CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Radioactive Man - Luxury Sky Garden (Asking For Trouble:AFT001)
Radioactive Man - Luxury Sky Garden
Amazonで詳しく見る(MP3)

Andrew Weatherallとのエレクトロ・ユニットであるTwo Lone Swordsmenとして、またそれ以外にも大量の変名を用いてWeatherallのサポートを行ってきたKeith Tenniswood。そんな彼のソロ活動の場がRadioactive Manであるが、一般的な知名度で言えばWeatherallの影に隠れがちなTenniswoodではあるが、Radioactive Manの音楽を聞けばそれが間違いである事に直ぐに気付く事が出来る。今までに複数のアルバムをリリースしているが、パンキッシュなエレクトロからディープな音響、または鋭利なブレイク・ビーツやポップな感覚など、つまりはTwo Lone Swordsmenの多様性はRadioactive Manにも継承されており、Tenniswoodもやはりユニットの一員としての音楽的なセンスを担っていたのは言うまでもない。そして5年ぶりのアルバムであるが、これは歴代最高傑作と呼んでも間違いではない程に素晴らしい。スタイルで言えばテクノにエレクトロ、ブレイク・ビーツやインテリジェンス系にアシッドなど様々な面が見受けられるが、それらは纏めて全てエレクトロ・パンクと呼ぶべき刺々しいサウンドが痛快だ。アルバム冒頭の"Steve Chop"からして素晴らしく、ドラム・サンプルだろうか生々しいブレイク・ビーツと酩酊感あるアシッド・ベースがうねり、非常にライブ感あるファンキーで毒々しいレイヴ・サウンドに魅了される。と思いきやディープ・スペースな空間に掘り出される無重力エレクトロな"Deep Space Habitat"は、例えば真髄であるデトロイトのエレクトロを思わせるSFの世界観が広がっている。鋭利なリズムが切り込んでくるスタイルの刺々しいエレクトロの"Ism Schism"、コズミックな電子音が反復しながらも生ドラム風なリズムの響きが強調された"Bonnet Bee"など、やはり何処かロック・テイストなりパンキッシュな味があるのは彼の持ち味だろう。更にジューク/フットワークにも似て早いビートとゲットー的な悪っぽい雰囲気がある"Jommtones"、そんな小刻みなビートのジュークっぽさにデトロイト・テクノの叙情性が加わった"Serving Suggestion"など、多方向に枝分かれしながらもそこには一貫してベースとなるエレクトロが存在している。DrexciyaやUnderground Resistanceが根付かせたエレクトロを、同じ時期からUKに於いて今までやってきただけあり、その才能はやはり本物だ。刺々しく荒々しいリズムに自然と体が痺れてしまう。



Check Keith Tenniswood
| TECHNO13 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Radioactive Man - Booby Trap (Rotters Golf Club:RGCCD009)
Radioactive Man-Booby Trap
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
昨日に引き続きRadioactive Manの紹介。3rdアルバムが出たばっかりですが、まだ購入していないので2ndアルバムでもどうぞ。Two Lone Swordsmenの一員と言う事もあり当然エレクトロ節が聴けるものの、1stに比べるとどこか変態性が増していて遊び心も感じられる内容。1stなんかはどこまでも深海を進む潜水艦の様に暗いイメージが付きまとっておりましたが、2ndにおいては潜水艦が浮上して日の目を浴びた様な弾けた音です。エレクトロと言えばエレクトロなんだけど、リズムに多様性が生じていて腰に響く躍動感を感じられます。エレクトロつーかブレイクビーツと言った方が妥当かな。その分逆にディープな雰囲気は失われてしまい、1stの厳かで静謐な面影は殆どナッシング。壊れ気味で精神分裂症的なエレクトロが好きな人は、本作の方が合うかもしれません。

試聴

Check "Keith Tenniswood"
| TECHNO6 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Radioactive Man - Radioactive Man (Rotters Golf Club:RGCCD001)
Radioactive Man-Radioactive Man
Amazonで詳しく見る

