CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Kapote - What It Is (Toy Tonics:TOYT090)
Kapote - What It Is
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
2012年頃に設立されまだ10年も経っていないにもかかわらずリリースは100以上、ジャズやファンクにディスコやハウスといった音楽性を強烈なダンス・グルーヴに纏め上げるToy Tonicsは、現行のダンスシーンの中で確かな存在感を放ちつつも流行り廃りとは無縁と言わんばかりに実直にブラック・ミュージックに根ざした音楽を追求する。ある意味では非常に分かりやすいというか、革新性や斬新性よりも王道を突き進むその姿勢はだからこそ信頼に足るレーベルで、フロアを沸かせるヒット曲を量産するのも当然だろう。そんなレーベルを運営するのがMathias ModicaことKapoteで、かつてはMunkを含む複数の名義でも活躍しており、既に活動歴は20年以上に及ぶ大ベテランだ。当然このKapoteの音楽性こそがレーベルの方向性を指し示すと言っても過言ではなく、ダンスフロア即戦力を目指すEP中心とした長いレーベル運営の中で、初のアルバムを担当するのがKapoteとなった事も自然な流れだろう。さて、このアルバムはKapoteがデビューして以降のEPからの曲も多く収録されており、結論から言うとキラートラックがふんだんに並んでいる。アルバムの幕開けを飾る新録となった"Jaas Func Haus"からして非常にファンキーなハウスで、うねりにうねるベースラインが先導しつつフィルター・ディスコ的なサンプリングと、Modicaによるピアノ等の鍵盤の演奏も加わり、粘性の高いブラックネスを生み出して強烈なファンクネスを発している。続く"Delirio Italiano"はそのタイトル通りにイタロ・ディスコの系列だが、しかし快楽的なシーケンスを活かしたイタロではなく、もっと根源的で生の煮えたぎるような音を打ち出したディスコティックな作風が強烈なパワーを秘めている。先行EPの1曲である"Brasiliko"はブラジルのディスコを意識したのか非常にリズミカルだが、一方で流麗なフルートや耽美なエレピのソロ、そしてしなやかに美しくストリングスが舞い踊り、ダンスグルーヴに溢れながらも心もしっとり濡れるような情緒的な曲だ。これもまた過去のEPからとなる"Fuck Music (Short)"、フィルターの開閉で展開を付けているフィルター・ハウスを軸にした典型的な意味でパーティー・チューン、勢いと陽気な雰囲気もあってフロアも盛り上がらないわけがない。配信のみに収録された"Spacedrum"はダウンテンポというかヒップホップ調で、ゆったりとしながらも腰を横に揺さぶるグルーヴ感とメロウな鍵盤コードや麗しいシンセのメロディーで、落ち着いたファンクネスを演出。Toy Tonics自体はドイツのレーベルではあるが、そういったドイツのテクノ然とした音楽性よりはNYやロンドンのハウスに影響された音楽性がアルバムに現れており、流行とかは無縁でありながらしかしサンプリングと生演奏を巧みに活かしたダンス・トラックは非常に強烈だ。



Check Kapote
| HOUSE14 | 12:30 | comments(0) | - | |
Mangabey - Try To Chill (Toy Tonics:TOYT092)

Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
先日Toy TonicsからのKapoteを紹介したので、関連して同レーベルから作品をリリースするJose FehnerことMangabeyを紹介。フランス出身のアーティストで2013年頃からDJとして活動を始め、2017年に作品をリリースするようになると、ジャズやブラック・ミュージックに影響を受けたファンキーなハウスはToy Tonicsの音楽性にばっちりとハマり、新鋭として注目を集める存在の一人だ。如何にもToy Tonicsらしいディスコやファンクの要素を織り交ぜた直球ハウスは分かり易いダンス・グルーヴが強く、フロアを簡単に沸かせてしまうに違いない機能的なダンスだ。しかし驚いた事に公式の説明ではMangabeyは殆どサンプリングを用いずに自分で演奏しているとの事で、この新作も一聴してディスコ・サンプリングな作品だなと思っていたので、その演奏の表現力に驚かずにはいられない。"Just Luv Machine"は軽快でカラッとしたパーカッションを用いたハウスの4つ打ちから始まり、そしてサンプリングだと勘違いしてしまうようなジャズ/ディスコを思わせるキーボードやピアノにベースや管楽器が加わってくると、煌めくディスコ・ハウスの姿が現れてくる。陽気で希望を高らかに歌い上げるような歌も相まって、非常にハッピーでかつ肉体感のある骨太なハウスは、何か新しいサウンドというわけではないがクラシカルな作風さえ漂う芯の強さが感じられる。"My Saxophone"はそのタイトル通りなサクソフォンを用いたハウスで、しかし序盤の優雅な佇まいのあるピアノコードとしっとりと艶めかしいベースからうっとりムーディーさが漂っており、そして哀愁漂うサクソフォンが加わってくると更にしっとり情緒性を増してジャズ・ライブを聞いているかのようにも錯覚する。そして滑らかなビートを刻む"Try To Chill"では控えめながらも耽美なキーボードのコードで引っ張りつつ、チャカポコとした弾けるパーカッションを用いて実にリズミカルに展開するディープ・ハウス調、盛り上がりとムーディーな瞬間の切り替わりもあり沸かせる術を心得ている。またそんな曲をデトロイトからのRick Wadeがリミックスを行った"Try To Chill (Rick Wade Remix)"は、こちらはより太いキックが打ち付けるモロなデトロイト・ハウスで、より幽玄でしとやかなな鍵盤ワークによって上品な色っぽさや優美さを纏い、ガツガツと力強いグルーヴを刻みながらもエモーショナル性を打ち出している。新しさよりはむしろ古典的な感もあるハウスだが、それにしてもどれも出来が良くクラシカルな雰囲気さえも。



Check Mangabey
| HOUSE14 | 20:00 | comments(0) | - | |
Kapote - Brasiliko (Toy Tonics:TOYT089)
Kapote - Brasiliko
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
破竹の勢いという表現が相応しいベルリンのジャズやファンクを咀嚼した現在系のハウスを量産するToy Tonics。2012年頃に設立ながらも既にカタログナンバーは100を越えるなど、兎にも角にも凄まじい勢いで新作をリリースし、レーベルの作品はレコード屋の新譜として見かけない時期はない程だ。そのレーベルを引率するのがMathias ModicaことKapoteで、比較的若手のアーティストかと思っていたら、Munkを含めた複数の名義で2000年頃から活動していたようなので最早ベテランの域にいるアーティストだったわけだ。この2019年作もフロア即戦力なファンキーなハウスで、ブラジル音楽を意識したのかもしれない"Brasiliko"は生っぽくタフなベースラインを前面に出しつつ、麗しいフルートと耽美なエレピとストリングスで気品良く仕上げながらもライブフィーリングと骨太感もあるハウスで、一聴して耳を惹き付ける魅力がある。"Salva Tion"の方はねっとりしてスムースなグルーヴ感を保ちつつ、不思議なボーカル・サンプルとダーティーなベースサウンドの蠢きによって不良っぽくワイルドなファンキー・ハウスで、毒々しささえ感じられる。そんな原曲に負けじと素晴らしいリミックスが2曲も収録されており、イタロ・ディスコ系のGiovanni Damicoとキーボーディストとして人気上昇中のByron The Aquariusが、それぞれの個性を表現している。どちらも原曲のイメージを壊す事はないが、"Brasiliko (Giovanni Damico Remix)"はドタドタとしたマシンビートがイタロ・ディスコ調で疾走感を獲得しながらエレクトロニックな分厚いシンセも鮮やかに彩る快楽性の強さを表現し、一方"Brasiliko (Byron The Aquarius Remix)"の方は抜けの良いパーカッションを用いたジャズ・フィーリングによってエレガントかつソウルフルな如何にもByron The Aquarius的な内容と、期待に応えたリミックスだ。全4曲ともフロア仕様なモダン・ハウスで即戦力間違いなしと、Toy Tonicsというレーベルの勢いが現れたナイスなEP。



Check Kapote
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | - | |
2016/1/16 Guidance ~導き導かれる人生~ 11th Anniversary Party @ Unice
「導き導かれる人生」という言葉通りに繋がりや共有をコンセプトに、様々なクラブを渡り歩きながら国内外の有名無名に限らず実力のあるアーティストを招き、そして音楽だけでなくデコレーションやフードにVJなどを盛り込んでパーティーを作り上げてきたGuidance。浮き沈みの激しいダンス・ミュージックという業界の中で、10年以上もパーティーを継続してきた事は称賛するしかないわけだが、今回の11周年では初のUnice開催となり今までにもGuidanceと絡んできたカナディアンDJのEddie Cが出演する。そして大阪からはOoshima ShigeruやAltzも参戦、勿論VJやフードもありとGuidanceらしさはいつもと変わらない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |