きパーティーへと足を運ぶ機会も減っており所謂ダンス・ミュージックに対する関心は減少というか、良い意味でそこへの拘りは少なくなり、その半面ホームリスニングにも耐えるうバレアリック/アンビエント/ニュー・エイジといった音楽への興味がより増えた一年でした。そんな今の趣向から選んだ年間ベストは当ブログの昔のベストに比べると確かに方向性が変わったのは事実ですが、音楽への愛や興味は全く変わっておりません。また来年も素敵な音楽に出会い、そして色々と紹介出来たらと思います。それでは、来年も良いお年を!
続きを読む >>
| BEST | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - Em Paz (P-Vine Records:PCD-24741)
Kaoru Inoue - Em Paz
Amazonで詳しく見る(日本盤)

ポルトガルはリスボンにて運営されているGroovementは注目すべきハウス・ミュージックのレーベルの一つではあるが、ここ数年の動きの特徴の一つにYohei SaiやSTEREOCiTIといった邦人アーティストをフィーチャーしている事が挙げられる。それは単に主宰者の日本のクラブミュージックへの興味の現れではあろうが、そんなレーベルがGroovement Organic Seriesと銘打って新たにリリースしたのは井上薫のニューアルバム(元はアナログだが、日本ではCD化された)だ。サブレーベル名からも分かる通りよりオーガニックでライブ感ある音楽性に焦点を当てているようだが、それに倣いこのアルバムも何か霊的な存在を身近に感じるようなスピリチュアルなニューエイジの雰囲気と、そしてゆったりと弛緩したチルアウト/アンビエントへと向かっており、何処かChari Chariらしい国籍を超えたエキゾチック感が打ち出されている。作品の多くは新作ではなく過去にヨガの為に制作された『Slow Motion』等からの音源を再編・再構築した内容であり、決して今の時代に合わせて制作されたわけではないのだが、ニューエイジやバレアリックが再燃する今と言う時代に本作を出す事にこれ程ぴったりなタイミングは無いだろう。アルバムの冒頭は寄せては返す波の音から始まる"Wave Introduction"、そこから生命が萌芽するような豊かなシンセのアルペジオやレイヤに降り注ぎ、いきなりこの世とは思えない現実と空想の狭間で佇むチルアウトな開始だ。ヴァイオリンやアコギにタブラをフィーチャーした"Sunset Salute"は、井上らしい辺境のエキゾチックな訝しい感覚と生命の循環を感じさせるライブ感があり、タブラのリズムは正に生命の胎動のようだ。輝く一日というタイトルが音そのものを表現しているような"A Day Of Radiance"、太陽光を全身で浴びるようなオプティミスティックなノンビート・アンビエントで、ひたすら心地好いシンセの波が放射される。そして再びストリングスやアコギを用いた"Mystic Motion"、これはヨガのゆったりとした動きをイメージしたような有機的なアンビエントではあるが、そのスロウな響きから発せられる艷やかな官能に心もとろけてしまう。そこから続く緑が生い茂る大地の躍動感や爽快感もあるリズミカルな"Healers On Fire"、柔らかくざっくりしたブレイク・ビーツと朗らかなシンセに心弾む"Ceifa"と、ここら辺の肩の力が抜けてオーガニック性の高い曲もChari Chariを思い起こさせる。体の隅々まで浄化されるような癒やしのチルアウトとして素晴らしいのは当然として、パーティーで踊り疲れた後や悩みが途切れない日常の中でも、きっとこの音楽は一時の安息の時間を提供してくれるだろう。



Check Kaoru Inoue
| ETC4 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2018/5/12 Sunset Lounge @ 江ノ島展望台
Sunset Lounge1

温かくなり始める春の季節と共にやってくる、そう今年も遂にやってきた湘南は江ノ島で開催されるSunset Loungeも前身のFreedom Sunsetから含めると15周年。海風が吹き抜ける江ノ島の頂上から夕暮れを見下ろせる絶好のロケーション、開放的な場で心も体も踊り出すダンス・ミュージックを浴びるパーティーは、人種や老若男女を問わずに魅了する。今回の5月開催ではレジデントとも言える井上薫を筆頭にオールジャンル・ミックスなクボタタケシ、繊細で煌めく電子音を聞かせるInner Science、DJ Kenseiらによるプロジェクトのcolorful house band、湘南をベースに活動するDJ Dante、そして主宰者であるshibaをユニットのsorto&nodo+shiba+No.9と、今年もジャンル問わずにダンスとリスニングの両面で楽しませてくれるアーティストが集まっており、期待せざるを得ない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2018/3/17 Groovement Showcase @ Vent
Balanceからのデビューで注目を集めたポルトガルのJorge Caiadoは、現在はGroovementやInner Balanceのレーベル運営やまたディストリビューションも行いつつ、自身ではDJや楽曲制作も行う等、ポルトガルのシーンでは一際存在感を高めている。特にGroovementではSai YoheiやSTEREOCiTI、そして直近ではKaoru Inoueの作品もリリースするなど、少なからずとも日本のアーティストに対し興味を持っているようだ。今回Caiadoの初来日のパーティーには前述のInoueとSTEREOCiTI、そして新鋭Yoshinori Hayashiが出演するなどレーベルショーケースとして開催されているが、そんな場に対して各DJがどんなプレイを披露するのかと興味は尽きない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Chari Chari - Fading Away / Luna De Lobos (Seeds And Ground:SAGV034)
Chari Chari - Fading Away

2014年のResident Advisor @ agehaにて10年ぶりの復活ライブを敢行したChari Chariは、井上薫がアーティスト活動の初期から用いているプロジェクトであり、特に国境を超越してコスモポリタンな音楽性を追求した特別な名義だ。一般的なダンス・フロアにおける分り易いストレートな4つ打ちのダンス・ミュージックとは異なり、民族や人種の枠組みを無くすように音楽のジャンルがクロスオーバーしつつ原始的な踊る欲求を呼び覚ます根源的な要素があり、井上のパーソナル性が特段強く打ち出されているものだ。2015年には変則的な覆面プロジェクトとして「C2-R2」(過去レビュー)名義でエスノ・ファンクな新作がリリースされたが、それを経てのこのChari Chari名義ではより自由度が高まりダンスの中に多様な要素が詰め込まれている。この新作では前述のライブにも参加したギタリストのTakamasa Tomaeが制作に加わっており、"Fading Away"では鋭いブレイク・ビーツが大地と共鳴するように響き、そこに高らかに祝福を宣言するようなバグパイプと魂の咆哮にも思えるギターが切り裂く如く挿入され、そして底辺ではアシッド・ベースが蠢きながら、渾然一体となってゆっくりながらも広大な大河の流れに飲み込まれるロックでファンクなダンス・ミュージックを展開する。原始と文明、過去と未来、東洋と西洋、そういった対極的な要素の交差や共存と呼ぶべきか、実にChari Chariらしい無国籍感が発揮されている。柔らかく美しいギターのアルペジオから始まる"Luna de Lobos"は中盤までは井上のギターインスト・プロジェクトであるAurora Acousticっぽさもあるが、次第に優しい4つ打ちのキックが入りだすと速度感や爽快感を得て、南国のトロピカルな味わいもあるギターソロが琴線に触れるように旋律をなぞり、またディレイ処理されたギターが広大な空間演出も行いサイケデリックな香りも漂い出す。本人のコメントによれば4ADやECMをキーワードに本作を制作したそうだが、確かに無国籍な雰囲気の中にも耽美な世界観が投影されている点はその通りで、その上でダンスとしての古来から人間に潜むトランス感(ジャンルのトランスの意味ではなく)を誘う所がこのプロジェクトの重要な点だろう。どちらも10分超えの大作、激昂させる事なく静かにトランスするには十分な長さで、窓を全開にして聴きたくなる開放感のある作品だ。



Check "Kaoru Inoue"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2016/5/21 Sunset Lounge @ 江ノ島展望台
Sunset Lounge 2016 Part1

もう既に蒸し暑さも強くなってきた5月、今年もまたSunset Loungeの季節の到来だ。2003年のFreedom Sunset時代からもう10年以上も経過し、老若男女が気軽にピースフルな体験を出来る夏の海のパーティーとして定着しているが、世界的にも活躍するベテランから実力を秘めた若手、そしてテクノ/ハウスだけに拘らないダンス・ミュージックまでの人選と、幅広い層が参加出来る環境ながらも本格的な音楽性を伴う事で間口を今も尚広げている。今回はパーティーのレギュラーDJになっている井上薫、TransmatからアルバムをリリースしたばかりのHiroshi Watanabe、人力ブレイク・ビーツを披露するKEIZOmachine!、ハウスのプレイでは定評のあるDazzle Drums、そしてDJ NOAと全く隙のない出演者が揃い期待度は非常に高い。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
C2-R2 (Knife & Folk Records:KF 000)
C2-R2

2015年の中頃、突如としてネット上のクラウドファンディングでC2-R2なる名義の7インチの制作発表がなされたが、それは実は井上薫ことChari Chari名義の覆面プロジェクトである事に驚いた者は多いだろう。元々Chari Chariは国境を越えて多民族的でコスモポリタンな音楽性を持つプロジェクトだったが、近年は本人がよりクラブ的なダンス・ミュージックへ接近する事で、Chari Chari名義は活動を停止していた。それが2014年にはライブバンドとして復活した事で何か動きを見せるのかと期待していた所に、こうやって実際に新作が届けられた事で、Chari Chariが間違いなく帰還した事を証明している。ただこれが覆面プロジェクトという事もあるのか、内容はかつてのChari Chariとは同じでもなく、彼の音楽体験のルーツであるパンクやニューウェーブを意識したダンス・ミュージックへと変化を遂げている。A面の"Everlasting F.U.G.I."は80年台に活躍したエスノインダストリアルファンクバンドの23 Skidooの"Fuck You GI"をカバーした作品で、オリジナルの原始的な胎動を帯びた人力ファンクのイメージを壊す事なく、より図太いリズムやベースでの肉体的な揺さぶりを強めた上に洗練された現代の音へと塗り替える事に成功し、ある意味ではChari Chariのエスニックな雰囲気の線路上にあるとも言える。B面の"Boy's Tray"は4ADで活躍していたインスト・バンドのDif Juzへのオマージュだそうで、淡いギターが咆哮するシューゲイザーサウンドにファンクなベースや民族的なパーカッションが炸裂し、更にはダビーな音響を加える事で開放感のある清々しいバレアリック・ミュージックへと昇華している。クレジットを見る限りでは2014年にライブを行った時の4人のメンバーで制作がされており、Chari Chariはライブバンドとしての路線を歩む事が予想されるが、ダンス・ミュージックとパンクやニューウェーブの邂逅が新たな道を切り開いていく事に期待したくなる復活の狼煙となる作品だ。



Check "Kaoru Inoue"
| ETC4 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2016/1/9 RESPONSE NEW YEAR'S PARTY @ Warp
2015年の初めにRESPONSEがサポートについて開催されたgroundrhythmで披露された井上薫×DJ Hikaru×DJ Yogurtのゴールデン・トライアングルから一年、残念ながらAirのクローズと共にこの組み合わせももはや体験出来ないかと思っていた。しかしそれから一年、RESPONSEが中心となり場所をWarpに移して新年会と称して昨年と同様にゴールデン・トライアングルを復活させるとは、期待以外のなにものでもない。そして今回はメイン会場はWarp、そしてサブ会場にCheekyと2店舗を解放しての開催だ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2015/7/11 groundrhythm x Freedom Sunset @ Air
Airオープン当初から続くgroundrhythm、今回はレジデントでもある井上薫も何度も出演を果たしているFreedom Sunsetとのコラボレーションを行う。Freedom Sunset改めSunset Loungeへの出演の為に結成されたSunset Sessions、またKompaktでの活躍も輝かしいHiroshi WatanabeことKaitoと二組がライブ出演もしつつ、アフターにはMax Essaが待ち受けておりメインフロアの充実度は言うまでもなく、当然メインの時間帯は井上薫が担当とこのパーティーの醍醐味は変わらない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2015/5/9 Sunset Lounge @ 江ノ島展望台
Sunset Lounge 2015 Part7

夏を代表するパーティーの一つと呼んでもよいだろう。湘南は江ノ島の展望台で開催されているSunset Loungeの時期がやってきた。吹き抜ける海の風、降り注ぐ燦々とした太陽の光、地平線と海を望むロケーションなど開放感のある環境の中で、テクノやハウスだけでなく身体を揺さぶる様々なダンスミュージックを体感させてくれるこのパーティーは、世代を超えて愛されるパーティーへと成長を遂げている。そして2015年の初回はパーティーの顔とも言える程に何度も出演をしている井上薫、バリアリック音楽で注目されるPaul Murphy、この日の為に結成されたKoyas+Shinsuke Fujieda+ARATAバンド、ブラスバンドのBlack Bottom Brass Band、そしてWataru SakurabaとDJもライブも盛り沢山の内容で開催された。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2015/1/10 groundrhythm -new year's party- @ Air
昨年末に12周年を迎えて尚その軌跡を進めているAIR屈指のレギュラーパーティーであるgroundrhythm。2015年最初のgroundrhythmは井上薫と共に勝手知ったるDJ Yogurt、DJ Hikaruという長年計画されてきたメンバーがようやく集結し、またRESPONSEクルーであるDJ Yu-TaとA Boy Named Hiroがメインフロアのオープニングを務める事になった。それだけでなくシーシャバーやフードに物販、またメインフロアには特別な形のスクリーンも持ち込んでVJも用意し、ラウンジには昭和感溢れるデコレーションを施すなど、今までのgroundrhythmの中でも特に気合の入った一夜だ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/12/12 PYRAMID ROOTS @ Bonobo
神宮外苑の片隅にひっそりと営業をしているバー・Bonoboは都内でも珍しいクラブ/バーだ。1階にはメインフロアがあるものの、2階には畳部屋とベランダがあり、Bonoboの入り口にも別のバーがあったり、こじんまりとした土地にぎっしりとお店が詰まっている。そんな小箱で開催されるPYRAMID ROOTSにはDJ Yogurtに井上薫、岩城ケンタロウという日本各地で活躍するDJが一堂に集まり、その上2階にもDJやマッサージにクリスタル展示販売など様々な要素を詰め込んでパーティーが開催される。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/11/8 groundrhythm 12th Anniversary @ Air
井上薫という精神的支柱を中心にAirオープン当初から開催を続けるgroundrhythmが、遂に12回目のアニバーサリーを迎える。基本的には外タレに頼る事なく国内で音楽的にも繋がりのあるDJ/アーティストが出演し、ぶれる事のないドメスティック色の強いパーティーではあるが、テクノやハウスだけに限らずドラムン・ベースやヒップ・ホップにエレクトロニカまで様々な要素を取り込みクロスオーヴァーな音楽性を披露し続けていた。groundrhythmの時代と共に変わっていく音楽性、そして変わらない精神性は井上薫の軌跡そのものであり、レギュラーパーティーだからこそ長い間の変遷も体験する事が出来る。そしてそのアニバーサリーにはInner ScienceやForce Of NatureにMax Essaらが集結し、祝祭の夜を演出する。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/9/13 groundrhythm @ Air
代官山はAirにおける最長不倒を更新しているレギュラーパーティーのgroundrhythmは、井上薫が中心となりながらその時その時で国内の若手からベテランまでジャンルと年代を越えるようにDJ/アーティストを起用し、新鮮さと懐かしさを伴いながら歩みを続けている。そして今回のgroundrhythmでは過去にSILICOMとしても活動し前衛的なテクノを展開するAOKI takamasa、そしてニュー・ディスコ方面で名を上げつつある二人組のユニットであるMonkey Timersら、またもやgroundrhythmに初出演となるアーティストを起用し変化をもたらす事となった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/8/29 Freedom Sunrise @ Oppa-la
湘南江ノ島の展望台で開催されているFreedom Sunset改めSunset Loungeは、夏の時期に複数回にわたって開催される野外の定番パーティーの一つだが、今年は諸々の事情で8月の開催は見送られていた。そこで番外編とでも呼ぶべきか、江ノ島のすぐ目の前にあるOppa-laにて初のオールナイト開催になるFreedom Sunriseが立ち上げられた。出演DJはMax Essa、DJ Yogurt、井上薫、Fencer、Kazuki、Shiningstarr、shiba @ Freedom SunsetといつものSunset Loungeよりも更に夜のパーティー感を打ち出し、そして夕日ではなく湘南の海を望みながら朝日を迎えるシチュエーションが用意された。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/6/28 Resident Advisor @ ageHa
クラブ・ミュージック好きな人であればご存知であろう、エレクトロニック・ミュージックに焦点をおいたWEBマガジン「Resident Advisor」。2001年にオーストラリアで設立され電子音楽に関する情報を展開すると共に、RAが選ぶRA Pollは鋭い選球眼で時流の音楽だけでなく普遍的に価値のある音楽まで選ばれ、読者からは一つの指標として高い人気を得ている。2011年にはめでたく日本語サイトも設立されたおかげで日本でも定期的に読んでいる人は多いだろうが、そのRAが遂にageHaで初のフェスティバルを開催したのだが、RAらしく出演するアーティストにもこだわりが感じられ、DJ HarveyやEddie Cといった人気アーティストから、今注目を集めるTiger & Woods、玄人受けするであろうLevon VincentやGerd JansonにJoey Anderson、そして日本からは井上薫によるプロジェクト・Chari Chariの復活ライブ、瀧見憲司やDJ Sodeyamaなど誰を聞くか考えるだけでも悩んでしまう充実した出演陣となった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/5/10 Sunset Lounge @ 江ノ島展望台
Sunset Lounge

湘南は江ノ島展望台で開催されているSunset Loungeは、その前身にあたるFreedom Sunset時代から遂に11年目を迎える。DJとライブを展望台の真下で夕日を眺めながら体験出来る素晴らしいシチュエーションだけでなく、ヨガ体験や子供も安心して遊べるキッズエリアもあり、夜な夜なクラブで遊ぶ人だけでなく老若男女、子供がいる家族層にまでその魅力が伝わっている稀有なパーティーだ。野外パーティーの中では一際客のマナーも良いもあって、その盛り上がりはレイヴの狂騒とは異なる平和的なものであり、クラブパーティーとはまた違った素敵な体験をする事が出来る事は魅力の一つだろう。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 16:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
2014/3/8 groundrhythm @ Air
井上薫と言う個性を中心に国内の新進気鋭のアーティストからベテランまで招き、常に進化と革新の精神を持って歩みを続けるAIR屈指のロングパーティー・groundrhythm。2014年の2回目となるパーティーには若手では国内外から注目を集めるIori Wakasa、そして30年以上にも及ぶキャリアを持つ大ベテランのDJ Noriを招き、若い新鮮なエネルギーと円熟味のある音楽性を表現する一夜となるだろう。
続きを読む >>
| EVENT REPORT5 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Lifetime Boogie Initiation (Lifetimeboogie:LTBCD-002)
Lifetime Boogie Initiation
Amazonで詳しく見る

インド出身のロシア人アーティストIgnat Karmalito。彼は世界各地を旅しながら人間が太古から受け継ぐ原始的な胎動を体験し、それを国籍と言う境目を超越しながら現在のダンス・ミュージックへと反映させたプロジェクトであるCitiZen of Peaceを立ち上げる。2012年にはデビュー・アルバムも完成させCitiZen of Peaceは注目を集めるが、そこから更に発展したのが本作だ。リミキサーには高橋クニユキ、DEEP COVER(沼澤尚×森俊之)、井上薫、CD HATA(from Dachambo)、Calmらが参加しているが、Ignatの民族音楽の感性とリミキサー陣のオーガニックな音楽性やトランス感と言う視点からの相性は見事な相乗効果を成していた。冒頭を飾るクニユキによる"Heart Dance(Kuniyuki Remix)"からして12分の大作であるが、クニユキらしい温かいピアノや民族的なパーカッションが入り混じりながら、青々しい木々が茂る深い森へと誘われるスピリチュアルなディープ・ハウスを展開している。ファンクバンドのプレイヤーとして活動する沼澤尚×森俊之は、人力による演奏を中心にメロウながらも揺るぎないパワーを秘めたファンクへと塗り替えた"Shore 2 Shore (DEEP COVER Mix)"を披露。そして民族音楽と言う繋がりで言うと最も相性の良い井上薫は、"Skyboat (Sky Is No Limit Version)"として異国情緒の空気を漂わせながらも清々しいまでのトランス感が迸るテック・ハウスの味付けをしている。CD HATAによる"i.M.U (CD HATA Sparkling Mix)"は広大な大草原を駆け抜けるようなトライバルなテクノになっているが、大地を揺らす原始的なグルーヴは全身から喜びを発するようで、これも爽やかなトランスを誘発する。そしてラストでは、Calmによる慎ましくも人間の生命力が鼓動するダウンテンポな"Humanature (Cosmic Blessing Version)"が。他にも井上薫によるAurora Acousticとの共作や、CitiZen of Peaceの自然との調和を成すファンクな未発表曲など、そのどれもが力作揃い。国境を超えたナチュラル・トランスとでも言うべきか、快楽的ながらも大自然と共鳴するオーガニックな香りが素晴らしい。



Check "CitiZen of Peace"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - Etenraku (Quantonic Remix) (Seeds And Ground:SAGV032)
Kaoru Inoue - Etenraku (Quantonic Remix)

井上薫が掲示する"A Missing Myth"="(未来の)失われた神話"と謎めいたタイトルを付けられたアルバムから、その神話が未来へと続くようにリミックス作品がシングルカットされた。アルバムに収録されていた"Etenraku"は越天楽という雅楽の演目から名付けられているそうで、アフリカンな躍動感のあるパーカッションを用いながらもどことなく和の神妙な香りを放っていた。それをリミックスしたのがCitiZen of Peace名義でも活動するIgnat Karmalitoで、今作ではQuantonic名義を用いてトラベラー気質なトランス感を打ち出した音楽性を添加する事で、和の音色を含みながらもよりワールド・ミュージック的な異文化を感じさせる音楽へと昇華している。ベースとなるリズム自体がフロア寄りの4つ打ちへとなった事で当然の如く疾走感溢れるダンス・ミュージックに変わっているが、それと共に恍惚感溢れるぶっといシンセが重層的に織り込まれ体の内側からエネルギーが溢れ出るような勢いは、世界各地を旅して体験した原始的な衝動が反映されているようだ。ワールド・ミュージックと言う音楽的な相性で考えても、井上薫とIgnatの相乗効果がトランス作用として働いている。裏面にはEsoteric Movement名義で2曲が収録されているが、こちらはより井上薫らしい人間の奥底に眠る踊る欲求を呼び覚ますような、一般的なクラブ・ミュージックとは異なるも踊る為の音楽として取り組んだ成果が表れている。本人の発言では日本の伝統的な祭り音楽をモチーフにダンス・ミュージックとして制作したそうだが、人間に生来備わっている本能の解放を目指す爆発的なエネルギーは、確かにダンス・ミュージックのそれと同じものなのかもしれない。原始的で土着的な分だけむしろ本能を刺激する効果は高く、井上薫によるワールド・ミュージックへの造詣が感じられる作品だ。



Check "Kaoru Inoue"
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2014/1/11 groundrhythm @ Air
Airにて最長不当を誇るレギュラーパーティー・groundrhythm。偶数月開催で11年継続していたこのパーティーは、2014年に入ってからは奇数月開催へと変更。井上薫をレジデントに据えて海外からのゲストを迎える事なく日本人を中心としたパーティーとして確立しているが、今回は沖縄から全国各地のアンダーグラウンドシーンで活躍しているDJ Hikaru、そして2月には拠点をドイツへと移す事が決定しているSTEREOCiTIを迎えて、12年目の門出を祝う事となった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/12/7 Groundrhythm 11th ANNIVERSARY @ Air
井上薫がレジデントを務めるgroundrhythm。Airがオープンしてからはその場所で最も長く続いているレギュラーパーティーだが、遂に11年目が終わると同時に12年目へと突入する。移り変わりの早いクラブミュージックの業界に於いて10年以上もの継続した活動は簡単なものではないものの、ディープ・ハウス〜テクノと時代と共に音楽性に変化を見せながらコスモポリタンな個性を主張したミュージック・ジャーニー的なDJプレイだからこそ、今でもファンを魅了しながらgroundrhythmは続いている。そして11周年のアニバーサリーは外部からゲストを呼ぶこともなく井上薫によるロングセットがメインとなるパーティーであり、groundrhythmが井上薫と言うアーティストを中心に動いている事を強調する一夜となった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2013/7/6 Freedom Sunset feat.Kaoru Inoue @ Jicoo
Freedom Sunset @ Jicoo1

夏の名物パーティー・Freedom Sunset(現在はSunset Lounge)。湘南は江ノ島の展望台で開催されているこの野外パーティーは、国内のアーティストだけの開催にもかかわらず素晴らしい音楽と共に感動的な風景に囲まれた環境もあって、老若男女問わずに人気を博している。そして更なる飛躍を求めてFreedom SunsetはJicooと言う船上パーティーへと辿り着いた。Jicooはご存知である方も多いだろうが松本零士がデザインを手掛けた未来的な船で、そんな中でのパーティーとなれば普段とは違う体験を出来る事は間違いない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/6/1 groundrhythm feat. Atrip × CRUZFADE @ Air
隔月で開催されているgroundrhythmは今回で今年において3回目の開催となる。近年単にゲストを迎えるだけでなく他にレギュラー開催しているパーティーをそのままフィーチャーする事も増えてきており、今回はAtripとCRUZ FADEの若手を迎えた上に更には白石隆之やDJ Kenseiらベテランも呼び込んで、groundrhythmに新たな変革をもたらそうとしているようだ。勿論パーティーの軸であり続けている井上薫のロングセットが聴けるのはここだけであり、その意味でも常に楽しみにしているパーティーの一つだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Chari Chari - Snaker 002 (Snaker:SNAKER 002)
Chari Chari - Snaker 002

COS/MESの5iveとTraks BoysのK404が主宰しているライブラリー・レーベル「Snaker」の新作は、井上薫ことChari Chari名義の編集盤だ。敢えて井上薫の名前ではなくChari Chari名義となっているのは、ここに収録されている作品が現在の作風である電子と野生が融合したダンストラックではなく、殆どが2000年以前に制作された氏のルーツでもあるオーガニックでワールドミュージック色を打ち出した作品だからだ。今となっては廃盤となっているEPや色々なコンピレーションに収録されていた曲に恐らく未発表作と思われる曲も纏められており、ファンにとってもこう言ったレアな作品が一つのアナログで聴けるのはアーカイブとして確かな価値を持っている。目玉は2001年のスプリット盤に収録されていた"Calling"改め"Calling Spirit"だろう。タイトル通りに眠りから覚醒させるように野性的なパーカッションに呼び起こされるが、しかし揺蕩うチルな空気感がなんとも程良いリラックスした朝焼けの美しさを喚起させる。原始的な人の雄叫びに始まり虫の鳴き声による静かな胎動がざわめきだし、朝靄の中で清々しい一日が始まる。他の曲にしてもフロアに直結する快楽的なダンストラックは皆無だが、現代的な忙しい生活からは解放された民族的なゆったりしたムードに包まれながらも、人間の中に太古から存在する原始的な生命力を呼び覚ますビート感があるのだ。まだ現在の彼程には完成されてもおらず懐かしさもある作風だが、井上薫名義とはまた別のChari Chari名義によるエキゾチック感は十分に体験出来る。本人による曲解説も記載してあるので、それを読みながら聴くと一層ワールドミュージックを理解出来るだろう。



Check "Kaoru Inoue"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/2/2 groundrhythm feat. harmony @ Air
前回で10周年と言う偉大な記録を打ち立てたgroundrhythm。2013年になり遂に11年目に突入しての初回は、渋谷で最も有名なカフェであるカフェ・アプレミディで開催されている“harmony”のクルーをフィーチャーし、またForce Of NatureのKZAや若手有望株であるYosaにShu Okuyamaをゲストに迎え、いつも通りに日本のアーティストのみでの開催となった。groundrhythmは10年経とうとgroundrhythm、ドメスティックパーティーに拘る一貫したスピリッツは発足当初から変わらず、しかし新進気鋭のアーティストを掘り起こしながら未来へと進んで行く。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2012
今年も一年間当ブログを御覧頂いた読者の皆様、どうもありがとうございました。相変わらず音楽は作品が売れないだとか、パーティーも以前に比べると活気がないだとか、ここ数年同じように苦しい状況が続いています。しかし昔から変わらず、それどころか都内ではパーティーもどれに行くべきか悩むくらいに溢れており、その充実度は昔よりも遥かに高いでしょう。またクラブミュージックに於いてさえデジタル配信は既に充実していますし、その一方で再度アナログでのリリースに拘るアーティストも増えてきたり、音楽を聴く為の環境自体は十分に整っている事は間違いありません。決して音楽自体の魅力が失われているわけではないと、私は信じています。さて、それではそんな気持ちで選択した毎年恒例の年間ベストと共に、来年も良いお年を!
続きを読む >>
| BEST | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/12/1 groundrhythm 10th ANNIVERSARY @ Air
代官山にAIRと言うクラブが出来た当初から続くgroundrhythm。井上薫をレジデントに迎えたこのレギュラーパーティーも遂に10周年を迎える事になったが、何事においても10年も継続する事は並大抵の難しさではない。特に移り変わりの早い消費型のクラブミュージックが土台にあるパーティーでは、自分の個性を保持しながら時代にも適応すると言う相反する行為を成立させなければ、10年の長い期間のパーティーを継続させる事は不可能であろう。しかし井上薫はそれをやり遂げた事実がここにある。この10周年のパーティーは一つの到達点となり、そして未来へと続く新たなる始まりでもある。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Aurora Acoustic - The Light Chronicles (Seeds And Ground:SAGCD030)
Aurora Acoustic - The Light Chronicles
Amazonで詳しく見る

先日5年ぶりとなるアルバムをリリースした井上薫と小島大介によるギターインストメンタルユニットのAurora改めAurora Acoustic。その一方で過去にAurora名義時代にリリースされた3枚のアルバムは残念な事に全て廃盤となっている現状があり、その対応も兼ねて過去の総決算的な意味合いとしてリリースされたのが本作のベストアルバム。「Flare」「Fjord」「Feast」の過去3枚のアルバム、そしてシングルやコンピレーションからレア音源を選び抜いた内容は、言わずもがな最上級のバレアリックでチルアウトなギターサウンドが満載となっている。新作では経験を重ねた事による侘び寂びや円熟味を強く打ち出した音楽性だったものの、本作に於けるアコースティックサウンドは初々しいリラックス感や爽快な青々しさ、そしてゆるりとした開放感が特に強く感じられる。ユニットを組んだ当初からのコンセプトであったアドリブ、セッションによる演奏を強く意識していた影響だろうか、解き放たれたように広がるメロディーや肩の力が抜け自由奔放なギタープレイの掛け合いは楽天的で、アルバムの全体像にサウダージを伴いながらも色調は現在のAurora Acousitcよりも格段に明るい。ギターを中心としたアコースティックな音色には現在のAurora Acousticの年季を重ねた枯れ感よりも、その当時のギターサウンドにかける期待感の萌芽が感じられ、それが顕著に音として力強く楽天的に表れていたのかもしれない。過去のAuroraから現在のAurora Acousticに繋がる遍歴を読み取れるベスト盤として、そして何よりもギターサウンドによるサウダージを浴びるアルバムとして素晴らしい作品となっている。

試聴

Check "Kaoru Inoue" + "Kojima Daisuke"
| ETC3 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Aurora Acoustic - Harmony of the Spheres (Seeds And Ground:SAGCD029)
Aurora Acoustic - Harmony of the Spheres
Amazonで詳しく見る

DJ/アーティストとして夜のクラブで客を踊らせる井上薫、そしてギターによるインストを追求する小島大介、その二人によるアコースティック・ギター・ユニットのAurora改めAurora Acousitc。近年はライブ中心の活動を行なっていたせいかアルバムのリリースは前作から5年ぶりとなりましたが、その間にユニット名の変更と共に音楽性にも多少の変化が見受けられます。基本のギター・インストと言うスタイルは変わらないものの、以前の公園の木陰の下で自由気ままにフリーセッションを重ねるようなアドリブを意識した演奏は控え目に、メロディーやミニマリズムを尊重し曲としての纏まりに重点を置いている事が感じられます。勿論フリーセッションの要素を抑えたからと言って自由な開放感が損なわれる事はなく、また手弾きによるギターサウンドの温かみやライブ感は健在で、そこにカーヌーンやタブラの演奏とフィールド・レコーディングによるSEを加え、豊潤な音の響きと言う点ではより円熟味を増していると言えるでしょう。時に優しく時に寂しく胸を掻きむしるアコギの響きは、単純なようで枯れた感もある侘び寂びと美しさを伴うハーモニーとメロディーを紡ぎ、深く深く心の奥底まですっと音が入り込んでくるのです。多分二人共ロマンティシズムな人間性なんでしょう、心底ギターの演奏から生まれる豊かな音楽性に心酔している気持ちが伝わってきます。アルバムのラストにはユニット結成のきっかけにもなったChari Chariの”Aurora”のアコギ・バージョンが収録されていますが、これはもう完全にサウダージで男泣き状態。秋の夜長にアコギの音色にうっとり耳を傾ければ、心も体もほっと一息。

試聴

Check "Kaoru Inoue" + "Kojima Daisuke"
| ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/10/20 THE ORB JAPAN TOUR 2012 @ eleven
先日Lee 'Scratch' Perryとコラボレートしテクノとレゲエ/ダブを高純度で融合させたアルバムをリリースしたThe Orb。アルバムリリースパーティーとしてAlex Patersonと共に、長年の彼の右腕とも言えるThomas Fehlmannを引き連れての来日となり、更にはライブのみならず各人がDJも行う貴重な一夜に遊びに行ってきました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/10/6 groundrhythm @ Air
先日2年ぶりにニューアルバムをリリースした井上薫が、自身がレジデントを務めるgroundrhythmにてアルバムのリリースパーティーを決行。毎回日本各地からゲストを呼んでパーティーに鮮やかな彩りを加えているが、今回はアルバムにもリミックスを提供したThe Backwoods aka DJ Kentら複数名が呼ばれテクノ色強めな音が予想される。「A Missing Myth」=「(未来の)失われた神話」と題されたコンセプチュアルなアルバムをテーマにしたパーティーは、一体どのような世界を創り上げたのだろうか。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - A Missing Myth (Seeds And Ground:SAGCD027)
Kaoru Inoue - A Missing Myth
Amazonで詳しく見る

"Dancer"(踊る者)、"Sacred Days"(神聖なる日々)と続いてきた井上薫のアルバムリリースだが、2年ぶりとなるこの新作では"A Missing Myth"((未来の)失われた神話)とまた謎めいたタイトルが付けられている。アルバム名からも分かる通り常に肉体性と精神性を結び付けながらコンセプトを持った音楽を生み出している井上氏ではあるが、本作では人類がこの先の向かう所を意識して制作したそうだ(詳しくはライナーノーツを読んで欲しい)。如何にもワールドミュージックも起源に持つ氏の思想や音楽観を現代的なエレクトロニックビートと融合させた音楽性はここで完成を果たしているようで、前作以上に大地と共に生きる民族的な音楽の要素を盛り込みつつフロアでの狂騒を喚起させる事に成功している。未来の神話の幕開けはオーロラの様な美しいシンセが重なり合うように空間を覆い尽くすビートレスな"Sphere"で始まり、そしてガムランがミニマルに繰り返されるトライバルな"Malam"で突如異国の世界へと誘われるとそこからは祝祭空間の広がる真夜中のパーティーへと突入する。木管楽器の優しい心地良い響きが開放的なエレクトロニックハウス"Nova"、ハンドクラップやシタールの妖艶な音色が肉体を刺激し野性的な雄叫びがトランスを誘発する"Ramafar"で前半のピークを迎え、もうグルーヴは止まらない。その後も怒涛のパーカッションが大地の響きとなって押し寄せる"Etenraku"、ガムランのミニマルから生まれる恍惚感を疾走感のあるテックハウスと掛け合わせた"Ground Rhythm(The Backwoods Remix)"、オリジナルよりもテック感を打ち出してクールな空間を演出した"Tokyo Diver(Jebski Remix)"などが続き、真夜中のクラブにまるで地球と言う大地が剥き出しに出現するような太古の土着感と現代的な電子音が絡み合いながら神話を描き出す。また全ての曲は氏によってミックスされてシームレスに繋がれており、ストーリー性を途切れさせる事なく展開する流れが一夜の祝祭を疑似体験させるのだ。コスモポリタンな音楽性を発揮しつつクラブとの繋がりも密接に保った井上氏のミュージック・ジャーニー、こんな音楽は世界的にもそう多くはないだろう。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| HOUSE8 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(1) | |
2012/7/6 UNIT 8TH ANNIVERSARY PARTY featuring ANDREW WEATHERALL @ Unit
2004年から続く代官山のクラブ/ライブハウスであるUnitも、遂に8周年を迎えております。Unit、Saloon、Uniceと言う3つのフロアを所有し多角的なパーティーを行える箱では夜な夜なテクノ/ハウスに限らずライブイベントも開催され賑わっていますが、アニヴァーサリー・パーティーの初日を演出するのはUKテクノ番長であるAndrew Weatherall。前回は大規模なフェスティバルでの来日でクラブでは数年プレイしていなかったものの、ようやくアニヴァーサリーと言う大舞台に合わせてクラブでロングセットを披露する機会に恵まれました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Backwoods - Flying Bugz (Kaoru Inoue Remix) (ene:ENEREC012)
The Backwoods - Flying Bugz (Kaoru Inoue Remix)

昨日に引き続き井上薫とThe Backwoods aka DJ Kentが絡んだ待望の一枚。本作は2010年にリリースされた"The Backwoods"(過去レビュー)から"Flying Bugz"をシングルカットし、そして裏面にはそれを井上薫がリミックスした"Flying Bugz (Kaoru Inoue Remix)"を収録しています。オリジナルはちょっとゆっくり目のBPMに合わせて、ブリブリとしたディスコティックなベースラインやが粘り気を感じさせるハウストラック。エッジの効いたギターやスペーシーなシンセ音などが色々な音が雑多に詰め込まれた分だけ、もっさりしたグルーヴでもじわじわと低空から空高くまで飛翔して行く様に快楽を持続させます。そして井上薫によるリミックスは無駄な音は削ぎ落として身軽になりBPMを早くして疾走感を出しつつ、ブリブリした低音のリフは生かしアルペジオ風なテックな上物をループさせハイテック化させています。多幸感溢れるエレクトロニックな音色共に、生っぽい野生味のあるリズムトラックは土煙を撒き散らす様でもあり、テクノ/ハウスに有機的な要素を融和させるセンスは本当に素晴らしい。どっしりとしたディスコティックなオリジナル、加速し続けるテッキーなリミックス、どちらも体が踊る事をを欲する見事なダンストラックです。

試聴

Check "The Backwoods"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - Ramafar / Ground Rhythm (The Backwoods Remix) (Seeds And Ground:SAGVP2012A)
Kaoru Inoue - Ramafar / Ground Rhythm (The Backwoods Remix)

井上薫のおよそ2年ぶりとなるヴァイナルリリースは、完全新作となる"Ramafar"と"Ground Rhythm"をThe Backwoods aka DJ Kentがリミックスをした曲を収録した充実の1枚。テクノ/ハウスと民族的な要素をブレンドした作風は氏の専売特許ではあるけれど、この"Ramafar"に於いてもその作風を貫き肉体感溢れるエレクトロニックなダンスミュージックを聞かせている。原始的な雄叫び、有機的な躍動感溢れるパーカッションの響き、妖艶な訝しさが漂うシタールにヒプノティックな電子音が入り乱れるトライバルハウスは、祝祭に歓喜する聴衆の踊りが目に浮かんでくる程に多幸感に満ち溢れている。オーガニックで豊潤な香りと共に電子音のファットな音色は覚醒的で、大地に根付く肉体的な踊りの欲求を誘発しフロアに居る者全てを無意識に動かすであろうダンスミュージックだ。そして"Ground Rhythm (The Backwoods Remix)"、オリジナルが密林の奥地へと迷いこむトライバルな作風だったのに対し、DJ Kentは密林を突き抜け開放的なサバンナへと躍り出た爽快なテックハウスへと作り替えている。オリジナルの角張ったビートは滑らかなハウスビートへ、そして煌くミニマルな上物が追加された事で、民族的な要素は控え目にテクノ/ハウスを問わずに使えるキラートラックとなった。両面大箱での派手な流れの中でも使用に耐えうるピークタイム仕様で、これは盛り上がるに違いない。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/6/2 groundrhythm @ Air
この日は都内各所/地方でも大型フェスとイベント三昧でしたが、代官山AIRではロングランを続ける井上薫によるgroundrhythmがありました。ゲストには日本屈指のビートメーカーであるDJ Mitsu the Beats、日本のドラムンベース開拓者であるMakotoを招き、いつものgroundrhythmとは異なる新風を吹き込んでの開催。そしてジャンル、国境を超越するコスモポリタンな井上薫が、多岐に広がる音楽を一つのパーティーとして纏め上げるのが期待される一夜でした。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/5/18 PRIMITIVE INC. & UNIT presents KOMPAKT JAPAN 02 @ Unit
日本に於けるKompaktのレーベルショーケース第2弾のパーティーには、ブラジルからのGui BorattoとKompaktのブッキングマネージャーも務めるScharre、そして日本のKompakt代表であるKaito aka Hiroshi Watanabe、そしてDJ Yogurtが出演する徹頭徹尾テクノナイト。特にGui Borattoは前回の来日が平日であった為に聴く事が出来る人も多くなかったのですが、この度念願叶って週末でUNITへの出演をようやく果たしました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 17:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2012/5/4 DELANO SMITH "An Odyssey" Release Party @ eleven
Derrick Mayもが尊敬の眼差しを向けるデトロイトの現役アーティストでは最古参に属するDelano Smith。今年になって彼のキャリア初となるアルバムをリリースしたのですが、その時齢49歳ですよ、49歳。もう人生が半分を過ぎてからようやくアルバムをリリースすると言う遅咲きの才人(活動は長いんですけどね)ですが、DJだってばんばんこなして今でも精力的に活動中です。昨年末にも他の箱で来日プレイしていたのだけどその時は残念ながら集客にも恵まれず盛り上がりに欠けたパーティーだったのですが、それから半年を待たずしてアルバムリリースパーティーを兼ねて再度来日してくれたのでした。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2012/1/27 root & branch / UNIT presents "THE FIELD" @ Unit
今ではKompaktの看板的存在にまで成長したThe Fieldですが、テクノやミニマルのみならずクラウトロック等も意識したその音楽性はクラブミュージック外にまで影響を及ぼし、多くのファンを虜にしている模様です。そして昨年3rdアルバムをリリースし満を持しての再来日が決まり、その脇を固める布陣は同じKompaktメンバーであるHiroshi Watanabe、DJ Yogurt、Gonno、Muso Matsuiと抜かりないDJが集まり鉄板のパーティーとなりました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Gift Of Unknown Prayers / Dancers Of Unknown Pleasures Compiled & Mixed By Kaoru Inoue (Ene Records:ENCD001-002)
Gift Of Unknown Prayers / Dancers Of Unknown Pleasures Compiled & Mixed By Kaoru Inoue

おそらく井上薫が手掛けてきた作品の中でも、最も彼のルーツを忠実に表現しかつフロアとの繋がりも保ったであろうMIXCDが、非公式ながらもリリースされた。クラブでの彼のプレイはテックハウス〜プログレッシヴハウスと呼ばれるダンスミュージックが中心だが、しかし長年の彼のファンならばご存知であろうジャンルと国を超越する井上薫の音楽への造詣の深さは並々ならぬもので、特に文明的な生活の中で失われ行く民族音楽の霊的な力への興味を常に持っているようだ。"Gift Of Unknown Prayers"は日本の民謡からアジアや南米各国の民族音楽、そして現代音楽等も駆使したリスニングサイドと言う趣きで、近代的な生活からは未だ見果てぬ原始的な生活感のある音が中心。どこか懐かしい気持ちと共に人間の心の奥底に潜めている野性的な本能を呼び覚ますようで、特に何度も繰り返し発せられる言霊には意識せずとも霊的な力を感じずにはいられない。そしてそこから派生した"Dancers Of Unknown Pleasures"は、霊的な力を踊る欲求へと置き換えた現在のダンスミュージック、ディープハウスやテックハウス等が中心となっている。現在のとは言いながらもオーガニックで土臭さもあり、まるで歓喜と狂乱に満ちた謝肉祭に向けて盛り上がりを見せる一夜のようだ。そこには飽くなき踊る事への欲求を喚起し野生や大地と共鳴するヴァイブスがあり、これこそ井上薫=Chari Chariの音楽をオリジナルの物としている所以なのだろう。

Check "Kaoru Inoue"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
2011/07/22 root & branch presents UBIK @ Eleven
音源は買っていないのですがFlying Lotus meets Boards Of Canadaとも評されるLoneの来日ライブ、そしてHiroshi WatanabeのSync Positiveライブや井上薫のDJがあったので、Elevenへ遊びに行ってきました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
G.Mitchell & Jebski Feat. Kengo Ono - Natsu EP 2 (Panoramic Audio Domain:pad-06)
G.Mitchell & Jebski Feat. Kengo Ono - Natsu EP 2

デトロイトからLos HermanosのGerald Mitchellと東京のJebskiの友情から生まれた"Natsu"プロジェクト第二弾は、国内のクラブシーンを盛り上げるアーティストがそれぞれの持ち味を存分に打ち出したリミックスを披露。リミキサーにはJebskiとも交流の深い井上薫(Kaoru Inoue)、DJ Yogurt & Koyas、Calmとばっちり相性の合うアーティストが集められ、どのリミックスも原曲のエモーショナルな面を残しつつ更なる進化を遂げております。Calmのリミックスはライブ感溢れるブレイクビーツとファンキーなサックスの絡み合いから始まり、後の盛り上がりを予想させるブレイクで一旦4つ打ちに移行し、再度ブレイクビーツに回帰する予想外の構成。サックスを残しながらもドスドスと力強い4つ打ちと透明感のある美しいシンセリフを被せたDJ Yogurt & Koyasのリミックスは期待通りの出来で、中盤での壮大な感情の爆発が素晴らしく、とにかくフロアでも野外でも盛り上がりそうな大箱向けのテック系。そして贅肉を削ぎ落としてミニマル色を強めた井上薫のリミックスは、テックな音でじわじわ引っ張りつつも中盤以降は煮えたぎるソウルフルなサックスも爆発させ、電子とオーガニックの自然な融和が成り立っています。どのリミックスもアーティストの持ち味が存分に発揮されているとともに、様々なフロアの状況で映えそうな音でお薦めです。

試聴

Check "Jebski"
| TECHNO8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2011/4/2(SAT)
GUIDANCE feat. SPIRIT CATCHER & DJ EMMA @ Eleven
Live : Spirit Catcher
DJ : DJ EMMA, DJ ENDO, DJ SHIBATA

2011/4/2(SAT)
groundrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue, Cashy, Iori Wakasa
Live : Yosa

2011/4/8(FRI)
Return of The DJ 7 Hours @ Oppala
DJ : DJ Yogurt

2011/4/8(FRI)
THE OATH -Spring Special- @ Oath
DJ : MASANORI IKEDA, DJ NORI, クボタタケシ

2011/4/9(SAT)
Real Grooves vol48 @ Eleven
Live : Los Hermanos, Conoley Ospovat
DJ/Live : Gerald Mitchell
DJ : Ozmzo aka Sammy, Daia Taguchi, Mx, EZ

2011/4/22(FRI)
Hituji 1st Anniversary Day2 @ Club Asia
Live : Dachambo
DJ : EYE, DJ Yogurt

2011/4/23(SAT)
Clash @ ageHa
DJ : Technasia, Joris Voorn, Ken Ishii

2011/4/28(THU)
CLUB MUSEUM 8th Anniversary!Surgeon "Breaking The Frame" Tour @ Unit
Live : Surgeon
DJ : Go Hiyama, ROK DA HOUSE

2011/4/28(THU)
Mule Muusiq 7 Years Anniversary party Pt. 2 @ Womb
Live : HENRIK SCHWARZ, KUNIYUKI
DJ : TOSHIYA KAWASAKI
WOMB LOUNGE : LAWRENCE(LONG SET), STEREOCITI
VIP LOUNGE : KZA AND HIS FRIENDS

2011/4/30(SAT)
Deep Space @ Eleven
DJ : Francois K., Toshiyuki Goto
Live : HIROSHI WATANABE aka Kaito

2011/4/30(SAT)
CABARET @ Unit
DJ : Daniel Bell, DJ Masda, yone-ko
| UPCOMING EVENT | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Grand Gallery presents Summer Rain Mixed by Kaoru Inoue
Grand Gallery presents Summer Rain Mixed by Kaoru Inoue
Amazonで詳しく見る

音楽を単なる音楽としてでなくスピリチュアルなメッセージや内なる心のジャーニーを伴ったモノとして投げ掛ける井上薫。音楽のジャンルを越えたエキゾチックかつハイテックなプレイの素晴らしさは言うまでもありませんが、またアコースティックギターユニット・Aurora Acousticの活動からも分かる通り、高揚感のあるダンスミュージックとは対照的な安堵と平穏をもたらすリスニング系にも力を入れております。本作はその後者の方向性が強く出たバレアリック感を打ち出した開放的なMIXCD。井出靖が主宰するGrand Galleryの音源を使用して"Summer Rain"と言うコンセプトの下、最後の最後まで踊れる4つ打ちは流さないリラックスかつメロウな陶酔感に満ちた選曲です。ダウンテンポやブロークンビーツ、レゲエやソウルなど、そしてノンビートな時間帯も用意して、真夏の雨上がりの蒸し返す湿度と雲一つ無い青空を思い起こさせる生っぽい質感でしっとりとした世界観を創り上げております。クラブと言うよりはリゾート地などの野外で、そして自然に囲まれた場所でBGMとして聴きたい程にナチュナルな響きがあり、そしてクラブから帰宅した後のチルアウトとしても機能する癒しの効果もあります。これもまた井上薫らしい音楽の旅情。

試聴

Check "Kaoru Inoue"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2011/2/19 Floatribe @ Unit
井上薫と岩城健太郎が2000年から漂流するように不定期でのパーティーとして開催し、UNITにその場所を移してからは定期パーティーへと進化し二人の鬩ぎ合いのプレイが続いていたFloatribe。集客の出来る大物・外タレに頼ると言った安易な方向に流される事もなく、基本的には井上薫と岩城健太郎のプレイがあくまでメインであり続け、それでも尚11年間も続いた事には驚き以外の気持ちはありません。そして今夜遂に11年の漂流も終着点を迎えます。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2011/2/5 groundrhythm @ Air
代官山Airオープン時から続くパーティー・groundrhythm。井上薫が9年にも渡り定期的に続けている事は言うまでもなく驚異的であり、今でも熱心なクラバーが集まる重要なパーティーです。時代と共に音の変遷を繰り返しながらも、大地の鼓動を表現するパーティーは一体どこへ向かうのか。今回はゲストにTraks Boysを呼んでの新年1発目のgroundrhythm(そう言えば1年半前でのDK Soundでも井上薫とTraks Boysが共演してたっけ…)へと遊びに行きました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2011/02/04(FRI)
CHAOS @ Unit
DJ : Fumiya Tanaka
LIVE : San Proper

2011/02/05(SAT)
World Spin 2nd Anniversary Party @ Microcosmos
DJ : Pal Joey, stock, taca

2011/02/10(THU)
LAURENT GARNIER "L.B.S" TOUR @ Air
Live : L.B.S-Live Booth Session aka Laurent Garnier, Benjamin Rippert & Scan X
DJ : Laurent Garnier, Gonno, Goro

2011/02/11(FRI)
DJ YOGURT Presents Jebski Release Party "PAD" @ amate-raxi
Live : Jebski
DJ : DJ Yogurt, DJ Shibata

2011/02/11(FRI)
SWEET @ Loop
Guest DJ : STEREOCiTI
DJ : 白石隆之, METAL, SCANDAL, WHY

2011/02/12(SAT)
Return Of The DJ "7 Hours" Vol.1 @ OPPA-LA
DJ : DJ Hikaru

2011/02/19(SAT)
Eleven 1st Anniversary Party @ Eleven
DJ : Lil' Louis, DJ Nobu

2011/02/19(SAT)
FLOATRIBE @ Unit
DJ : Kaoru Inoue, Kentaro Iwaki

2011/02/26(SAT)
THEO PARRISH "SKETCHES" RELEASE TOUR @ Air
DJ : Theo Parrish -Opening Till Closing Set-
| UPCOMING EVENT | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/12/3(FRI) The Boss @ Liquidloft
DJ : 高橋透 × N.R.B.K.J [CMT, Universal Indiann, Shhhhh]

2010/12/4(SAT) groundrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue, Kenji Takimi, HIROKI MURAI a.k.a Psychedelic Bus

2010/12/11(SAT) root & branch presents UBIK @ Unit
Live : Luke Abbot, aus
DJ : yoshiki, DJ Yogurt

2010/12/11(SAT) OVUM 15TH ANNIVERSARY PARTY IN TOKYO @ Womb
DJ : Josh Wink

2010/12/11(SAT) Joaquin Joe Claussell Presents The Resurrections Tour @ Eleven
DJ : Joaquin Joe Claussell

2010/12/18(SAT) deep river @ 東京都現代美術館 content
DJ : Calm, Pepe California, DJ Yogurt
Live : DSK Kojima, Inner Science, Kenkou feat .Sinsuke Fujieda, Kotaro Yoshida

2010/12/22(WED) MILD SEVEN PRESENTS 「BLUE WINDY NIGHT」@ Club Asia
DJ : DJ QUIETSTORM, EYE, KEN ISHII, O.N.O, REBEL FAMILIA

2010/12/24(FRI) WINTER WONDERLAND @ Eleven
DJ : Frankie Knuckles, DJ Nori

2010/12/25(SAT) CHAOS @ Eleven
DJ : Fumiya Tanaka
Live : Portable aka Bodycode

2010/12/26(SUN) Joaquin Joe Claussell Presents The Resurrections Tour @ Eleven
DJ : Joaquin Joe Claussell

2010/12/29(WED) Microcosmos 2nd Anniversary Presents THERE WAS A TIME @ Microcosmos
DJ : 矢部直, Raphael Sebbag, 松浦俊夫, 高木完 & K.U.D.O, 沖野修也, 井上薫
| UPCOMING EVENT | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/11/06 Floatribe @ Unit
井上薫と岩城健太郎がUNITで定期的に続けているパーティー・Floatribe。今回は今年になってから精力的に活動をしているJebskiのライブと、富山で活動をする岩城健太郎と同郷のWataru TakanoがDJで参加。メインフロアはJebskiのライブを前後に井上薫とWataru Takanoが複数回に分けてプレイし、下のフロアのSaloonでは岩城健太郎らがプレイすると言う変則的なパーティーとなりました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT3 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/11/02(TUE) E-NAUT @ Eleven
DJ : KEN ISHII, DJ NOBU, TAKAMORI K.
Live : DJ YOGURT & KOYAS, SHOTARO HIRATA

2010/11/05(FRI) Grassroots 13th Anniversary DayII @ Grassroots
DJ : DJ NOBU, Conomark, Haruka

2010/11/06(SAT) FLOATRIBE @ Unit
DJ : KAORU INOUE, WATARU TAKANO
LIVE : JEBSKI

2010/11/13(SAT) Clash @ ageHa
Live : PLANETARY ASSAULT SYSTEMS, Newdeal
DJ : Takkyu Ishino, Q-Hey, Takuya

2010/11/22(MON) op.disc presents hub @ Unit
Live : RADIQ
DJ : SOULPHICTION aka JACKMATE, Den
Saloon DJ : yoshiki, Stereociti, Naoki Shinohara

2010/11/26(FRI) So Very Show! @ Womb
DJ : AARDVARCK, RONDENION

2010/11/27(SAT) Liquidroom presents BLACK EMPIRE feat. DERRICK L. CARTER long set @ Liquidroom
DJ : DERRICK L. CARTER
| UPCOMING EVENT | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/10/01(FRI) Bed Making × 恥骨粉砕 @ heavysick ZERO
SPECIAL GUEST LIVE : ホテルニュートーキョー
SPECIAL GUEST DJ : TAICHI
RESIDENT DJ : L?K?O, DJ YOGURT
Bed Making DJs : KOR-ONE, Makossa, KURARA, I-TAL
恥骨粉砕 DJs : mew, DUBINCH, No`n, JUMBLE

2010/10/02(SAT) groudrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue, Hikaru, HIROKI MURAI a.k.a Psychedelic Bus

2010/10/02(SAT) Four Seasons of Deep Space ~Autumn~ @ Eleven
DJ : Francois K.
Live : Cro-Magnon

2010/10/08(FRI) E-NAUT @ Eleven
LIVE : Calm -Moonage Electric Quartet-, Kuniyuki -live pa set-
DJ : DJ NORI, TAKAMORI K.

2010/10/09(SAT) CHAOS @ Eleven
DJ : Fumiya Tanaka, Zip

2010/10/09(SAT) Rejected Label Night @ Womb
DJ : Joris Voorn, Edwin Oosterwal

2010/10/09(SAT) Electric Skywalker @ Unit
LIVE : SYSTEM 7
DJ : SECRET CINEMA, RENNIE FOSTER

2010/10/10(SUN) MADCHESTER NIGHT 2010 @ SEATA
DJ : YODA, KENJI TAKIMI, DJ YOGURT

2010/10/16(SAT) freerange tokyo @ Warehouse
DJ : Tom Middleton, Jay Zimmermann aka JZ, DJ Sam Fitzgerald, Aosawa, Kaji

2010/10/23(SAT) Clash × Drumcode @ ageHa
DJ : Adam Beyer, Cari Lekebusch, Ida Engberg

2010/10/23(SAT) HOUSE OF LIQUID - liquidroom 6th anniversary @ Liquidroom
DJ : LEN FAKI × 石野卓球 × DJ NOBU

2010/10/30(SAT) Real Grooves Volume 43 RG Halloween Costume Party @ Eleven
Live : Stephen Beaupre
DJ : Akufen, Takuya × Kikiorix
| UPCOMING EVENT | 07:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
I'm Starting to Feel Okay Vol.4 Mixed By KZA (Endless Flight:EFCD5)
Im Starting to Feel Okay Vol.4 Mixed By KZA
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
昨年の夏に続いて一年ぶりにMule Musiqとその傘下のEndless Flightなどの音源を使用した、レーベルショーケース的なMIXCDが届きました。河崎氏率いるMule Musiqは日本と言う枠組みの中だけでなく世界規模で数多くのDJから賞賛を浴びるレーベルに成長しており、その勢いたるや2010年に入っても全く落ちる事なく怒涛の快進撃を続けております。面白いのはテクノだけでもなくハウスだけでもなく、華麗なジャズや煌きのニューディスコなどジャンルを越えて -いや敢えて言うならばダンスミュージックと言う枠はあるのかもしれないが- アンダーグラウンドな姿勢を保ちつつ、普遍性の高い音楽性を打ち出しているレーベルだと言えるでしょう。そんなレーベルなのだからオーナーである河崎氏が選曲したこのMIXCDは音色もテンポもリズムもばらばら…でありながら、Force Of NatureのKZAが違和感無くMule Musiqの世界観として一つに纏め上げております。今回はダンスミュージックとは言え落ち着いた印象が強く、その中で音の美しさや快楽性でズブズブとディープにはめていく流れがあり、ホームリスニング仕様かなと思いました。各トラックの個性を強く感じさせつつも、聴き終わる頃にはMule Musiqの魅力を存分に感じられるはず。

試聴

Check "KZA"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE6 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/09/04(SAT) Metamorphose 10 @ 修善寺 サイクルスポーツセンター
Act : Manuel Gottsching performs "more INVENTIONS FOR ELECTRIC GUITAR" with Steve Hillage, Elliott Sharp & Zhang Shouwang, X-102, Moritz Von Oswald Trio, Mogwai, Larry Heard and more

2010/09/10(FRI) Hyper Modern Music Salon -Dinosaur Meets TECHNO! @ Mado Lounge
DJ : Hiroshi Kawanabe, A.Mochi, CALM, Hiroshi Watanabe aka Kaito, no.9, Haruka Nakamura
Live : evala

2010/09/10(FRI) HI-TECK-SOUL Japan Tour 2010 @ Eleven
DJ : Derrick May, Ryo Watanabe

2010/09/10(FRI) SOLAR FREQUENCY @ Womb
Galaxy Stage
DJ : DJ Tasaka, DJ Nobu, The Backwoods
Future Lounge
DJ : DJ Yogurt, JZ, Leyziro

2010/09/10(FRI) CLUB MUSEUM "DETROIT LEGEND" @ Unit
DJ : Kevin Saunderson, Cloude Young Jr., Rok Da House

2010/09/22(WED) GUIDANCE @ Eleven
DJ : Michael Mayer, Takkyu Ishino

2010/09/24(FRI) Urban Tribe Japan Tour 2010 @ Eleven
Live : Urban Tribe
DJ : DJ Stingray (aka Sherard Ingram / Urban Tribe)

2010/09/25(SAT) AIR 9th ANNIVERSARY "DIXON × AIR Release Party @ Air
DJ : Dixon, Ko Kimura, DJ Sodeyama

2010/09/26(SUN) ShinKooeN fes 10' @ 神奈川県茅ケ崎市柳島海岸
DJ : Altz, DJ Nobu, DJ Quietstorm, DJ Yogurt, Ko Kimura and more
Live : Dachambo, Kaoru Inoue, O.N.O and more
| UPCOMING EVENT | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - Sacred Days (Seeds And Ground:SAGCD020)
Kaoru Inoue - Sacred Days
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ユニットとしての活動やコンピレーション・MIXCDなどのリリースも多かったせいか、そんなに久しぶりとも感じない井上薫の5年ぶり・ソロ2作目となるアルバムが紆余曲折の末リリースされました。「神聖なる日々」と題されたこのアルバムは祭典を祝うかのように歓喜し踊る事を渇望した音楽であり、今までの作品の中でも最もダンスミュージック性が強いアルバムです。かつてはワールドミュージック(ボサノバやアフロ、ラテン、アジアンミュージック)の要素を強く打ち出しクロスオーヴァーな方向性だった彼も、近年はかなりテック化かつエレクトロニックなビートを打ち出してきましたが、それらの融合が結実したのが本作。思えばChari Chari名義でのアルバムはダンスミュージックに縛られない(もっと言ってしまえば踊らなくてもよい)解き放たれた開放があったのが、ここでは彼自身はフロアへと帰属し自らがシャーマンとなりダンサーを扇動し肉体を刺激します。まるで踊る事への飽くなき欲求はかつてない程のポジティブなエネルギーを生み出し、周りを巻き込む至福の渦となる如く。またエレクトロニックな色を強めたとは言え彼の個性であったワールドワイドな音楽性は随所に散りばめられており、例えば先行シングルの"Happenings"はフラメンコを思わせる強烈なビートが鳴り響き、"Ancient Future Beings In The Place"では森林に包まれた秘境の奥地で原住民が雄叫びを上げ、そして超自然的な皆既日食体験から生まれた"The Invisible Eclipse"では琴線を震わす旋律が神々しく光り輝いている。スピリチュアルなチャントを歌いあげる"The Sun Goddess"もあれば、サックスフォンが妖艶さを演出するハウス"Tokyo Diver"もある。民族的な彼のルーツも踏襲した上で新たなる段階へと進んだ本作に、僕が感じたのはManuel Gottschingの音楽とも似た恍惚感、そうトランスと呼ばれる精神状態。興奮と感動 -単純にポジティブな心象によるものだけでなくスピリチュアルな作用による- を呼び起こすシャーマンの魔法がこのアルバムにはかけられている。ただただ…素晴らしい。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| HOUSE6 | 10:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - The Invisible Eclipse / Ground Rhythm (Seeds And Ground:SAGVP2011)
Kaoru Inoue - The Invisible Eclipse / Ground Rhythm

8月に5年ぶりのソロアルバムを控える井上薫の新作は、JebskiとNagをフューチャーした話題作。まずはJebskiとコラボした"The Invisible Eclipse"、こちらは奄美大島での皆既日食体験をモチーフにしたそうですが、琴線を震わすストリングスの調べにポジティブなピアノやシンセの粒子が絡んでいくハイテックなトラック。水しぶきと共に情熱も弾ける夏真っ盛りな高揚感があり、そして後半に向けて郷愁も溢れていく余りにも感動的な一曲。フロアで聴いたら間違いなく盛り上がるでしょう。対して井上薫自身が主宰するレギュラーパーティー"Groundrhythm"から名が取られた"Ground Rhythm"はNagとコラボしており、正にタイトル通りの大地の鼓動を思わせ密林の奥地を突き進む様なトライバル系。森に住む原住民が叫ぶようなヴォイスが神秘的な空気を作り上げ、いつの間にかジャングルの奥地へと入り込んでしまったかの様。両面文句無しに素晴らしく、アルバムへの期待が高まります。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| HOUSE5 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/06/04(FRI) Autechre @ ディファ有明
Live : Autechre
DJ : Juan Atkins, Cloude Young, EYE

2010/06/04(FRI) MONK!!! @ Seco Lounge
Live : CRO-MAGNON, DUB STRUCTURE #9
DJ : ALTZ, HIKARU, CMT

2010/06/04(FRI) dance rodriguez @ Unit
Live : Auto Repeat a.k.a. DJ ELIN
DJ : Steve Bicknell -close the night with Lost Set-, Keita Magara, Mitchelrock

2010/06/05(SAT) groundrhythm @ AIR
Live : KAORU INOUE Feat. JEBSKI + NAG
DJ : KAORU INOUE, PSYCHEDELIC BUS aka HIROKI MURAI

2010/06/11(FRI) ISLAND @ amate-raxi
DJ : Secret DJ!!! × DJ Yogurt - Exclusive long set!!-, CHIDA

2010/06/12(SAT) CHAOS @ Eleven
Live : Thomas Melchior
DJ : Fumiya Tanaka

2010/06/19(SAT) The Real Thing @ Eleven
DJ : Frankie Feliciano

2010/06/19(SAT) Crue-L & Pigeon Presents "THE FUTURE IS MYSTERY" @ LOOP
DJ : EDDIE C, KENJI TAKIMI

2010/06/25 (FRI) 濡れ牧場 x MOODMAN @ Liquidloft
DJ : 濡れ牧場 x MOODMAN

2010/06/26 (SAT) house of liquid presents FIXED @ Liquidloft
DJ : CHIDA, DJ Conomark, KABUTO, KATSUYA, TARO

2010/06/26 (SAT) DEEPER SESSION vol.04 @ Module
DJ : No Milk, Rondenion, Kez YM, Sisi, Tomotsugu Kondo, y.

2010/06/26 (SAT) PANGEA 6th Anniversary @ Unit
GUEST : THE REVENGE
DJ : NAKA-G, SUPERNOVA, SHINYA-Y

SALOON
DJ : DJ YOGURT TIMO, YUYAMA TSUYOSHI, YUKI

2010/06/27(SUN) MUSICO 4 @ 東京都現代美術館
DJ : DJ Yogurt and more

MOTで開催される食と音楽のミックス・アップパーティーMUSICO、前回行けなかったので今回は行きたいな。あとはオウテカ来日パーティー、目当てはホアンとクロヤンですが。現在注目を集めるビートダウンハウサー・EDDIE Cは初来日かしら?
| UPCOMING EVENT | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2010/04/03(SAT) groundrhythm @ Air
DJ + Live : Kaoru Inoue
DJ : PSYCHEDELIC BUS a.k.a. HIROKI MURAI

2010/04/04(SUN) MUSICO @ "content" 東京都現代美術館地下レストラン
Live : OOIOO
DJ : DJ Yogurt, Shhhh, Moodman

2010/04/09(FRI) Klass 1st Anniversary @ Module
DJ : Malik Pittman aka Marcellus Pittman, Naoki Shinohara, Satoshi Tachiban, Ko Umehara

2010/04/11(SUN) 渚音楽祭 2010 春 @ お台場 青海オープンコート
DJ : Louie Vega, Mixmaster Morris, DJ Yogurt and more
Live : Dachambo, The SunPaulo and more

2010/04/16(FRI) KEIICHI SOKABE『Remix Collection 2003-2009』Release Party @ Liquid Loft
Live : 曽我部恵一
DJ : Hiroshi Watanabe aka Kaito, DJ Yogurt, Traks Boys

2010/04/24(SAT) Guidance @ Eleven
Live : Spirit Catcher
DJ : Jean Vanesse, Hiroshi Kawanabe, DJ Endo

2010/04/28(WED) World Connection HI-TECK-SOUL DERRICK MAY×AIR RELEASE PARTY @ Air
DJ : Derrick May, DJ Yama
Lounge DJ : DJ Yogurt, Takamori K.

2010/04/30(FRI) HITSUJI @ Club Asia
DJ : Kaoru Inoue and more
Live : Kaito, Cro-Magnon and more

2010/04/30(FRI) Endless Flight @ Womb
Live : Minilogue, Koss aka Kuniyuki
DJ : Foog, Toshiya Kawasaki
Lounge DJ : DJ Sprinkles aka Terre Thaemlitz, Alex From Tokyo

Spirit Catcherのライブ聴きたいお!渚も復活したので、久しぶりに行ってみるかも。デリックメイは在日してるかの様な来日頻度だな。
| UPCOMING EVENT | 11:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
2010/03/26 a la mode @ Heavy Sick Zero
毎週の様にクラブに足を運んでいると先週行かなかっただけで欲求不満になってしまう。と言う事で2週間ぶりのクラブは、中野にある地域密着型のクラブ・Heavy Sick Zero。地域密着型と説明したのは自転車で来てる人が多かったので、多分そう思っただけですが。B1に50人くらいは入れるメインフロア、B2にはソファーなどが用意されたラウンジがあり、自分が思ったよりは(変な言い方ですが)意外と大きい小箱。最近はDJとの距離感が近いこの位の小箱の方が、居心地が良いなと感じます。デコレーションとかも手作り感があって、単にお金を注ぎ込んだ派手なのとは違う味わいがあって素敵ですよ。

1時過ぎにクラブに入るとDJ Yogurtのプレイが開始した所。今回は4つ打ち中心と言う事前情報の通りながらも、今までとは多少音の雰囲気が異なるワイルドなハウスが序盤に登場。図太いキックでぐぐぐ〜っと徐々にスピード感が増していきドンドンと底から這い上がる様なグルーヴを感じさせ、スムースな流れながらも野蛮な饗宴と言ったプレイ。ディスコっぽいのも混ぜて哀愁も漂わせつつ、途中からはテッキーなキラキラとした音も入りだして、盛り上がった所で"Another Gravity(Kaoru Inoue Remix)"をスピンしてフロアは多幸感に満ちていく。その後も"There She Goes (Yo&Ko's Super Long Edits)"や"Nile"などをスピンしますが、やっぱりここぞと言う場所で自分のトラックをスピン出来るDJは良いですね。終盤はAltzに繋ぐ事を意識してかトライバルと言うかエスニックと言うか、変梃りんな音楽も飛び出しながら派手に盛り上げておりました。

そしてその流れからAltzが登場。もうこの人の音の説明はよく分らんと言うのが本音。テクノ?ハウス?ディスコダブ?う〜ん、ジャンルとか関係無くてAltzの摩訶不思議な世界を巡る旅と言うべきかも。太鼓乱れ打ちなトライバルな曲もあれば、突如"ウィリアムテル序曲"のハウスバージョンを回して笑いを取ったり、"Yeke Yeke"のジャズバージョンで渋く決めれば、ポップでキラキラとした歌物でまったりさせてくれたり、コズミックなディスコダブもあり、何でも有りがAltzスタイル。そんな全く予想のつかない展開でもしっかりダンスさせてくれるプレイは、笑みもこぼれる楽しさと熱狂に溢れておりました。一緒に行った友達も、初めて聴いたけれど凄い楽しかったと言ってくれたので誘った甲斐がありました。

■Jebski & Yogurt(過去レビュー)
Jebski & Yogurt
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/03/21 Spinning @ 渋谷 Bar&Cafe特異点
レギュラーパーティー化する予定の"Spinning"、無事終了致しました。お越しくださった皆様、どうもありがとうございました。そしてパーティーを知らずに飲みに来たお客さんの一人が、実は自分も読んでいるブログの管理人だったり、世界は狭いな〜とびっくり。

DJの平均年齢が30歳を越すロートルなパーティでしたが、各人の好みが出た音楽を十分に堪能出来ました。一番手のShooterさんはメタル〜ヒップホップ〜ポップ〜ダブステップなど、彼がブログで紹介している音楽を色々とプレイ。次のTakeshtさんはジャズっぽいのにデトロイト系の音も混ぜて洗練された音楽。beatjunkieさんはニューウェーブに2000年前後のハードテクノを織り込んでがっつんがっつんとハードに。

beatjunkieさんが盛り上げてくれて、自分は最後にプレイ。折角だし新曲を多めにやろうと言う意識が強すぎたのか、う〜んあまり良い流れを作れなかったよ…。緊張と酔いの為か、ミックスも全然合わせられなかったな。

何はともあれ自分の好きな音楽をプレイ出来る機会があり、程々に満足出来ました。また次回開催出来るように努めますので、皆様どうぞ宜しくお願いします。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 11:30 | comments(7) | trackbacks(2) | |
Post Newnow Crue-l Classic Remixes Vol. (Crue-l Records:KYTHMAK 130DA)
Post Newnow Crue-l Classic Remixes Vol.
Amazonで詳しく見る

日本屈指のアンダーグラウンドなレーベル・Crue-l Recordsのリミックス集第二弾が発売。Crue-lはダンスミュージックを中心としながらも、楽天的なバレアリックな音から精神を覚醒させるサイケデリックな音まで、果てはパンクやフォークまで幅広い音楽を手掛けるアングラの良心的なレーベルです。勿論CDのみならずヴァイナルでのリリースも多く、今回はそんなヴァイナルに納められていたリミックスを集めた大変お買い得な一枚。リミキサーにはケンイシイ、DJ Nobu、Force Of Nature、まりん、井上薫、ゆら帝、Quiet Village、Mark E、Sofr Rocksと各方面から実力者が集まっており内容も充実しております。テクノ、ハウス、ディスコダブ、サイケデリックなど音的にはばらばらなれど、どの曲もCrue-lらしいトリッピーかつ中毒性の高い作風に仕上がっていて、リミキサーがよくCrue-lの事を理解しているなとしっかり感じられるのが良い。お勧めはMark EとQuiet Villageの目眩のする様なサイケデリックな2曲、逝っちゃってます。

そしてこのCDは相当にハードコアな仕様になっておりまして、段ボールを使用した紙ジャケットはネジで留められており、CDを聴く度にわざわざネジを外して開けないとCDが出せないのです。やりすぎだよ!

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE5 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - Esc (Endless Flight:endless flight 13)
Kaoru Inoue - Esc
Amazonで詳しく見る

日本から世界に向けて躍進しているMule Musiqがリリースした日本人アーティストだけのコンパイルアルバムから、井上薫のトラックがシングルカット。キラキラと煌めくシンセのアルペジオが天に続く螺旋階段の様に延びていき、スローテンポで徐々に快楽に上り詰める作風は、まさにバレアリックなニューディスコ。オプティミスティックでハッピーな極楽浄土へと向かうのんびりとしたお散歩ですね。B面にはアイルランドのテックハウサー・John Dalyがリミックスを提供。オリジナルよりも少しピッチ早めに、展開の少ないディープなミニマルへと調理。低音強めで図太くなっているので繋ぎには良さそうですが、やはりお勧めは井上薫のオリジナルでしょうか。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| HOUSE5 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/01/15 The Beach @ Microcosmos
今回は久しぶりに東京のラグジュアリーなクラブ・Microcosmosへ。目的は井上薫と松浦俊夫が隔月開催しているThe Beach。パーティー名からして素敵な名前で、Microcosmosと言うクラブとはまたちょっと違う雰囲気の場所で開催するにはぴったりなパーティーでした。

序盤は事前の情報通りで普段のがっつりダンススタイルではなく、本格的なジャズやブラジルやアルゼンチン辺りであろうサンバなどを、場の雰囲気を壊すことく夜の社交場に合った落ち着いた感じで回しておりました。周りのお客さんも踊りに来ている人よりも、友達やカップルで酒を飲みつつ談笑している人の方が多く、音をつまみにコミュニーケーションを楽しみに来ているみたい。自分も酒を飲みながらお洒落で詫び寂びのある音楽に耳を傾け、ゆらゆらと揺れておりました。途中からは両者とも徐々にあげてきて、トライバルなハウスとか日本のエレクトロや80年代の歌物?とかもプレイし出して、エキゾチックな音と現代的な音が混ざりつつ、ジャンルに縛られないクロスオーヴァーに発展。がっつり4つ打ちも飛び出したりしてしっかり踊れるじゃんと興奮度も上がるも、コンクリートジャングルにひっそり存在するオアシス的な感覚は保ち、ベテランの貫禄を感じさせる優雅さと余裕のある音が終始流れておりました。普段の汗臭いフロアとは異なるアダルティーなフロアも、たまには落ち着いて音楽が聴けて良い場所だと思いますね。お勧めはやはり好きな相手を連れて行って一緒に蜜月の一時を過ごす、そんな時間が似合う場所と音楽です。

■groundrhythm non stop mixed by Kaoru Inoue(過去レビュー)
groundrhythm non stop mixed by Kaoru Inoue
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue Presents Chari Chari - In Time Ultimate Collection (Rush!Production:TFCC-86411)
Kaoru Inoue Presents Chari Chari - In Time Ultimate Collection
Amazonで詳しく見る

近年は完全にテクノ/プログレ化した元Chari Chariこと井上薫が2002年に放ったクロスオーバー大傑作"In Time"(過去レビュー)が、2007年に装いも新たにリイシューされております。今では電子音バリバリなダンストラックを作っている薫さんも、その当時はまだフロアだとかハウスだとかテクノだとかに縛られない大地の生命力に溢れた音楽を作っていて、エキゾチックかつ有機的な音色はまるでアジアから南米への音楽の旅のようでした。久しぶりに本作を聴いても当時の衝撃は色褪せるどころか、今尚大地の新鮮な香りを発し人間の踊る事への欲求を呼び起こす大地のグルーヴが詰まっておりました。クロスオーバーと言ってしまえば今では巷に溢れている音楽のようですが、ただのジャンルの吸収や搾取に陥るだけでなく、本作には南米現地のフィーリングやムードまでも包括した文化の理解もあり、その意味ではとてもメッセージ性の高い音楽です。そして一部の曲ではビートを抜いたり、付け加えたりと内容の変更も多少あります。注目すべきはやはり名曲"Aurora"のアコースティックミックスで、リズムやヴォーカルがミュートされよりアコースティックギターの音色が強調された静のバージョンと言えるでしょう。リズムが無くなった事でアコースティックギターの郷愁は更に深みを増し、オリジナルが歓喜の祝祭だとしたらアコースティックミックスは切なさの夕暮れと表現出来る一曲になりました。そしてなんと"Aurora"をKing Brittがリミックスした物も収録されていて、こちらはテックでディープな艶のある夜のバージョンでぐっと大人っぽさを演出。更にはアルバムもメイキング映像や"Aurora"のPVも収録したDVDも追加でお徳なり。



Check "Kaoru Inoue"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2009/12/25 So Very Show! @ Womb & electronicpub X’mas & year-end gathering @ Seco Bar
世の中はクリスマスだとかで賑わっておりますが、特に自分はカンケーないので週末は普段通りにクラビング。今回はBorder Communityを代表するNathan Fakeのライブがお目当て。クリスマスだからみんなハッピーライフ送ってクラブには来ないかなと思ったけど、想像以上に色んな人が遊びに来て混んでいたのでちょっと疲れてしまったよ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2009/12/05 groundrhythm @ Air
当日は幕張ででっかいパーティーがあったものの、自分は井上薫初ライブが聴きたかったのでgroundrhythmへ行ってきました。来年久しぶりに出るアルバムからの新曲も披露するって事で、そりゃ期待もするってもんです。何より嬉しかったのは、他にでっかいパーティーがあったのにもかかわらずAirにもいっぱいのお客さんが来ていた事だ。さすがgroundrhythmはAir最長を誇る伝統のパーティーだけあると感じました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 16:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/12/04 (FRI)
STRICTLY ROCKERS AND OIL WORKS MIXCD RELEASE PARTY @ Grassroots
DJ : DJ Yogurt, DJ Yazi

2009/12/05 (SAT)
groundrhythm @ Air
Live : Kaoru Inoue
DJ : Kaoru Inoue, PSYCHEDELIC BUS aka HIROKI MURAI

2009/12/12 (SAT)
ageHa 7th Anniversary CLASH50 @ ageHa
DJ : Takkyu Ishino, Ken Ishii, Fumiya Tanaka, Q'hey and more

2009/12/18 (FRI)
root & branch presents UBIK @ Unit
DJ : TONY LIONNI, yoshiki
Live : ditch

2009/12/22 (TUE)
Guidance〜導き導かれる人生〜 @ CLUB AXXCIS
Live : ALTZ, DE DE MOUSE
DJ : EYE, DJ Yogurt, Hiroshi Kawanabe, REE.K

2009/12/25 (SAT)
So Very Show! @ Womb
Live : Nathan Fake
DJ : Hiroshi Kawanabe, Kentaro Iwaki

2009/12/26 (SAT)
CHAOS @ Unit
DJ : Fumiya Tanaka

2009/12/31 (THU)
ELECTRONIC TRIBE YEBISU NEW YEAR'S PARTY 2010 @ 恵比寿ガーデンホール
DJ : Laurent Garnier, Mixmster Morris, DJ Krush, 80Kidz, DJ Baku, Daniel Wang, Kenji Takimi

2009/12/31 (THU)
"2000" UNIT NEW YEAR'S PARTY 2010 Featuring : Hard Wax Night @ Unit
GUEST : Mark Ernestus with Tikiman, Tikiman Live with Scion, DJ Pete
DJ : KAORU INOUE, JUZU a.k.a. MOOCHY

井上薫初ライブは行きたいな。会社の忘年会さっさと切り上げて行くか。CLASH50も無料だから、まあ気軽に遊びに行く感じで。TONY LIONNIは初来日じゃないだろうか、ゴクリ…。"導き導かれる人生"もみんなで行きたい。カウントダウンは恵比寿の方に行くと思います。Mark Ernestusの方は2000円で安いけど、激混みで踊れない予感がするので。
| UPCOMING EVENT | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Live At Pacha Ibiza mixed by sugiurumn & DJ EMMA (AVEX ENTERTAINMENT INC.:AVCD-23632~3)
Live At Pacha Ibiza mixed by sugiurumn & DJ EMMA
Amazonで詳しく見る

日本は自由恋愛が広がったおかげでハードル又は理想が高まり過ぎ未婚率は急上昇、日本終了のお知らせ。30〜34歳の男性の未婚率は約50%らしい、って正にオイラの事じゃねーか…。まあ後は収入が減少していたりとか、結婚に価値を見出せなかったりと、他にも理由あるんだろうけど。恋愛・結婚とは求めるだけじゃなく、歩み寄りだお。あーだこーだ言ってないで、取り敢えず付き合ってみて良い所探せば良いじゃんよ。

続・あべっくすのS子ちゃんがくれた物。日本のハウスシーンを長きに渡り支え続けているDJ EMMAと、元ロック小僧でクラブミュージックにノックアウトされDJに転身したsugiurumnが制作した2枚組MIXCD。世界中のクラバーが憧れるイビザのパーシャでレコーディングし、その享楽的な空気までも含んだ大箱向けプログレッシヴハウスが満載。普段この手の音楽は殆どシカトこいているので余り耳にしっくり来ないんだけど、こう言うのが人気あるのは分からないでも無い。派手なベースラインやシンセサウンド、大波に飲み込まれる壮大な展開、そしてやはりリゾート的な享楽サウンド、そりゃクラブでだって盛り上がるに決まってるの。無闇にマニアック過ぎたり実験性を求めるでもなく、とにかく気持ち良く踊らせる事を目的としているのはある意味潔いと思う。個人的にはダークでどろどろした流れから、途中にガルニエのクラシックである"The Man With The Red Face"を挟んでテックハウスの幻想的な音に移ったりしつつ、ドラマティックなハウスで終盤に流れ込み、ラストで薫さんのハイテックな"The Whisperer in Germination"で締めたDJ EMMAの方が好み。さすが20年以上の経験があるDJ EMMAと言わざるを得ない貫禄のプレイ。燦々と太陽の光が降り注ぐ夏のビーチで聴きたいね。

Check "Sugiurumn" & "DJ EMMA"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE5 | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2009/10/03 groundrhythm @ Air
最近気付いた事、このブログって自分が思っていた以上の人に読まれている事。プライベートな話も書いているので、なんだか羞恥プレイされている気になった。それを書く事でストレス発散にもなっているから、仕方はないんだけど。あ、でもほんと普通の人間なんで…

と言う訳で今週末もクラブへ行ってきた、ってこんなペースで毎週毎週何やってんでしょうかね、享楽的な人生にも程がある。いつもは大概一人で行くんだけど、今回は友達の女の子と一緒に遊びに行った。なんとなく一人で行くより楽しいね、友達連れだと。今回は井上薫が繰り広げるクロスオーヴァーな世界、groundrhythm。でも以前よりはクロスオーヴァー性は減ってきて、プログレ〜テックよりな音が強いかなと思います。ゲストはエモーショナルなテクノを得意とするWatanabe HiroshiことKaitoのライブってこりゃ熱い。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 07:00 | comments(11) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/10/02 (FRI)
CLUB MUSEUM "The Art of Intelligence" @ Unit
Live : THE BLACK DOG
DJ : KIHIRA NAOKI, ROK DA HOUSE, 'NOV'

2009/10/03 (SAT)
REDBOX 3rd anniversary party @ J-Pop Cafe
DJ : Motor City Drum Ensemble, STEREOCiTI and more
Live : Move D

2009/10/03 (SAT)
groundrhythm @ Air
Live : Kaito
DJ : Kaoru Inoue, PSYCHEDELIC BUS aka HIROKI MURAI

2009/10/03 (SAT)
RIS FESTIVAL [a sense of space] @ Unit
Live : SPECTRUM a.k.a SONIC BOOM, DJ KENSEI, JEBSKI & YOGURT, L?K?O and more
DJ : TOBY, Ackky, YAMADA the GIANT and more

2009/10/09 (FRI)
root & branch presents UBIK featuring THE FIELD @ Unit
Live : THE FIELD, KAITO
DJ : DJ YOGURT, DJ HIKARU

2009/10/10 (SAT)
Makin' Love Mix @ Grassroots
DJ : DJ Yogurt, SHIRO THE GOODMAN

2009/10/10 (SAT)
Cosmic Soul @ Air
DJ : Ian O'brien, Claude Young, Takamori K.

2009/10/17 (SAT)
CLASH48 @ ageHa
DJ : Adam Beyer, Joel Mull

2009/10/17 (SAT)
@ Air
DJ : ken Ishii, Jerome Sydenham

2009/10/31 (SAT)
De La FANTASIA 2009 -Vol.ZERO- FANTASIA Night @ Liquidroom
Live : Lindstrom, Nikakoi aka Erast, AOKI takamasa, d.v.d
DJ : TOWA TEI, EYE, MOODMAN

3日は迷う、初来日のMCDEかgroundrhythmか…?9日はField、Kaito、DJ Yogurt、DJ Hikaruと好みの面子がびっしり。10日はCosmic Soulと被ってしまったが、DJ YogurtのMakin' Love Mixへ行こう。今男女の股間を最も濡らすパーティー、エロ過ぎる。シローさんがムーディーなセットをかましてくれるらしい。ムーディーな雰囲気のあるグラスルーツでムーディーな音楽、きゃわいいおんにゃのこいっぱい来てください。17日、ドラムコードで震撼するか、Airでのケニシのプレイも熱い。31日のリキッドルームも面白そうなんで行く予定。
| UPCOMING EVENT | 07:30 | comments(6) | trackbacks(0) | |
2009/08/07 groundrhythm @ Air
映画「サマーウォーズ」を観てきました。内容的には「諦めない限り出来るっっ!!」みたいな熱血と、ちょっとだけ恋のモードが入った青春映画。内容的に絶賛する物は無いんだけどテンポ良く進むしドキドキしながら楽しめました。しかしCGで描かれる仮想空間はなんだか村上隆ぽかった。あと貞本義行がキャラ原案の割には、そんなにヒロインが可愛いくなかったな。

その後友人と新宿で飲んだ後、一人でAIRの最古のパーティーであるgroundrhythmに足を運ぶ。最初はPsychedelic bus a.k.a HIROKI MURAIと言うDJがプレイしていて、テクノ〜テックハウス系の選曲が多かったかしら。まだ時間が早いからアゲアゲにはしてなかったけど、じわじわと盛り上げていくスタイルで渋いんだけど疾走感があって良い雰囲気でこの後のライブに繋げてくれました。

そして本日お目当てのJebski & DJ Yogurtのライブは2時過ぎから。曲は3〜4曲、正味30分弱のライブでしたが、新曲である「Another Gravity」と「Nile」を披露。 「Another Gravity」はピアノの旋律が爽やかな夏を連想させる疾走感溢れるテックハウス、「Nile」は大仰なブレイクが炸裂するミニマルちっくなテックハウスで、どちらもピークタイムにもってこいのアゲアゲな感じ。ナイル川の氾濫ならぬ音の、恍惚の、多幸感の氾濫。フロアに充足感が満ちていく。あぁ〜夏だね〜。と言った感じで凄い盛り上がりました。そしてもっともっと長くライブを聴きたい、そんな気持ちになりました。

その後はレジデントである井上薫のDJプレイが3時間程。一番最初はサービスなのか、"Another Gravity(Kaoru Inoue Remix)"をプレイして、そこからプログレッシヴハウス系でずんどこ盛り上げていた気がしますが、睡眠時間が足りなくて途中で睡魔に落ちてしまう。朝方聞き覚えるのあるメロディーが流れてきた…"Incident"だぁぁぁ!これ一発で目が覚めるのだから、自分の耳にびっくりだわ。そしてOrbitalの"Chime"!!!うげぇぇ、すっげー多幸感溢れる朝じゃないか。しかしやはり薫さんの最近の趣向はテクノとかの電子音系で、テックな感じでぐいぐい引っ張られて盛り上がりますね。5時以降になるとちょっとディスコっぽいのも流したり、フロアも和やかなムードに。サマソニ中のせいか集客はぼちぼちと言ったところですが、groundrhythmは変な客が少なくて本当に音好きな人が集まっている感じで良いですよね。これがAIRで長らく続けられる所以なのでしょう。

■Groundrhythm 2 Mixed By Kaoru Inoue(過去レビュー)
Groundrhythm 2 Mixed By Kaoru Inoue
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/08/05 (WED)
LIQUIDROOM 5th ANNIVERSARY @ Liquidroom
Live : Yoshinori Sunahara, Rei Harakami, ASA-CHANG&巡礼, agraph

2009/08/07 (FRI)
groundrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue
Live : Jebski & DJ Yogurt

2009/08/08 (SAT)
Makin' Love Mix @ Grassroots
DJ : DJ Yogurt, DJ Kensei

2009/08/15 (SAT)
Clash 46 @ ageHa
Live : Model 500 (Juan Atkins, Mike Banks、Mark Taylor, Milton Baldwin)
DJ : Ken Ishii, Q'HEY, Mayuri

2009/08/15 (SAT)
Buzzin' Fly @ Air
DJ : Ben Watt, Motoki a.k.a. Shame, Tomoyuki Yasuda

2009/08/21 (FRI)
BLAFMA @ Club Asia
DJ : EYE, DJ Hikaru, DJ Nobu and More

2009/08/28 (FRI)
WIRE09 Pre-Party @ Womb
DJ : Joris Voorn, 2000 And One

2009/08/28 (FRI)
THE GAME - The 10th Chamber of Liquidloft Vol.2 @ Liquidloft
DJ : DJ NOBU, Foog

まりん+はらかみのライブは行きたいけどねー、仕事で無理だわ。ヨーグルト+ジェブスキのライブは超期待している!そしてやっとModel500のライブが聴けそうだ。マッチョマイクも来日、すげーぜ!
| UPCOMING EVENT | 06:00 | comments(5) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/07/03 (FRI)
UNIT 5th Anniversay Party
Live : SILVER APPLES, Buffalo Daughter, SALMON feat. MAKI999
DJ : KENJI TAKIMI, DJ NOBU, CHIDA, DJ KIMI

2009/07/10 (FRI)
CABARET Celebrate the 5th anniversary of UNIT!!
DJ : DANIEL BELL, CASSY

2009/07/10 (FRI)
Bound for Everywhere -3rd Anniversary- @ Wedge
DJ : Calm

2009/07/11 (SAT)
MILD SEVEN presents BLUE WINDY NIGHT @ ageHa
DJ : Francois K, Derrick May

2009/07/17 (FRI)
THE BEACH @ MICROCOSMOS
DJ:Toshio Matsuura, Kaoru Inoue

2009/07/19 (SUN)
MIDNIGHT DJ LOUNGE “human” @ MICROCOSMOS
DJ : Nick Jones, Aron T

2009/07/19 (SUN)
Francois Dubois aka Funk D' Void Japan Tour Osamu M&Satoshi Fumi "Outerspace" Release Party @ Womb
DJ : Francois Dubois a.k.a. Funk D'Void, Osamu M, Satoshi Fumi

2009/07/31 (FRI)
WARRIOR ON THE DECKS Launch Party @ Air
DJ : Ken Ishii

スケジュール的に行けないのが多いです。ミクロコスモスの"The Beach"なんか楽しそうで行ってみたいのに。デリック×フランソワは流石に来日し過ぎて、有り難みを全く感じなくなっているこの頃。月末のケンイシイは久しぶりに行きたい。GWはクラシック回しまくったそうで、今回も期待したい。
| UPCOMING EVENT | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/06/03 (WED)
Deep Space @ Microcosmos
DJ : Francois K

2009/06/05 (FRI)
Innervisions Presents The Grandfather Paradox @ Air
DJ : Dixon

2009/06/06 (SAT)
groundrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue、Tomoyuki Yasuda

2009/06/12 (FRI)
CrossGate @ Unit
DJ : Ken Ishii、Loud One、Leyziro

2009/06/12 (FRI)
Todd Terje Japan Tour 2009 @ Liquid Loft
DJ : Todd Terje、Dr.Nishimura、Hikaru、Kazuma
Live : Echoa

2009/06/19 (FRI)
root & branch presents UBIK @ Unit
Live : Substance & Vainqueur present Scion Versions
DJ : DJ Pete a.k.a. Substance、DJ Rene a.k.a. Vainqueur、yoshiki

2009/06/20 (SAT)
Directions @ ageHa
DJ : Joel Mull、DJ SO
Live : Aril Brikha

2009/06/27 (SAT)
CHAOS @ Unit
Live : Audio Werner
DJ : Fumiya Tanaka

6月は取り敢えずScionさえ行ければ満足。
| UPCOMING EVENT | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Massage Nonmix By Kaoru Inoue (LD&K Records:LOCD-50056)
Massage Nonmix By Kaoru Inoue
Amazonで詳しく見る

なんでもカルチャー雑誌「MASSAGE」が企画し、本物以上カルト未満なダンス・ミュージックをリビングで聴くと言うコンセプトの元リリースされたのが本作。コンパイラに選ばれたのは、日本が誇るクロスオーヴァーかつ楽天的な音楽家・井上薫。まあこの人の選曲ならば間違い無しのは確定だけど、その上サブタイトルは"Balearic In The House"なんて付けられているのだから、もう開放的で心地良いハウスが詰まっているのは言うまでもない。勿論ここに詰まっているのはハウスで踊れるトラックばかりなのだが、明らかにクラブでの喧騒とは異なる感覚があり、汗臭さが全くないのはやはり家でくつろいで聴く事を前提としているからなのでしょう。緩く紡がれるグルーヴは決して激情を呼び起こすのではなく、沈静と安堵をもたらし非日常的な一時間のトリップであるかの様です。井上薫の音楽は普段から非日本的、ワールドワイドな音楽性を感じさせるけれど、ここでも同じ様な感覚、まるで飛行機に乗って世界中を飛び回っている様な色々な景色を見せてくれるんですね。手放しに絶賛出来るほど素晴らしい最上級のリラクシングミュージック。

Check "Kaoru Inoue"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE4 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/04/04 (SAT)
groundrhythm @ Air
Featuring Live : Petar Dundov
DJ : Kaoru Inoue, PSYCHEDELIC BUS aka HIROKI MURAI

2009/04/04 (SAT)
World Spin @ LA FABRIQUE
Guest DJ : Boo Williams
Resident DJs: stock, taca

2009/04/11 (SAT)
Andres Japan Tour 2009 @ Air
DJ : Andres, DJ KENSEI

2009/04/11 (SAT)
SOLSTICE MUSIC PRESENTS SCRAMBLE @ FACE
Live : System 7, X-DREAM, MIRROR SYSTEM
DJ : MARCUS C. MAICHEL, FUNKY GONG, KLOWD

2009/04/17 (FRI)
Makin' Love Mix, Deep Ver. @ Grassroots
DJ : DJ Yogurt, Universal Indiann

2009/04/18 (SAT)
INNERVISIONS presents THE GRANDFATHER PARADOX @ Air
DJ : Âme
Live : Ryo Murakami

2009/04/24 (FRI)
UNIT presents FUMIYA TANAKA Long Set @ Unit
DJ : Fumiya Tanaka

2009/04/25 (SAT)
Francois K. presents FW @ Air
DJ : Francois K

今月はAIRが熱いですね。Petar Dundovのライブ聴きたいな。彼のトラックは最近はよくクラブでかかってるよ。Moodymann直系のAndresとDJ Kenseiのパーティーも楽しそうだ。System 7はいつも思うのだが、テクノのパーティーに出演して欲しい。今月のMakin' Loveはディーパーバージョンだそうです。楽しみです。フランソワはオープン〜ラストセットで長丁場、死ぬかも新米。そういや4月は誕生日なのでWOMBには一回だけ無料で入れるんだが、こんな時に限って目ぼしいパーティが無い、ムカムカ。
| UPCOMING EVENT | 00:10 | comments(4) | trackbacks(0) | |
Joris Voorn - Balance 014 (EQ Recordings:EQGCD024)

Joris Voorn-Balance 014
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
新次元…と言うのは言い過ぎかもしれないが、これが最新のテクノの形である事にもはや疑いはないだろう。世界各地、日本においても大人気となったJoris Voornの最新MIXCDはアルバム2枚に100曲ものトラックを使用した驚愕の内容。とは言えこのPCを使ったスタイル自体は、2001年のRichie Hawtinの"DE9"(過去レビュー)の時点で完成系を成しているので、実は最新であるとは言い切れない。が、このスタイル自体がテクノと言う世界に普及しているのは間違いない。各曲から一部分をパーツとして切り出し、それをPC上で細かにループ・エディットを繰り返し、本人が言うように"絵を描く"様な作業を繰り返すスタイル。全く異なる曲の一部が同じ時間・場所に存在する事により、全く異なる新しい音楽へと変容を遂げる進化。もはやこれはMIXCDと言うよりも、Jorisのオリジナルアルバムとさえ言える様な境地にまで達している。"Mizurio mix"は(比較的)アッパーでグルーヴィーなテクノ、ミニマル、テック系中心の内容で、しかしながら覚醒感を刺激するドラッギーさも感じさせます。対して"Midori Mix"はエレクトロニックミュージックをより幅広く吸収したフリースタイルな選曲で、テクノの中にディスコダブやバレアリック、ダウンテンポ、ジャズも取り入れられて開放感のある音が持ち味。どちらのミックスも各曲が自然に融解し、そして再度融合し、今まで違う世界観が繰り広げられ非常に興奮出来る内容でした。同じ事を既にやっているRichie HawtinのMIXCDに比べると、カラフルなのが特徴でこれはこれで素敵です。

ただ欲を言わせて貰うと、本作があくまでホームリスニング仕様である事。これは結局はクラブではプレイする事の出来ない内容だから。かつてJeff Millsがアナログを一時間に40枚程も矢継ぎ早に回していたプレイは、既に過去の物となってしまったのか?いや、そうではないと思う。そこには瞬間瞬間に生まれる独創性や閃きがあったはずで、あれにこそ僕は人間的な熱や魂を感じる訳で。だからJorisにも一枚位はコンピューターを使用しないで、クラブで再現出来る単純だけども爆発力のあるプレイが聴けるMIXCDを出して欲しいと言う気持ちもあります。テクノロジーが必ずしも全てを豊かにする訳じゃないんだ。

試聴

Check "Joris Voorn"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO6 | 00:30 | comments(2) | trackbacks(1) | |
UPCOMING EVENT
2009/03/07 (SAT)
FLOATRIBE @ Unit
DJ : KAORU INOUE, KENTARO IWAKI, YUMMY

2009/03/08 (SUN)
SYNCHRONICITY @ O-EAST
Live (MAIN STAGE) : 渋さ知らズオーケストラ, 曽我部恵一BAND, 犬式 a.k.a. dogggystyle, Tegwon, Anchorsong

DJ (3F DJ FLOOR) : Kentaro Iwaki, CALM, DJ YOGURT, L?K?O, Ko Umehara

2009/03/14 (SAT)
SiCK! @ ANGELO
GUEST DJ : Alton Miller
DJ : SiCK DJs
LIVE PAINTING : Abdul Qadim Haqq

2009/03/19 (THU)
VATON @ Module
DJ : MARCEL DETTMANN, yoshiki
Live : ditch

2009/03/19 (THU)
dB UKi Events and HORIZON @ Unit
DJ : Oliver Ho, KIHIRA NAOKI

2009/03/19 (THU)
mule musiq 5th anniversary party pt.2 "endless flight" @ Womb
DJ : DJ Koze aka International Pony, Adolf Noise, Toshiya Kawasaki
LIVE : Lawrence, Foog
DJ Sprinkles Deeperama LOUNGE : DJ Sprinkles aka Terre Thaemlitz, Lawrence, Dr.nishimura

2009/03/20 (FRI)
Organza meets Ostgut-ton @ Womb
DJ : Ben Klock, DJ PI-GE
LIVE : Shed

2009/03/21 (SAT)
FUTURE TERROR @ QUEENS CLUB
Special Guest DJ : MARCEL DETTMANN
DJs : DJ NOBU, CMT, KURUSU

2009/03/27 (FRI)
TAICOCLUB presents So Very Show! @ Womb
DJ : DJ KRUSH, DJ KENSEI, Koushik, DJ BAKU, Eccy

2009/03/28 (SAT)
春休み @ ageHa
DJ : Nick The Record, EYE, ALTZ, 桑田つとむ, Cro-Magnon ,SOFT, 宇川直宏, MOODMAN, DJ KENT, DJ NOBU, REE.K, FUNKY GONG, MOKMAL SOUND CREW, SANDNORM

Island Bar -Amami Eclipse Lounge eclipse2009-
DJ : JUZU a.k.a. MOOCHY, DJ KENSEI, HIKARU, SINKICHi

SYNCHRONICITYは前売り買ってあるんで確定。14日のAlton Millerも気になるな。仕事あるけど有休使えば行けない事もないが、遠い…うむー。19…19日、え…テクノのパーティー被りすぎだろ…。しかも仕事で行けないよ、オワタ。20日はOstgut TonからBen KlockとDelsinからShedか、こりゃ相当熱いね、そこまで混まないだろうし安心だ。21日はFUTURE TERROR @ 千葉…非常に遠い、いや行きたいのに行きたいのに。翌日有休でも使うかな。28日の春休みは最高、相当面子やべーな、うほっ!
| UPCOMING EVENT | 00:50 | comments(5) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2009/02/06 (FRI)
solfa presents MADeLIA @ Solfa
DJ : DJ NOBU, TRAKS BOYS, RAMA, CASHY

2009/02/07 (SAT)
root & branch presents UBIK featuring LUOMO @ Unit
Live : Luomo
DJ : Moodman, Hikaru, DJ Yogurt

2009/02/07 (SAT)
groundrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue
Live : TRAKS BOYS

2009/02/10 (TUE)
GRASSROOTS×LOS APSON?×LIQUIDROOM presents 生き物万歳 @ Luquidroom(19:00〜)
Lineup : Shibata, THE HEAVYMANNERS, MASONNA ,ALTZ
高橋透, DJ NOBU, DJ Hikaru
Special Secret Live : ゆらゆら帝国

深夜喫茶♪ロスアプソン? @ LIQUID LOFT(24:00〜)
DJ : ヤマベケイジ, コンピューマ, 石原洋, ADaltz(Altz)

2009/02/10 (TUE)
World Connection @ Air
DJ : Kerri Chandler

2009/02/14 (SAT)
Makin' Love Mix vol.2 @ Grassroots
DJ : DJ Yogurt, L?K?O

2009/02/20 (FRI)
Balance 14 Joris Voorn Release Tour @ Womb
DJ : Joris Voorn, DJ Wada

2009/02/21 (SAT)
return of the super liquid-house of liquid- @ Liquid Loft
DJ : Takkyu Ishino, DJ NOBU, MOODMAN

2009/02/21 (SAT)
FRANKIE KNUCKLES @ ageHa
DJ : FRANKIE KNUCKLES -Long Set-

2009/02/27 (FRI)
Taicoclub Presents So Very Show! @ Womb
DJ : Juan Atkins, Kentaro Iwaki
Live : Jimmy Edgar

2009/02/28 (SAT)
Kompakt Night @ Womb
DJ : Michael Mayer

2009/03/08 (SUN)
SYNCHRONICITY @ O-EAST
Live (MAIN STAGE) : 渋さ知らズオーケストラ, 曽我部恵一BAND, 犬式 a.k.a. dogggystyle, Tegwon, Anchorsong

DJ (3F DJ FLOOR) : Kentaro Iwaki, CALM, DJ YOGURT, L?K?O, Ko Umehara

取り敢えず耽美派演歌のLuomoに行って、生き物万歳→流れでLoftに留まるかAirでケリチャン。Loftは意外とラグジュアリーな雰囲気なので、何人かで行って飲んでぐだぐだするにはうってつけではあると思う。バレンタインはMakin' Love Mix vol.2だけど、このパーティーにこの時期一人で行くのは寂しいズラ…。でもまあ一人でもラブリーな音楽に包まれて、酒を飲めばきっとハッピー。ハハハ、バレンタインなど日本にあるの?でもチョコは好きだから、ギブミーチョコ!ギブミーガム! おくれよおくれよ兵隊さん!もしくは一緒にグラスルーツであそこを濡らしたい男女がいれば、一緒に行くかい?俺はノンケだってかまわないで食っちまう男ズラ。ヨーリスとHOLは連チャンでしんどいが、気合で両方行く。ホアンは仕事で行けない。パーティーいっぱい夢いっぱいな如月。
| UPCOMING EVENT | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Rovo - Imago (dohb discs:ESCB-3241〜3242)
Rovo-Imago
Amazonで詳しく見る

だぁぁぁぁ、やってしまった…。Heavy Sick ZeroのBed Makingに行こうと思ってたのに爆睡。やはり二日連続クラブはしんどいのか。DJ YogurtのMakin' Love Mixやその他ブラコンの一夜を楽しみたかったけれど、それはまた次回へ…。

人間放心状態になると何でも出来るみたいで、2001年のフジロックではわたくしは何故か阿波踊りを踊っていました。勿論阿波踊りなんか習った事はないんだけど、ROVOのライブを聴いていたらあれよあれよと体が動き出して、どんどん体がノリノリになってきたのです。最近は疎遠になってしまいましたが、ROVOのライブには以前は何度も行っていて、本当に驚愕としか言い様のない超絶ライブを何度も体験しました。特に今となっては奇跡とも言えるRei HarakamiやKaoru Inoueとのセッションライブは、天にも昇る恍惚感がありましたっけ。

ROVOはボアダムスの山本精一やヴァイオリニストの勝井祐二など計6人から構成される「人力トランス」バンド。「人力ドラムン」でも「コズミックトランス」でも、もうなんでもええっちゅうねん。日本のロックに飽きている人も、クラブミュージックが好きな人にも、取り敢えず超絶なプレイと極限のトランス感覚を味わいたければこれは聴いておけと断言する。やはり強烈なのはリズム隊で、二人のツインドラムによる変幻自在なリズムは強烈な地響きを発しながら、時に繊細に時に激しく鋭角的に体をしばきあげます。これをわたくしの中では「千手観音ドラム」と勝手に名付けています。ドラムにはダビーなエフェクトも被せてあったりして、気持ちの良い残響も聴き取れます。またベースはドラムに合わせて重く粘りのある音を聴かせて、重心を下げるような印象ですね。そしてギターとヴァイオリンとエレクトロニクスは、キュイ〜ンとかピコ〜ンとかウニョ〜ンとか不思議な音色を奏で、一気に成層圏を突破し宇宙へと思考をぶっ放してしまいます。6人おのおのの演奏技術もさる事ながら決して技術を見せびらかす事に陥るでもなく、6人が一つの巨大な宇宙戦艦となり宇宙を駆け巡る、そんなROVO戦隊。久しぶりにROVOのライブに行って、トランスしなくちゃね。



試聴

Check "Rovo"
| ETC2 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
UPCOMING EVENT
2009/01/16 (FRI)
HORIZON presents HOUSE LEGEND ALFREDO AGAIN!! @ Unit
DJ : Alfredo, Takimi Kenji, YODA

SALOON "Erection"
DJ : DJ Yogurt, CRYSTAL, やけのはら, YAMADAtheGIANT, ALF

2009/01/17 (SAT)
Bed making... @ Heavy Sick Zero
Act : L?K?O, G.RINA a.k.a. Goodings RINA, ユダヤ JAZZ, DJ Yogurt, 1TA-RAW, K.E.I

2009/01/23 (FRI)
Taicoclub Presents SO VERY SHOW! @ Womb
Live : Sleeparchive, Akiko Kiyama
DJ : Kaito a.k.a Hiroshi Watanabe, DJ Nobu

2009/01/24 (SAT)
Beatport 5th Aniversary @ Womb
DJ : Richie Hawtin

2009/02/07 (SAT)
root & branch presents UBIK featuring LUOMO @ Unit
Live : Luomo
DJ : Moodman, Hikaru, DJ Yogurt

2009/02/07 (SAT)
groundrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue
Live : TRAKS BOYS

2009/02/10 (TUE)
World Connection @ Air
DJ : Kerri Chandler

2009/02/14 (SAT)
DBS Presents 2009 "Dubstep Warz" Skream+Benga @ Unit
DJ : Skream, Benga, Goth-Trad, Yama a.k.a. Sahib

世の中が不安や悩みに包まれても、どぉんすとぉっぷざみゅ〜じっく!こんな時こそ必要なのは愛!と言う事でHeavy Sick Zeroのパーティーはブラコン・ナイトらしい。ブラザーコンプレックスじゃなくて、ブラック・コンテンポラリー。DJ YogurtはMakin' Love Set!をやる予定。つまりは愛のあるプレイ!ならば行かんでど〜する〜?ルオモのパーティーにもDJ Yogurt出るのね。ルオモたんは新宿リキッドのライブは愛と狂気が倒錯したライブだったけど、最近はどうなんしょ?きっとまた愛のある一夜を聴かせてくれるかい?ミニマル元坊主に愛は不要だが、ロングセットならたまには聴いてみたい。ケリチャンのDJは最先端のテクノロジーを駆使したプレイで、見た目的にもまじですげーよ。去年行った時はびっくらこいた。そしてハウス愛がある。
| UPCOMING EVENT | 00:05 | comments(4) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2008
昨日の続き。先行きの暗い日本ではありますが、個人的には良い事も…あったっけ?いやいや、ありました。本人には面と向かっては恥ずかしいので言いませんが、当ブログを通して出会えたa4mさんには感謝しております。多分当ブログの読者で初めて会った人なんだけど、何故か今までは特に誰とも会う事は無かったのです。がa4mさんがパーティーに誘ってくれて、更には友達のクラバーを紹介してもらったり、新しい出会いがありました。周りからすればそんなの大した事ないじゃんと思うでしょうが、本来引き篭もりむっつり根暗系の自分は人付き合いもそんなに上手ではないので友人も多くもないし、まさか当ブログの読者に会うなんて事は考えてなかった訳ですよ。だから彼女が誘ってくれたのは嬉しかったし、彼女の気さくさと言うか親近感は見習いたいものです。つーことで、オイラもRevolution For Changeするよ。クラブで音楽を楽しめる方(ナンパとかしたい人はお断り)なら一緒にクラブでも楽しい時間を共有出来ると思うから、良かったら一緒に踊りに行きましょう。酒好きで女好きだけど、音楽も好きだから気軽に楽しみましょう。男の人でも、阿部さんみたいな人なら会いたいな、ウホッ!

しかし最近このブログも色んな人が見ているようで自分でもびっくりするけど、読者数が増えるにつれてシモネタや毒舌は控えないといけないねと思ったり、そこら辺のバランスは難しいですね。ま、そんなこんなで激動の一年でしたが、この一年間どうもありがとうございました。また来年も宜しくお願いしまーす。

では続きで自分の中の2008年ベストを紹介しようと思います。
続きを読む >>
| BEST | 00:30 | comments(13) | trackbacks(3) | |
UPCOMING EVENT
2008/12/19 (FRI)
HMV SHIBUYA & ONLINE 10TH ANNIVERSARY presents CARL CRAIG Supported by MTV @ Womb
DJ : Carl Craig, Ryo Watanabe

2008/12/22 (MON)
WOMBADVENTURE'08 AFTER PARTY @ Womb
DJ : Luciano

2008/12/26 (FRI)
turquoise presents Color Number Vol.2 @ Club Asia
DJ : Ian O’Brien, DJ NOBU, OMB, M.S.K., NEWDEAL

2008/12/27 (SAT)
CHAOS @ Unit
DJ : Fumiya Tanaka, Sammy Dee

2008/12/28 (SUN)
CLUB MUSEUM “The SOUL of DETROIT” @ Unit
SPECIAL GUEST LIVE : Octave One
DJ : Kihira Naoki, Rok Da House, Taro,Sugawara

2008/12/29 (MON)
Air & ButtON presents DJ Spinna Japan Tour @ Air
DJ : DJ SPINNA

2008/12/31 (WED)
UNIT NEW YEAR'S PARTY 2009 @ Unit
LIVE : SCHOOL OF SEVEN BELLS
DJ : TOM MIDDLETON, KAORU INOUE, KENTARO IWAKI, HIKARU, Salmon

2008/12/31 (WED)
"LIFE FORCE" New Year Cowntdoun @ Seco Lounge
DJ : Nick The Record, Foolish Felix, Juzu a.k.a. Moochy, MaNA

2009/01/04 (SUN)
Chillout Village 09 @ 高井戸倶楽部
DJ : Mixmaster Morris, Artman, Utsumi, Kensei, Q, Sinn, Hiyoshi

2009/01/11 (SUN)
FLOATRIBE -NEW YEAR'S SPECIAL- @ Unit
DJ : Kaoru Inoue, Kentaro Iwaki

さて今年も残り2週間。歳をとると時間が経つのも本当に早く感じられます。今年はYELLOWがクローズし、色んな箱でパーティーが中止になったり、クラブシーンに対し風当たりがだんだんと強くなっていて残念です。昨日もWOMBで何かあったらしいけど、マジで大丈夫か?と言う事で行くかどうかは別として気になるパーティーを幾つか。ミックスマスターモリスは未経験なんで、生で聴いてみたい。
| UPCOMING EVENT | 19:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2008/11/08 (SAT)
Escape @ Air
DJ : Âme -Open - Last 7 Hours Long DJ Set-

2008/11/14 (FRI)
root & branch presents UBIK @ Unit
DJ : Moritz von Oswald, Tohru Takahashi, DJ NOBU

2008/11/15 (SAT)
X-Party @ Womb
DJ : Ken Ishii
Live : Technasia Solo Live By Charles Siegling, A-Inc A.K.A. Akira Ishihara

2008/11/22 (SAT)
PHUNK!!! Regis Japan Tour @ Colors Studio
DJ : Regis, Rok Da House, N.A.M.I.

2008/12/05 (FRI)
groundrhythm -7th Anniversary- @ Air
DJ : Kaoru Inoue -7 Hours Long DJ Set-

2008/12/12 (FRI)
root & branch presents UBIK @ Unit
Live : Le Petit Orb
DJ : Alex Paterson, Thomas Fehlmann

2008/12/12 (FRI)
MOODYMANN “DET.RIOT 1967” JAPAN TOUR 2008 @ Liquidroom
DJ : Moodymann, Moodman

2008/12/13 (SAT)
Spirit Catcher Japan Tour @ Air
DJ : Spirit Catcher

取り敢えず幾つか行きたいパーティー。モウリッツはライブに続きDJでも来日ですか、今度も激混みが予想されますね。ムーディマンとルペティオーブは同日か、両方行きたいのに。後は暇があればちょこちょこと小さなパーティーに行ければ良いかな。

追記
Moritz von Oswaldは急病で来日中止だって(泣)
| UPCOMING EVENT | 22:00 | comments(7) | trackbacks(0) | |
2008/10/13 NAGISA MUSIC FESTIVAL @ ODAIBA OPEN COURT
Derrick Mayが渚に出演すると言うので前売りチケットを買ってしまった。そうしたらその後に、代官山AirでDerrickがロングセットをやると言う情報が公開された。そう言った情報は先に公開してくれないか?Airでロングセットが聴けるなら、わざわざ渚には行きませんよ。だいたい前売りチケットを持っているのに当日客と同じ列に2時間以上も並ばされると言う最悪の運営をしていた渚ですから、嫌な思い出があって金輪際行かないなと思っていたんですよ。ま、しかし前売り買ってしまった訳だし、それならそれで渚を楽しめばいいやと気軽な気持ちで出陣。1時頃に会場に着いたけれど5分位しか待たずに入れたので、少しは運営も改善されたみたいですね?
続きを読む >>
| EVENT REPORT1 | 08:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2008/10/04 (SAT)
CLASH39×STANDARD @ ageHa
DJ : Francois K., Ken Ishii

2008/10/04 (SAT)
Animismic ~Deep Spiritual and Organic~ @ Unit
DJ : Ron Trent, DJ Olive

2008/10/04 (SAT)
groundrhythm @ Air
Guest Live : Aril Brikha
DJ : Kaoru Inoue, Shutaro Tanizawa

2008/10/04 (SAT)
Double Force @ Seco Lounge
DJ : Nick the Record, Frederic Galliano

2008/10/11 (SAT)
TWO SENSES @ Air
DJ : Toshiyuki Goto, DJ Katsuya, Kazuaki Kawamura

2008/10/11 (SAT)
OVUM presents JOSH WINK @ Womb
DJ : Josh Wink

2008/10/12 (SUN)
HORIZON presents MADCHESTER NIGHT ~20 years from The Stone Roses~ @ Unit
DJ : YODA, Kenji Takimi, Sugiurumn

2008/10/12 (SUN)
Escape @ Air
DJ : Derrick May

2008/10/24 (FRI)
Awake @ Unit
LIVE : Exercise One
DJ : Oliver Bondzio, DJ Wada, HINA

2008/10/25 (SAT)
URBANGROOVE @ Seco Lounge
DJ : Frankie Feliciano, DJ AK
LIVE : Trans Of Life

2008/10/25 (SAT)
WOMBNOISE @ Womb
DJ : Anderson Noise, Ken Ishii

2008/10/31 (FRI)
Air Tokyo Presents Halloweeeeeen Party @ Air
DJ : Ken Ishii

WOMBはがさ入れが入ったそうで、もう流石に終焉の雰囲気を感じるな。そんなに好きなクラブでもないけれど、都内のクラブは本当にやばい状態だ。クラブ摘発より政治家とヤクザを摘発してください、警察は。クラブは悪くなんかないんです。ただ音楽好きが集まってるだけなんです。しかしYELLOWのオーナーが脱税してたそうで、移転→新規開店は難しくなるのかな。どうでも良いけれど4日(土)にイベントが固まり過ぎだよ!自分は久しぶりにケンイシイとフランソワが聴きたいので、アゲハに行きますが。
| UPCOMING EVENT | 09:45 | comments(2) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2008/09/05 (FRI)
SQ presents AGORIA WORLD TOUR'08 @ Unit
DJ : Agoria, R.i.v.e.r, Dr.Shingo

2008/09/06 (SAT)
FLOATRIBE @ Unit
DJ : Kaoru Inoue, Kentaro Iwaki
Live : Kentaro Iwaki×Toshizo×Nori

2008/09/12 (FRI)
PUBLIC IMAGE @ Mado Lounge
Special Guest DJ Set : First Transmission From Jeff Mills
Live : Ryo Murakami
DJ : Akr, Sisi, Zuyack

2008/09/13 (SAT)
MINUS CONNECTED #04 -PLUS8 SPECIAL
DJ : Adam Beyer, Akr

2008/09/19 (FRI)
Endless Flight @ Unit
Guest Live : Isolee
Live : Koss aka Kuniyuki
DJ : KZA, Toshiya Kawasaki

2008/09/19 (FRI)
In:Flame @ Air
DJ : RAUDIVE a.k.a. Oliver Ho, DJ Sodeyama, Takuya

2008/09/20 (SAT)
NIXON presents "om:tokyo" @ Liquidroom
DJ : Mark Farina、J-Boogie、Anthony Mansfield、Groove patrol
Live : Samantha James

2008/09/22 (MON)
CHaOS @ Womb
DJ : Fumiya Tanaka, Zip

2008/09/26 (FRI)
AIR 7th Anniversary [01] @ Air
DJ : Ken Ishii, Kaoru Inoue, Ryota Nozaki, DJ Sodeyama, ☆Taku Takahashi

2008/09/26 (FRI)
Taicoclub Presents So Very Show! @ Womb
DJ and Live : Jimmy Edgar
Live : De De Mouse
DJ : Kaoru Inoue

2008/09/27 (SAT)
WOMB Presents W @ Womb
DJ : Steve Bug, DJ Wada

2008/09/27 (SAT)
Directions @ ageHa
DJ : Funk D'Void, Osamu U

2008/10/04 (SAT)
CLASH39×STANDARD @ ageHa
DJ : Francois K., Ken Ishii

2008/10/04 (SAT)
Animismic ~Deep Spiritual and Organic~ @ Unit
DJ : Ron Trent, DJ Olive

久しぶりのジェフミルズ。2010年1月1日12:01AMに東京に帰還するらしいけれど、2009年〜2010年はカウントダウンで来日って事ですよね?それまではもうジェフは来日しないそうなので、今回は何としても行かないと。10月4日はフランソワ、ケンイシイ、ロントレントが被ってしまった。迷うなぁ…。
| UPCOMING EVENT | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2008/08/02 (SAT)
groundrhythm @ AIR
DJ : Kaoru Inoue, Tsukasa
Special Live : JEBSKI

2008/08/02 (SAT)
15 Years of King Street Sounds presents URBANGROOVE @ amate-raxi
DJ : Nick Jones
DJ/VJ : GODFATHER (高橋透/MOODMAN/宇川直宏)

2008/08/16 (SAT)
Air & Pussez! Presents DJ Yellow
DJ : DJ Yellow

2008/08/29 (FRI)
WIRE前夜祭 @ Womb
Back To Back DJ Set : Secret Cinema & DJ Wada, Joris Voorn & Len Faki

amate-raxiって元Simoonだよね。鈴木宗男がDJして話題になってた場所。しかし夏はあんまりクラブには大物来ないね。みんな大型フェスティバルに出ちゃうからでしょうか。大型フェスに出るのは構わないけれど、都内のクラブにも来て欲しいね。大型フェスだけでプレイするなんて手抜きの始まり。
| UPCOMING EVENT | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Floatribe Mixed By Kaoru Inoue & Kentaro Iwaki (Rambring RECORDS:RBCS-2274)
Floatribe Mixed By Kaoru Inoue & Kentaro Iwaki
Amazonで詳しく見る

代官山・Unitで隔月行われているパーティー・FloatribeのオフィシャルMIXCD。手掛けたのは勿論レジデントの二人、井上薫と岩城健太郎。どちらのDJもテクノやハウスだけに限らずアンビエントやチルアウト、生音系にも精通している音楽家なので、本作もリリース前から気になっておりました。まずは井上薫が手掛けた方ですが、普段のクラブでのアッパーなプレイとは異なり緩いグルーヴを保ったテックハウスが中心。例えるならパーティーの終盤で朝が近づいて来る時間、または徐々に夢が覚めていく様なモヤモヤとしたまどろみの時間、そんな時の心地良さが持続したムード。陳腐な言い方だけどキラキラと輝く光が降臨していて、もう多幸感に包まれて天にも昇る気持ちです。聴き終わる頃にはすっきり夢から覚めて、身も心もリフレッシュされるはず。対して岩城健太郎のミックスは何とも言い難い独特なプレイで、ミニマルやエレクトロハウスもあれば、太鼓どんどこなアフロや中近東の匂い漂うエスニックな物まで色々混ざっていて、恍惚や快楽を飛び越した混沌とした状態。半ば呪詛的なバッドトリップ感が涌いてきて、脳味噌ぐるんぐるんです。と思いきやラスト2曲でBorder Communityのトラックが続き、淡いサイケデリアが花開きようやく現世に引き戻されます。井上薫のミックスが昼間の音楽だとしたら、岩城健太郎のミックスは真夜中の音楽、そんな感じの対照的な内容で想像以上に楽しめます。実際のパーティー・Floatribeもこんな感じで格好良いんでしょうね、今度踊りに行きたいですな。

試聴

Check "Kaoru Inoue" & "kentaro Iwaki"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE4 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2008/06/06 Groundrhythm @ Air
2年半ぶりに井上薫が開催するGroundrhythmに行ってきました。井上薫は名前も格好良いですが、DJプレイも相当に格好良いです。彼の手掛けるMIXCDも僕は大半は所有しておりますが、各MIXCD毎に異なるプレイ内容で、その幅の広さもグランドキャニオン位広いです。冗談です。それはさておき久しぶりにAIRに行きましたが、今回は程良い混み具合のおかげで踊る事も充分に出来、かつDJのプレイに合わせて自然にクラウドの盛り上がりも出来ていたのでパーティーの理想形を感じる事が出来ました。抑圧的な雰囲気は無いのに選曲に合わせクラウドが盛り上がるのは、やはりDJが良い流れを作っていたからなのでしょう。5時間と言うロングセットにも関わらず全く飽きる時間帯もなく、テクノ、ハウス、プログレッシヴハウスなどを巧みに繋ぎ合わせ、ピークタイムではクラウドも笑みを浮かべがんがんに踊っておりました。序盤はハウスグルーヴのテクノ系でボディーブローの様にじわじわと効かせておりましたが、地に足が付く様にどっしり重いリズムで安定感がありました。ピークタイムでは勢いを増してがつんと踊れるエレクトロニックなトラック中心。"The Man With The Red Face"から"Jaguar"の繋ぎは悶絶でしたね。多幸感漲るシンセの音が入った曲を上手く使える井上薫らしいです。終盤ではハウス中心ですがテンションは落とさずに、最後まで盛り上げるぞ的な勢いでした。朝方のハウスはメランコリーつかソウルフルつか、ぐっと来る物が多くて良いですよ。終盤でかかった"Star Guitar"はかなり意外だったけど、キラキラとフロアに幸せが満ちていたんじゃないかと。うむ、総じて良いパーティーでした。客層も結構踊りに来てるぞ〜的な人が多かったし、定期的にやっているパーティーだから出来たらまた行きたくなる様な雰囲気でしたね。

・groundrhythm non stop mixed by Kaoru Inoue(過去レビュー)
groundrhythm non stop mixed by Kaoru Inoue
Amazonで詳しく見る


・Groundrhythm 2 Mixed By Kaoru Inoue(過去レビュー)
Groundrhythm 2 Mixed By Kaoru Inoue
Amazonで詳しく見る

| EVENT REPORT1 | 08:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
The Very Last Week at Space Lab Yellow

2008/06/14 (SAT)
EMMAHOUSE FINAL PARTY -Music, Love & Dance with DJ EMMA-
DJ : DJ EMMA

2008/06/16 (MON)
DJ: United Future Organization, Jazz Brothers Production, 小林 径, 須永辰緒, 大沢伸一, 田中知之, 松浦俊夫 and more

2008/06/17 (TUE)
Escape presents "Beyond The Dance"
DJ : Derrick May

2008/06/18 (WED)
"Love Saves The Day" release party
DJ : Danny Krivit
LIVE : Rochelle Fleming (First Choice)

2008/06/19 (THU)
DISTORTION
DJ : Fumiya Tanaka

2008/06/20 (FRI)
Laurent Garnier Closing Set
DJ : Laurent Garnier

2008/06/21 (SAT)
Francois K. Closing Set
DJ : Francois K

クローズに向けてYELLOWのカウントダウンが始まります。16年間も活動してきたYELLOWの内自分は7年間位しかお世話にはなっていないのですが、多分日本のクラブで一二を争う位好きです(新宿リキッドと双璧だよね)。ここが無くなったらハウスのロングセットは出来なくなっちゃうよね?天井の低さと暗さがテクノには合ってたよね?一つの時代が終わりを迎えようとしています。寂しいなー
-------------------------------------------------------------------

2008/05/23 (FRI)
root & branch presents UBIK @ Unit
DJ : Newworldaquarium, Ian O'Brien, Kentaro Iwaki

2008/05/24 (SAT)
The Final Chapter of Frankie Knuckles with You @ Space Lab Yellow
DJ : Frankie Knuckles

2008/05/24 (SAT)
7 Dunham Place Release Party @ Womb
DJ : Loce Dice

2008/05/29 (THU)
Anything Goes @ Space Lab Yellow
DJ : DJ Spinna

2008/05/31 (SAT)
Theo Parrish Japan Tour @ Space Lab Yellow
DJ : Theo Parrish

2008/06/06 (FRI)
groundrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue

2008/06/07 (SAT)
Reboot 10th Anniversary Tour Final @ ageHa
DJ : Christian Smith, Q'Hey, Mayuri, Kana, Takami

2008/06/07 (SAT)
FACE presents THE SHELTER JAPAN TOUR 2008 @ Space Lab Yellow
DJ : Timmy Regisford

2008/06/13 (FRI)
SPICE @ Space Lab Yellow
DJ : Hernan Cattaneo

2008/06/28 (SAT)
RED BULL VISUARHYTHM @ Womb
DJ : Guido Schneider
Live : Glimpse, Johnny D
| UPCOMING EVENT | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - Seeds And Ground (Seeds And Ground:SAGCD13)
Kaoru Inoue-Seeds And Ground
Amazonで詳しく見る

DJとしてもアーティストとしても精力的に活動する井上薫の最新作が登場。本作は新曲、未発表曲、井上薫のリミックスワーク、そしてKyoto Jazz MassiveやCALMによるリミックスなどを含むコンピレーション的な扱いとなっております。彼が音楽を創る時にはそれがハウスであろうとダウンテンポであろうとチルアウトであろうと、日本を超越し世界各地の音楽の匂いを感じさせる井上氏ですが、本作ではコンピと言う事もありより多彩さを感じさせる内容となっております。目玉はやはりCALMがリミックスをした"Aurora 2004"なんですかね、有機的で南国を感じさせたオリジナルとは異なりダンスフロア直結のハウスに仕上げられたエモーショナルな楽曲。個人的には燦々と太陽の光が降り注ぐオリジナルの方が好きですが、CALMリミックスならフロアでの受けが良さそうですね。"Ground Art Rocks"のBayaka Remixはギターやベースの音がファンキーに使用されていて、エッジの効いたダンスバージョンで素敵です。井上氏がリミックスを手掛けた作品に関してはやはりバレアリック風、ナチュラル風、南国でのバカンスに合いそうな癒される要素が大きな音ですね。どんなジャンルの音楽を創ろうとも彼の個性が感じられて、やはりアーティストとして素晴らしいと思います。しかし新曲である"The Whisperer in Germination"が、何よりも一番素晴らしいです。これは彼の作品の中でもかなりエレクトロニック度を高めたトラックで、幻想的なシンセの反復が高揚感を呼び起こすハイテックな一曲。これを聴いちゃうと、いやがうえにもオリジナルアルバムに期待が高まってしまいます。次のアルバムはかなりテクノ度が高めなんでしょうかね?

試聴

Check "Kaoru Inoue"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE3 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
UPCOMING EVENT
2008/04/04 (FRI)
groundrhythm @ Air
DJ : Kaoru Inoue, Hajime Murayama
Live : Satoshi Fumi

2008/04/05 (SAT)
Clash 33 @ ageHa
DJ : Derrick May, Ken Ishii

2008/04/05 (SAT)
Joaquin Joe Claussell Presents Corresponding Echoes CD Release Tour @ Space Lab Yellow
DJ : Joaquin Joe Claussell

2008/04/11 (FRI)
Cocoon Morphs Tokyo @ Womb
DJ : Ricardo Villalobos, Fumiya Tanaka
Live : Fumiyandric

2008/04/25 (FRI)
TAICOCLUB Presents So Very Show! @ Womb
Live : Aril Brikha, Shaneberry
DJ : Moodman, and more

2008/04/26 (SAT)
Deep Space @ Space Lab Yellow
DJ : Francois K
Live : Flying Rhythms

2008/04/26 (SAT)
15 Years of King Street Sounds presents URBAN GROOVE - NIGHT BLOSSOM & KING OF NEW YORK 3 DOUBLE RELEASE PARTY - @ Unit
Live : Ananda Project
DJ : Daishi Dance, DJ Kawasaki

2008/05/03 (SAT)
CHaOS @ Space Lab Yellow
DJ : Fumiya Tanaka
Live : Melchior Productions Ltd.

2008/05/04 (SUN)
Juan Atkins As Model 500 Live Tour 2008 @ Unit
Special Live : Model 500 with His Band feat. Mark Taylor, DJ Skurge and Mad Mike Banks
DJ : DJ Hikaru, DJ Compufunk
Live : O.N.O.

2008/05/10 (SAT)
Minus Connected @ Womb
DJ : Richie Hawtin, Ambivalent

2008/05/16 (FRI)
X-Party @ Womb
DJ : Charles Siegling
Live : Renato Cohen

仕事があるので行けないイベントもありますが、幾つか気になるのをピックアップしております。Yellowでの田中フミヤは今回で最後だよね?行きたいねぇ。Model 500も是非とも行きたいね、マイクバンクスもサポートで参加するんですから。内容はオールドスクールなテクノ・エレクトロなんでしょうけれど。
| UPCOMING EVENT | 21:00 | comments(6) | trackbacks(0) | |
Aurora - Feast (Moderate Recording:DDCK3002)
Aurora-Feast
Amazonで詳しく見る

順調にリリースを重ねる井上薫と小島大介のバレアリックギターサウンドユニット・Auroraですが、3作目はなんとライブ盤です。どこまでもシンプルに年期の入った味わいを聴かせる二人のギターサウンドに、今回はAlayaVijanaからタブラ奏者の瀬川UKOを迎えてトリオ編成でのアコースティックの豊かな音色を届けてくれました。相変わらず井上さんと小島さんの織りなすギターハーモニーは心が澄むが如く美しく清純で、そこに瀬川さんの空間を突き抜けるタブラの音が躍動感に溢れた生命を感じさせ、極限までそぎ落とされたサウンドなのに何故か非常に豊潤なムードが漂います。最低限の構成が故にいつも以上にメロディーが際だち、都会の中のオアシスの様なのどかで開放的な居心地を感じさせるのでしょう。いつもは電子音ばかり聴く自分もこう言ったアコースティックな音色をたまに聴くと、本当に心が洗われる様で体の隅々まで浄化されて行く気分になれます。観客の拍手やざわめきも収録されていて、現場の空気間もたっぷり。休日の昼間にごろごろしつつ聴きたくなります。ちなみに一曲目の"Theme"は名曲"Aurora"のアコースティックバージョンです。

Check "Kaoru Inoue"
| ETC2 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Fusik - Sunset Dance (Aztribe:AZT11)
Fusik-Sunset Dance
Amazonで詳しく見る

井上薫と言えば日本が誇るクロスオーバーなDJだと言う認識が僕の中でありましたが、ここ数年の活動はDJのみならずアーティストとしての活動の幅も広げて、Aurora名義ではアコースティックギターをフル活用したバレアリックな音楽を演奏したり、なんとSilverstoneなるロックバンドを組んだりとクラブに依存しない音楽に取り組んでいます。そして今回のプロジェクトはi-depのサックス奏者・藤枝伸介と手を組み、「架空のアイランド・ミュージック」をコンセプトに開放感と安堵に満ち足りた音楽に取り組みました。懐かしさを感じるディスコ、スパニッシュギターが哀愁を奏でるハウス、そしていつもの井上節が効いているムーディーなチルアウトまでと色々な音が聞こえてきますが、不思議ととっちらかった印象は無く都会の喧騒から離れた自然の中にいる感覚が浮かんできます。文明の力など存在しない無人島で息づく生命、新緑に萌える森、止まる事の無い潮の満ち引き、そして毎日繰り返される太陽の出入り、その中では束縛も無く自由な時間が流れて行く。自分が都会に居る事など忘れてしまう空気は、やはり世界を横断する音楽感覚を持つ井上薫だからこそだと思います。ただ30分弱とボリュームが少ない事と、その場の雰囲気でレコーディングしたのかどうかセッション的な雰囲気があって、普段よりは作り込み具合が感じられなかったのが残念。井上薫は大好きなアーティストなので、過度の期待をしてしまう訳でした。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Spikewave - Inspiration Information (Crue-L Records:KYTHMAK098)
Spikewave-Inspiration Information
Amazonで詳しく見る

"Inspiration Information"のKaoru Inoue Remixをコンピの中で聴いて耳に残ったので、Crue-L Recordsからの新人・Spikewaveのミニアルバムを買ってみた。プログラミングにターンテーブル、そしてギターなどの生演奏も取り込んだってまあ今では珍しくもない楽曲制作ですが、クラブユースなハウスの感覚の中にも夏っぽい開放的なバレアリックな雰囲気があってなかなかよろしい。注目は当然"Inspiration Information"のオリジナルで、キラキラ輝くシンセのメロディーと親父の哀愁漂う背中が思い浮かぶアコギの絡みに因って、夏休みの始まりの幸福感と夏休みの終わりの寂しさを同時に味わえる内容。まー自分の中では今年の夏は、特にイベントらしいイベントも無く怠惰な夏だったけどな。そんな俺を癒してくれるかの如く、このミニアルバムには海辺のサンセットが似合うダウンテンポな楽曲も数曲含まれています。この感覚どこかで聴いた事あるなと思ったら、井上薫のプロジェクト"Aurora"(過去レビュー)っぽいなと。せめてこれを聴きながらイビザの夕暮れをイメージしつつ、一夏の終わりをしみじみと迎える事にするさ。疲れていたりダウナーな時は、人間ってやっぱり生っぽい音の方が耳にしっくり来るんだよね。

試聴

Check "Spikewave"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2007/07/20 Thomas Fehlmann "Honigpumpe" Release Party @ Space Lab Yellow
7月から定職についたせいでクラブに行くのもおっくうになり、一ヶ月ぶりのクラビングはドイツテクノを裏から支えるThomas Fehlmannのアルバムリリースパーティーです。他の面子はUKからデトロイトへの愛を送るIan O'Brienと、日本のクロスオーバー系では格段に素晴らしいKaoru Inoue。まー面子だけ見るとバラバラな音でこれブッキングした奴の頭はどーなってるのよと疑いたくなりますが、僕は全員好きな人だったのである意味ラッキーでした。そして肝心のFehlmannのライブなんですが、一年に一度体験出来るかどうか位の驚愕のライブでこれは見逃した人は非常に残念に思われます。さてさてそれではイベントの内容を追ってみましょう。
続きを読む >>
| EVENT REPORT1 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2007/06/15 (FRI)
RENAISSANCE @ WOMB
Special Guest DJ : Hernan Cattaneo
Guest DJ : Jeremy Boon

2007/06/23 (SAT)
SQ presents “The Observer” LIVE TOUR'07 @ UNIT
SPECIAL GUEST LIVE : JOEL MULL
DJ : DJ WADA, KAGAMI (MINIMAL SET), DR.SHINGO, DJ SON

2007/06/23 (SAT)
URBANPHONICS presents ANDRE COLLINS JAPAN TOUR 2007 @ YELLOW
DJ : ANDRE COLLINS

2007/07/07 (SAT)
DEEP SPACE -SUMMER- @ YELLOW
DJ : Francois K.
Special Guest Live : Kodama And The Dubstation Bnad

2007/07/13 (FRI)
MARK FARINA "HOUSE OF OM RELEASE PARTY" @ YELLOW
DJ : Mark Farina

2007/07/14 (SAT)
SVEN VATH WORLD TOUR 2007 @ WOMB
DJ : Sven Vath, and more...

2007/07/15 (SUN)
ESCAPE presents CARL CRAIG 2007 @ YELLOW
DJ : Carl Craig

2007/07/20 (FRI)
THOMAS FEHLMANN "HONIGPUMPE" RELEASE PARTY @ YELLOW
Live : Thomas Fehlmann
Exclusive Full Live Set : Ian O'Brien
DJ : Kaoru Inoue, Ian O'Brien, Inner Science

2007/07/21 (SAT)
VADE feat. LOCO DICE @ WOMB
DJ : Loco Dice, Hiroshi Kawanabe

2007/07/21 (SAT)
THEO PARRISH "SOUND SCULPTURES" RELEASE TOUR @ YELLOW
DJ : Theo Parrish

2007/07/28 (SAT)
CHaOS @ YELLOW
DJ : Fumiya Tanaka, and more...

7月のYELLOWは久しぶりに気合いが入ってます。テクノもハウスも本気汁が滲み出ています。毎回日曜夕方からのDEEP SPACEは、今回は土曜の夜からなので行ってみたいですね。アルバムがとんでもない事になっているThomas Fehlmannのライブは、一見の価値有り。
| UPCOMING EVENT | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2007/05/11 (FRI)
AMEE presents FILTERHEADZ × KEN ISHII @ WOMB
Live : Filterheadz
DJ : Ken Ishii, Yohey Suzuki, Nako, Moritakesh

2007/05/12 (SAT)
SQ presents HARDFLOOR LIVE @ UNIT
Live : Hardfloor
DJ : Q'HEY, TOBY, DR.SHINGO

SALOON
DJ : 30th DJ's (mito, hata, los, onoguchinchin, sho-taro)
LIVE : COM.A

2007/05/19 (SAT)
CLASH 22 @ ageHa
DJ : Christian Smith, Samuel L Session, Hitoshi Ohishi

2007/06/01 (FRI)
Oliver Ho Japan Tour 2007 @ UNIT
DJ : RAUDIVE a.k.a. Oliver Ho, Fumiya Tanaka

2007/06/02 (SAT)
groundrhythm @ AIR
DJ : Kaoru Inoue, DJ YOKU
LIVE : A HUNDRED BIRDS

2007/06/08 (FRI)
smirnoff ice presents CLUB MUSEUM @ UNIT
GUEST DJ : SURGEON [TECHNO SET]
RESIDENT DJ : KIHIRA NAOKI. ROK DA HOUSE

SALOON
GUEST DJ : SURGEON [ALTERNATIVE SET]

2007/06/09 (SAT)
VADE @ WOMB
DJ : Ricardo Villalobos, Fumiya Tanaka

UNITが珍しくかなり熱い人選ですね。テクノ豊作期でございます。たまにはハウスにも行きたいけれど、しっくりしそうなのがなかなか無いようで…。
| UPCOMING EVENT | 22:30 | comments(4) | trackbacks(0) | |
UPCOMING EVENT
2007/03/16 (FRI)
Taicoclub Presents Innervisions @ Womb
Live : Nathan Fake
DJs : Ian O'Brien(Live + DJ Set), Kaoru Inoue, Force Of Nature

2007/03/20 (WED)
mule musiq 3rd anniversary party meets KOMPAKT NIGHT @ UNIT
Live : Saikoss (Saiko Tsukamoto aka Museum Of Plate & Kuniyuki Takahashi),
code e, Koss aka kuniyuki Takahashi
DJ : Michael Mayer, Toshiya Kawasaki

2007/03/23 (FRI)
TECHNASIA presents X PARTY @ WOMB
LIVE : Joris Voorn
DJ : Technasia

2007/03/30 (FRI)
TRI-BUTE 3RD Anniversary @ ageHa
Arena
Special Live Set : Chab, Spirit Catcher
Island Bar
DJs : Q-Hey, Mayuri

3月に気になっているイベントはこれ位かな。WIREで事情があってヨリスヴォーンのライブを聴けなかったので、今度こそは聴きたいです!最近注目株のSpirit Catcherのライブも気になるなー。
| UPCOMING EVENT | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2006
来たるべき大晦日が遂にやってきました。今年はPRIDEの不祥事で格闘はK-1しかTV放映されません。非常に残念です。さて、今年の年越しは万座温泉で過ごすので、31日から3日までは外出しています。なのでこの更新も前もってまとめておいたのが、自動でアップされるようになっています。今日は年間ベストを選ぶと言う事で、時間をかけて今年リリースされた物で印象に残ったのを探していたのですが、あちらを立てればこちらが立たず状態でどれを切るか本当に迷いました。年間ベストとは謳っておりますが、実際の所数日後に選び直したらまた内容は変わるだろうし、今の時点の気持ちで選んで物と考えた頂いた方が宜しいかと。でもどれも最高に素晴らしい音楽ばかりなんで、是非参考にしてみてくださいね。

それでは続きをどうぞ。
続きを読む >>
| BEST | 12:00 | comments(12) | trackbacks(4) | |
Groundrhythm 2 Mixed By Kaoru Inoue (Toy's Factory:TFCC86404)
Groundrhythm 2 Mixed By Kaoru Inoue
Amazonで詳しく見る

世界を横断するスピリチュアルなDJ・井上薫。ハウスからディスコクラシック、テクノからエレクトロまで彼の手にかかれば、一晩で世界を駆け巡る音楽となってしまう。彼が中心となり偶数月の第一土曜日に行われるパーティーが、「Groundrhythm」。タイトル通り大地(地球)のリズムを感じさせる素晴らしいイベントですが、それをそのままCD化したMIXCD「Groundrhythm」(過去レビュー)も以前にリリースされました。今作はその第2段と言う事で、否應無しに期待していましたがやっぱり最高。序盤は緩めの土着サウンドで、アジアン〜中近東風の怪しい音色がたんまり。どこか謎めいた秘境の地に迷い込んで、原始的な時代に回帰した錯覚を覚える。中盤で流行のディスコダブ的なファンク色の強い流れになり、徐々に4つ打ちを形成してゆく。スモーキーな景色も少しずつ鮮明になり、解放的で晴れ晴れしい雰囲気になる。そして遂に10曲目からは強烈なビートが前面に打ち出され、インド、ブラジル、アフロなど様々な音楽が混ざり合い、高揚感溢れるトライバルハウスと成る。この時、音は煌めき、空気はざわめき、大地は振動する。世界の音が一つに成り、「Groundrhythm」を形成する。スピリチュアルハウスと使い古された言葉があるが、敢えてそう表現したい。井上薫はスピリチュアルなDJなのだ。

試聴

Check "Kaoru Inoue"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2006/11/12 Tokyo Dance Music Festival 2006 @ 代々木公園野外音楽堂
暇だったし、天気良かったし、無料イベントだったし、そんなこんなで好条件に恵まれたのでTokyo Dance Music Festivalにお出かけしてきました。「もっと多くの人に、東京の良質なクラブシーンを知ってもらいたい」と言うコンセプトをかかげ、誰にでも参加のしやすいフリーダムなイベント。クラブはちょっと不安と言う人も代々木公園なら安心でしょうし、別に音楽だけが目当てじゃなくてもぶらりと立ち寄って楽しむ事が出来るイベントだと思います。

Artman
続きを読む >>
| EVENT REPORT1 | 19:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
Quietwave (Village Again:VIA48)
Quietwave
Amazonで詳しく見る

今まで数多くのCDを紹介してきましたが、その中でも断トツの心地良さ、リラックスした空間を創り上げるコンピレーションが登場しました。その名も「Quietwave」=「静かな波」。選曲を担当するのはKyoto Jazz Massiveの沖野修也で、アルバムのコンセプトは映画館(映画ではない)のサウンドトラック。アルバム内の彼自身の解説を参照すると、海の見えるラウンジでリラクゼーション的な効用を持つ音楽を集めたとの事。キーワードは波、α波、音波、波動、波形。後は貴方自身でコメントを参照して頂きたいが、本当に落ち着いてムードのある音楽が集められたなーと率直に思います。単純にミーハーでお洒落な曲を集めたのではなく、Ian O'Brien、Kirk Degiorgion、Aurora(Kaoru Inoue)、Lindstrom & Prins Thomas、Lars Bartkuhn(A.K.A. Needs)ら各シーンで新時代を切り開いてきた一線で活躍するアーティストの曲を、しかも特にヒットした曲でもないのによくぞ堀探してきたなと思わせる曲ばかりを集めています。だから決してこれらの音楽を聴いても高揚する事は無く、むしろ体の火照りを冷ましじっくり静かな音に耳を傾けてくつろげる時間が提供される事でしょう。ジャズ、フュージョンの中にもテクノやエレクトロニックな音が混じり合い、決して懐古的なイメージは持たせません。2100円と言う買いやすい金額ながら、内容は最上級のリラクゼーション(チルアウトの享楽的な心地良さとは別の心地良さ)。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Final Drop Entertainment Presents elements (KSR:KCCD-103)
Final Drop Entertainment Presents elements
Amazonで詳しく見る

世界遺産に登録された事やもののけ姫のモチーフになった事で有名となった屋久島なんですが、私はそれよりももっと前から屋久島に行った事があります。神々の住む島としてひっそりとたたずむその島は、本当に神秘的で美しく素晴らしい所でした。特に縄文杉と呼ばれる最古の屋久杉は、とても大きく人間を遙かに凌駕するそのたくましい生命力に感動したものでした。私が縄文杉を見に行った頃はまだ人も少なく縄文杉に触れ合う事が出来たのですが、世界遺産に登録され観光客が増えたせいで縄文杉が傷つけられる事に依り、結局今では縄文杉を保護する為に遠くから見るだけしか出来なくなりました。自然を守るその理念は分かりますが、世界遺産に登録されたが為に観光客が増え自然が傷つけられる。なんだか本末転倒な気分ですが、それでも屋久島は畏敬の念させ沸き起こる素晴らしい島ではあります。

前置きはこれ位にして、そんな秘境・屋久島を元にしたコンセプトアルバムがあります。DJ KeNsEi、Kaoru Inoue、GoRo、Kondoが送るFinal Dropプロジェクトがそれです。私的には屋久島の音と言うだけでも期待しますが、それをDJ KeNsEi、Kaoru Inoueが手掛けている事でも更に期待していました。彼らは屋久島に寝泊まりし、そこで聞こえる波の音や小鳥のさえずり、水滴の滴る音、虫の生きる音、つまりは屋久島の自然その物の音を録音。そこに彼らがギターやベース、デジェリドゥ、SE等を加えて屋久島のイメージを彼らなりに音楽にしたのでした。チルアウトやアンビエントと言うには単純に快楽的ではないし、フィーリングと呼ぶにもちょっと安易かなと思います。そんな言葉で括る程屋久島の自然はちっぽけでは無く、やはり音楽を聴いて屋久島をおのおので感じて欲しいと思います。それでも自然の中に溶け込んでしまう様な壮大なサウンドスケープは、素直に癒される音ではありますしいつでもこうゆう音に包まれていたいですね。ボーナスとして沖縄の自然を大量に収録したDVDも付いていて、制作した音に合わせて映像が見られるのですが、これまた極彩色の世界に感動。神秘的な屋久島は、神々が住んでいるに違いない。

Check "Kaoru Inoue" & "DJ KeNsEi"
| ETC1 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Rhythm In Progression A guidance Non-Stop Mix By Kaoru Inoue (Chrai Chari) (P-Vine:PCD-4121)
Rhythm In Progression A guidance Non-Stop Mix By Kaoru Inoue (Chrai Chari)
Amazonで詳しく見る

日本にいながらにして世界中の景色や街並みを想像させるDJ、井上薫。DJプレイにおいても自身の作る楽曲においても、ハウスに世界中の空気を詰め込み自然と一体化した広大な世界観を感じさせます。そんな彼の音楽観を理解するにはMIXCDを聴くのが最適ですが、彼がGuidanceレーベルの音源のみを使ったMIXCDがあります。Guidanceレーベルと言えばUK屈指のディープハウスレーベルで、素晴らしいコンピレーションアルバムも多く出していたんですね。そして日本のみの企画盤で井上薫がGuidanceレーベルの音源を使って、素晴らしいMIXCDを2000年に出していたのですわ。まあ彼の音楽を聴いた事があるならばだいたい予想はつくんでしょうけど、スピリチュアルジャーニーとでも言うべき広がりゆく広大な景色が浮かんでくるプレイですね。序盤はまったりねっとりなソウルで幕を開けるのですが、やはりパーカッションは多く使われています。太鼓の音は原始的な本能を呼び起こすのか、体もゆさゆさ揺らされてしまいます。中盤からはほぼハウスに移行しつつも、やはり民族的な声や太鼓が入ってきてアフロトライバル色が全開です。しかしリズムは強烈でも爽やかでフレッシュなメロディーを聴かせる所も有り、踊るだけでなくしっかりと耳を傾けて大地の音に没頭する事も出来ます。徐々に移り変わりゆく展開が自然に出来ていて、クロスオーバーとは正にこれなのだと実感。使用出来る音源が限定されているのに、それを感じさせないバラエティーの豊かさは井上薫の懐の深さなのでしょう。これを聴いてゆったりした世界の旅に出かけませんか?

試聴

Check "Kaoru Inoue"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Crue-L Future Compiled By Kenji Takimi (Crue-L Records:KYTHMAK-100DA)
Crue-L Future Compiled By Kenji Takimi
Amazonで詳しく見る

瀧見憲司率いるCrue-L Records設立15周年+カタログナンバー100を記念し、未発表曲や初CD化の曲を集めた最新のレーベル紹介盤が登場。僕自身はCrue-L Recordsには殆ど興味もないのですが、気になるアーティストも参加していたので取り敢えず購入。1曲目Crue-L Grand Orchestra「More Than Paradise (LUGER E-GO Re-Edit)」からして、既にバレアリックな空気プンプンなチルアウト。悲壮感に漂うストリングスが何度も何度も頭を駆けめぐり、途中から入る優しくもか弱いピアノアレンジに、いつの間にか世界は天国へ。2曲目「Walk Through Happiness(LINDSTROM Remix)」は今が旬のLINDSTROMをリミキサーに迎えています。アコースティックギターの郷愁に満ちた音に、ディスコダブ的なギラギラのベースアレンジを加え、最新のエクレクティックなモードを披露。そして3曲目「Inspiration Information(KAORU INOUE Remix Beatless)」では、クロスオーバーの代表的存在・井上薫が素晴らしいリミックスを披露。ギターアルペジオを多用した開放感あふれるビートレスなアレンジで、井上薫の持ち味が最大限に表現されたアジアンな出来だと思います。そして何と言っても注目は「Spend The Day Without You (EYE Remix#2)」でしょう。元々は限定でリリースされたレコードから、このCD用に再アレンジしたバージョンを収録。EYEによる変態曼荼羅な世界が爆発し、イコライジングを強烈に効かしたハイエナジーディスコサウンドに変容。頭の中を何だか分からない狂気と歓喜が混ざった気持ちが突き抜け、どんな場所でもどんな人でも盛り上がる事間違い無しの一曲です。その後もハウスやチルアウト、ディスコダブなどが収録されていますが、このCrue-L Recordsと言うのは和製イビザなのだと感じました。アンビエントの様に瞑想を誘う訳ではないのですが、実在の時間を無視したスロウな時を刻み聴くだけで心が安らぐパラダイスの世界を提供してくれる音なんですね。「Crue-L Future」と言う通り、これからのレーベルの進むべき道を示した素晴らしいコンパイルだと思います。

試聴

Check "Kenji Takimi"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Bebel Gilberto - Tanto Tempo Remixes (Ziriguiboom:ZIR10)
Bebel Gilberto-Tanto Tempo Remixes
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
ボサ・ノヴァの巨人ジョアン・ジルベルトを父に、ブラジリアン・ポップ界を代表するシンガー、ミウシャ・ジルベルトを母にもつ。66年、リオ・デ・ジャネイロにて生を受ける。幼少の頃から英才教育を受け、9歳でプロの音楽家としてのキャリアをスタート。以後、両親のライヴに数多く出演しスキルを向上させていく。そして89年に、1stアルバム『ベベウ・ジルベルト』(ミニ・アルバム)を発表。ブラジル音楽界きってのサラブレッド・シンガーとして注目を浴びると同時に、天賦の才能としか言いようのないヴォーカル・ワーク――抜群のリズム感と柔らかな歌声で、大きな支持を獲得するに至った。90年代に入ると、2世アーティストとのパブリック・イメージから脱却すべく、ニューヨークへ移住。アート・リンゼイやカエターノ・ヴェローゾ、デヴィッド・バーン、坂本龍一、テイ・トウワなど、さまざまなジャンルのミュージシャンとのコラボレートを実践していく。99年には、自身初となるフル・アルバム『タント・テンポ』をリリース。伝統へのリスペクトを貫きながらも、コンテンポラリーな味わいが十分に発揮された傑作となっている。
Listen Japanより引用

Bebel Gilbertoに関して良くは知らないのですが、ブリジリアンミュージックでは名を馳せるファミリーらしいです。そして彼女が2000年にリリースしたボサノヴァの名盤として知られる「Tanto Tempo」を、名だたるクラブミュージックアーティストがリミックスした作品が本日紹介するアルバムです。Truby Trio、Chateau Flight、Ananda Project、Da Lata、Chari Chari(Kaoru Inoue)、4 Hero、King Brittが参加したとなれば当然買わずにはいられません。オリジナルは全く聴いた事が無いので比較出来ないのですが、このリミックスアルバムはジャジーなブロークンビーツを中心にまとめられて、ボサノヴァの爽やかな空気とクラブシーンの踊る欲求が自然と調和しています。有名所では、Chari Chariはパーカッションを多用しリズミカルに、4 Heroは洗練された都会派ブロークンビーツに、King Brittはしっとりと落ち着くダウンテンポに仕上げています。しかし一番気に入ったのはPeter Kruderなるアーティストのリミックスで、ムーディーに大人の夜をイメージした様なディープハウスな曲でしょうか。この他にも全体的に良質なリミックスが施されているので、上記のアーティストにピンと来た人は聴く価値は有ると思います。

試聴

Check "Bebel Gilberto"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 22:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Aurora - Fjord (Seeds And Ground:SAGCD010)
Aurora-Fjord
Amazonで詳しく見る

先日紹介した井上薫の新作と共に、彼がPort Of NotesのDSKこと小島大介と手を組んだユニット・Auroraの新作も同時にリリースされました。井上薫の新作もリスニング色の強いチルアウトだったのですが、Auroraの新作も同じく静かに耳を澄まして聴くリスニングアルバムとなりました。と言ってもアンビエントだとかバレアリックだとかそんな快楽志向ではなく、むしろ世間の忙しい喧騒から離れた詫び寂びのある世捨て人の様な感傷を感じます。実際に世界遺産である「熊野」や「屋久島」でフィールドレコーディングされた自然音も取り込まれ、二人の簡素で必要な音だけを鳴らすギターと相まって、最小の音の波が体の隅々まで安らぎをもたらします。何故だろう、たった二本のギターによる素っ気ない演奏はシンプルで必要な分しか音を発しないにも関わらず、空間の広がりを感じさせ部屋の中にいるのにどこか森の中に居る様な錯覚を生じさせます。自然の音と調和したギターアンサンブルが、ただただ心の中に明かりを灯し静かに燃えるが如く。違いを知る男達の枯れた美学がここにあります。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| ETC1 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Kaoru Inoue - Slow Motion (Rush Production:ACCR-10049)
Kaoru Inoue-Slow Motion
Amazonで詳しく見る

去年のダンス直球なアルバム「The Dancer」(過去レビュー)から一年も待たずに、井上薫のニューアルバムが届いてしまいました。前作の反動と言う訳でもないのでしょうが、今作は心落ち着けるチルアウト。でも以前から彼の音楽を聴いていた人には、それ程意外ではないと思えるかもしれないですね。Chari Chari名義で活動していた頃は、4つ打ちに拘らずにリスニング的な曲が多かったのですから。元々はヨガ教則DVDの為に曲を提供した事がきっかけで、そこから新たに曲を作りこのアルバムを完成させたそうです。が、ヨガの為に聴く曲と思う事は全く必要ありません。これは今までの井上薫と何ら変わりは無く、ビートさえ入れてしまえば「The Dancer」になってしまう物だと思います。彼の特色であったオリエンタル色はそのままに、バレアリックな快楽的要素も取り込み、最終的に地球と言う大地に帰還するネイチャーミュージックなのです。バレアリック的な所は、Mixmaster MorrisやE2-E4が好きだと井上薫の趣味が前面に出ている気もしました。Silent Poetsに協力した事があるヴァイオリン奏者・Everton Nelsonの演奏は、曲調に色艶をもたらしより瞑想する力を増長させ深い世界観を創り上げています。非常に神秘的で美しいヴァイオリンの音色には、身も心もとろけてしまいそうになりました。ヨガの為に聴くのも良し、家で寝る時に聴いても良し、もちろんクラブでのチルアウトルームでも聴きたい音楽です。この手のチルアウトにありがちな、安っぽさは全く皆無でやっぱり井上薫は素晴らしい。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| ETC1 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Upcoming Event
FACE presents RON TRENT JAPAN TOUR 2006 @ YELLOW
2006/02/25 (SAT)
DJ : Ron Trent, Ryo Watanabe

SACRED RHYTHM, NRK MUSIC & THE REBELS OF DESOGM DECLARE "TRANSLATE" RELEASE PARTY @ UNIT
2006/03/03 (FRI)
DJ : Joaquin Joe Claussell

DEEP SPACE @ YELLOW
2006/03/05 (SUN)
DJ : Francois K

IRIZO @ WOMB
2006/03/10 (FRI)
Live: Vince Watson
DJs: Ken Ishii, Yohei Ishijima, GA9

VADE feat. TECHNASIA @ WOMB
2006/03/17 (FRI)
Live : Technasia
DJ : Charles Siegling

Mule Musiq presents Endless Flight meets Etoiles @ UNIT
2006/03/31 (FRI)
Live : Kuniyuki with Guitar Tsukahara, Henrik Schwarz
DJ : Henrik Schwarz, Gilber aka Chateau Flight, Kaoru Inoue

URBANPHONICS presents DANNY KRIVIT BIRTHDAY BASH @ YELLOW
2006/04/01 (SAT)
DJ : Danny Krivit

立て続けにBody & Soulの3人が来ますね、僕は多分どれも行きませんが。3月はVince WatsonとTechnasiaのライブが楽しみです。3月31日のUNITのイベントもちょっとマニアックな人には楽しみでしょうね。Ron Trentは久しぶりだから行きたいな。
| UPCOMING EVENT | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) | |
OUTERLIMITS Inc. presents DJ KeNsEi in OM-Lette Dub (KSR:XAOM-0002)
OUTERLIMITS Inc. presents DJ KeNsEi in OM-Lette Dub
Amazonで詳しく見る

US西海岸ハウスを代表すると言っても過言でないOM Recordsのポリシーは、アンダーグラウンドな音楽の中からファンキーな作品をリリースする事。Mark FarinaやKaskade、Miguel Migsなどを筆頭に素晴らしいアーティストがここから作品をリリースしているその事実だけで、このレーベルが如何に素晴らしいかは周知の如く。そしてなんとOMの音源を日本の元ヒップホップDJ、DJ KeNsEiが巧みに使いMIXCD化しました。DJ KeNsEiと言えば今でこそハウス方面でも有名ですが、かつてはHARLEMでレギュラーでDJをこなし、アブストラクトなINDOPEPSYCHICSとしても活躍し、最近ではKaoru InoueとのFinal Dropでも名が知れています。個人的にはClassic Music Companyの音源を使ったMIXCD「OUTERLIMITS inc. presents DJ Kensei in Classic Classics」(過去レビュー)が素晴らしく、そこからDJ KeNsEiに興味を持ち始めました。あちらがヨーロピアンスタイルのハウスなのに対し、今作はまんま西海岸ハウスです。一枚目はストレートに滑らかに繋いでゆき、爽やかで太陽が燦々と降り注ぐビーチ風なハウス。4つ打ちで軽やかにダンスするのにもってこいって感じです。が注目は二枚目のチルアウト、ダウンテンポなプレイの方です。こっちが想像以上に素晴らしく、メロウな楽曲でヒップホップの香りもそこかしこに散りばめ、昔取った杵柄を上手く利用しています。ガツンと踊るのではなくて、ソファーでごろごろしながら聴きたいですね。昼間のうとうとする時間帯に聴いたら、最高に気持ち良いんだろうなと思いました。しかしOM Recordsにこんな側面があったのですね、DJ KeNsEiのセンスが光りますわ。次はどこのレーベルの音源を調理するのでしょうか。

Check "DJ KeNsEi"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
2006/02/04 Groundrhythm @ Air
2年位前からずっと行きたいと思ってたんだけど、いつでも行けるからいいやと放置していたKaoru Inoue(井上薫)レジデントのGroundrhythmに行ってきました。井上さんのプレイは2〜3度ちょこっとだけ聴いた事があって、ハウスを中心にテクノとかも回したりするので自分の好みではあるんですよね。実際の今回初めて体験したロングプレイは、想像以上に覚醒的かつドラッギーで、時には優しく包まれ、そして高揚感溢れる至福のプレイでした。1時半から井上さんのプレイが始まったんだけど、序盤のとばし方は予想以上でしたね。
続きを読む >>
| EVENT REPORT1 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - Ten Remixes (Seeds And Ground:SAGCD-1)
Kaoru Inoue-Ten Remixes
Amazonで詳しく見る

Seeds And Ground(種と土壌)、素晴らしいレーベル名ですね。Chari Chariこと井上薫は、いつだって大地の鼓動を感じさせるダンスミュージックを聴かせてくれる。いつだって躍動的でどこまでも壮大な世界観を見せてくれる。Seeds And Groundはそんな彼が自分の思うがままに作品をリリースする為に作ったレーベルですが、その第一弾が井上薫のリミックス集です。Crue-L Grand Orchestra、Frankie Valentine、Calmと言ったいかにも的なアーティストから、OOIOO、Buffallo Daughter、宮沢和史と言った不思議な組み合わせまで色とりどりな収録です。こんな幅広い参加アーティストにも関わらず、全ての曲はやはり井上薫の曲であるかの如く生命の新しい息吹を感じさせます。大気の風の流れ、森の静寂、大地の鼓動、空に浮かぶ星々、そんな自然に囲まれた景色がいつの間にか目の前に広がり、自分は自然と一体化していく気分。きっと井上薫は世界自然遺産とかが大好きなんだろうなと思わせるBack To Natureぶりで、聴く者の心を浄化し穏やかな平穏をもたらしてくれます。でっかい自然の流れに身を任せようではないか。

試聴

Check "Kaoru Inoue"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
BEST OF 2005
来たるべき大晦日が遂にやってきました。K-1とPRIDEの両方を見なくては!最近は年末は毎年そうです。ちなみに未だにカウントダウンはどれに行くか決めておりません。どれもインパクトに欠けるイベントばかりでとか言っておきながら、ケンイシイに行っちゃいそうですな。さて、勝手ながら今年も年間ベストを選んでみました。が、今年は余りにも量が膨大なんで選ぶのに困り、泣く泣くカットした物が多数。そう考えると相当な量の音楽を聴いたんだなとしみじみします。以下のリストに残った物は僕のお気に入りの一部ではありますが、是非とも皆様のCD選びの参考になって頂ければ幸いです。

それでは続きをどうぞ。
続きを読む >>
| BEST | 14:00 | comments(11) | trackbacks(2) | |
Metamorphose Special Part3
野外イベントと言うと時間によって変わる景色にも期待が持てます。特に日が昇り始める頃の朝方のプレイでは、きっと感動する物があるに違いないと今から期待しています。そんな朝方プレイの3人を紹介。

■Groundrhythm non stop mixed by Kaoru Inoue
groundrhythm non stop mixed by Kaoru Inoue
Amazonで詳しく見る

まずは日本が世界に誇るクロスオーヴァーDJ、井上薫。テクノ、ハウスその他もろもろを縦横無尽に行き来するプレイには定評があり、朝方の景色により一層彩りを付けるに違いない。
過去にレビュー済み

■K.F.re-presents CALM - Bathing in Sunshowers
K.F.re-presents CALM-Bathing in Sunshowers
Amazonで詳しく見る

DJ気質よりはアーティストって感じだけど、ハウスやテクノのヒット曲を多様して盛り上げるプレイなので確実に盛り上がりそうなK.F.。朝方に「E2-E4」のリメイクも聴いてみたいな…きっと後光が射すでしょう
過去にレビュー済み

■Isolee - We Are Monster
Isolee-We Are Monster
Amazonで詳しく見る

ミニマルハウス〜ジャーマンディープハウスの中心的存在でもあるIsoleeのライブは…う〜ん、想像つかないな。朝方なんで緩く緩くうっとりする様なプレイになるのでしょうか。ごろごろしながら聴ければ良いかなと。
過去にレビュー済み
| HOUSE1 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Upcoming Event
UR, LOS HERMANOS, G2G, DJ S2 STRIKES YELLOW @ Yellow
2005/08/30 (TUE)
Guest DJ:S2 aka Santiago Salazar (UR-067, G2G, Los Hermanos)、 Takamori K.、Wataru Sakuraba

standard×CLASH presents FUSE-IN @ ageHa
2005/09/16 (FRI)
DJ:KEVIN SAUNDERSON、KEN ISHII,DJ 3000、Q'HEY、KAGAMI、TOBY、SUNRISE(Dr.SHINGO & TORSTEN FELD)、SHIN NISHIMURA、PHAZE 2 aka SHOTARO MAEDA
LIVE:CO-FUSION、NEWDEAL、7th Gate

RECLOOSE ALBUM "HIATUS ON THE HORIZON" RELEASE TOUR @ Yellow
2005/09/16 (FRI)
DJ:Recloose

AIR associated with VEGA RECORDS & KING STREET SOUNDS @ Air
2005/09/17 (SAT)
DJ:Louie Vega(CLASSIC SET)

IBADAN RECORDS 10 YEAR ANNIVERSARY『EXPLOSIVE HI-FIDELITY SOUNDS』 RELEASE TOUR @ Yellow
2005/09/18 (SUN)
DJ:Jerome Sydenham、Ryo Watanabe

WORLD CONNECTION & X-MIX PRODUCTIONS present DJ SNEAK @ Air
2005/09/22 (THU)
DJ:DJ Sneak

CLAUDE YOUNG JAPAN TOUR 2005 @ Module
2005/09/22 (THU)
DJ:Claude Young

VADE 1st Anniversary feat. Ben Sims @ Womb
2005/09/23 (FRI)
SPECIAL GUEST:BEM SIMS

AIR associated with VEGA RECORDS & KING STREET SOUNDS @ Air
2005/09/23 (FRI)
DJs:Louie Vega (HOUSE SET)

KLICK feat. DANIEL BELL & MELCHIOR PRODUCTION @ UNIT
2005/09/24日 (SAT)
DJ:Daniel Bell
DJ & Live:Melchior Productions

THEO PARRISH JAPAN TOUR 2005 @ Yellow
2005/10/01 (SAT)
DJ:THEO PARRISH

Nagisa @ Odaiba Open Court
2005/10/09、10 (SUN、MON)
DJ:FRANCOIS K.、KAORU INOUE、KENSEI
Live:SYSTEM7、more

DEEP SPACE @ Yellow
2005/10/10 (MON)
DJ:FRANCOIS K.

standard×CLASHはKS、KIの両名の二人だけでも価値があるがCO-FUと7th Gateのライブにも期待。7th Gate…RotationからEP出してたけど、最近の活動は謎。
Ben Simsがイエローでプレイしてた頃が懐かしいですが、WOMBですか…まったくしょうがねえな。
渚は今年はしょぼいね…フランソワはイエローで見れば充分だし、後はSystem 7位しか価値ないぞ。(他は普段のイベントで聴けるし)
| UPCOMING EVENT | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaoru Inoue - The Dancer (Seeds And Ground:SAGCD007)
Kaoru Inoue-The Dancer
Amazonで詳しく見る

凄い凄い凄い凄い、井上薫がChari Chari名義を捨てて遂に本名名義で新作をリリース。そしてタイトルは何と「The Dancer」、つまり踊る人。今までももちろん踊れる音楽ではあったけれども、今作のそのパワーは今までの比ではない。圧倒的なまでの肉体感溢れるグルーヴに、大地と鼓動するパーカッション、そしてみぞおちに来る分厚く音圧のあるベース。またAURORA(曲ではなくユニットの方)でパートナーを組む小島大介のギターは咆哮する。全てが踊るために用意されたとしか思えない。ここまで「踊る」と言う行為が前面に出たのは、やはりクラブでの「踊る」と言う行為を促すDJプレイのたまものなのだろう。今までにあった期待を見事にぶち壊し殻を破り、新生井上薫のダンスミュージックがここにある。もちろん今までの彼の作風が失われているかと言うとそうでもなく、相変わらずアジアンミュージックを吸収したチルアウトなテイストも健在。前半で踊りに踊りまくった後は、後半でバレアリックな身も心も癒してくれる一時が存在する。しかし忘れてはいけない。人間の本能である「踊る」と言う行為を呼び起こすパワーが、このアルバムには存在する。太古から続く儀式や祭りに於いての「踊る」と言う行為。これはクラブと言う場所に於いても、人間の本能を表現する行為である。このアルバムを聴いて踊れない人はいないと思う。ハウスだとかクロスオーバー云々の前に、今年一番のダンスミュージックだと宣言させて頂きたい。今これを聴かないで他に何を聴く?神々しいまでの音楽にひれ伏す…のではなく、身を委ねて踊るのだ!

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| HOUSE1 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(3) | |
Kaoru Inoue presents Chari Chari - In Time (Toy's Factory:TFCC88245)
Kaoru Inoue presents Chari Chari-In Time
Amazonで詳しく見る

井上薫はハウスアーティストか?否。彼はそういったスタイルに囚われる事無く、より広がりを持ったスピリチュアルなアーティストでありDJだと思う。このアルバムも初めて聴いた時は度肝を抜かれた。日本人でこれ程までにワールドワイドな音楽を、クラブミュージックの視点から成し遂げたのは初めてかもしれない。サンバ、ラテン、ボサノバそういった南国の音を生楽器をふんだんに取り入れ、4つ打ちのフォームに拘らずに展開している。燦々と降り注ぐ太陽の光線、ささやく様な木々のざわめき、爽やかに吹き抜けるそよ風を君は感じる事が出来るか?まるで南国の情景が今にも浮かんで来る様ではないか。多くのパーカッションも導入し、大地が揺れる様なリズムが体の芯から刺激する。その上まるでこの世では有り得ない様な美しい世界があり、高みへと連れて行かれてしまう。南国なんて場所じゃない、もはやここは涅槃なのだ。まずは「Aurora」を聴いて欲しい。この曲こそBody & Soulでも大ヒットとなった、日本から世界に送るクロスオーバーの大傑作。この曲はその後、井上薫の新ユニット名にも成った名曲だ。今週末彼の定期イベント、groundrhythmがあるので紹介してみました。

Check "Kaoru Inoue"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:30 | comments(2) | trackbacks(2) | |
Upcoming Event(今回はまじ(´Д`) ハァハァ)
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

2005/08/27 (SAT) metamorphose05 @ サイクルスポーツセンター伊豆修善寺
LIVE:GALAXY 2 GALAXY、TORTOISE、GREEN VELVET、ISOLEE
ROVO、BOOM BOOM SATELLITES、HIFANA...and MORE!!

DJs:MARCO BAILEY、EYE、FUMIYA TANAKA、QHEY、KAORU INOUE
KIHIRA NAOKI、DJ BAKU、DJ SHIRO THE GOODMAN、DJ NOBU...and MORE!!

2005/07/08(FRI) CLASH07 @ ageHa
Arena DJs :JUAN ATKINS、FUMIYA TANAKA、HITOSHI OHISHI
LIVE:CO-FUSION

2005/07/17 (SUN) DEMENSION K presents 2300 A.D. @ ageHa
Arena DJs :DERRICK MAY、STACEY PULLEN
Water Bar :IAN O'BRIEN、K.F. a.k.a. Calm、KENTARO IWAKI

2005/07/22 (FRI) STANDARD 2 feat. KEN ISHII & FABRICE LIG @ AIR
DJs :Ken Ishii and more
Live :Fabrice Lig aka Soul Designer

2005/07/24 (SUN) LIQUIDROOM 1st ANNIVERSARY MAHOGANI MUSIC presents MOODYMANN LIVE IN JAPAN 2005
Live : Moodymann with Andres+Piranha Head+Paul Randolph+Roberta Sweed+Nikki-O
DJs :Andres、Pirahana Head

もう何も言うまい…全て必要不可欠。東京で見る事が出来なかった人にとってGalaxy 2 Galaxyは奇跡の再来日だし、Moodymannのフルバンドでのライブも日本初(前回はアメリカテロ事件でバンドでの来日がお釈迦になっています)。Derrick Mayとその愛弟子STACEY PULLENの競演に、先日来日したばかりのIAN O'BRIENがまた来る。そして日本初のSoul Designerのライブと、どれも見逃せない物ばかり。夏に向けてイベントが目白押し、こりゃスケジュールがしんどいわ。
| UPCOMING EVENT | 23:40 | comments(3) | trackbacks(0) | |
groundrhythm non stop mixed by Kaoru Inoue (Toysfactory:TFCC88244)
groundrhythm non stop mixed by Kaoru Inoue
Amazonで詳しく見る

Freedom Villageの復習の旅もそろそろ終わりが来てしまいました。最後は日本のクロスオーバーDJ、井上薫のMIXCDを紹介です。Freedom Villageでは見る事が出来なかったけど、この人のジャンルレスなプレイには定評があります。MIXCDも何枚か出していますが、中でも自分のオーガナイズするパーティー名(groundrhythm)を冠したこのMIXCDは予想以上の力の入れ様です。まずは自身の「Calling(6 am mix)」で始まります。アフロなパーカッションに朝日の様な美しいシンセのベールに覆われて、「Silent Poets-To Come...」で目覚めを迎えます。そのままダビーで深いアジアン旅行に突入し、前半のハイライト「THE IRRESISTIBLE FORCE-Fish Dances」でシタールの音に誘われて昇天します。その後はジャズやラテン調の南国の世界に連れて行かれ、熱気溢れる陽気な世界を堪能します。そして後半には最大級の盛り上がりが待っています。そう、Francois KもMIXCDで使用した「KYOTO JAZZ MASSIVE-Nacer Do Sol」、その曲です。スウィートで美しいジャズソングが、身も心もスウィングさせます。そして旅が終焉に近づくにつれ、今までの壮大な旅を祝福するかのような感動な展開に向かいます。そしてラストのアフロコズミックな「D-NOTE-The Garden of Earthy Delights」によって楽園に辿り着いた旅は、ここで終わりを迎えます。70分と言う時間に関わらず多様な音楽を織り込み、それを一連の旅としてまとめてしまう井上薫のプレイには感嘆します。何よりもこのMIXCDに好感が持てるのは、日本人のトラックが多く使われていると言う事ですね。クラブミュージックに関しては日本人は受け身な点も多かったと思いますが、本当は日本からも隠れた良質な楽曲がたくさん出ていると言う事を気付かせてくれます。このMIXCDは井上薫渾身のパラダイスミュージックです。

Check "Kaoru Inoue"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 20:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Upcoming Event
Warehouse Starting Party Feat. Oliver Ho
2004/12/04 (Sat) @ Warehouse, Tokyo

Groundrhythm Feat. Kaoru Inoue
2004/12/04 (Sat) @ Air, Tokyo

Maniac Love The 11th Anniversary Bash
2004/12/10 (Fri) @ Maniac Love, Tokyo
DJs:Bryan Zents, DJ Wada, DJ Shufflemaster, Q-Hey, etc

2004/12/11 (Sat) @ Maniac Love, Tokyo
DJs:Jake Fairly, DJ Tasaka, Toby, Yama, etc

Reel Up Xmas'04
2004/12/11 (Sat) @ Womb, Tokyo
DJs:Ken Ishii, Yama, Dave Clarke, Akira Ishihara
Live:Co-Fusion

DERRICK L. CARTER & LUKE SOLOMON
2005/01/09 (Sun) @ ageHa, Tokyo
11月27日追記
DJs:DERRICK L. CARTER、LUKE SOLOMON、Dego
DJ KENSEI、DJ HIRAGURI、Greenkeepers

DERRICK L. CARTER "CLASSIC AND THE CLASSICS" SET
2005/01/15 (Sat) @ Yellow, Tokyo

12月4日はオリバーホー、ケリーチャンドラー、井上薫が
被っているのでどれにしようか…。その前にwarehouseって
A-LIFE関係の店らしいが、どこにあるのかHPを見ても良く分からん。

マニアックラブバースデーは残念ながら旅行で行けません…orz
リールアップは、もうケンイシイもコフュも何度も見てるので
Wombで無理して見る気も起こらないなぁ。どっちにしろ行けないけど。

デリックカーター再来日、しかもageHaではルークソロモンと。
これは行く方向で。カーターはハウスと言えどもテクノに近い
荒々しいプレイでかっこいい。
| UPCOMING EVENT | 18:20 | comments(3) | trackbacks(0) | |
Upcoming Event
ageHa 2ND ANNIVERSARY feat. LAURENT GARNIER
2004/12/18 (Sat) @ ageHa, Tokyo _ 23:00 〜
Door : Y4,000
Arena DJs : Laurent Garnier. DJ Maar
Music : Techno, House

PARADISE BALL VOL.9 feat. FRANKIE KNUCKLES
2004/12/25 (Sat) @ ageHa, Tokyo _ 23:00 〜
Door : Y4,000
Arena DJs : Frankie Knuckles, Wara
Music : House

DOUBLE TROUBLE 09 feat.TIMMY REGISFORD and JOEY NEGRO
2004/12/29 (Wed) @ ageHa, Tokyo _ 23:00 〜
Door : Y5,000 _ Adv : Y4,500
Arena DJs : Timmy Regisford, Joey Negro
Music : House

ageHa COUNT DOWN 2005
2004/12/31 (Fri) @ ageHa, Tokyo _ 21:00 〜
Door : Y5,000 _ Adv : Y4,500
Arena DJs : Special Guest DJs
Music : House

Freedom Village 2004
2004/12/31 (Fri) @ パシフィコ横浜展示ホールA/B _ 20:00 〜
Door : Y10000 _ Adv : Y8500 _ Pre Sale : Y7500
DJs : Transit Kings DJ Set -alex paterson&jimmy cauty-
Theo Parrish, Sebastian Leger, X-Press 2, Basement Jaxx
Audio Active, 勝井 祐二(ROVO), Kaoru Inoue, etc

ローランガルニエもフランキーナックルズもYellowでもプレイするけど、
ageHaの方が確実に踊れるだろうな。雰囲気を取るか、快適さを取るか。
ageHaの年末のハウスは誰なんだろう?ダニーテナグリアがこの値段では
ないだろうし。ルイベガはもう来たしな。予想がつかん。
フリーダムヴィレッジはアレックス&ジミーとセオが見たいな。
メタモの客をセオは踊らせる事が出来るのだろうか?
そしてアレックス&ジミーは吉と出るか、凶と出るか。
こいつはAll or Nothing、素晴らしいか最悪かのどっちかでしょう。
メタモ側はベースメントジャックスをメインに考えている様だけど、
勘弁してほしーわ。セオとアレックス&ジミーで4時間はやって欲しい。
| UPCOMING EVENT | 21:37 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Various - Traditional Tokyo Club (Rhythm Republic:RRCD85336)
Various-Traditional Tokyo Club
Amazonで詳しく見る

東京で人気のあるクラブ、Yellow、ageHa、Wombがコラボレーション。それぞれが人気のある曲を選曲したらしいです。らしいですと言うのは、Wombの選曲だけは良く分からないからです。ageHaは「ageHa-A Better World(Malawi Rocks Remix)」と「Inoue Kaoru-Two Punks,Three Indians」。前者はまあ大箱受けするようなトランシーなハウスで、後者は大草原を行くかの様な壮大なハウス。Yellowは「Kyoto Jazz Massive-Shine(Kenny Dope Remix)」と「Nature Soul-River Benue(Ferrer &Sydenham Inc. Remix)」。前者はジャズマッシブらしいリズムがケニードープによって骨太に調理されています。でNature Soulはこれを目当てにこのCDを買った曲でもあります。デニスフェラーとジェロームシデナムの手に寄って、パッカーシブでストリングスが美しいスピリチュアルハウスへと昇華されています。これはまじ名曲です。本来ならEPが欲しいのだが、もう売っていません。でWombなんですけど、ドラムンベースなんか入れやがったよ!別にドラムンベースを毛嫌いする訳じゃないけど、周りの事を考えろと…。これだからWombは嫌いだ。金はあるけど、センスは最悪なんだよな。取り敢えず、ageHaとYellowのセレクションだけ聴いて、1500円なら申し分ないでしょう。あ、後はタワレコで買うとageHaのインビ貰えるから、それもこのCDを買った理由でもあります。ageHaのチケット買うよりこのCD買った方がお得って言う、訳の分からないサービス。そうじゃなくてもageHaはしょっちゅうインビ配ってる訳だが。東京のクラブの歴史について、長谷川賢司がコメントしたブックレット付きなのでお得です。

試聴
| HOUSE1 | 22:29 | comments(3) | trackbacks(0) | |
Upcoming Event
2004/11/02 3RD.ANNIVERSARY feat. FABRICE LIG @ MODULE
2004/11/05 Cristian Varela、Ken Ishii @ ageHa
2004/11/12 CLUB PHAZON @ LAFORET MUSEUM ROPPONGI
DJ:Richie Hawtin、Ricardo Villalobos
2004/11/13 Present @ ageHa
DJ:Inoue Kaoru -exclusibe long set-
2004/11/19 VADE @ WOMB
SPECIAL GUEST DJ: JOEY BELTRAM、DEETRON
2004/11/19 RHYTHM & SOUND with PAUL ST. HILAIRE @ YELLOW
2004/11/20 DJ:DJ SPINNA LIVE:ANANDA PROJECT、KENNY BOBIEN @ YELLOW
2004/11/27 Oliver Ho @ AIR
2004/11/27 SECRET SERVICE meets KOMPAKT NIGHT Vol.6 @ UNIT
LIVE:THOMAS FEHLMANN DJ:Kentarou Iwaki、KAITO
2004/12/04 KERRI CHANDLER @ YELLOW
2004/12/10 SPACE LAB YELLOW'S 13TH ANNIVERSARY PARTY @ YELLOW
DJ:Lil Louis
2004/12/18 CARL COX @ YELLOW
2004/12/20 LAURENT GARNIER @ YELLOW
2004/12/22 FRANKIE KNUCKLES @ YELLOW
2004/12/25 FUMIYA TANAKA @ YELLOW

デトロイトテクノ好きとしてはファブリスリグは外せません。
ベーシックチャンネル好きとしてはRHYTHM & SOUNDは外せません。
トーマスフェルマンとカイトが一緒に見られるのも良いです。
リルルイスは最後のDJプレイをするらしいです。イエローがパンクしますね。
ローランガルニエが一年に二度も来るなんて、良くやったイエロー。
その他色々、年末に向けてイエローが特に頑張っています。
ageHaやAIRも後で豪華なイベントを発表するだろうけど、体が足りませんね。
| UPCOMING EVENT | 22:00 | comments(6) | trackbacks(0) | |
ageHa Vol.5 Mixed By Kaoru Inoue (Gate Records:GAGH11)
ageHa Vol.5 Mixed By Inoue Kaoru
Amazonで詳しく見る

井上薫って最近は色んなイベントで見かける様になりましたね。自身が開催しているGroundrhythmも今では大盛況の様です。僕はageHaで2回程少しだけしか聴いた事ないんですが、とっても素晴らしいみたいですよ。この人のはハウスと言っても民族系、ディープ、エスニック等と幅が広いですね。洗練されたと言うよりはナチュラルで土着系、大地の鼓動を感じさせます。途中テックハウスなんかも入ったりして、ジャンルの壁なんかないです。終盤まではあんまりテンション上げずに地味な感じで意外でしたが、終盤で盛り上がりを見せてラスト2曲で大ネタ投入。Chateau Flight-Cosmic Race、そして自身のChari Chari-Aurora 2004。このMIXCDはこの2曲のせいでここだけ目立ってしまっているような気もします。ジャケットはパラダイスだけど、その位極彩色な世界を生のDJでは感じさせてくれるのでしょうか?

Check "Kaoru Inoue"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(2) | |
Ron Trent - Deep & Sexy 2 (Wave Music:WM50125-2)
Ron Trent-Deep & Sexy 2
Amazonで詳しく見る

最近の旅行の間ドライブ中に良く聴いたこのMIXCD。シカゴハウスの巨匠の一人、Ron TrentがWave Music音源を使ってムーディーでありながらディープなMIXを披露。正確に言うとWave Musicの音源だけではありません。1曲目から井上薫のAuroraを披露。幕開けは穏やかに、しかしこれからの流れを期待させる雰囲気だ。そこからオーガニックな緩めの歌物が続いて、ラテン物が入ったりして、10曲目では個人的にお気に入りのテックハウスなD'Malicious - Dark Transitonで盛り上がり。まさかディープなRonがこんなの回すなんて思いもしなかったけど、面白い流れです。その後一曲クールダウンして12曲目でSolu Music feat. Kimblee - Fadeでまたも大盛り上がり、ドラマチックな展開が。ハウスを聴く人にとっては説明不要の琴線に触れるストリングスに儚げなボーカル。今作のハイライトでしょう。その後は消え入る様に静かに終盤を迎えます。音源指定なので普段よりアフロ、スピリチュアルな感じは抑えめですが、爽やかでメロディー重視なので一般的には聴きやすいMIXだと思います。

試聴

Check "Ron Trent"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Aurora - Flare (Seeds And Ground:SAGCD005)
Aurora-Flare
Amazonで詳しく見る

Chari Chariこと井上薫と、Port Of Notesの小島大介によるユニット、Auroraのアルバムが遂に発売。井上のアジアンテイストな音と小島の哀愁を感じさせるギターが合体すると、そこには真夏の青空の下爽やかな風が吹き、うとうとと眠りにつくような心地よさが生まれる。どこまでも突き抜ける開放感のある風景。都会の喧噪に疲れた僕らを癒してくれる音楽だ。ここにはクラブミュージックとしての音はない。かといってチルアウトでもない。これは真夏のサウダージ(郷愁)なのだ。Chari Chari程アジアンでもないし、踊れる訳でもないけどきっと疲れた時には手を出してしまいそうな、そんな音楽。地味だけど好きです。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 22:35 | comments(1) | trackbacks(0) | |