テクノ、ハウス、エレクトロ、ダブ、ブレイクビーツ、ロック、パンク、ありとあらゆる音楽性を持っているAndrew Weatherallですが、近年の彼はロカビリーにはまっていて個人的にはイマイチで残念。ならばそこで頼るべきはTwo Lone SwordsmenでWeatherallとユニットを組んでいるKeith Tenniswoodのプロジェクト・Radioactive Manになります。何となくWeatherallの影に隠れている様に思われがちですが(事実自分も以前はそう認識してました)、このRadioactive Man名義の1stアルバムを聴いてからはその認識を改める様になりました。つかめちゃカッコいいテクノ、いやディープなエレクトロパンクで尖がりまくり。絞り込まれた強靭な肉体を見せ付けるが如く音数は少ないながらも強烈なエレクトロを披露し、びっしばっしと貧弱な体をしばきあげる様です。面白いのはそんなダークでパンキッシュな音の中にも、ドリーミーで夢うつつなメロディーも聴けたりして退廃的な色に染まりきらずにポップな空気も感じれる事。エレクトロ一色だと聴き通すのに体力が必要で結構しんどいのですが、Radioactive Manのエレクトロはアングラとポップが程よくブレンドされているので、僕の様なエレクトロが苦手な人でもすんなり聴けるんだと思います。最近のWeatherallに飽きている人は、是非ともRadioactive Manなんか如何でしょうか。

試聴

Check "Keith Tenniswood"
| TECHNO6 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Andrew Weatherall - From the Bunker : A Rotters Golf Club Mix (Beat Records:BRC- 66)
Andrew Weatherall-From the Bunker : A Rotters Golf Club Mix
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
かつて行われていたElectraglideと言う大型テクノイベントは、時折マニアックなアーティストを呼んでいたので大型イベントの割には意外と好感を持っていました。中でもAndrew Weatherallは初年度(Two Lone Swordsmen名義)と2002年とで2回も参加していて、これには企画者のセンスにほとほと頭を下げたくなります。本作はそのイベントへの来日記念盤としてリリースされまして、Weatherall主宰のレーベル・Rotters Golf Clubの音源をWeatherallがミックスした内容となっています。かつてはWeatherallと言うとダウンテンポからディープハウス、テクノなどを中心にUKの音楽シーンを上手くまとめた感もありましたが、Rotters Golf Club設立後は完全にエレクトロスタイルで固めていますね。昔からエレクトロにも精通はしていたのでしょうが、近年はより攻撃的でダークなパンクエレクトロをこれでもかとリリースしていて、当分はこの路線で行くのでしょう。このMIXCDを聴いても刺々しく肉体に鞭を振るわれる様にビシバシと刺激が伝わってきて、自然と肉体に力が隠り手を振り上げて踊りたくなります。どう聴いても体育会系の音と言うか汗を振り散らし、狂った様にフロアで肉体の鬩ぎ合いを試みるパンキッシュな刺激がたっぷり。Weatherallって意外にも肉体派なんですね…。でもエレクトロがそんなに好きじゃない僕でも、これはカッコ良いと思いました。肉体を鍛えてマッチョになろうぜ!ちなみに収録曲の大半は実はWeatherallと、その相方のKeith Tenniswoodの曲だと思われます。

試聴

Check "Andrew Weatherall"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO4 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Two Lone Swordsmen - Stay Down (Warp Records:WARPCD58)
Two Lone Swordsmen-Stay Down
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤) Amazonで詳しく見る(US盤)
ロック、パンクとアシッドハウスムーブメントを結びつけた重要人物・Andrew Weatherall。Primal Screamとの絡みで有名になった彼は、その後トリップホップのブームに乗りSabres Of Paradiseを結成、メランコリックで妖艶なトリップホップ作品を作る事になる。が終焉は突然やってくるものでアルバムを2枚リリース後、ユニットは解散となる。しかしWeatherallの感性はますます研ぎ澄まされ、Drexciyaに負けじ劣らずのダークなエレクトロ、ダブ方面に移行したTwo Lone SwordsmenをKeith Tenniswoodと共に結成。当初の活動の中では、テクノともエレクトロとも判断しがたいエレクトロニックミュージックを試行錯誤で作っていた感があるが、この2NDアルバムにおいて自らのスタンスを完全に確立させた模様。永遠に光を浴びる事の無いダークなベースライン、決して浮かび上がる事のないダウナーなパーカッション、これらは一聴して希望も幸福も存在していないかに思われる。しかしよく聴いて欲しい、聞こえてこないか?心の奥底に沸いてくるディープなソウルが!アシッドハウスムーブメントの享楽の後に残ったのは、人の琴線を震わせるソウルだったのだ。だからダークなエレクトロであろうとも決して凶暴性に満ちた音楽なのでは無く、哀愁漂わせる深淵な旋律が闇の中に灯を灯すのだった。ここではテクノもエレクトロもダブも見事に調和を見せて、ここからWeatherallの第2章が始まると言っても過言では無い。パンクスだからこそ為し得た鋭利な音像と、ディープなソウルがここにある。

試聴

Check "Two Lone Swordsmen"
| TECHNO3 | 21:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |